【スカシタゴボウのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、スカシタゴボウについてまとめていきたいと思います。

 

スカシタゴボウはアブラナ科の植物で、日本原産です。

日本全土に分布し、水田や湿った畑などに分布します。

 

名前は葉の切れ込みが深く透けて見えること、ゴボウのように根が地中深くに入っていることが由来となっているようです。

学名は、「Rorippa islandica」といいます。

 

今回は、スカシタゴボウについてのポイント、

①スカシタゴボウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②スカシタゴボウの画像(写真)!特徴は?
③スカシタゴボウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④スカシタゴボウを駆除したい!おすすめの除草剤は?
⑤スカシタゴボウの花言葉はなに?
⑥スカシタゴボウとイヌガラシの違いは何?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはスカシタゴボウの育て方からお伝えします!

 

スカシタゴボウの育て方は?

 

スカシタゴボウは強健な植物であるため、ある程度放任でも育ちます。

 

根を深く張る植物であるため、植え付けの際はある程度底が深い容器に植えておきます。

また、植え替えを嫌うため植え替えの必要はなく、どうしても行う場合は根を傷つけないように注意して行います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、スカシタゴボウが好む環境についてお伝えします!

 

スカシタゴボウの育て方!環境はどうする?

 

スカシタゴボウを育てる際は、日当たりが良く湿気がある場所で管理します。

自然に自生するため、夏や冬の時期に特別対処をする必要はありません。

 

次は、スカシタゴボウに適した用土についてお伝えします!

 

スカシタゴボウを育てる際の適した用土は何?

 

スカシタゴボウを育てる際は、用土はあまり選びませんが水はけの良いものを使用します。

市販されている培養土が容易に手に入るためオススメです。

 

次は、スカシタゴボウに必要な肥料についてお伝えします!

 

スカシタゴボウの育て方!肥料はどうする?

 

スカシタゴボウを育てる際は、肥料はあまり必要ありません。

植え付けの際に緩効性の肥料を与える程度で大丈夫です。

 

では次は、スカシタゴボウの水やりポイントについてお伝えします!

 

スカシタゴボウを育てる際の水の量はどうする?

 

スカシタゴボウを育てる際は、細かな水やりをする必要はありません。

 

鉢植えの場合、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨だけで大丈夫です。

 

以上で基本的なスカシタゴボウの育て方については終わりです。

次はスカシタゴボウの写真をお見せします!

 

スカシタゴボウの画像(写真)!特徴は?

 

 

スカシタゴボウの花は直径3mmほどの小柄で、黄色の十字形の花を付けます。

 

葉は、根出葉は羽状に深く切れ込みが入り、茎上部の葉はあまり切れ込みが入らず縁には鋸歯を持ちます。

若葉や直根は食用として食べられるため、茹でておひたしや天ぷらにして食べられます。

 

茎は直立し、下部でよく分岐し無毛です。

果実は5mmほどで、上向きに曲がった楕円形をしています。

 

次に、スカシタゴボウの開花時期をお伝えします!

 

スカシタゴボウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

スカシタゴボウの花期は春(4~6月)です。

春に多く発生する強害草のひとつで、見た姿は可愛らしいですが、あまり好まれません。

 

次は、スカシタゴボウの駆除におすすめの除草剤をお伝えします!

 

スカシタゴボウを駆除したい!おすすめの除草剤は?

 

スカシタゴボウは強害草の一つで、切り取っても切断個所から再生するため、駆除するのに厄介な植物です。

 

元から駆除するとなると、除草剤の使用がオススメです。

オススメの除草剤は、グリホサート系の”サンフーロン”です。

 

葉から浸透し、根まで到達し枯らすため、散布時は葉にかかるように散布します。

 

次に、スカシタゴボウの花言葉をお伝えします!

 

スカシタゴボウの花言葉はなに?

 

スカシタゴボウの花言葉は「快活」「活発」です。

花言葉は、春先に咲くため春の香りを運び、心を明るくさせてくれる様子が由来となっているようです。

 

それでは最後に、スカシタゴボウとイヌガラシの違いをお伝えします!

 

スカシタゴボウとイヌガラシの違いは何?

 

スカシタゴボウとイヌガラシの違いは、葉の形状と果実が異なります。

 

スカシタゴボウの葉は深く切れ込みますが、イヌガラシは比較すると切れ込みは浅いです。

スカシタゴボウの果実は楕円形ですが、イヌガラシの果実は細長くなっています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

スカシタゴボウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①スカシタゴボウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

スカシタゴボウを育てる際は、日当たりが良く湿気がある場所で管理します。

育てる際の用土はあまり選びませんが、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料はあまり必要ありません。

育てる際の水やりは、鉢植えの場合、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨だけで大丈夫です。

 

②スカシタゴボウの画像(写真)!特徴は?

スカシタゴボウの花は直径3mmほどの小柄で、黄色の十字形の花を付けます。

葉は、根出葉は羽状に深く切れ込みが入り、茎上部の葉はあまり切れ込みが入らず縁には鋸歯を持ちます。

若葉や直根は食用として食べられるため、茹でておひたしや天ぷらにして食べられます。

 

③スカシタゴボウの開花時期や季節はいつ頃なの?

スカシタゴボウの花期は春(4~6月)です。

 

④スカシタゴボウを駆除したい!おすすめの除草剤は?

スカシタゴボウは強害草の一つで、切り取っても切断個所から再生するため、駆除するのに厄介な植物です。

オススメの除草剤は、グリホサート系の””サンフーロン”です。

葉から浸透し、根まで到達し枯らすため、散布時は葉にかかるように散布します。

 

⑤スカシタゴボウの花言葉はなに?

スカシタゴボウの花言葉は「快活」「活発」です。

 

⑥スカシタゴボウとイヌガラシの違いは何?

スカシタゴボウとイヌガラシの違いは、葉の形状と果実が異なります。

スカシタゴボウの葉は深く切れ込みますが、イヌガラシは比較すると切れ込みは浅いです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)