【もやしのまとめ!】育て方(水耕栽培や増やし方)と花言葉等13個のポイント!

 

みなさんこんにちは。

今回は、もやしについてまとめていきたいと思います。

 

もやしは、穀類や豆類の種を人工的に発芽させたものです。

一般的にもやしとして流通しているものは、大豆、緑豆、ブラックマッペなど豆を発芽させたものとなっています。

 

今回は、もやしについてのポイント、

①もやしの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②もやしの画像(写真)!特徴は?栄養価はあるの?
③もやしの季節や収穫時期はいつ頃なの?
④もやしの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤もやしの苗の植え付け(植え方)のポイントは?
⑥もやしのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントは?
⑦もやしの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑧もやしのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑨もやしの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で時間はどれくらいなの?
⑩もやしの美味しい食べ方!ナムルやサラダやおひたし等の人気のレシピは?
⑪もやしの保存方法は?消費期限(日持ち)はどれくらい?作り置きや冷凍保存にしても大丈夫なの?
⑫もやしの花言葉はなに?漢字や英語でなんていうの?
⑬もやしの種類や品種は何があるの?

 

以上13個の点についてお伝えします。

まずはもやしの育て方からお伝えします!

 

もやしの栽培方法(育て方)は?自家栽培には向いているの?

 

もやしは、一年中季節を問わず室内で育てられる植物です。

日の当たらない暗い場所であれば、自家栽培も可能です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、もやしが好む環境についてお伝えします!

 

もやしの育て方!環境はどうする?日光に当てる必要はあるの?

 

もやしは、通気性が良く、遮光された暗い場所で育てます。

 

もやしは、日光に当てる必要もありませんし、LEDライトなどのような明かりも必要ありません。

もやしを育てる際は、清潔な環境も大切になります。

 

次は、もやしに適した用土についてお伝えします!

 

もやしを育てる際の適した用土は何?

 

もやしは、用土を必要としません。

用土の代わりに新鮮で清潔な水で育てます。

 

次は、もやしに必要な肥料についてお伝えします!

 

もやしの育て方!肥料はどうする?

 

もやしは、育てるにあたって肥料を必要としません。

 

では次は、もやしの水やりポイントについてお伝えします!

 

もやしを育てる際の水の量はどうする?

 

もやしは、豆の3倍の量の、清潔な水が必要です。

もやしを育ててる間は、1日2回の水を交換することで、ぬめりがなく清潔なもやしを収穫することができます。

 

以上で基本的なもやしの育て方については終わりです。

次はもやしの写真をお見せします!

 

もやしの画像(写真)!特徴は?栄養価はあるの?

 

 

もやしは、1本の太さ0.5㎝程度、長さ5㎝程度で、茎は白く、頭に種の豆を付けています。

もやしの栄養は、その多くは水分ですが、種である豆のでんぷんたんぱく質脂肪を含んでいます。

 

次に、もやしの季節や収穫時期をお伝えします!

 

もやしの季節や収穫時期はいつ頃なの?

 

もやしは室内で人工栽培されるので旬の季節はありません。

もやしの収穫時期は、育て始めてから8日~10日目の長さが5㎝になった頃が良いでしょう。

 

次は、もやしの値段や販売価格をお伝えします!

 

もやしの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

もやしはスーパーやコンビニなどで売られており、1袋¥30程度で購入できます。安い時は¥19や一桁の値段で売られていることもあります。

もやしの種子は、種類にもよりますが、1袋¥250程度から購入することができます。

 

それでは次に、もやしの苗の植え付け(植え方)のポイントをお伝えします!

 

もやしの苗の植え付け(植え方)のポイントは?

 

もやしは、土では育てないので、植え付けることはしません。

 

次は、もやしのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントをお伝えします!

 

もやしのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントは?

 

もやしは、土では育てないのでプランターを使用することはありません。

 

もやしは、水耕栽培で育てるのが一般的です。

煮沸した清潔な瓶かトレーに、種子をいれて水を張り、ガーゼと輪ゴムで蓋をします。

 

水が濁る場合は、水の濁りがなくなるまで水を取り替え、種子の3倍の高さになるように清潔な水を張ります。

 

もやしを育てるには遮光しなくてはならないため、アルミ箔や段ボール箱を利用し、瓶を覆ったりトレーを段ボール箱に入れて育てるのが良いでしょう。

もやしを育てている間は、1日2回水を交換しますが、その際に豆の殻がはがれてきたら、取り除くようにしましょう。

 

次に、もやしの増やし方をお伝えします!

 

もやしの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

もやしは、種子の豆ごと食べるので、増やすことはできません。

 

もやしの種まき時期は、室内の人工栽培のため、一年中いつでも良いでしょう。

 

もやしの種子は、専用のものを使用するようにしましょう。

もやしは種子も食べるため、種子消毒されている可能性のある栽培用の豆は適していません。

 

次は、もやしのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします!

 

もやしのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

もやしは、水で育てているために、高温多湿になると雑菌による腐敗が進みます。

1日2回の水交換の際にぬめりがある時はぬめりを取り除き、常に清潔に保つことと、通気性の良い環境で育てるのが良いでしょう。

 

それでは次に、もやしの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で時間をお伝えします!

 

もやしの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で時間はどれくらいなの?

 

もやしの下処理は、洗って黒い殻を取り除き、白いひげ根を取り除いておくことで料理した時に美味しく食べることができます。

 

もやしの茹で時間は、沸騰したお湯に入れて、再沸騰してから20~30秒程度が良いでしょう。

もやしを炒める場合は、あらかじめ茹でる必要はありません。

 

次は、もやしの美味しい食べ方をお伝えします!

 

もやしの美味しい食べ方!ナムルやサラダやおひたし等の人気のレシピは?

 

もやしは、シャキシャキとした触感が美味しいので、その触感を生かしたナムル、サラダ、おひたしのレシピを紹介します。

もやしのナムル

<材料>

もやし        200g

■醤油        小さじ2

■ごま油       小さじ2

■鶏ガラスープの素  小さじ1

■すりおろしにんにく 小さじ1

■白すりごま     大さじ1

<作り方>

①もやしを洗い下処理をして、シャキシャキ感が残る程度(好みの硬さ)に茹で、水気を取ります。

②■の調味料を混ぜ合わせます。

③①と②を和え、味を馴染ませます。

 

もやしのサラダ

<材料>

もやし       200g

きゅうり      1本

ちくわ       2本

■醤油       大さじ2

■酢        大さじ2

■鶏ガラスープの素 小さじ1

■ごま油      大さじ1

ラー油      適量

白いりごま    適量

<作り方>

①もやしを洗い下処理をして、シャキシャキ感が残る程度(好みの硬さ)に茹で、水気を取ります。

②きゅうりとちくわを千切りします。

③■の調味料を混ぜます。

④①②③を和えます。

⑤好みでラー油や白いりごまをかけます。

 

ほうれん草ともやしのおひたし

<材料>

ほうれん草  1束

もやし    200g

■出汁醤油  大さじ2

■わさび   適量

鰹節     適量

<作り方>

①ほうれん草は茹でておき、冷水につけて水気を切る。

②もやしも下処理をして、茹でて、水気を切る。

③■の調味料を混ぜる。わさびは好みに合わせて量を調整、入れなくてもよい。

④①②を混ぜて、鰹節をのせ、③をかけます。

 

次に、もやしの保存方法をお伝えします!

 

もやしの保存方法は?消費期限(日持ち)はどれくらい?作り置きや冷凍保存にしても大丈夫なの?

 

もやしは、傷みやすく消費期限が短い食材です。

もやしの日持ちは購入してから3日程度となっていますが、袋から出して水を張った容器に入れておくと、日持ちが少しは伸びます。

 

もやしを冷凍保存する場合は、購入した袋のまま冷凍するか、冷凍用の袋に入れて保存するのが良いでしょう。

シャキシャキ感は減りますが、1か月程度は保存できます。

 

もやしを調理して作り置きする場合は、冷蔵庫で保存しましょう。

もやしに火を通していたとしても、冷蔵庫で5日程度しか保存できません。

 

次は、もやしの花言葉をお伝えします!

 

もやしの花言葉はなに?漢字や英語でなんていうの?

 

もやしの花言葉はありません。

もやしは漢字で「萌やし」又は「糵」、英語では「Beansprout」です。

 

それでは最後に、もやしの種類や品種をお伝えします!

 

もやしの種類や品種は何があるの?

 

もやしは、何を種子にするかで種類がかわってきます。

「大豆もやし」、「緑豆もやし」、「ブラックマッペもやし」などの種類があります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

もやしのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは13個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①もやしの育て方(環境、土、肥料、水やり)

もやしは、通気性が良く、遮光された暗い場所で育てます。

もやしは、用土を必要としませんが、その代わり新鮮で清潔な水が必要です。

もやしは、育てるにあたって肥料を必要としません。

もやしの水やりは、豆の3倍の量、1日2回の水を交換することが育てるにあたって重要です。

 

②もやしの画像(写真)!特徴は?栄養価はあるの?

もやしは、1本の太さ0.5㎝程度、長さ5㎝程度で、茎は白く、頭に種の豆を付けています。

もやしの栄養は、多くは水分ですが、でんぷんやたんぱく質、脂肪を含んでいます。

 

③もやしの季節や収穫時期はいつ頃なの?

もやしは旬の季節はありませんが、収穫時期は、育て始めてから8日~10日目の頃になります。

 

④もやしの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

もやしは1袋¥30程度で購入できます。一桁の値段で売られていることもあります。

もやしの種子は、1袋¥250程度から購入することができます。

 

⑤もやしの苗の植え付け(植え方)のポイントは?

もやしは、土では育てないので、植え付けることはしません。

 

⑥もやしのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントは?

もやしは、土では育てないのでプランターを使用することはありません。

もやしを水耕栽培する時は、清潔な環境と、種子の3倍の水、遮光された環境、1日2回水交換が重要となります。

 

⑦もやしの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

もやしは、種子の豆ごと食べるので、増やすことはできません。

もやしの種まき時期は、一年中いつでも良いでしょう。

もやしの種子は、専用のものを使用するようにしましょう。

 

⑧もやしのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

もやしは、高温多湿になると雑菌による腐敗が進みます。

1日2回の水交換の際にぬめりがある時はぬめりを取り除き、常に清潔に保つことと、通気性の良い環境で育てるのが良いでしょう。

 

⑨もやしの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で時間はどれくらいなの?

もやしの下処理は、黒い殻を取り除き、白いひげ根を取り除いておくことが大切です。

もやしの茹で時間は、沸騰したお湯に入れて、再沸騰してから20~30秒程度が良いでしょう。

 

⑩もやしの美味しい食べ方!ナムルやサラダやおひたし等の人気のレシピは?

もやしは、シャキシャキとした触感が美味しいので、その触感を生かしたナムル、サラダ、おひたしでいただくのが良いでしょう。

 

⑪もやしの保存方法は?消費期限(日持ち)はどれくらい?作り置きや冷凍保存にしても大丈夫なの?

もやしの日持ちは購入してから3日程度となっています。

もやしを冷凍保存する場合は、購入した袋のまま冷凍するか、冷凍用の袋に入れて保存するのが良いでしょう。

もやしを作り置きする場合は、冷蔵庫で保存しましょう。

 

⑫もやしの花言葉はなに?漢字や英語でなんていうの?

もやしの花言葉はありません。

もやしは漢字で「萌やし」又は「糵」、英語では「Beansprout」です。

 

⑬もやしの種類や品種は何があるの?

もやしは、「大豆もやし」、「緑豆もやし」、「ブラックマッペもやし」などの種類があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)