ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)の育て方!種まきの仕方や花言葉等8つのポイント!






 

 

鮮やかなオレンジ色の花を大きく開いて咲かせるハナビシソウ。

花つきが良く、開花時期も長いため、見ごたえのある植物です。

 

また、丈夫で育てやすいため、ガーデニング初心者の方にもオススメの植物です。

 

花の姿や花びらから優しい印象を受け、自然に庭に馴染んでくれますよ。

 

今回はハナビシソウについてのポイント、

 

①ハナビシソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ハナビシソウの画像(写真)!どんな色があるの?
③ハナビシソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ハナビシソウの苗の植え付けのポイントは?
⑤ハナビシソウの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ハナビシソウの販売価格はいくらぐらいなの?
⑦ハナビシソウの花言葉はなに?
⑧ハナビシソウの種類や品種は何があるの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはハナビシソウの育て方からお伝えします!

 

ハナビシソウの育て方は?

 

ハナビシソウは基本的に日当たりが良く、通気性のある土を好みます。

 

お日様の光によく当てることで、綺麗な花をつけてくれるでしょう。

また乾燥に強いため、日当たりの良い場所に置きっぱなしでも心配はいりません。

 

また、花は日中に咲かせるので、それ以外の時間に花が開いていなくても安心してください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ハナビシソウが好む環境についてお伝えします!

 

ハナビシソウの育て方!環境はどうする?

 

 

ハナビシソウを育てるときには、日当たり・水はけの良い環境を選んでください。

 

この2つの条件が揃っていれば、基本的に放っておいても育ちます。

ただし乾燥には強いものの、湿度には弱い植物です。

 

湿度の高い地域には向きません。

 

雨が続く梅雨の時期、鉢植えで育てている場合には雨の当たる場所で放置しないように注意してください。

ずっと雨に当てたままだと弱ってしまうこともあります。

 

次は、ハナビシソウに適した用土についてお伝えします!

 

ハナビシソウを育てる際の適した用土は何?

 

土は、水はけの良いものがベストです。

 

湿度には弱いため、通気性の良い土を選びましょう。

 

また、酸性の強い土にも適しておらず、花つきなどが悪くなることもあります。

酸性の土壌では石灰などを混ぜて中和させると良いでしょう。

 

次は、ハナビシソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ハナビシソウの育て方!肥料はどうする?

 

 

丈夫な植物であるため、肥料はほとんど必要ありません。

 

むしろ肥料を与えすぎると軟弱に育ってしまうこともあるので、注意してください。

庭植えの場合、植え付け時に腐葉土を混ぜ込んでおくと良いでしょう。

 

鉢植えの場合には、春と秋に1度ずつ緩効性化成肥料か、月に1度液体肥料を与えるのもおすすめです。

 

では次は、ハナビシソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ハナビシソウを育てる際の水の量はどうする?

 

湿気に弱いため、水の与えすぎには注意しましょう。

 

庭植えや花壇で育てている場合には、雨にまかせっきりで構いません。

必要以上に与えないようにしてくださいね。

 

鉢植えの場合、土が乾いたのを確認してからたっぷりと水を与えましょう。

このとき、土の表面だけでなく全体的に乾燥していることを確認してください。

 

以上で基本的なハナビシソウの育て方については終わりです。

次はハナビシソウの写真をお見せします!

 

ハナビシソウの画像(写真)!どんな色があるの?

 

ハナビシソウは鮮やかなオレンジ色が最もポピュラーです。

 

 

他にも、黄色や赤色などはっきりとした色から、ピンク色や白色など淡い色などがあります。

さらに花の色がミックスした色のものも園芸種として存在しています。

 

 

花の種類には一重咲きから八重咲きまで。

次はハナビシソウの開花時期や季節についてお伝えします!

 

ハナビシソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

ハナビシソウの開花時期は、4~6月です。

 

春から初夏にかけて花を開き、開花期が長いことが特徴的です。

茎の頭となる部分に色鮮やかな綺麗な花を咲かせていきます。

 

また、花は日中に開くことがほとんどで、天気の悪いときや夜には閉じます。

日中以外で花が開いていなくても、心配はいりませんよ。

 

次はハナビシソウの苗の植え付けのポイントについてお伝えします!

 

ハナビシソウの苗の植え付けのポイントは?

 

 

ハナビシソウは直根状であるため、移植に弱い植物です。

 

そのため、移植したり苗の状態で植え付けることはほとんどありません。

ハナビシソウを育てる場合には種から育てることをオススメします。

 

次はハナビシソウの種まき時期と種まきのポイントについてお伝えします!

 

ハナビシソウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

先にも述べた通り、ハナビシソウは直根状であるために移植に弱い植物です。

 

そのため種は、育てたい場所へ直接まくようにしましょう。

種まきの時期は9~10月です。

 

4粒ほどで点まきし、種が完全に隠れるように土で覆ってください。

 

また、発芽後には間引きすることで花つきが良くなります。

多くの花を咲かせたい場合には気をつけてみてください。

 

次はハナビシソウの販売価格をお伝えします!

 

ハナビシソウの販売価格はいくらぐらいなの?

 

 

ハナビシソウは安価で簡単に手に入れることができます。

種は、値段としては150円ほどで買えます。

 

手に取りやすい価格ですね。

輸入種子なども流通しているため、お気に入りの種類を見つけて購入してみてください。

 

次はハナビシソウの花言葉をお伝えします!

 

ハナビシソウの花言葉はなに?

 

 

ハナビシソウの花言葉には「富」「成功」「希望の持てる愛」 「希望」などがあり、明るい意味がついています。

 

他にも「私を拒絶しないで」「願いをかなえて」 「私の願いを聞いて」などメッセージ性のある言葉も。

それ以外にも「和解」といった意味合いの花言葉もついています。

 

また、ハナビシソウは3月11日の誕生花です。

 

最後はハナビシソウの種類や品種についてお伝えします!

 

ハナビシソウの種類や品種は何があるの?

 

ハナビシソウは、ケシ科ハナビシソウ属の植物です。

 

別名としてカリフォルニアポピーがあります。

品種としては、良く育つオレンジ・キング、ピンク系の花を咲かせるローズ・シフォン、淡い黄色の花がつくヒメハナビシソウなどがあります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

  • オススメ記事

ストレリチアの育て方等はこちらをご覧下さい。

ネメシアの育て方等はこちらをご覧ください。

ヒマワリの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ハナビシソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ハナビシソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ハナビシソウを育てるときには、日当たり・水はけの良い環境を選んでください。

湿度には弱いので、注意してください。

土は、水はけの良いものがベストです。

酸性の強い土にも適していないため、酸性の土壌では石灰などを混ぜて中和させる必要があります。

丈夫な植物であるため、肥料はほとんど必要ありません。

庭植えの場合、植え付け時に腐葉土を混ぜ込んでおくと良いでしょう。

鉢植えの場合には、春と秋に1度ずつ緩効性化成肥料か、月に1度液体肥料を与えるのもおすすめです。

水の与えすぎには注意しましょう。

庭植えや花壇で育てている場合には、雨にまかせっきりで構いません。

鉢植えの場合、土が乾いたのを確認してからたっぷりと水を与えましょう。

 

②ハナビシソウの画像(写真)!どんな色があるの?

ハナビシソウは鮮やかなオレンジ色が最もポピュラーです。

他にも、黄色や赤色などはっきりとした色から、ピンク色や白色など淡い色などがあります。

 

③ハナビシソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

ハナビシソウの開花時期は、4~6月です。

春から初夏にかけて花を開き、開花期が長いことが特徴的です。

 

④ハナビシソウの苗の植え付けのポイントは?

ハナビシソウは直根状であるため、移植に弱い植物です。

そのため、移植したり苗の状態で植え付けることはほとんどありません。

 

⑤ハナビシソウの種まき時期と種まきのポイントは?

種は、育てたい場所へ直接まくようにしましょう。

種まきの時期は9~10月です。

4粒ほどで点まきし、種が完全に隠れるように土で覆ってください。

 

⑥ハナビシソウの販売価格はいくらぐらいなの?

ハナビシソウは安価で簡単に手に入れることができます。

値段としては150円ほどで買えます。

 

⑦ハナビシソウの花言葉はなに?

ハナビシソウの花言葉として、明るい意味ものには「富」「成功」「希望の持てる愛」 「希望」、

メッセージ性のあるものには「私を拒絶しないで」「願いをかなえて」 「私の願いを聞いて」、

それ以外には「和解」などがあります。

 

⑧ハナビシソウの種類や品種は何があるの?

ハナビシソウは、ケシ科ハナビシソウ属の植物です。

品種としては、良く育つオレンジ・キング、ピンク系の花を咲かせるローズ・シフォン、淡い黄色の花がつくヒメハナビシソウなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)