【カンサイタンポポのまとめ!】育て方(適した環境や種まき)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、カンサイタンポポについてまとめていきたいと思います。

 

カンサイタンポポはキク科の植物で、日本の在来種になります。

日本には長野県よりも西に分布し、四国・九州地方で見られ、畑の畦道や土手などに自生しています。

 

名前は、関西地方を中心に観察されることが由来となっているようです。

 

学名は「Taraxacum japonicum Koidz」といいます。

 

今回は、カンサイタンポポについてのポイント、

①カンサイタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カンサイタンポポの画像(写真)!特徴は?生息地はどこ?
③カンサイタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?
④カンサイタンポポの種まき時期と種まきのポイントは?
⑤カンサイタンポポの花言葉はなに?
⑥カンサイタンポポとカントウタンポポ、セイヨウタンポポの違いはなに?見分け方は?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはカンサイタンポポの育て方からお伝えします!

 

カンサイタンポポの育て方は?

 

カンサイタンポポは高温多湿に弱いので、夏~梅雨の時期は日陰で管理するのが安全です。

 

また、根を深く伸ばして成長するため鉢植えで育てる際は深めの鉢で育てることをオススメします。

植え替えを行う必要はありませんが、どうしても行う場合は根を傷つけないように注意が必要です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カンサイタンポポが好む環境についてお伝えします!

 

カンサイタンポポの育て方!環境はどうする?

 

カンサイタンポポを育てる際は、日当たりが良い場所で管理します。

ただし、直射日光は苦手であるため半日陰となる場所で育てるのがオススメです。

 

次は、カンサイタンポポに適した用土についてお伝えします!

 

カンサイタンポポを育てる際の適した用土は何?

 

カンサイタンポポは強靭な植物であるため、土質はあまり選びません。

 

ただし、過湿には弱いため水はけの良い用土を使用します。

市販の培養土または庭の土に腐葉土を2~3割混ぜたものを使用します。

 

次は、カンサイタンポポに必要な肥料についてお伝えします!

 

カンサイタンポポの育て方!肥料はどうする?

 

カンサイタンポポを育てる際は、肥料は必要ありません。

 

肥料を与えると葉が大きく育ち、花とのバランスが悪くなります。

どうしても肥料を与える場合は、成長期に1000倍に薄めた液肥を与えます。

 

では次は、カンサイタンポポの水やりポイントについてお伝えします!

 

カンサイタンポポを育てる際の水の量はどうする?

 

カンサイタンポポを育てる際は、表面の土が乾いたら与えます。

 

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

水が切れると葉がうなだれてくるため、水やりの目安にします。

 

以上で基本的なカンサイタンポポの育て方については終わりです。

次はカンサイタンポポの写真をお見せします!

 

カンサイタンポポの画像(写真)!特徴は?生息地はどこ?

 

 

カンサイタンポポの花は黄色の舌状花のみからなります。

 

他のタンポポよりも花数が少ないのが特徴です。

葉は倒披針形で羽状に裂けて、ロゼット状に広がります。

 

カンサイタンポポは、本州の近畿地方から沖縄にかけて分布します。

 

次に、カンサイタンポポの開花時期をお伝えします!

 

カンサイタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カンサイタンポポの開花時期時は春(4~5月)です。

高さ10cmほどの中空の細い花茎を出し、先端に頭花を付けます。

 

次は、カンサイタンポポの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

カンサイタンポポの種まき時期と種まきのポイントは?

 

カンサイタンポポは3~6月に種を植え付けます。

植え付けてから発芽するまでは、土が乾燥しないように小まめな水やりや、乾燥しにくい日陰で管理することがポイントです。

 

次に、カンサイタンポポの花言葉をお伝えします!

 

カンサイタンポポの花言葉はなに?

 

カンサイタンポポの花言葉は、「神のお告げ」です。

花言葉は、古くにタンポポの綿毛で恋占いをしており、神様のお告げとしてとらえられていたことが由来となっているようです。

 

それでは最後に、カンサイタンポポとカントウタンポポ、セイヨウタンポポの違いをお伝えします!

 

カンサイタンポポとカントウタンポポ、セイヨウタンポポの違いはなに?見分け方は?

 

カンサイタンポポ、カントウタンポポは日本の在来種、セイヨウタンポポは帰化種になります。

 

在来種と帰化種の違いとしては、総苞の外片が反り返っているかどうかで見分けることができ、在来種はが外片が反り返っていないのが特徴です。

カンサイタンポポとカントウタンポポの見分け方は、カンサイタンポポは比較的に小型で舌状花の数が少ないのが特徴です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カンサイタンポポのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カンサイタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)

カンサイタンポポを育てる際は、日当たりが良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

市販の培養土または庭の土に腐葉土を2~3割混ぜたものを使用します。

育てる際の肥料は必要ありません。

育てる際の水やりは、表面の土が乾いたら与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②カンサイタンポポの画像(写真)!特徴は?生息地はどこ?

カンサイタンポポの花は黄色の舌状花のみからなります。

他のタンポポよりも花数が少ないのが特徴です。

葉は倒披針形で羽状に裂けて、ロゼット状に広がります。

カンサイタンポポは、本州の近畿地方から沖縄にかけて分布します。

 

③カンサイタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

カンサイタンポポの開花時期時は春(4~5月)です。

 

④カンサイタンポポの種まき時期と種まきのポイントは?

カンサイタンポポは3~6月に種を植え付けます。

植え付けてから発芽するまでは、土が乾燥しないように小まめな水やりや、乾燥しにくい日陰で管理することがポイントです。

 

⑤カンサイタンポポの花言葉はなに?

カンサイタンポポの花言葉は、「神のお告げ」です。

 

⑥カンサイタンポポとカントウタンポポ、セイヨウタンポポの違いはなに?見分け方は?

カンサイタンポポ、カントウタンポポは日本の在来種、セイヨウタンポポは帰化種になります。

在来種と帰化種の違いとしては、総苞の外片が反り返っているかどうかで見分けることができ、在来種はが外片が反り返っていないのが特徴です。

カンサイタンポポとカントウタンポポの見分け方は、カンサイタンポポは比較的に小型で舌状花の数が少ないのが特徴です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)