鳳仙花(ホウセンカ)の育て方!開花時期や花言葉など9つのポイント!








小学校の理科でも使われることが多いホウセンカ。

 

 

ツリフネソウ科インパチェンス属、一年草です。

花の形が鳳凰が羽ばたいているように見えたことから、この名前がついたそうです。

 

そんなホウセンカには意外な花言葉がついています。

贈り物をするときには注意が必要かも・・・?

 

他にもホウセンカについて様々な情報を公開していますので、ぜひ見てみてください。

 

今回は鳳仙花(ホウセンカ)についてのポイント、

①鳳仙花(ホウセンカ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②鳳仙花(ホウセンカ)の開花時期や季節はいつ頃なの?
③鳳仙花(ホウセンカ)の植え付けのポイントは?
④鳳仙花(ホウセンカ)を鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?
⑤鳳仙花(ホウセンカ)のかかりうる病気や害虫は?対策方法も!
⑥鳳仙花(ホウセンカ)の増やし方は?
⑦鳳仙花(ホウセンカ)の挿し木のやり方は?
⑧鳳仙花(ホウセンカ)の花言葉はなに?
⑨鳳仙花(ホウセンカ)の種類や品種は何がある?

 

以上の9個についてお伝えします。

まずは鳳仙花(ホウセンカ)の育て方からお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)の育て方は?

 

ホウセンカは比較的育てやすい植物です。

 

 

主に注意すべきポイントは日当たりと水やりです。

ホウセンカは日の光と水を好みます。

ですので、この2つに注意して育てることで、きれいな花を咲かせてくれるでしょう。

 

ぜひ育ててみてくださいね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、鳳仙花(ホウセンカ)が好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

鳳仙花(ホウセンカ)の育て方!環境はどうする?

 

ホウセンカは日当たりのいい場所が適しています。

できるだけ日に当てるようにしましょう。

 

また、ホウセンカは乾燥しすぎていると弱ってしまいます。

湿度も適度に保つことがポイントです。

 

この2つに気をつけて、育てていきましょうね。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)に適した用土についてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)を育てる際の適した用土は何?

 

ホウセンカは一般的な草花用培養土で育てることができます。

自分で作る場合、赤玉土(小粒)を6、腐葉土を4の割合で混ぜるとよいでしょう。

 

 

また、過去にホウセンカを育てたことのある場所で育てると、連作障害が起こりやすいです。

ですので、同じ土は使わないようにしましょう。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)に必要な肥料についてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)の育て方!肥料はどうする?

 

ホウセンカは植え付けるときに、緩効性の化成肥料を混ぜ込んでおくとよいでしょう。

その後の肥料は特に必要ありません。

ただし、生育が悪い状態が続くようでしたら与えます。

液体肥料を薄めたものを水の代わりに与えていきましょう。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)の種まきについてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

ホウセンカの種まきは4~5月が適期です。

 

 

まず、底の浅めな容器に土を入れ、種をばらまきします。

 

まき終えたら土で薄く覆い、水を与えていきます。

乾燥させないように管理すると、10日ほどで発芽します。

 

発芽後、ある程度は間引いていきましょう。

そして、本葉が3枚ほどになったら鉢上げします。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)の水やりポイントについてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)を育てる際の水の量はどうする?

 

ホウセンカは乾燥に弱いので、しっかりと水やりを行いましょう。

土の表面が乾燥していたら、水をたっぷりと与えます。

 

また、夏などの乾燥しやすい時期には水やりの頻度を増やしましょう。

昼を避けて、朝と夕方に2度与えることをオススメします。

 

乾燥には弱いですが、鉢皿にたまった水は捨てるようにしましょう。

 

以上で基本的な鳳仙花(ホウセンカ)の育て方については終わりです。

次は鳳仙花(ホウセンカ)の開花時期や季節についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

鳳仙花(ホウセンカ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ホウセンカの開花時期は7~9月の夏です。

 

 

葉の脇から2~3輪ほど、花をつけます。

 

種類によりますが、白やピンク、赤や紫などの花をつけます。

他にも一重咲きのものや八重咲きのものまであります。

 

花から品種を選ぶのもよいかもしれませんね。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)の植え付けについてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)の植え付けのポイントは?

 

ホウセンカを苗から植え付ける際には、根についている土を崩さないようにしましょう。

そのまま鉢へと植え付けていきます。

 

庭植えの場合、苗の根鉢が入る大きさに穴を掘って、植え付けていきます。

その後、たっぷりと水を与え、なじませていきましょう。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)を鉢植え(プランター)で育てる際のポイントについてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)を鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

 

ホウセンカを鉢植えで育てるときは、日陰や乾燥している場所では管理しないようにしましょう。

できるだけ日に当て、ある程度の湿度が保たれる状態が好ましいです。

 

梅雨は過湿の状態になりやすいため、注意しましょう。

逆に真夏などは乾燥しやすいため、明るい日陰でも構いません。

 

気温と湿度に合わせて、場所を移動させましょう。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)のかかりうる病気や害虫についてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)のかかりうる病気や害虫は?対策方法も!

 

ホウセンカがかかりうる病気には、うどんこ病があります。

 

うどんこ病とは、雨の多い梅雨の時期にかかりやすく、葉が白くなる病気です。

治療できない病気なので、発病した箇所はすぐに取り除いていきましょう。

 

 

ホウセンカが注意すべき害虫は、ネコブセンチュウです。

 

ネコブセンチュウとは、根に寄生する害虫です。

ネコブセンチュウに寄生されると生育が衰え、最悪枯れてしまいます。

 

対策として、マリーゴールドなどを一緒に植えることで寄ってこなくなります。

参考にしてみてください。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)の増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

鳳仙花(ホウセンカ)の増やし方は?

 

ホウセンカの増やし方には種まきと挿し木があります。

 

種まきについては既に紹介しました。

ですので、挿し木について紹介していこうと思います。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)の挿し木についてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)の挿し木のやり方は?

 

ホウセンカの挿し木は6~7月が適期です。

 

まず、ホウセンカの先端部分を10~15cmほどで切ります。

切り口に近い葉は取り除き、切り口を30分ほど水に浸します。

その後、育苗ポットなどに挿せば完了です。

できるだけ土が乾燥しないように管理すると、40日ほどで発根します。

十分に根が張ったことを確認したら、鉢上げしましょう

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)の花言葉についてお伝えします!

 

鳳仙花(ホウセンカ)の花言葉はなに?

 

ホウセンカの花言葉には「短気」「触れないで」などがあります。

 

 

「短気」は、ホウセンカの学名が「我慢できない」というものであり、そこからきているといわれています。

「触れないで」は、ホウセンカの種が勢いよくはじけ飛ぶ様子からきているそうです。

 

プレゼントには向かない花言葉ですね。

注意しましょう。

 

次は、鳳仙花(ホウセンカ)の種類や品種についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

鳳仙花(ホウセンカ)の種類や品種は何がある?

 

ホウセンカは様々な品種が出回っています。

一重咲き~八重咲き、花の色も様々です。

 

花びらが最も多い品種はカメリア・フラワードです。

園芸品種として昔から栽培されており、草丈は60cmほどに生長します。

 

他には、代表的な品種プリンセス・サクラや草丈が30cmほどのトム・サムなどがあります。

 

それでは、最後に今回お伝えした事をまとめたいと思います。

 

  • オススメ記事

モミジアオイの育て方等はこちらをご覧下さい。

ヒヤシンスの育て方等はこちらをご覧ください。

オシロイバナの育て方等はこちらをご覧ください。

 

鳳仙花(ホウセンカ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①鳳仙花(ホウセンカ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所が適しています。

土は、一般的な草花用培養土で構いません。

肥料は、植え付けるときに緩効性の化成肥料を混ぜ込んでおくとよいでしょう。

種まきは4~5月が適期です。

水は、土の表面が乾燥していたらたっぷりと与えます。

 

②鳳仙花(ホウセンカ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ホウセンカの開花時期は7~9月の夏です。

 

③鳳仙花(ホウセンカ)の植え付けのポイントは?

苗から植え付ける際には、根についている土を崩さないようにしましょう。

 

④鳳仙花(ホウセンカ)を鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

日陰や乾燥している場所では管理しないようにしましょう。

気温と湿度に合わせて、移動させましょう。

 

⑤鳳仙花(ホウセンカ)のかかりうる病気や害虫は?対策方法も!

ホウセンカがかかりうる病気には、うどんこ病があります。

治療できない病気なので、発病した箇所はすぐに取り除いていきましょう。

ホウセンカが注意すべき害虫は、ネコブセンチュウです。

マリーゴールドなどを一緒に植えることで、寄ってこなくなります。

 

⑥鳳仙花(ホウセンカ)の増やし方は?

ホウセンカの増やし方には種まきと挿し木があります。

 

⑦鳳仙花(ホウセンカ)の挿し木のやり方は?

ホウセンカの挿し木は6~7月が適期です。

先端部分を10~15cmほどで切ります。

切り口に近い葉は取り除き、切り口を30分ほど水に浸します。

その後、育苗ポットなどに挿せば完了です。

 

⑧鳳仙花(ホウセンカ)の花言葉はなに?

ホウセンカの花言葉には「短気」「触れないで」などがあります。

 

⑨鳳仙花(ホウセンカ)の種類や品種は何がある?

様々な品種が出回っており、一重咲き~八重咲き、花の色も様々です。

品種はカメリア・フラワードやプリンセス・サクラ、トム・サムなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)