ディコンドラの育て方!冬越しの方法や種類など7つのポイント!








芝生の代わりなどに使われることの多いディコンドラ。

純粋に植物としてではなく、グランドカバーや雑草を抑える為に使われたりと、実用的な用途目的で植えられることが多いです。

 

 

周囲の花との調和を考えれば、良いアクセントになり見栄えが良くなる事も期待できます。

 

ディコンドラは繁殖力がとても高く、庭に種をばらまいただけでも育つ、強い品種です。

育て方も簡単なので、初心者の方で「グランドカバーに挑戦してみたい!」という方におすすめですよ!

 

では、早速育て方を見ていきましょう!

 

今回はディコンドラについてのポイント、

①ディコンドラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ディコンドラをグランドカバーにする方法は?デメリットってあるの?
③ディコンドラの植え方は?
④ディコンドラの発芽を良くする方法は?
ディコンドラの冬越しはどうする?
⑥ディコンドラを寄せ植えにするポイントは?
⑦ディコンドラの種類はなに?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはディコンドラの育て方からお伝えします!

 

ディコンドラの育て方は?

 

ディコンドラは春頃に小さな花を葉の付け根に咲かせます。

 

 

ほとんどが葉で隠れて見えませんが、よく見ると可愛らしく育てていくうちに愛着がわきそうです。

手入れも殆ど必要ないので、育てやすさも魅力的ですね。

 

最初は、ディコンドラの好む環境についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

ディコンドラの育て方!環境はどうする?

 

基本的には日向を好みますが、品種によっても好みがわかれます。

 

「エメラルドフォールズ」という緑のディコンドラは、半日影で湿度の高い場所を好みます。

「シルバーフォールズ」という銀色のディコンドラは、日当たりと乾燥を好みます。

 

花の色で育てる環境が変わるのは、面白いですね。

 

次は、ディコンドラの用土についてお伝えします!

 

ディコンドラを育てる際に適した土は何?

 

ディコンドラの用土は、水はけがよく通気性のある土を好みます。

 

市販の草花用の培養土を使うと良いでしょう。

次は、ディコンドラに必要な肥料についてお伝えします!

 

ディコンドラの育て方!肥料はどうする?

 

ディコンドラの肥料は、植え付けの際に緩効性化成肥料を与え、追肥として液体肥料を、春と秋に与えると生育が良くなります。

よほど土壌が悪くなければ、肥料を与える必要はないと思うので、そこまで気を使う必要はありません。

 

育てていくうちにディコンドラに対して、愛着が湧いて来たら元気に成長してもらう為に、使ってもいいかもしれませんね。

 

次は、ディコンドラの種まきの時期とポイントについてお伝えします!

 

ディコンドラの種まきの時期とポイントは?

 

種まきの適期は、4月~6月と9月~10月です。

ポイントは、種を乾燥させないように水をあげる事と、軽く土をかぶせる事です。

 

次は、ディコンドラの水やりについてお伝えします!

 

ディコンドラを育てる際の水の量はどうする?

 

ディコンドラの水の量は、土が乾いたらたっぷりと水をあげて下さい。

 

以上で基本的なディコンドラの育て方については終わりです。

次は、ディコンドラをグランドカバーにする方法とデメリットについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ディコンドラをグランドカバーにする方法は?デメリットってあるの?

 

ディコンドラをグランドカバーにする方法はただ植えるだけなのですが、30cm程間隔を空けて植えていかないとディコンドラの隙間から雑草が生えてきて荒れてきます。

 

荒れてくると手入れが必要になり雑草の抑制をしているのに逆に雑草だらけになり、大変な事になります。

 

なので、デメリットは正しく植えないと手間が増える事です。

手入れは簡単ですが、植えるのに気を使いそうですね。

 

次は、ディコンドラの植え方についてお伝えします!

 

ディコンドラの植え方は?

 

植え方は、上述したように30cm間隔を目安に植えていく事に注意すれば問題ありません。

時期は種まきと同じ時期に植えて下さい。

 

 

ディコンドラは、育て方よりも植え方の方が重要そうですね。

最初に上手く植えられかどうかで今後の手入れが変わってきそうです。

 

次は、ディコンドラの発芽を良くする方法についてお伝えします!

 

ディコンドラの発芽を良くする方法は?

 

ディコンドラの発芽を良くする方法は、肥料を与えるのも一つの手なのですが、他にも切り戻しをする事で成長を促進できます。

 

茎が長くなったら切る事を意識しましょう。発育良い年なら年に2~3回、切り戻しても大丈夫です。

切り戻しをした方が、綺麗に揃える事も出来ますし、発芽できるのでお勧めです。

 

次は、ディコンドラの冬越しについてお伝えします!

 

ディコンドラの冬越しはどうする?

 

ディコンドラは、地植えの場合だと雨や雪の影響で葉が枯れてしまいます。

 

ですが、冬を越して根が腐っていなければ春に新たな芽を出すので、また楽しめます。

鉢植えの場合だと上部の方に置いたりして場所を変えることにより、霜や雪から守れるので葉が枯れず、冬が越せる事もあります。

 

次は、ディコンドラを寄せ植えにするポイントにつてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ディコンドラを寄せ植えにするポイントは?

 

シルバーフォールは銀色の葉色なので、色々な花と組み合わせる事ができます。

また、ディコンドラは草丈が低いので、ディコンドラより高い植物と組み合わせても面白いと思いますよ。

 

次は、ディコンドラの種類についてお伝えします!

 

ディコンドラの種類は?

 

品種は2種類あります。

・ディコンドラ・エメラルドフォールズ

乾燥に強くなく、湿気がある場所好みます。

 

・ディコンドラ・シルバーフォールズ

乾燥に強く、湿気に弱いです。湿らせると葉が黒ずんでいき、汚れたようになりますので注意が必要です。

 

  • オススメ記事

オーニソガラムの育て方等はこちらをご覧ください。

ゼラニウムの育て方等はこちらをご覧ください。

コバノズイナの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ディコンドラのまとめ!

 

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ディコンドラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ディコンドラは、春頃に葉の付け根から花を咲かせます。

環境は、品種によって変わります。緑色は湿気に強く乾燥に弱いです。銀色は湿気に弱く、乾燥に強いです。

用土は水はけが良く通気性がある土を好みます。

肥料は、植える時に緩効性化成肥料を土に混ぜ込みます。その後、追肥として春~秋に液体肥料を与えると良いでしょう。

種まきの適期は、4月~6月、9月~10月です。

水の量は、土が乾いたらたっぷりとあげて下さい。

 

②ディコンドラをグランドカバーにする方法は?デメリットってあるの?

グランドカバーにする時の注意点は、30cm間隔の間を空けて植える事です。出ないと隙間から雑草が出てくるからです。

 

③ディコンドラの植え方は?

時期は種まきと同じ時期に植えれば特に問題ありません。

 

④ディコンドラの発芽を良くする方法は?

切り戻しをする事で発芽が良くなります。茎が長くなったら切る事を繰り返せば発育が良くなります。

 

⑤ディコンドラの冬越しはどうする?

地植えの場合は雪や雨の影響で葉が枯れてしまう事もありますが、根が腐らなければ春にまた新たな芽が出ますのでご安心下さい。

鉢植えの場合は、雨や雪の被害に遭いにくい上部に吊るすように置いたりすれば冬を越せます。

 

⑥ディコンドラを寄せ植えにするポイントは?

シルバーフォールズは銀色の葉なので、他の植物とも合わせやすいです。また、草丈の高低差を考えてみても面白いかもしれません。

 

⑦ディコンドラの種類はなに?

・エメラルド・フォールズ

・シルバーフォールズ

 

 

雑草の抑制以外にも観賞ようとしても使う事も出来るディコンドラ。是非、育ててみてはいかかでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)