【ヒナソウのまとめ!】育て方(植え替えや増やし方)と花言葉等16個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒナソウについてまとめていきたいと思います。

 

ヒナソウはアカネ科ヒナソウ属に属する常緑の多年草の植物となります。

 

花や葉が小さい品種であるヒナソウは、十字のような花姿をしています。

ひとつの花は小さいヒナソウですが、一株に密集して咲く植物ですので、開花時期になるととても美しい花景が見られます。

 

今回は、ヒナソウについてのポイント、

①ヒナソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒナソウの画像(写真)!特徴は?どんな花?多年草なの?
③ヒナソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヒナソウの苗の植え付けのポイントは?
⑤ヒナソウのおすすめの楽しみ方!盆栽やグランドカバーなど
⑥ヒナソウの鉢植えや地植え、室内で育てる際のポイントは?
⑦ヒナソウの植え替えのポイントは?
⑧ヒナソウの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑨ヒナソウの増やし方!切り戻しや刈り込みのポイントは?
⑩ヒナソウが枯れた!対策方法は?
⑪ヒナソウの夏越しや冬越しのポイントは?日陰に入れた方が良い?
⑫ヒナソウの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種はどうする?
⑬ヒナソウの株分けのやり方は?
⑭ヒナソウの販売場所は?どこで買える?
⑮ヒナソウの花言葉はなに?
⑯ヒナソウの種類や品種は何があるの?

 

以上16個の点についてお伝えします。

まずはヒナソウの育て方からお伝えします!

 

ヒナソウの育て方は?

 

 

風通しの良い場所を好むヒナソウですので、開花時期を終えた花は摘んで通気性を良くしてあげましょう。

 

ヒナソウの株を増やしたい時期は花がら摘みは控えて種を作りましょう。

ヒナソウはとても根が浅い植物となりますので、植え込みはしっかりと行ってください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒナソウが好む環境についてお伝えします!

 

ヒナソウの育て方!環境はどうする?

 

ヒナソウは北アメリカの東部に生息している植物となります。

 

原産地が北アメリカとなるヒナソウは砂地や森林、草原などの環境に自生しています。

日光を好む植物となりますので、日向や明るめの日陰で育成をしてあげましょう。

 

次は、ヒナソウに適した用土についてお伝えします!

 

ヒナソウを育てる際の適した用土は何?

 

ヒナソウは水ハケと水持ちのバランスが良い用土を好む植物となります。

 

植え付けを行う時に市販の用土を使用する場合は、市販の培養土でじゅうぶん育てることが可能となります。

自身で用土をつくるのであれば、赤玉土小粒4割に軽石小粒を3割、硬質鹿沼土小粒を3割を配合したものを使用してください。

 

次は、ヒナソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒナソウの育て方!肥料はどうする?

 

 

ヒナソウを庭植えで育成する場合は、肥料を与える必要はありません。

 

植え付けの場合の肥料は元肥としてゆっくりと効果が持続するの緩効性化成肥料(リン酸を多く含むタイプ)を与えてください。

植え付け後は、春時期の4月頃から秋時期の9月頃までの期間に月2回程度の間隔で液体肥料を薄めたものを施してあげましょう。

 

では次は、ヒナソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒナソウを育てる際の水の量はどうする?

 

ヒナソウを庭植えで育成する場合は、水やりはほとんど必要ありません。

 

夏時期の暑さで乾燥している場合は、数日に1回水やりを行ってください。

鉢植えで育成を行う場合は、用土の表面が乾燥してきたタイミングでたっぷり与えてください。

 

以上で基本的なヒナソウの育て方については終わりです。

次はヒナソウの写真をお見せします!

 

ヒナソウの画像(写真)!特徴は?どんな花?多年草なの?

 

丈夫な品種であるヒナソウは、春時期になると愛らしい花をたくさん開花させる多年草です。

 

愛らしい花を咲かせるヒナソウは、ナズナと花姿がよく似ています。

白色をしているヒナソウの花は約5mmとなり、茎の先に咲かせます。

 

ヒナソウの写真はこちらになります。

 

次に、ヒナソウの開花時期をお伝えします!

 

ヒナソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヒナソウは春時期になると小さくて可愛らしい花をたくさん開花させます。

 

ヒナソウの開花時期は春時期の3月下旬から初夏時期の5月頃となります。

白色のヒナソウですが中心は黄色く、中には青紫色をしているタイプもあります。

 

次は、ヒナソウの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ヒナソウの苗の植え付けのポイントは?

 

 

ヒナソウを植え付けする適時期は、初夏時期の5月頃もしくは秋時期の9月頃となります。

 

植え付けを行う時は、予め苗の根鉢を削っておきましょう。

植え付けを終えてからは、根が定着するまでの間竹串などで固定しておくと良いでしょう。

 

それでは次に、ヒナソウのおすすめの楽しみ方をお伝えします!

 

ヒナソウのおすすめの楽しみ方!盆栽やグランドカバーなど

 

 

ヒナソウは盆栽で育てることが可能な植物となります。

 

盆栽で育成する場合は、必ず日当たりの良い場所で育成を行なってください。

夏時期は強い日差しが厳しくなりますが、水を切らさなければ耐えることができます。

 

次は、ヒナソウの鉢植えや地植え、室内で育てる際のポイントをお伝えします!

 

ヒナソウの鉢植えや地植え、室内で育てる際のポイントは?

 

ヒナソウを室内で育成する場合は、風通しと日当たりが良い場所で育成をしてください。

 

庭植えや鉢植えで育成を行う場合は、夏の暑い時期に乾燥しないように注意してあげましょう。

室内で育成する場合には風通しと日当たりが良い場所が適しており、用土を乾燥しないように水を与えることが重要です。

 

次に、ヒナソウの植え替えのポイントをお伝えします!

 

ヒナソウの植え替えのポイントは?

 

 

ヒナソウは毎年植え替えをする必要がある植物となります。

 

ヒナソウの植え替え時期を行う適時期は開花時期を終えてからの5月頃もしくは秋時期の9月頃に行ってあげましょ。

植え替えを行う鉢は二回り大きなものを選び根鉢はそのまま植え替えてください。

 

次は、ヒナソウの寄せ植えに合う植物をお伝えします!

 

ヒナソウの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

 

 

小さな花をたくさん咲かせるヒナソウは寄せ植えとして非常に人気の高い植物となります。

 

草丈が高くないヒナソウを寄せ植えで使用するのであれば前景に使用すると良いでしょう。

小柄な植物となりますのでラベンダーなどのハーブと合わせるとオシャレな寄せ植えを演出できます。

 

それでは次に、ヒナソウの増やし方をお伝えします!

 

ヒナソウの増やし方!切り戻しや刈り込みのポイントは?

 

ヒナソウは開花時期を終えたタイミングで花が終わったら草丈の半分程度まで切り戻しを行う必要があります。

 

切り戻しを行う適度時期は梅雨前の5月頃となります。

夏の暑い時期が始まる前に切り戻しを行うと通気性がよくなるので、より良い株を育成できます。

 

ヒナソウは種まきや株分けで増やすことが可能となります。

 

次は、ヒナソウを枯らさないための対策方法をお伝えします!

 

ヒナソウが枯れた!対策方法は?

 

 

鉢植えで育成を行う場合には1年に一度植え替えを行う必要がありますが、

怠った年は夏の暑さに耐えきれず株が弱ってしまい、最悪枯れてしまいますので注意してください。

 

草丈が短い植物であるヒナソウは蒸れやすい品種となります。

蒸れてしまうと根が腐りやすくなり枯れてしまうので通気性を保ってください。

 

次に、ヒナソウの夏越しや冬越しのポイントをお伝えします!

 

ヒナソウの夏越しや冬越しのポイントは?日陰に入れた方が良い?

 

常緑であるヒナソウは冬越しすることが可能な植物となります。

 

冬越しをする時に行う対策は特にありませんが、冬の期間も水を与えて乾燥しない環境つくりをしてください。

ヒナソウを夏越しする時は、加湿状態になると根腐れを起こして最悪枯れてしまいますので注意してください。

 

次は、ヒナソウの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ヒナソウの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種はどうする?

 

 

ヒナソウは種をまいて増やすことができる植物となります。

 

ヒナソウはこぼれ種からでもたくさん増えることが可能となります。

苗が大きく育ったタイミングで鉢上げをしてあげましょう。

 

次に、ヒナソウの株分けのやり方をお伝えします!

 

ヒナソウの株分けのやり方は?

 

ヒナソウは株分けをして増やすことができる植物となります。

 

株分けの適時期は開花時期を終えてから植え替えと同じタイミングで行ってください。

ヒナソウを株分けする時は、株を約3個に分けてあげましょう。

 

次は、ヒナソウの販売場所をお伝えします!

 

ヒナソウの販売場所は?どこで買える?

 

 

可愛らしい花姿が印象的なヒナソウは、洋風な庭だけでなく和風や自然風の庭とも相性が良いのでオススメな植物です。

青や白の花色をしているヒナソウは、小さい花を一つの株から複数咲かせます。

 

丈夫で育成もしやすい品種ではありますが、園芸店で見かけることが殆どない植物となりますので、山野草店や通販で購入してください。

 

次に、ヒナソウの花言葉をお伝えします!

 

ヒナソウの花言葉はなに?

 

学名がHoustonia caeruleaとなるヒナソウの和名は雛草となります。

ヒナソウは4枚の花びらが十字架と似ていることが、キリストの愛に例えられて「寛大な愛」という花言葉が付けられています。

 

その他の花言葉で「会える幸せ」という花言葉も付けられていますが、

可愛らしいヒナソウはか弱そうに見えるのですが冬越しをして春に愛らしい花を咲かせる姿が由来となります。

 

それでは最後に、ヒナソウの種類や品種をお伝えします!

 

ヒナソウの種類や品種は何があるの?

 

 

アカネ科のヒナソウ属に属するヒナソウにはよく似た品種があります。

 

フーストニア・セルフィリオレア

ヒナソウとよく似ている草姿をしているフーストニア・セルフィリオレアは、ヒナソウと比べて一回り小さい特徴があります。

ヒナソウよりも小さい植物であるフーストニア・セルフィリオレアですが、花は大きく色も濃い植物となります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒナソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは16個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒナソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

風通しの良い場所を好むヒナソウですので、開花時期を終えた花は摘んで通気性を良くしてあげましょう。

ヒナソウの株を増やしたい時期は花がら摘みは控えて種を作りましょう。

ヒナソウはとても根が浅い植物となりますので、植え込みはしっかりと行ってください。

 

②ヒナソウの画像(写真)!特徴は?どんな花?多年草なの?

丈夫な品種であるヒナソウは、春時期になると愛らしい花をたくさん開花させる多年草です。

愛らしい花を咲かせるヒナソウは、ナズナと花姿がよく似ています。

白色をしているヒナソウの花は約5mmとなり、茎の先に咲かせます。

 

③ヒナソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒナソウは春時期になると小さくて可愛らしい花をたくさん開花させます。

ヒナソウの開花時期は春時期の3月下旬から初夏時期の5月頃となります。

白色のヒナソウですが中心は黄色く、中には青紫色をしているタイプもあります。

 

④ヒナソウの苗の植え付けのポイントは?

ヒナソウを植え付けする適時期は、初夏時期の5月頃もしくは秋時期の9月頃となります。

植え付けを行う時は、予め苗の根鉢を削っておきましょう。

植え付けを終えてからは、根が定着するまでの間竹串などで固定しておくと良いでしょう。

 

⑤ヒナソウのおすすめの楽しみ方!盆栽やグランドカバーなど

ヒナソウは盆栽で育てることが可能な植物となります。

盆栽で育成する場合は、必ず日当たりの良い場所で育成を行なってください。

夏時期は強い日差しが厳しくなりますが、水を切らさなければ耐えることができます。

 

⑥ヒナソウの鉢植えや地植え、室内で育てる際のポイントは?

ヒナソウを室内で育成する場合は、風通しと日当たりが良い場所で育成をしてください。

庭植えや鉢植えで育成を行う場合は、夏の暑い時期に乾燥しないように注意してあげましょう。

室内で育成する場合には風通しと日当たりが良い場所が適しており、用土を乾燥しないように水を与えることが重要です。

 

⑦ヒナソウの植え替えのポイントは?

ヒナソウは毎年植え替えをする必要がある植物となります。

ヒナソウの植え替え時期を行う適時期は開花時期を終えてからの5月頃もしくは秋時期の9月頃に行ってあげましょ。

植え替えを行う鉢は二回り大きなものを選び根鉢はそのまま植え替えてください。

 

⑧ヒナソウの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

小さな花をたくさん咲かせるヒナソウは寄せ植えとして非常に人気の高い植物となります。

草丈が高くないヒナソウを寄せ植えで使用するのであれば前景に使用すると良いでしょう。

小柄な植物となりますのでラベンダーなどのハーブと合わせるとオシャレな寄せ植えを演出できます。

 

⑨ヒナソウの増やし方!切り戻しや刈り込みのポイントは?

ヒナソウは開花時期を終えたタイミングで花が終わったら草丈の半分程度まで切り戻しを行う必要があります。

切り戻しを行う適度時期は梅雨前の5月頃となります。

夏の暑い時期が始まる前に切り戻しを行うと通気性がよくなるので、より良い株を育成できます。

 

⑩ヒナソウが枯れた!対策方法は?

鉢植えで育成を行う場合には1年に一度植え替えを行う必要がありますが、

怠った年は夏の暑さに耐えきれず株が弱ってしまい、最悪枯れてしまいますので注意してください。

草丈が短い植物であるヒナソウは蒸れやすい品種となります。

蒸れてしまうと根が腐りやすくなり枯れてしまうので通気性を保ってください。

 

⑪ヒナソウの夏越しや冬越しのポイントは?日陰に入れた方が良い?

常緑であるヒナソウは冬越しすることが可能な植物となります。

冬越しをする時に行う対策は特にありませんが、冬の期間も水を与えて乾燥しない環境つくりをしてください。

ヒナソウを夏越しする時は、加湿状態になると根腐れを起こして最悪枯れてしまいますので注意してください。

 

⑫ヒナソウの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種はどうする?

ヒナソウは種をまいて増やすことができる植物となります。

ヒナソウはこぼれ種からでもたくさん増えることが可能となります。

苗が大きく育ったタイミングで鉢上げをしてあげましょう。

 

⑬ヒナソウの株分けのやり方は?

ヒナソウは株分けをして増やすことができる植物となります。

株分けの適時期は開花時期を終えてから植え替えと同じタイミングで行ってください。

ヒナソウを株分けする時は、株を約3個に分けてあげましょう。

 

⑭ヒナソウの販売場所は?どこで買える?

可愛らしい花姿が印象的なヒナソウは、洋風な庭だけでなく和風や自然風の庭とも相性が良いのでオススメな植物です。

青や白の花色をしているヒナソウは、小さい花を一つの株から複数咲かせます。

丈夫で育成もしやすい品種ではありますが、園芸店で見かけることが殆どない植物となりますので、山野草店や通販で購入してください。

 

⑮ヒナソウの花言葉はなに?

学名がHoustonia caeruleaとなるヒナソウの和名は雛草となります。

ヒナソウは4枚の花びらが十字架と似ていることが、キリストの愛に例えられて「寛大な愛」という花言葉が付けられています。

 

⑯ヒナソウの種類や品種は何があるの?

アカネ科のヒナソウ属に属するヒナソウにはよく似た品種があります。

 

フーストニア・セルフィリオレア

ヒナソウとよく似ている草姿をしているフーストニア・セルフィリオレアは、ヒナソウと比べて一回り小さい特徴があります。

ヒナソウよりも小さい植物であるフーストニア・セルフィリオレアですが、花は大きく色も濃い植物となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)