ゼラニューム(ゼラニウム)の育て方!冬越しの方法や花言葉など6つのポイント!








色とりどりに咲く花と、鮮やかな緑の葉がとても綺麗なゼラニューム。

環境が合えば、早春から初冬まで花を楽しむことができます。

 

ヨーロッパの家の窓辺なんかに咲いてるイメージがありますよね。

自宅のベランダにも咲いていたらオシャレだろうなぁって、ちょっと憧れちゃいませんか?

 

 

そこで、上手にゼラニュームを育てていく方法と、さらに知識を深めたい方のためにゼラニュームの情報をお伝えします。

 

今回はゼラニュームについてのポイント、

①ゼラニュームの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ゼラニュームの開花時期はいつ?
③ゼラニュームの冬越しさせるポイントは?
④ゼラニュームの寄せ植えのポイントとは?
⑤ゼラニュームの種類は何がある?
⑥ゼラニュームの花言葉はなに?

 

以上6つの点についてお伝えします。

まずは、ゼラニュームの育て方からお伝えします!

 

ゼラニュームの育て方はどうしたらいいの?

 

せっかく手に入れたゼラニューム。

できれば長くお付き合いしたいですよね。

 

元気がなくなってしまったり、枯れてしまったりする前に、まずは育て方の基本について学んでいきましょう。

ここからは、ゼラニュームを育てる際に注意すべき環境やおススメの肥料をお伝えします。

 

まずは、ゼラニュームを育てる際の環境についてお伝えしますね!

 

スポンサーリンク

ゼラニュームの育て方!環境はどうする?

 

ゼラニュームは日当たり、風通し、水はけのよい場所で管理しましょう。

 

 

ただ、日差しが強過ぎると逆に弱って花が咲かなくなってしまうので、直射日光が当たらない場所に移動してあげましょう。

梅雨の時期や台風時など、雨にずっとさらされていることがないように気をつけてくださいね。

 

次はゼラニュームを育てる際に使用する土についてお伝えします。

ゼラニュームに適した土の配合も書いているので、参考にしてください。

 

ゼラニュームを育てる際の適した用土は何?

 

ゼラニュームは酸性の土が苦手です。

 

市販の培養土は弱酸性に調整されているので問題ないですよ。

 

また、水はけよい用土がいいので、赤玉土:腐葉土を7:3の割合で混ぜるようにしましょう。

赤玉土とは、弱酸性の土で、「通気性」「排水性」「保水性」「保肥性」に優れています。

次はゼラニュームが必要とする肥料についてお伝えします。

 

ゼラニュームの育て方!肥料はどうする?

 

ゼラニュームは春から秋にかけて、液体肥料を10日に1回ほど与えます。

肥料がきれると花が咲かなくなってしまいますよ。

 

でも、真夏は少し株がバテているので肥料は一旦お休みしましょう。

 

次は、ゼラニュームの水やりについてお伝えします。

しっかりとポイントを押さえていきましょう。

 

ゼラニュームを育てる際の水の量はどうする?

 

水やりのポイントですが、水を与えすぎるとゼラニュームの根が腐る原因になるので、多湿にならないように意識してください。

 

土を触って表面が乾いていたらたっぷり水を与えるようにします。

水を与えるときは、花びらにかからないように株元に与えてください

 

以上、ゼラニュームを育てるうえでの基本となる、環境、水やり、肥料、用土についてお伝えしてきました。

 

では、ゼラニュームについてさらに知識を増やしていきましょう!

皆さんはゼラニュームの開花時期はご存知でしょうか?

スポンサーリンク

 

ゼラニュームの開花時期はいつ?

 

ゼラニュームの開花時期は3〜11月下旬頃までです。

ただし、環境が整えば一年中花を咲かせることも可能ですよ。

 

 

ゼラニュームの花の特徴は品種によって様々です。

花の色も赤や青など、様々です。

 

ゼラニュームを育てる際には、寄せ植えにして育てる方が多いと思いますが、ゼラニュームのみでも綺麗に揃えられますね!

次は少しステップアップして、ゼラニュームの寄せ植えについてお伝えします!

 

ゼラニュームの寄せ植えのポイントとは?

 

寄せ植えのコツは、色のバランスを意識することです。

 

まずは同じゼラニュームの同系色からはじめてみるのがいいでしょう。

慣れてきたら、花の色だけでなく、鉢の色などにも気を配ってみると、素敵な作品ができあがりますよ。

 

他のお花との寄せ植えをしたい方は、似た環境を好むパンジーガーベラがオススメです。

自分好みの寄せ植えができるよう、色々と試してみてくださいね。

 

次は、ゼラニュームの冬越しのポイントをお伝えします!

 

ゼラニュームの冬越しさせるポイントは?

 

ゼラニュームは、寒さに強い植物ではありません。

 

ゼラニュームを育てる部屋の気温には十分配慮しましょう。

 

2℃以下になるようであれば、暖かい室内などに移動させます。

庭に植えている場合は、鉢に移植するのがいいですね。

冬の水やりは、土が乾燥しているのを確認してから与えましょう。

 

冬の間は生育がほとんど止まっているので、肥料は必要ありませんよ。

ゼラニュームの基本的な育て方については以上になります。

 

YouTubeでゼラニュームの育て方について説明されている方がいたのでよければご覧になってください!

 

次はゼラニュームの種類についてお伝えします。

いくつかの種類をご紹介しているので、見ていってくださいね。

 

ゼラニュームは種類がいっぱい!

 

ゼラニュームはなんと、280種以上の園芸品種があると言われています。

それらは以下の5つのグループに分けることができます。

 

ゼラニューム

一般的にゼラニュームというとこのグループになります。

ペラルゴニウム

葉の色が鮮やかな緑色で、大きな花を咲かせます。一季咲きです。

アイビーゼラニューム

葉に光沢があり、茎は下垂します。

 

 

センテッドゼラニューム

茎と葉に香りがあります。

・その他の原種

ローズゼラニューム、シナモンゼラニュームなどがあります。

 

これだけ多く種類があると、どれを育てようかと選ぶ楽しみも増えますね。

 

次は、ゼラニュームの花言葉についてお伝えします。

複数あるので、しっかりと押さえていきましょう。

 

ゼラニュームの花言葉はなに?

 

ゼラニューム全般の花言葉は「尊敬」「信頼」「愛情」「決意」です。

色別にも花言葉があるのでご紹介します。

 

ピンク「決意」「決心」

 白「あなたの愛を信じない」「ためらい」

オレンジ(黄色)「予期せぬ出会い」

赤色「君がいてこその幸福」

深紅「憂うつ」

「真の愛情」

 

色によってはあまりいい意味ではないものもあって驚きですね。

間違っても好きな人に白のゼラニュームは送らないように…

 

  • オススメ記事

コバノズイナの育て方等はこちらをご覧ください。

アンスリウムの育て方等はこちらをご覧ください。

オーニソガラムの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ゼラニュームのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えしたポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返ってみましょう!

 

①ゼラニュームの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たり、風通し、水はけの良い場所で育てるようにする。

用土は、赤玉土:腐葉土を7:3の割合の物を使う。

液体肥料を10日に一回あげる。

水やりは、土の表面が乾いてからあげるようにする。

 

②ゼラニュームの開花時期はいつ?

ゼラニュームの開花時期は3〜11月下旬頃までです。

ただし、環境が整えば一年中花を咲かせることも可能ですよ。

 

③ゼラニュームの冬越しさせるポイントは?

ゼラニュームは、寒さに強い植物ではありません。

2℃以下になるようであれば、暖かい室内などに移動させます。

冬の水やりは、土が乾燥しているのを確認してから与えましょう。

冬の間は生育がほとんど止まっているので、肥料は必要ありません。

 

④ゼラニュームの寄せ植えのポイントとは?

寄せ植えのコツは、色のバランスを意識することです。

まずは同じゼラニュームの同系色からはじめてみるのがいいでしょう。

他のお花との寄せ植えをしたい方は、似た環境を好むパンジーやガーベラがオススメです。

 

⑤ゼラニュームの種類は何がある?

以下の5つのグループに分けることができます。

・ゼラニューム・ペラルゴニウム・アイビーゼラニューム・センテッドゼラニューム・その他の原種

 

⑥ゼラニュームの花言葉はなに?

ゼラニューム全般の花言葉は「尊敬」「信頼」「愛情」「決意」です。

 

ゼラニューム全般だけでなく、花の色によってもそれぞれ花言葉がありました。

 

ゼラニュームという花ひとつとっても、たくさん学ぶことがありましたよね。

ぜひ試行錯誤しながら、ゼラニュームとの生活を楽しんで欲しいと思います。

3月には、あなたのお家にゼラニュームが生き生きと咲いていることを祈っています…!!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)