【センボンヤリ(千本槍)のまとめ!】育て方や花言葉等5個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、センボンヤリについてまとめていきたいと思います。

 

センボンヤリは、キク科センボンヤリ属に属する多年草です。

 

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布していて、海外では、南千島、サハリン、シベリアなどに分布しています。

センボンヤリを漢字で書くと、「千本槍」で、学名は「Leibnitzia anandria」です。

 

今回は、センボンヤリについてのポイント、

①センボンヤリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②センボンヤリの画像(写真)!花の特徴は?
③センボンヤリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④センボンヤリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤センボンヤリとガーベラの違いはなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはセンボンヤリの育て方からお伝えします!

 

センボンヤリの育て方は?

 

センボンヤリは、山地や丘陵の日当たりのよい草地などに自生しています。

そのため、日当たりのよい環境で育てるのが一番のポイントです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、センボンヤリが好む環境についてお伝えします!

 

センボンヤリの育て方!環境はどうする?

 

センボンヤリは、日当たりと水はけの良い環境で育てましょう。

芽出しから花後まで、よく日に当てることが大切です。

 

次は、センボンヤリに適した用土についてお伝えします!

 

センボンヤリを育てる際の適した用土は何?

 

センボンヤリは、水はけの良い用土で育てましょう。

硬質赤玉土と硬質鹿沼土の混合用土が適しています。

 

次は、センボンヤリに必要な肥料についてお伝えします!

 

センボンヤリの育て方!肥料はどうする?

 

センボンヤリには、肥料はあまり必要ありません。

与える場合は、春に有機質の肥料を少量与えましょう。

 

では次は、センボンヤリの水やりポイントについてお伝えします!

 

センボンヤリを育てる際の水の量はどうする?

 

センボンヤリは、過湿の状態を好みません。

 

過湿にならないように注意しながら春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬の休眠中も完全に乾かない程度に与えましょう。

 

以上で基本的なセンボンヤリの育て方については終わりです。

次はセンボンヤリの写真をお見せします!

 

センボンヤリの画像(写真)!花の特徴は?

 

 

センボンヤリは、春に咲かせる花は花径1.5cmほどととても小さな花です。

また、春の花は5cm~20cmほどと秋の花より丈が低いことも特徴の1つでしょう。

 

種子の数や花の数も、春より秋のほうが多いです。

春と秋で違った姿を見せてくれるのも楽しみの1つですね。

 

そして、春に咲く花の色は白から赤紫で、「ムラサキタンポポ」という別名はこの花姿に由来するそうです。

 

次に、センボンヤリの開花時期をお伝えします!

 

センボンヤリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

センボンヤリの開花時期は、春の4~6月と秋の9~11月です。

また、冬場は地上部が枯れて休眠しますが、多年草なので春になると芽吹き、毎年花が観られます。

 

次は、センボンヤリの値段や販売価格をお伝えします!

 

センボンヤリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

センボンヤリの苗は、約600円で販売されています。

山草を扱うインターネットショップをチェックして、お好みに合わせて購入してくださいね。

 

それでは最後に、センボンヤリとガーベラの違いをお伝えします!

 

センボンヤリとガーベラの違いはなに?

 

ガーベラは、キク科ガーベラ属の総称です。

また、ガーベラには「アフリカセンボンヤリ」や「オオセンボンヤリ」という和名があります。

 

和名の通り、センボンヤリよりもガーベラのほうが大きいのが違いの1つです。

センボンヤリは春には5cm~20㎝、秋には30cm~60cmに成長します。

 

それに対し、ガーベラは種類にもよりますが、25cm~70cmと若干大きく、花径も約6cm~12cmとセンボンヤリより大きいです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

センボンヤリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①センボンヤリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

センボンヤリは、日当たりと水はけの良い環境で育てましょう。

水はけの良い用土で育て、肥料を与える場合は春に有機質の肥料を少量与えましょう。

センボンヤリは、過湿の状態を好みません。

春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬の休眠中も完全に乾かない程度に与えましょう。

 

②センボンヤリの画像(写真)!花の特徴は?

センボンヤリは、春に咲かせる花は花径1.5cmほどととても小さな花です。

また、春の花は5cm~20cmほどと秋の花より丈が低いことも特徴の1つでしょう。

種子の数や花の数も、春より秋のほうが多いです。

そして、春に咲く花の色は白から赤紫で、「ムラサキタンポポ」という別名はこの花姿に由来するそうです。

 

③センボンヤリの開花時期や季節はいつ頃なの?

センボンヤリの開花時期は、春の4~6月と秋の9~11月です。

 

④センボンヤリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

センボンヤリの苗は、約600円で販売されています。

 

⑤センボンヤリとガーベラの違いはなに?

ガーベラは、キク科ガーベラ属の総称です。

また、ガーベラには「アフリカセンボンヤリ」や「オオセンボンヤリ」という和名があります。

和名の通り、センボンヤリよりもガーベラのほうが草丈、花径ともに大きいのが違いの1つです。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)