ルコウソウの育て方!花の特徴や花言葉まで8つのポイント!








細い葉と小さな花が特徴のルコウソウは、手をかけなくてもよく育つので、初心者の方におすすめです!

庭植えや鉢植えはもちろん、グリーンカーテンとしても人気があります。

 

花をたくさんつけるためには、大切なポイントがあるんです!

グリーンカーテンの作り方も詳しくお伝えしますので、どうぞ最後までご覧くださいね。

 

今回はルコウソウについてのポイント、

①ルコウソウの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②ルコウソウはどんな花が咲く?
③ルコウソウの摘心のやり方は?
④ルコウソウの花が咲かない原因と対策は?
⑤ルコウソウでグリーンカーテン(緑のカーテン)を作るには?
⑥ルコウソウの苗の販売価格は?時期はいつ?
⑦ルコウソウの花言葉はなに?
⑧ルコウソウにはどんな種類がある?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはルコウソウの育て方からお伝えします!

 

ルコウソウの育て方は?

 

ルコウソウは本来は多年草ですが、寒さに弱く冬に枯れてしまうので、1年草として育てます。

地植え、プランター、鉢植え、どれでもよく育ちツルを長く伸ばすので、支柱を立てて誘引しましょう。

アサガオと同じ栽培方法で育てることもできます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ルコウソウが好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

ルコウソウの育て方!環境はどうする?

 

ルコウソウは日当たりのよい場所を好みます。

暑さに強いので直射日光は気にせずに、よく日の当たる場所で管理しましょう。

 

 

その反面、寒さには弱いので霜に当たると枯れてしまいます。

寒冷地では、十分にあたたかくなってから植え付けを行いましょう。

 

ルコウソウは環境と土が合っていれば、放任でもよく育ちます。

 

どのような土がよいのか、詳しくみてみましょう。

次は、ルコウソウに適した用土についてお伝えします!

 

ルコウソウを育てる際の適した用土は何?

 

水はけと通気性のよい土を好みます。

市販の野菜用、草花用培養土でもよく育ちますが、配合する場合は「赤玉土5:腐葉土2:ピートモス2:川砂1」がおすすめです。

 

地植えにする場合は土をよく耕して、植え付け2週間前に「苦土石灰100g/㎡」を加えよく混ぜこんで、やわらかい土を作りましょう。

水はけが悪い場所は、川砂などを混ぜて土壌改良を行います。

 

肥料を与える際には、「量」にポイントがあります!

次は、ルコウソウに必要な肥料についてお伝えします。

 

ルコウソウの育て方!肥料はどうする?

 

元肥として、緩効性の固形肥料を加えて植え付けします。

地植えの場合は、庭土に腐葉土を混ぜこんで植え付けしましょう。

 

 

肥料は6~8月の時期に与えます。

10日に1度「薄めた液肥」もしくは、2か月に1度「緩効性固形肥料」を株元に施します。

 

肥料を与え過ぎると、花芽が付きにくくなるので、過肥にならないようにするのがポイントです。

 

ルコウソウは種の発芽率が高いので、種からでも育てやすいですよ!

次はルコウソウの種まき時期と種まきのポイントについてお伝えします。

 

ルコウソウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

発芽に適した温度は20~25℃です。

4月中旬~6月中旬の霜が降りない、あたたかい時期にまきましょう。

 

ルコウソウの種の皮は硬いので、一晩水に浸しておくと発芽しやすくなります。

 

9cmの育苗ポットに2~3粒まいて、5mmほど土を被せます。

日当たりと風通しのよい場所で、土を乾かさないように管理すると、約2週間で発芽します。

 

本葉3枚まで育ったら、元気な芽を残して1本に間引きましょう。

本葉5枚ほどになったら、根を切らないように気を付けながら定植させます。

 

育てているものから種を採取して、湿気とカビに注意して冷暗所で保管すれば、翌年種まきに使えますよ!

種を採取できたら、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

ルコウソウは水やりも簡単です。

しかし〇〇だと花が咲きにくくなるので、注意しましょう!

 

では次は、ルコウソウの水やりポイントについてお伝えします。

 

ルコウソウを育てる際の水の量はどうする?

 

 

地植えの場合は降雨で育てて、日照りが続くときは水やりを行います。

鉢植えやプランターで育てる場合は、表土が乾燥してきたらたっぷり水を与えてください。

 

とくに真夏は水切れしないように管理して、朝夕の涼しい時間帯に行いましょう。

 

水をあげ過ぎると、花芽がつきにくくなります。

水やりの際は、土が乾いているか確認することが大切です。

 

以上で基本的なルコウソウの育て方については終わりです。

次はルコウソウの花についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ルコウソウはどんな花が咲く?

 

ルコウソウは花径3cmの星形の花を咲かせます。

 

 

花色には赤、ピンク、白などがあり、開花時期は7~10月です。

 

花色を混ぜて植え付けすると、花が咲いた時にとてもきれいなので、おすすめですよ。

 

ルコウソウはよく育つので、「摘心」などの手入れを行うことで、見た目も美しく葉も元気に保つことができます。

次はルコウソウの摘心についてお伝えします!

 

ルコウソウの摘心のやり方は?

 

本葉が7~8枚まで育ったら、先端の葉2枚分の下のところで切ります。

こうすることで、わき芽が増えてボリュームが出ます。

 

咲き終わった花がらは勝手に落ちますが、手が届く範囲で取ってあげましょう。

落ちた花がらも、きれいに取ってあげることで、害虫が寄ってくるのを予防できます。

 

「ツルや葉はどんどん伸びるのに花が咲かない」とお困りではありませんか?

原因は〇〇かもしれません!

次はルコウソウの花が咲かない原因と対策についてお伝えします。

 

ルコウソウの花が咲かない原因と対策は?

 

ルコウソウの花が咲かない原因は「水のやり過ぎ」「肥料が多すぎる」「日光が足りない」ことが考えられます。

適した量を施し、日当たりのよい場所で管理しましょう。

 

 

「短日植物」なので、夜に照明などの光が当たると花が咲きません。

夜間は光が当たらないようにすることが、花を咲かせるポイントです。

 

移植を嫌うので、大きく育ったルコウソウは、植える場所を一カ所に決めて育てましょう。

 

「ルコウソウはグリーンカーテンにおすすめ」とお伝えしてきましたが、グリーンカーテンとはどのようなもので、どうやって作ればよいのでしょうか?

次はルコウソウでグリーンカーテン(緑のカーテン)を作る方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ルコウソウでグリーンカーテン(緑のカーテン)を作るには?

 

ルコウソウのグリーンカーテンを作るメリットは、ツル性の植物を窓の近くに這わせることで、夏の強い日差しを遮光させて、部屋の中を涼しくすることです。

 

そのためエアコンの使用が抑えられて、節電や省エネ効果もあり、地球にやさしいガーデニングとして人気です。

 

 

ルコウソウでグリーンカーテンを作る場合、野菜用のプランターを使うのがおすすめです。

 

幅60cm以上で高さ30cmくらい、約35リットルの深型プランターを用意しましょう。

鉢底にネットと底石を敷いて適した用土に、株間を20cm以上あけて苗を植えつけます。

 

グリーンカーテン用のネット(網目の大きさ10cm程度)を用意して、上下に支柱を取り付けます。

支柱をしっかり固定して、ネットを約70°の角度でたわみなく張りましょう。

ツルが伸びてきたら誘引してネットに這わせていきます。

 

グリーンカーテンは、苗から育てると作りやすいですよ!

ルコウソウの苗はどの時期に、どのくらいの価格で販売されているのでしょうか?

 

次はルコウソウの苗の販売価格と時期についてお伝えします!

 

ルコウソウの苗の販売価格は?時期はいつ?

 

ルコウソウの苗は、3号ポット苗で150~200円で販売されています。

種は1袋およそ30粒入りで、150円前後です。

 

種は春先に苗は5~7月の時期に、ホームセンターや園芸店、ネット通販で購入することができます。

 

ルコウソウは漢字で「縷紅草」と書きます。

「縷」とは糸筋のことで、葉が糸のように細く、紅色の花をつけることから、この名前が付けられました。

 

では花言葉にはどのようなものが、あるのでしょうか?

次はルコウソウの花言葉についてお伝えします!

 

ルコウソウの花言葉はなに?

 

 

ルコウソウの花言葉は「常に愛らしい」「世話好き」「おせっかい」「でしゃばり」などがあります。

 

可愛らしい小さな花をつける姿が「実に愛らしい」の由来になっています。

繁殖力が強く、ツルをどんどん伸ばして育つ様子から「でしゃばり」などの花言葉がつけられました。

 

ルコウソウは、ヒルガオ科サツマイモ属で、アサガオもここに属しています。

次はルコウソウの種類についてお伝えします!

 

ルコウソウにはどんな種類がある?

 

ルコウソウの近縁種には次のようなものがあります。

 

「マルバルコウソウ」

葉が丸くハートの形をしているのが特徴です。花色は赤やオレンジがあります。

 

「ハゴロモルコウソウ」

別名「モミジバルコウソウ」といいます。五角形の赤い花と、葉がルコウソウよりも太いのが特徴です。

 

 

  • オススメ記事

アストランティアの育て方等はこちらをご覧下さい。

ポインセチアの育て方等はこちらをご覧ください。

アンスリウムの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ルコウソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ルコウソウの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)

ルコウソウは日当たりのよい場所を好みます。暑さに強いので直射日光は気にせずに、よく日の当たる場所で管理しましょう。

水はけと通気性のよい土を好みます。

市販の野菜用、草花用培養土でもよく育ちますが、配合する場合は「赤玉土5:腐葉土2:ピートモス2:川砂1」がおすすめです。

肥料は6~8月の時期に与えます。

10日に1度、薄めた液肥もしくは、2か月に1度緩効性固形肥料を株元に施します。

発芽に適した温度は20~25℃です。4月中旬~6月中旬の霜が降りない、あたたかい時期にまきましょう。

ルコウソウの種の皮は硬いので、一晩水に浸しておくと発芽しやすくなります。

地植えの場合は降雨で育てて、日照りが続くときは水やりを行います。

鉢植えやプランターで育てる場合は、表土が乾燥してきたらたっぷり水を与えてください。

 

②ルコウソウはどんな花が咲く?

ルコウソウは花径3cmの星形の花を咲かせます。花色には赤、ピンク、白などがあり、開花時期は7~10月です。

 

③ルコウソウの摘心のやり方は?

本葉が7~8枚まで育ったら、先端の葉2枚分の下のところで切ります。こうすることで、わき芽が増えてボリュームが出ます。

 

④ルコウソウの花が咲かない原因と対策は?

ルコウソウの花が咲かない原因は「水のやり過ぎ」「肥料が多すぎる」「日光が足りない」ことが考えられます。

適した量を施し、日当たりのよい場所で管理しましょう。

「短日植物」なので、夜に照明などの光が当たると花が咲きません。

夜間は光が当たらないようにすることが、花を咲かせるポイントです。

 

⑤ルコウソウでグリーンカーテン(緑のカーテン)を作るには?

グリーンカーテンを作るには、野菜用のプランターに植え付けするのがおすすめです。

鉢底にネットと底石を敷いて適した用土に、株間を20cm以上あけて苗を植えつけます。

グリーンカーテン用のネットを用意して、上下に支柱を取り付けます。

支柱をしっかり固定して、ネットを約70°の角度でたわみなく張りましょう。

ツルが伸びてきたら誘引してネットに這わせていきます。

 

⑥ルコウソウの苗の販売価格は?時期はいつ?

ルコウソウの苗は、3号ポット苗で150~200円で販売されています。

種は1袋およそ30粒入りで、150円前後です。

種は春先に苗は5~7月の時期に、ホームセンターや園芸店、ネット通販で購入することができます。

 

⑦ルコウソウの花言葉はなに?

ルコウソウの花言葉は「常に愛らしい」「世話好き」「おせっかい」「でしゃばり」などがあります。

 

⑧ルコウソウにはどんな種類がある?

ルコウソウの近縁種には「マルバルコウソウ」「ハゴロモルコウソウ」があります。

ルコウソウはヒルガオ科サツマイモ属で、アサガオもここに属しています。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)