【サヤエンドウのまとめ!】育て方(種まきや病気害虫対策)と種類等13個のポイント!yasu








 

みなさんこんにちは。

今回は、サヤエンドウについてまとめていきたいと思います。

 

サヤインゲンは、【マメ科エンドウ属】で原産、生産地は【中央アジア~中近東】になります。

学名は【Pisum sativum L.】であり、英名としては【Pea】となります。

 

今回は、サヤエンドウについてのポイント、

①サヤエンドウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サヤエンドウの画像(写真)!特徴は?花や実(豆)はどんな感じ?
③サヤエンドウの開花・収穫時期や季節はいつ頃なの?
④サヤエンドウの苗の植え方のポイントは?おすすめの栽培時期は?
⑤サヤエンドウの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥サヤエンドウのかかりうる病気や害虫の対策方法は?防寒対策はどうするの?
⑦サヤエンドウの下処理はどうするの?ゆで時間はどれくらい?
⑧サヤエンドウを使った料理!おすすめの食べ方(レシピ)は?炒め物やスープ、煮物など
⑨サヤエンドウの保存方法は?冷凍保存できるの?保存期間はどれくらい?
⑩サヤエンドウは離乳食や幼児食に使える?いつから食べられるの?
⑪サヤエンドウとグリーンピースの違いはなに?
⑫サヤエンドウの花言葉はなに?漢字でどう書くの?
⑬サヤエンドウの種類や品種は何があるの?

 

以上13個の点についてお伝えします。

まずはサヤエンドウの育て方からお伝えします!

 

サヤエンドウの育て方(栽培)は?

 

サヤエンドウが好む生育環境は、【風通しはよく、日当たりの良い場所】です。

 

用土も【培養土(野菜用)】などを使用し、肥料も必要です。

水も与えることで、伸び伸びと成長していくことができます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サヤエンドウが好む環境についてお伝えします!

 

サヤエンドウの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

サヤエンドウはが好む環境条件は大きく二つです。

 

1、【日当たりの良い環境】2、【風通しの良い環境】になります。

適した生育温度は、【15~20℃】になりますので、参考にしてみてください。

 

次は、サヤエンドウに適した用土についてお伝えします!

 

サヤエンドウを育てる際の適した用土は何?

 

サヤエンドウをプランターで栽培する場合には、【培養土(野菜用)】を使用します。

 

また、畑での栽培は、【堆肥や元肥を入れる前(2週間前!)に、石灰を入れること】が大切です。

その後に、後堆肥と元肥を入れていくという流れになります。

 

石灰をまくことで、酸度調整をしていきます。(サヤエンドウは酸性土壌が苦手なので調整が必要)

 

次は、サヤエンドウに必要な肥料についてお伝えします!

 

サヤエンドウの育て方(栽培)!肥料はどうする?

 

サヤエンドウの肥料作りでは、 【赤玉土:腐葉土:バーミキュライト=7:2:1】を混ぜます。

 

それに加えて、【用土10ℓ当たり10gの石灰+用土10ℓ当たり10~30gの化成肥料】を混ぜて出来上がりです。

少し、複雑ではありますが、調整してみてください。

 

では次は、サヤエンドウの水やりポイントについてお伝えします!

 

サヤエンドウを育てる際の水の量はどうする?

 

サヤエンドウは、【乾燥寄りの土を好む】特徴があります。

 

ですので、直植えで冬の場合には、水やりはあまりあげなくてもかまいません。

しかし、プランター栽培の場合には、土の乾燥状態を見ながら、昼間に水で十分に潤してください。(その後は控える)

 

ちなみに、【追肥は冬の間は不要】になりますので、手入れを必要以上に気にすることはありません。

 

以上で基本的なサヤエンドウの育て方については終わりです。

次はサヤエンドウの写真をお見せします!

 

サヤエンドウの画像(写真)!特徴は?花や実(豆)はどんな感じ?

 

サヤエンドウは綺麗な緑色をしています。

 

 

サヤエンドウの花は藤に似た姿をしており、色は【白色や紅色】になります。

 

 

次に、サヤエンドウの開花・収穫時期をお伝えします!

 

サヤエンドウの開花・収穫時期や季節はいつ頃なの?

 

サヤエンドウの開花時期は、【3月中旬~4月上旬】の期間になります。

 

春の流れに沿いながら、スイートーピーに似た花を咲かせてくれます。

収穫時期については、【開花後の12日~15日】になりますので、確認しておきましょう。

 

次は、サヤエンドウの苗の植え方のポイントをお伝えします!

 

サヤエンドウの苗の植え方のポイントは?おすすめの栽培時期は?

 

サヤインゲンの植え付け時期は、【11月下旬~12月】になります。

 

そして、小さい苗(本葉が3~4枚以下)を植え付けいきます。

しかし、注意点は、【冷害で枯れる可能性がある】ことなので、気をつけましょう。

 

そして、取るべき間隔は、【地植えの場合は、約30cmでプランターは15~20cm】を取ることが大切です。

 

次に、サヤエンドウの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

サヤエンドウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

サヤエンドウの種まき時期は、【10月中旬~11月上旬】になります。

 

また、種まきのポイントは【育苗ポット】と【直まき】と異なります。

育苗ポットの場合、まずは【一晩だけ、種を水に浸すこと】が大切です。

 

そして、約2㎝の穴を作っていきます。(穴の間隔等しくすること!)

 

サヤエンドウが発芽するのは、乾燥を避け、生育することで、一週間です。

最後に、3~4枚の本葉を確認したら、良い苗を残して、正しく植えていきます。

 

直まきの場合には、3㎝の深さに種を埋めていくのですが、間隔は【4~5cm程度】をキープします。(直まき)

または、点巻きで等間隔を守りながらまいていく作業でもOKです。

 

その後は、十分な水を与えてあげてください。

発芽し、苗になったら、株間隔を整えてあげることで、上手に生育してけます。

 

次は、サヤエンドウのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします!

 

サヤエンドウのかかりうる病気や害虫の対策方法は?防寒対策はどうするの?

 

サヤエンドウに被害をもたらす病気は主に【ウドンコ病】です。

 

対策としては、【窒素分が多くふくまれている肥料】を控えることが大切です。

また、風通しの良い環境を作ることも予防に繋がります。

 

そもそも、サヤエンドウのようなマメ科は、窒素を取り入れることができる力があるので、控えて病気対策をしましょう。

ちなみに、ウドンコ病の連動で、【立ち枯れ病】も存在します。

 

また、サヤエンドウの害虫に関しては、主に【ヨトウムシ(ヨトウガの幼虫)】、

【ハモグリバエの幼虫】、【ウラナミシジミの幼虫】、そして、【アブラムシ】などです。

 

害虫対策としては、殺虫剤をまくことが一番簡単で強力です。

 

それでは次に、サヤエンドウの下処理をお伝えします!

 

サヤエンドウの下処理はどうするの?ゆで時間はどれくらい?

 

サヤエンドウの下処理は意外と簡単ですので、手順を紹介しておきます!

 

~サヤエンドウ下処理の仕方から~

1、サヤエンドウの水で洗い、片方の端を掴み、ヘタを折り、引っ張ってあげることで、片方側の筋を取ります。

2、今度は反対の端を掴み、逆側の筋を取っていきます。

以上ですが、たまに、両側の筋がついていることもありますがOKで問題ありません。

 

次は、サヤエンドウのおすすめの食べ方(レシピ)をお伝えします!

 

サヤエンドウを使った料理!おすすめの食べ方(レシピ)は?炒め物やスープ、煮物など

 

サヤエンドウを使ったオススメレシピを紹介します!

 

~絹さや(サヤエンドウ)と根菜の煮物~

【材料】《絹さや10本  椎茸7個  人参3cm  水煮筍110g  水2カップ
だしの素小1  醤油大2と1/2  砂糖大2/3  みりん大2/3》

1、絹さやの筋を取り、簡単に茹でてザルにあげます。(水煮筍も同様)

2、食べやすい形に椎茸 人参 筍をカットします。

3、水2カップ、だしの素小1、 醤油大2と1/2、 砂糖大2/3 、 みりん大2/3を混ぜ合わせておきます。

4、鍋を用意し、油を入れて熱します→食材を痛め始めます。(絹さや以外で!)

5、その後、油が浸透し始めた後に、3を入れて、日の強さを【中火〜弱火】にsます。

6、竹串を人参に通し、絹さやうを入れて1分間煮込みます。《完成》

以上になります。

 

では、サヤエンドウの炒め物の手順を紹介します。

 

~絹さやと卵炒め~

【材料】《絹さや1パック オリーブオイル少量 砂糖小さじ1 醤油小さじ1 生卵1個

~手順~

1、フライパンを用意し、オリーブオイルを入れて熱します。

2、絹さやを入れて、絹さやの状態が熱でしわが出来るまで、熱します。

3、砂糖と醤油を入れ、混ざた後に、生卵を加えます。《完成》

 

以上が絹さやと卵炒めのレシピになります。

 

では、最後に、絹さやと筍の五目風スープのレシピや手順を紹介します。

 

~絹さやと筍の五目風スープ~

【材料 :2〜3人分】
《たけのこスライス80g  きぬさや40g  人参スライス1/5本  クリスピーオニオン大さじ1
2カップの水  小さじ2のウェイパー  大さじ1の醤油  小さじ2の水溶き片栗粉(1:1)》

1、絹さやの筋を取り除きまます。

2、たけのこと人参もスライスしておきましょう。

3、鍋などの容器を用意し、水を沸かし、たけのこや人参を入れて煮込んでいきます。(2~3分間)

4、絹さやや醬油などの調味料を加えて、仕上げ片栗粉でとろみをつけます。《完成》

 

以上が手順になりますが、どれも美味しいので、試してみてください!

次に、サヤエンドウの保存方法をお伝えします!

 

サヤエンドウの保存方法は?冷凍保存できるの?保存期間はどれくらい?

 

種の保存方法は、【冷暗所保管にて2~3年間の寿命】となりますので、参考にしてみてください。

 

とうぜん、料理の中で小さいお子さんに食べさせることができますので、

チャレンジしてみてください。

 

次は、サヤエンドウは離乳食や幼児食に使えるかをお伝えします!

 

サヤエンドウは離乳食や幼児食に使える?いつから食べられるの?

 

サヤエンドウの離乳食時期は【離乳食中期、後期】からになります。

小さいお子さんがいる家庭は、特に、参考にしてみてください。

 

次に、サヤエンドウとグリーンピースの違いをお伝えします!

 

サヤエンドウとグリーンピースの違いはなに?

 

サヤエンドウは、【若い莢(さや)を食用化したもの】です。

 

それに比べ、未熟な豆を使った食材として使用するのが【グリーンピース】になります。

ちなみに、エンドウ豆は、熟しきった豆を乾燥させたものになります。

 

次は、サヤエンドウの花言葉をお伝えします!

 

サヤエンドウの花言葉はなに?漢字でどう書くの?

 

サヤエンドウの花言葉は、【いつまでも続く楽しみ】、【永遠の悲しみ】、【必ずくる幸福】、【約束】になります。

 

幸せになるような花言葉で、食べても美味しいので、いいところばかりのサヤエンドウです。

サヤエンドウを漢字で書くと【莢豌豆・絹莢】になります。

 

それでは最後に、サヤエンドウの種類や品種をお伝えします!

 

サヤエンドウの種類や品種は何があるの?

 

サヤエンドウ種類(品種)は、【キヌサヤエンドウ(絹さや)】、【オランダエンドウ(オランダ豆)】

【スナップエンドウ】、【砂糖さやえんどう】、【実エンドウ/グリーンピース】、

【ウスイエンドウ(うすい豆)】、【ツタンカーメンのエンドウ豆】になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

サヤエンドウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは13個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①サヤエンドウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

サヤエンドウは【日当たりの良い環境】と【風通しの良い環境】を好み成長します。

最適な生育温度は、【15~20℃】です。

サヤエンドウの用土は、プランターで栽培する場合に、【培養土(野菜用)】を使用します。

畑の場合には、【堆肥や元肥を入れる前(2週間前!)に、石灰を入れること】です。

 

②サヤエンドウの画像(写真)!特徴は?花や実(豆)はどんな感じ?

サヤエンドウは 【赤玉土:腐葉土:バーミキュライト=7:2:1】の肥料をつくります。

それに加えて、【用土10ℓ当たり10gの石灰+用土10ℓ当たり10~30gの化成肥料】を混ぜます。

 

③サヤエンドウの開花・収穫時期や季節はいつ頃なの?

サヤエンドウの開花時期は、【3月中旬~4月上旬】です。

収穫時期については、【開花後の12日~15日】になります。

 

④サヤエンドウの苗の植え方のポイントは?おすすめの栽培時期は?

サヤインゲンの植え付け時期は、【11月下旬~12月】です。

 

⑤サヤエンドウの種まき時期と種まきのポイントは?

サヤエンドウの種まき時期は、【10月中旬~11月上旬】です。

種まきのポイントは、育苗ポットの場合、まずは【一晩だけ、種を水に浸すこと】が大切です。

次に、約2㎝の穴を作っていきます。(穴の間隔等しくすることを意識しましょう。)

サヤエンドウが発芽は、乾燥を避け、生育することで、一週間でします。

最後に、3~4枚の本葉を確認したら、良い苗を残して、正しく植えていきます。

直まきの場合は、3㎝の深さに種を埋め、間隔は【4~5cm程度】です。(直まき)

またはは、点巻きで等間隔を開けて、作業するのもいいでしょう。

その後は、十分な水を与えてることです。

発芽して苗になれば、株間隔を整え、生育します。

 

⑥サヤエンドウのかかりうる病気や害虫の対策方法は?防寒対策はどうするの?

サヤエンドウの注意すべき害虫は、【ウドンコ病】です。

 

⑦サヤエンドウの下処理はどうするの?ゆで時間はどれくらい?

上記を参照してください。

 

⑧サヤエンドウを使った料理!おすすめの食べ方(レシピ)は?炒め物やスープ、煮物など

上記を参照してください。

 

⑨サヤエンドウの保存方法は?冷凍保存できるの?保存期間はどれくらい?

サヤエンドウの種の保存方法は【冷暗所保管にて2~3年間の寿命】です。

 

⑩サヤエンドウは離乳食や幼児食に使える?いつから食べられるの?

サヤエンドウの離乳食時期は【離乳食中期、後期】です。

 

⑪サヤエンドウとグリーンピースの違いはなに?

サヤエンドウは、【若い莢(さや)を食用化したもの】です。

未熟な豆を使った食材として使用するのが【グリーンピース】です。

 

⑫サヤエンドウの花言葉はなに?漢字でどう書くの?

サヤエンドウの花言葉は、【いつまでも続く楽しみ】、【永遠の悲しみ】、【必ずくる幸福】、【約束】です。

サヤエンドウを漢字で書くと【莢豌豆・絹莢】になります。

 

⑬サヤエンドウの種類や品種は何があるの?

サヤエンドウ種類(品種)は、【キヌサヤエンドウ(絹さや)】、【オランダエンドウ(オランダ豆)】

【スナップエンドウ】、【砂糖さやえんどう】、【実エンドウ/グリーンピース】、

【ウスイエンドウ(うすい豆)】、【ツタンカーメンのエンドウ豆】です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)