サギソウの育て方!病気の対策や花言葉など11個のポイント!








白く繊細で美しい花を咲かせるサギソウ。

独特な見た目ですが、最近ではホームセンターなどでも取り扱っており、身近になりつつあります。

 

シラサギが翼を広げた姿に似ていることからサギソウという名前になったそうです。

ラン科、サギソウ属で球根性の多年草です。

 

そんなサギソウですが、育てる上で、○○○は不向きだといわれています。

その○○○とは・・・?

このページのどこかに答えがありますので、ぜひ探してみてください!

 

今回はサギソウについてのポイント、

①サギソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サギソウの開花時期はいつ頃?
③サギソウを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?
④サギソウを地植えで育てるポイントは?
⑤サギソウの植え替え時期とポイントは?
⑥サギソウの病気は何がある?対策方法は?
⑦サギソウの花が咲かない原因は?
⑧サギソウの冬越しのやり方は?
⑨サギソウの増やし方は?
⑩サギソウの花言葉はなに?
⑪サギソウの種類や品種は何がある?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはサギソウの育て方からお伝えします!

 

サギソウの育て方は?

 

サギソウは低地の湿地に生息しています。

 

また、日当たりのいい場所を好み、ある程度の気温が必要であるため、育てるのが難しいです。

ですが、白く繊細な花はとても見ごたえがあるため、ぜひ挑戦してみてください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サギソウが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サギソウの育て方!環境はどうする?

 

サギソウは日当たりのいい場所を好みます。

種類によっては日陰を好むものもあるので、よく確認しましょう。

 

また、湿地の植物であるため、湿度のある環境づくりをしましょう。

 

次は、サギソウに適した用土についてお伝えします!

 

サギソウを育てる際の適した用土は何?

 

湿地に生息していることもあるので、保湿性の高い土を好み、栄養分の少ない土が適しています。

 

自分で作る場合、鹿沼土を7、水ごけを3で混ぜるとよいでしょう。

水ごけのみでも育てることができ、とても簡単なのでオススメです。

次は、サギソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

サギソウの育て方!肥料はどうする?

 

栄養分の少ない土を好むサギソウは、肥料はほとんど必要ありません。

 

 

与える場合には、5~6月に液体肥料を月に1~2度ほどにしましょう。

サギソウを増やす場合には球根を太らせるため、花がらを摘んだ後に2~3度同じように肥料を与えるとよいでしょう。

 

次は、サギソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

サギソウを育てる際の水の量はどうする?

 

生育期には、土の表面が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。

 

また、夏には乾燥を防ぐために受け皿に砂利を敷き、浸るまで水を入れましょう。

そして、その上に鉢を乗せましょう。

 

以上で基本的なサギソウの育て方については終わりです。

次はサギソウの季節や開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サギソウの季節や開花時期はいつ頃?

 

他では見られないような個性的な花を咲かせるサギソウ。

そんなサギソウの開花時期は7~9月です。

 

 

清涼感あふれる白い花が、夏にぴったりですね。

 

次は、サギソウを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントについてお伝えします!

 

サギソウを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

 

魅力的な花を咲かせるサギソウ、長く育てたいですよね。

ですが、ずっと同じ鉢で育てていると根詰まりを起こしてしまいます。

ですので、毎年植え替えるようにしましょう。

 

また、サギソウの根は横へと広がるので平鉢が適しています。

そして、できる限り乾きにくくすることがポイントですので、植える球根の数に合ったプランターを選びましょう。

 

次は、サギソウを地植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

サギソウを地植えで育てるポイントは?

 

始めに、サギソウは○○○が不向きと書きましたが、ここで正解を発表します。

それは、地植えです。

 

サギソウは管理が難しいため、地植えに向きません。

ですので、鉢で育てることをオススメします。

 

次は、サギソウの植え替えについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サギソウの植え替え時期とポイントは?

 

サギソウの植え替えは1~3月に行いましょう。

 

生育期に入ってしまうと芽を痛めてしまうこともあるため、休眠期である1~3月が適しています。

植え替えのタイミングを逃さないようにしましょう。

 

やり方としては、鉢の底付近にある球根を取り出し、植え替えます。

植え付けたい場所へと移動させたら、球根の上に土を1cmほどかぶせましょう。

 

次は、サギソウの病気についてお伝えします!

 

サギソウの病気は何がある?対策方法は?

 

サギソウの株がよじれたり、葉が縮んだりといった様子が見られる場合、病気にかかっている可能性があります。

それらの症状が出る注意すべき病気は、ウイルス病です。

発病したら治すことができないため、病変のある株ごと抜き取りましょう。

 

次は、サギソウの花が咲かない原因についてお伝えします!

 

サギソウの花が咲かない原因は?

 

サギソウが咲かない原因には、ナメクジが考えられます。

 

 

ナメクジはサギソウの蕾を食べてしまいます。

ナメクジが通った跡がないか確認し、見つけ次第駆除しましょう。

 

次は、サギソウの冬越しについてお伝えします!

 

サギソウの冬越しのやり方は?

 

サギソウは冬越しをする際、15℃以上の気温が必要です。

 

ですので、部屋や温室などで管理しましょう。

また、15℃を下回らない工夫が必要です。

 

次は、サギソウの増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サギソウの増やし方は?

 

サギソウの増やし方には分球があります。

 

1年でなんと、2~3倍に増やすことができます。

土から球根からより分ければ完了です。

 

次は、サギソウの花言葉についてお伝えします!

 

サギソウの花言葉はなに?

 

サギソウの花言葉には「繊細」「清純」などがあります。

 

 

これは、サギソウの花の色や細かな切れ込みのある花姿からきているといわれています。

 

次は、サギソウの種類や品種についてお伝えします!

 

サギソウの種類や品種は何がある?

 

サギソウの仲間は、世界で600種ほど確認されています。

品種には、葉に斑の入る天の川大型園芸品種の玉竜花などがあります。

 

それでは、最後に今回お伝えした事をまとめたいと思います。

 

  • オススメ記事

ハマユウの育て方等はこちらをご覧下さい。

ホタルブクロの育て方等はこちらをご覧ください。

スパティフィラムの育て方等はこちらをご覧ください。

 

サギソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①サギソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

サギソウは日当たりのいい場所を好みます。

土は保湿性の高く、栄養分の少ないものが適しています。

肥料はほとんど要りません。

水は、土の表面が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。

 

②サギソウの開花時期はいつ頃?

サギソウの開花時期は7~9月です。

 

③サギソウを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

サギソウは毎年植え替えるようにしましょう。

サギソウの根は横へと広がるので平鉢が適しています。

 

④サギソウを地植えで育てるポイントは?

サギソウは管理が難しいため、地植えに向きません。

 

⑤サギソウの植え替え時期とポイントは?

サギソウの植え替えは1~3月に行いましょう。

 

⑥サギソウの病気は何がある?対策方法は?

サギソウが注意すべき病気にはウイルス病があります。

発病した箇所はすぐに取り除きましょう。

 

⑦サギソウの花が咲かない原因は?

サギソウが咲かない原因には、ナメクジが考えられます。

こまめに確認し、見つけ次第駆除しましょう。

 

⑧サギソウの冬越しのやり方は?

サギソウは冬越しをする際、15℃以上の気温が必要です。

部屋や温室などで冬越しさせましょう。

 

⑨サギソウの増やし方は?

サギソウの増やし方には分球があります。

土から球根からより分ければ完了です。

 

⑩サギソウの花言葉はなに?

サギソウの花言葉には「繊細」「清純」などがあります。

 

⑪サギソウの種類や品種は何がある?

サギソウの仲間は、世界で600種ほど確認されています。

品種には、葉に斑の入る天の川や大型園芸品種の玉竜花などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)