オクラの育て方!種まきの方法や品種など7つのポイント!








夏に色鮮やかな花を咲かせるオクラ。

 

 

独特の食感が特徴的です。

 

今回はオクラについてのポイント、

①オクラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②オクラはいつ頃発芽するの?収穫時期はいつ?
③オクラをプランターで育てるポイントは?
④オクラの剪定方法は?
⑤オクラの苗が枯れてしまう原因と対策は?
⑥オクラの病気や害虫の対策はどうする?
⑦オクラの種類や品種は何がある?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはオクラの育て方からお伝えします!

 

オクラの育て方は?

 

オクラは原産がアフリカであることから高温を好むため、寒さには弱いです。

 

15℃を下回ると、育ちが悪くなってしまいます。

注意しましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、オクラが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

オクラの育て方!環境はどうする?

 

オクラは多湿な環境を嫌うので、水はけをよくしましょう。

 

 

また、日当たりのいい場所で育てることで、ぐんぐんと大きくなります。

 

次は、オクラに適した用土についてお伝えします!

 

オクラを育てる際の適した用土は何?

 

一般的な野菜用培養土を使って大丈夫です。

混ぜて作る場合、赤玉土6、腐葉土3、バーイキュライト1の割合で混ぜ合わせるとよいでしょう。

 

次は、オクラに必要な肥料についてお伝えします!

 

オクラの育て方!肥料はどうする?

 

植え付ける際、土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきましょう。

実がなった後には2週間に1度、同様の肥料を土に表面へとばらまきましょう。

肥料が足りないと、葉が細くなってしまいますので、注意しましょう。

 

では次は、オクラの種まき時期と種まきポイントについてお伝えします!

 

オクラの種まき時期と種まきのポイントは?

 

気温が十分に上がってから行いましょう。

具体的には、オクラの種まきは4~5月が適しています。

 

1cmほどの穴をつくり、3粒ずつ種をまきましょう。

また、種の皮がかたいため、種をまく前日に水に浸しておくとよいでしょう。

 

次は、オクラの水やりポイントについてお伝えします!

 

オクラを育てる際の水の量はどうする?

 

土が乾燥したらたっぷりと水を与えましょう。

 

 

水が足りないと、極端に生長が悪くなってしまうため、注意しましょう。

 

以上で基本的なオクラの育て方については終わりです。

次はオクラの発芽についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

オクラはいつ頃発芽するの?収穫時期はいつ?

 

オクラは、種をまいてから4~5日ほどで発芽します。

 

 

収穫時期は、開花後4~5日ほど経過し、長さが6~7cmになった頃です。

 

次は、オクラをプランターで育てるポイントについてお伝えします!

 

オクラをプランターで育てるポイントは?

 

プランターは深さが30cm以上、幅が50~80cmあるものを準備しましょう。

また、植えた後は水をたっぷりと与え、日の当たる場所で管理しましょう。

 

次は、オクラの剪定方法についてお伝えします!

 

オクラの剪定方法は?

 

実がなるまでに、葉が込み合っていると感じたときには葉の剪定をしましょう。

 

 

そうすることにより、風通しがよくなり、病害虫の予防にもなります。

 

また、収穫と同時に下葉取りを行うとよいでしょう。

1本収穫したら、2段下の葉を切り取っていきましょう。

 

下葉取りを行うことで、養水分を上にある若い葉の方へ回すことができます。

 

次は、オクラの苗が枯れてしまう原因と対策についてお伝えします!

 

オクラの苗が枯れてしまう原因と対策は?

 

オクラは根を地面と垂直に生やす直根性を持っています。

 

ですので、根が傷むと枯れてしまいます。

苗から植え替える際には、根を傷つけないように注意しましょう。

 

次は、オクラの病気や害虫対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

オクラの病気や害虫の対策はどうする?

 

注意する病気には、うどんこ病などがあります。

うどんこ病とは、葉の表面部分に薄く白いカビが発生する病気です。

 

発病した葉の部分はすぐに切り取りましょう。

 

注意する害虫は、ワタアブラムシです。

見つけ次第、すぐに駆除しましょう。

次は、オクラの種類、品種についてお伝えします!

 

オクラの種類や品種は何がある?

 

オクラには、大きく分けると角オクラや丸オクラなどがあります。

具体的には、五角オクラのアーリーファイブや角のない丸オクラのエメラルドなどがあります。

 

  • オススメ記事

きゅうりの育て方等はこちらをご覧下さい。

セロリの育て方等はこちらをご覧ください。

アロエベラの育て方等はこちらをご覧ください。

 

オクラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①オクラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

多湿な環境を嫌うので、水はけをよくしましょう。

日当たりのいい場所で育てることで、ぐんぐんと大きくなります。

土は、一般的な野菜用培養土で大丈夫です。

肥料は、植え付ける際に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきましょう。

実がなった後には2週間に1度、同様の肥料を土に表面へとばらまきましょう。

 

②オクラはいつ頃発芽するの?収穫時期はいつ?

オクラは、種をまいてから4~5日ほどで発芽します。

収穫時期は、開花後4~5日ほど経過し、長さが6~7cmになった頃です。

 

③オクラをプランターで育てるポイントは?

プランターは深さが30cm以上、幅が50~80cmあるものを準備しましょう。

 

④オクラの剪定方法は?

葉が込み合っていると感じたときには葉の剪定をしましょう。

また、収穫と同時に下葉取りを行うとよいでしょう。

 

⑤オクラの苗が枯れてしまう原因と対策は?

根が傷むと枯れてしまいます。

苗から植え替える際には、根を傷つけないように注意しましょう。

 

⑥オクラの病気や害虫の対策はどうする?

うどんこ病にかかったら、発病した葉の部分をすぐに切り取りましょう。

ワタアブラムは、見つけ次第すぐに駆除しましょう。

 

⑦オクラの種類や品種は何がある?

角オクラや丸オクラなどがあります。

具体的には、五角オクラのアーリーファイブや角のない丸オクラのエメラルドなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)