イカリソウの育て方!漢方としての効果や品種など5つのポイント!








特徴的な花の形が美しいイカリソウ。

性質は丈夫で、ガーデニング素材にもおすすめです。

 

 

イカリソウを長く楽しむためには、あの時期に〇〇することがポイントなんです!

「イカリソウは漢方なの?」という疑問にもお答えします!

 

今回はイカリソウのポイント、

①イカリソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②イカリソウの開花時期はいつ?
③イカリソウは漢方なの?
④イカリソウの効能と効果とは?
⑤イカリソウの品種は何があるの?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずは、イカリソウの育て方からお伝えします。

 

イカリソウの育て方は?

 

イカリソウは春から秋の終わりまでが成長する期間で、冬は休眠します。

成長ペースに合わせて、水やりなどの日常のお世話をするのがイカリソウを元気に育てるポイントです。

 

苗選びは、健康な苗を選びましょうね。

 

健康な苗は花や葉の色つやがよく数が多いです。

葉先がパサパサしているものは、乾燥している苗なので避けてくださいね。

とても成長が早い植物なので、2年に1回の目安で植え替えをします。

 

時期としては、春(5月~6月上旬)か秋(9月下旬~10月上旬)に行いましょう。

一回り大きな鉢に、水はけのよい土に植え替えます。

 

秋に植え替えをする場合は、枯れた葉や茎は切り落としましょう。

イカリソウは病害虫の被害にも合いにくい丈夫な植物なので育てやすいですよ。

 

まずイカリソウが好む環境についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

イカリソウの育て方!環境はどうする?

 

イカリソウは明るい半日陰の場所で育てます。

注意が必要なのは真夏の強い日光です。

 

 

強い日差しに当たると葉焼けをおこし、成長が悪くなってしまいます。

 

直射日光の当たらない風通しの良い場所で育てましょう。

冬は霜が当たらない場所で育ててくださいね。

 

次はイカリソウに適した用土についてお伝えします。

 

イカリソウを育てるのに適した用土は何?

 

イカリソウは、水はけのよい土が適しています。

 

市販の山野草専用の土を使うか「赤玉土(小粒)・軽石(小粒)・腐葉土=4:4:2」の割合で配合した土を使ってください。

次はイカリソウに必要な肥料についてお伝えします。

 

イカリソウの育て方!肥料はどうする?

 

イカリソウの花が咲き終わった後と、秋に緩効性化成肥料を施します。

 

イカリソウは肥料が好きな植物ですから、液体肥料も月1~2回与えます。

液体肥料を与える間隔は目安ですので、肥料に記載されている間隔で与えてくださいね。

 

次はイカリソウの水やりのポイントについてお伝えします。

 

イカリソウを育てる際の水の量はどうする?

 

イカリソウは水切れに弱い植物です。

 

土が乾く少し前に1日1回たっぷりと水を与えましょう。

しかし、多湿にすると根が傷んでしまうので風通しをよくしてください。

 

冬に葉や茎は枯れてなくなってしまいますが、土が凍っても耐えれるぐらいイカリソウの根は丈夫なので、根は生きています。

春になれば、葉や茎は伸びてきますから「4~5日に1回」は水やりをしてくださいね。

 

YouTubeで育て方について説明されている方がいたのでご紹介します。

 

以上で基本的なイカリソウの育て方については終わりです。

次はイカリソウの開花時期についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

イカリソウの開花時期はいつ頃?

 

イカリソウの開花時期は4月〜5月です。

 

イカリソウの花は4枚の花びら一枚一枚の先端が、ツノのように尖っていてとても特徴的です。

 

 

花が船の錨(イカリ)に似ていることがイカリソウという名前の由来なんですよ。

 

次はイカリソウは漢方なの?という疑問についてお答えします。

 

イカリソウは漢方なの?

 

日本や中国で昔から「ホザキノイカリソウ」の葉を乾燥させたものが、漢方として使われています。

 

日本では、徳川吉宗の時代に作られた小石川薬園に植えられて、漢方として利用するために育てられてきました。

 

小石川薬園は現在の東京大学附属小石川植物園で、こちらで徳川吉宗の時代に植えられたと思われる「ホザキイノカリソウ」の子孫が今も植えられています。

 

原産地の中国ではとても珍しくなってしまった「ホザキノイカリソウ」が日本で元気に育っているのはすごいですね。

 

日本では「ホザキノイカリソウ」の他にも、「ヤチマタイカリソウ」「トキワイカリソウ」なども漢方として使われてきました。

 

「昔から使われている、このどれかを育てれば漢方として使えるの?」

と考える方もいるかもしれませんがこの考え方は危険です。

 

というのも園芸店で売られている苗は、園芸用として栽培された苗です。

 

消毒液などの農薬が、出荷するために大量に使われているかもしれません。

食べるには適さない有毒なものが含まれているかもしれませんよね。

 

どうしても漢方として使うために育てたい!という方は、食用に育てられた苗を信用できるお店で確認してから購入しましょう!

次は漢方としてのイカリソウの効能についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

イカリソウの効能や効果はなに?

 

イカリソウに含まれている「イカリイン(フラボノイド)」などの成分が、強壮、強精などに効果があります。

 

コンビニやドラッグストアなどで、誰もが目にしたことがある有名な滋養強壮栄養ドリンク、有名な薬用酒にもこのイカリインが含まれたものがたくさんありますよ。

是非探してみてくださいね。

次はイカリソウの種類についてお伝えします。

 

イカリソウの種類は何があるの?

 

様々な品種が出回っています。変種や交配種も多く、新しい品種がどんどんでてきています。

「キバナイカリソウ」として売られているものでも「大きくなる品種」「小さいままの品種」もあります。

 

園芸店で購入する際に、開花している品種をみて花色で購入してみるのもいいですよ!

 

また、色んな品種を集めたい!という方はイカリソウ専門に扱っているお店もありますから、そちらで鑑賞価値の高い品種を購入するのもオススメです。

 

ただし、鑑賞価値の高い品種は栽培方法が難しい場合が多いので注意してくださいね。

 

  • オススメ記事

ニチニチソウの育て方等はこちらをご覧ください。

カラテアの育て方等はこちらをご覧ください。

ハコネウツギの育て方等はこちらをご覧ください。

 

イカリソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

1個づつ振り返ってみましょう!

 

①イカリソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

真夏の直射日光に気をつけて、明るい半日陰の場所で育てましょう。

冬は霜に当てないように注意が必要です。

水はけのよい土に植えて、肥料は春から秋に与えます。

水やりは土が乾燥する前に1日1回行いましょう。

冬に葉や茎が枯れても根は生きているので4〜5日に1回は水を与えるのがポイントです。

 

②イカリソウの開花時期はいつ?

4月〜5月に船のイカリに似た、花びらが尖った花が咲きます。

 

③イカリソウは漢方なの?

イカリソウは、日本や中国で昔から漢方として使われてきました。

園芸店などで販売されているものは「園芸用」なので、自己判断で口にするのはやめましょう。

 

④イカリソウの効能と効果とは?

イカリソウの漢方としての効能は、強壮と強精があります。

 

⑤イカリソウの種類は何があるの?

交配種や変種、鑑賞価値の高いものなど様々な品種があります。

ただし、鑑賞価値の高い品種は栽培方法が難しい場合もあります。

 

以上で今回のイカリソウについての記事は終わりです。

 

特徴的な花がステキなイカリソウですが、葉っぱもとても美しい植物ですので、栽培の際は是非葉っぱの美しさにも注目してみてくださいね!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)