枝豆の育て方!収穫時期や種類など9つのポイント!








食卓を彩り栄養価もたっぷりの枝豆。

 

 

病気にもなりにくく、育てやすいのが特徴です。

畑はもちろんですが、プランター栽培もできるので、ぜひ枝豆作りに挑戦してみませんか?!

 

今回は枝豆についてのポイント、

①枝豆の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②枝豆の収穫時期はいつ頃なの?
③枝豆を植え付ける方法は?
④枝豆をプランターで育てるポイントは?
⑤枝豆を育てる時に支柱は必要?オススメは?
⑥枝豆の間引きをするタイミングとやり方は?
⑦枝豆の成長速度は?
⑧枝豆の病気と害虫対策はどうする?
⑨枝豆の種類や品種ってなにがある?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずは枝豆の育て方からお伝えします!

 

枝豆の育て方は?

 

枝豆は寒さに弱く、日当たりのよい場所を好みます。

また、風通しのよい場所で育てることをおすすめします。

 

最初は、枝豆が好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

枝豆の育て方!環境はどうする?

 

日当たりがよく、あたたかい環境がよいでしょう。

 

 

具体的には20~25℃くらいが適しています。

次は、枝豆に適した用土についてお伝えします!

 

枝豆を育てる際の適した用土は何?

 

野菜用の培養土を使いましょう。

水はけと水もちのバランスがとれている土であれば、問題ありません。

 

次は、枝豆に必要な肥料についてお伝えします!

 

枝豆の育て方!肥料はどうする?

 

枝豆は、肥料はほとんど要りません。

開花後に実や草勢を観察して弱っているようでしたら、追肥を施しましょう。

では次は、枝豆の種まき時期と種まきポイントについてお伝えします!

 

枝豆の種まき時期と種まきポイントは?発芽はいつ?

 

枝豆の種まきは4月~6月が適しています。

1か所に3粒ずつまきましょう。

 

枝豆の種をまいたら、土をかぶせます。

その際、軽く押さえつけるようにしましょう。

 

7~10日ほどで発芽します。

 

 

次は、枝豆育てる際の水の量についてお伝えします!

 

枝豆を育てる際の水の量はどうする?

 

土の表面が乾いたら、水をたっぷりと与えましょう。

枝豆は乾燥に弱いので、注意しましょう。

 

以上で基本的な枝豆の育て方については終わりです。

次は枝豆の収穫時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

枝豆の収穫時期はいつ頃なの?

 

 

枝豆の収穫時期は6月~9月が適しています。

 

次は、枝豆を植え付ける方法についてお伝えします!

 

枝豆を植え付ける方法は?

 

枝豆の植え付けの時期は4月~5月が適しています。

植える場所の土に、苗と同じ大きさの穴を掘り、そこへ植えましょう。

 

枝豆の根は傷つきやすいので、扱いに注意しましょう。

 

次は、枝豆をプランターで育てるポイントについてお伝えします!

 

枝豆をプランターで育てるポイントは?

 

プランターは一般的なものでも、野菜用のものでも大丈夫です。

日当たりのよい場所に置きましょう。

 

次は、枝豆を育てる時の支柱についてお伝えします!

 

枝豆を育てる時に支柱は必要?オススメは?

 

枝豆の苗は、雨や風で倒れてしまうことがあります。

 

支柱を用意して、倒れるのを防ぎましょう。

四隅に支柱を立てて、麻ひもなどで支柱を囲むようにして結ぶことをオススメします。

 

次は、枝豆の間引きをするタイミングとやり方についてお伝えします!

 

枝豆の間引きをするタイミングとやり方は?

 

間引きとは、密集している苗を一部残し、他の苗を抜くことをいいます。

 

本葉が出てきてから間引きしましょう。

間引きする際は他の苗が抜けないように、片方の手で抜く苗の根元を押さえて、ゆっくりと引き抜きましょう。

 

次は、枝豆の成長速度についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

枝豆の成長速度は?

 

枝豆の成長速度は遅いです。

 

ゆっくりじっくりと成長していきます。

具体的には、80日~100日くらいで収穫できるほどに成長します。

 

次は、枝豆の病気と害虫対策についてお伝えします!

 

枝豆の病気と害虫対策はどうする?

 

「ダイズアブラムシ」に注意しましょう。

 

対策としては、防虫ネットをかけるとよいでしょう。

 

そうすることで、ダイズアブラムシからの被害も防げますし、アブラムシを通してかかる「モザイク病」の予防にもなります。

 

次は、枝豆の種類や品種についてお伝えします!

 

枝豆の種類や品種ってなにがある?

 

大きくわけると、「白毛豆」「黒豆」「茶豆」の3つに分けられます。

全体としては400種以上にも及ぶと言われています。

ポピュラーな「サッポロミドリ」や食味のよい「湯あがり娘」などがあります。

 

  • オススメ記事

ピーマンの育て方等はこちらをご覧ください。

ナスの育て方等はこちらをご覧ください。

サルビアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

枝豆のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①枝豆の育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たり、風通しのいい場所がよいでしょう。

土は野菜用の培養土を使いましょう。

肥料はほとんど要りません。

水は、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

 

②枝豆の収穫時期はいつ頃なの?

枝豆の収穫時期は6月~9月が適しています。

 

③枝豆を植え付ける方法は?

枝豆の植え付けの時期は4月~5月が適しています。

植える場所の土に、苗と同じ大きさの穴を掘り、植えましょう。

 

④枝豆をプランターで育てるポイントは?

プランターは一般的なものでも、野菜用のものでも大丈夫です。

日当たりのよい場所に置きましょう。

 

⑤枝豆を育てる時に支柱は必要?オススメは?

支柱はあった方がよいでしょう。

四隅に支柱を立てて、麻ひもなどで支柱を囲むようにして結ぶことをオススメします。

 

⑥枝豆の間引きをするタイミングとやり方は?

本葉が出てきてから間引きしましょう。

間引きする際は他の苗が抜けないように、片方の手で抜く苗の根元を押さえて、ゆっくりと引き抜きましょう。

 

⑦枝豆の成長速度は?

枝豆の成長速度は遅いです。

80日~100日くらいで収穫できるほどに成長します。

 

⑧枝豆の病気と害虫対策はどうする?

ダイズアブラムシやモザイク病に注意しましょう。

対策として、防虫ネットをかけましょう。

 

⑨枝豆の種類や品種ってなにがある?

大きく、「白毛豆」「黒豆」「茶豆」の3つにわけられます。

全体としては400種以上にも及ぶと言われています。

具体的には、ポピュラーなサッポロミドリや食味のよい湯あがり娘などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)