オシロイバナの育て方!種まきの時期や花言葉など7つのポイント!








種を割ると、おしろいのような粉末が出てくることから名前がついたオシロイバナ。

 

 

日本では江戸時代から親しまれている花です。

赤、濃いピンク、オレンジなど色鮮やかな花を咲かせ、思わず目を奪われます。

 

爽やかな香りも特徴的です。

 

今回はオシロイバナについてのポイント、

①オシロイバナの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②オシロイバナの季節っていつなの?
③オシロイバナの剪定のやり方は?
④オシロイバナの鉢植え(プランター)での育て方は?
⑤オシロイバナの特徴は?
⑥オシロイバナの種には毒があるの?
⑦オシロイバナの花言葉は?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはオシロイバナの育て方からお伝えします!

 

オシロイバナの育て方は?

 

オシロイバナは丈夫で育てやすい植物です。

乾燥にも強く、痩せた土地でも育ちます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、オシロイバナが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

オシロイバナの育て方!環境はどうする?

 

オシロイバナは日当たりのいい場所を好みます。

 

 

日当たりが悪く、湿っぽい場所では育たないこともあるので注意しましょう。

 

次は、オシロイバナに適した用土についてお伝えします!

 

オシロイバナを育てる際の適した用土は何?

 

オシロイバナは土質をほとんど選びません。

 

ですので、一般的な草花用培養土で大丈夫です。

次は、オシロイバナに必要な肥料についてお伝えします!

 

オシロイバナの育て方!肥料はどうする?

 

鉢植えの場合、月に1度の置き肥、もしくは、月に3度ほど液体肥料を与えるとよいかもしれません。

庭植えの場合、ほとんど要りません。

 

では次は、オシロイバナの種まき時期と種まきポイントについてお伝えします!

 

オシロイバナの種まき時期と種まきのポイントは?

 

オシロイバナの種まきは、5~6月が適しています。

 

 

オシロイバナの種は大きいため、花壇に直接まいても大丈夫です。

ポットなどにまき、少し育ててから植え付けるのもよいでしょう。

 

次は、オシロイバナの水やりポイントについてお伝えします!

 

オシロイバナを育てる際の水の量はどうする?

 

鉢植えの場合、春~秋の生長しているときには、土が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。

乾燥させてしまうと、生長がとまってしまうこともあるので注意しましょう。

 

庭植えの場合、ほとんど要りません。

 

以上で基本的なオシロイバナの育て方については終わりです。

次はオシロイバナの季節についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

オシロイバナの季節っていつなの?

 

オシロイバナの季節は夏~秋です。

 

 

具体的にいうと、オシロイバナは6~10月に開花します。

1枝の枝からは異なった色の花を咲かせ、生活に彩りを与えてくれます。

 

次は、オシロイバナの剪定についてお伝えします!

 

オシロイバナの剪定のやり方は?

 

伸びすぎてしまった枝や要らない枝を切り取りましょう。

この作業は、8~9月に行うとよいでしょう。

 

次は、オシロイバナの鉢植え(プランター)での育て方についてお伝えします!

 

オシロイバナの鉢植え(プランター)での育て方は?

 

オシロイバナを鉢植えで育てるときは、日当たりのいい場所で管理するようにしましょう。

 

また、鉢へと植えるときには根を傷つけないように注意しましょう。

根が傷ついてしまうと、花も傷んでしまいます。

 

次は、オシロイバナの特徴についてお伝えします!

 

オシロイバナの特徴は?

 

オシロイバナは、夕方頃に花を開いて翌朝まで咲き、午前中にはしぼんでしまう1日花です。

夜に咲くので、暗い中でパッと咲き誇る花は幻想的で美しいでしょう。

 

次は、オシロイバナの毒についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

オシロイバナの種には毒があるの?

 

オシロイバナは、草全体にトリゴネリンという毒を持っています。

 

特に種や根の部分に毒をもっており、口に入れてしまうと、嘔吐や腹痛のなどの症状を起こしてしまいます。

お子さんやペットが食べてしまわぬよう、注意しましょう。

 

次は、オシロイバナの花言葉についてお伝えします!

 

オシロイバナの花言葉は?

 

オシロイバナの花言葉は「臆病」「内気」などがあります。

 

 

これは、夕方に花を咲かせ、翌朝にはしぼんでしまうオシロイバナの花の習性からきているといわれています。

 

  • オススメ記事

ペチュニアの育て方等はこちらをご覧下さい。

サルビアの育て方等はこちらをご覧ください。

ヒイラギナンテンの育て方等はこちらをご覧ください。

 

オシロイバナのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①オシロイバナの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所を好みます。

土質をほとんど選びません。

肥料は、鉢植えの場合、月に1度の置き肥、もしくは、月に3度ほど液体肥料を与えましょう。

庭植えの場合、ほとんど要りません。

種まきは、5~6月が適しています。

水は、鉢植えの場合、春~秋に土が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。

庭植えの場合、ほとんど要りません。

 

②オシロイバナの季節っていつなの?

夏~秋です。具体的にいうと、6~10月に開花します。

 

③オシロイバナの剪定のやり方は?

伸びすぎてしまった枝や要らない枝を切り取りましょう。

 

④オシロイバナの鉢植え(プランター)での育て方は?

日当たりのいい場所で管理するようにしましょう。

植える際、根を傷つけないようにしましょう。

 

⑤オシロイバナの特徴は?

夕方頃に花を開いて翌朝まで咲き、午前中にはしぼんでしまう特徴があります。

 

⑥オシロイバナの種には毒があるの?

草全体にトリゴネリンという毒を持っています。

特に、種や根の部分にあります。

 

⑦オシロイバナの花言葉は?

花言葉は「臆病」「内気」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)