【おかひじきのまとめ!】育て方(水耕栽培や種まき)と花言葉等11個のポイント!

 

みなさんこんにちは。

今回は、おかひじきについてまとめていきたいと思います。

 

おかひじきはヒユ科オカヒジキ属の一年草です。

別名はミルナです。

 

おかひじきは「陸の海藻」と言われ、ビタミンやミネラルが豊富な植物です。

学名は「Salsola komarovi」です。

 

今回は、おかひじきについてのポイント、

①おかひじきの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②おかひじきの画像(写真)!特徴は?栄養は豊富なの?効能は?
③おかひじきの旬の時期や収穫時期はいつ頃なの?北海道や山形に自生しているの?
④おかひじきの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤おかひじきの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥おかひじきのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントは?
⑦おかひじきの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?種取りのやり方も!
⑧おかひじきの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で方はどれくらいなの?
⑨おかひじきの美味しい食べ方!味噌汁や和え物やサラダの人気のレシピは?
⑩おかひじきの保存方法は?賞味期限は?日持ちするの?冷凍保存にしても大丈夫なの?
⑪おかひじきの種類や品種は何があるの?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはおかひじきの育て方からお伝えします!

 

おかひじきの育て方は?家庭菜園に向いてるの?

 

おかひじきは家庭菜園でも栽培することが出来ます。

 

その際は、プランター栽培でも畑でも育てることが出来ます。

おかひじきはいろいろな食べ方や料理ができるので、家庭菜園におすすめです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、おかひじきが好む環境についてお伝えします!

 

おかひじきの育て方!環境はどうする?

 

おかひじきは風通しが良く、日当たりのよい場所を好みます。

おかひじきの栽培の適温は20~25度です。

 

次は、おかひじきに適した用土についてお伝えします!

 

おかひじきを育てる際の適した用土は何?

 

おかひじきは酸性の土ではうまく育ちません。

プランター栽培の場合は、市販の野菜用培養土を使用するといいでしょう。

 

畑で栽培する場合は、育てる1~2週間前に苦土石灰を入れて、土壌を調整しましょう。

 

次は、おかひじきに必要な肥料についてお伝えします!

 

おかひじきの育て方!肥料はどうする?

 

おかひじきは肥沃な土を好みます。

完熟堆肥化成肥料を入れて、土を作りましょう。

 

肥料を切れさせないように追肥をしましょう。

 

では次は、おかひじきの水やりポイントについてお伝えします!

 

おかひじきを育てる際の水の量はどうする?

 

オカヒジキは発芽率が良くないので、土の水分量がポイントです。

水持ちのよい畑にする必要があります。

 

また、おかひじきは水分不足になると茎葉が固くなってしまいます。

 

土の表面が乾いたら、お水を上げるようにしましょう。

 

以上で基本的なおかひじきの育て方については終わりです。

次はおかひじきの写真をお見せします!

 

おかひじきの画像(写真)!特徴は?栄養は豊富なの?効能は?

 

 

おかひじきの茎は高さ20~30cmです。

 

葉は線状円柱形で肉質です。先は尖っており、

長さは1~1.5mくらいです。

 

栄養は「カロテン」「ビタミンC」「カリウム」が豊富です。

 

中でもカリウムは血圧を正常に保つ効果があるとされています。

 

次に、おかひじきの旬の時期や収穫時期をお伝えします!

 

おかひじきの旬の時期や収穫時期はいつ頃なの?北海道や山形に自生しているの?

 

おかひじきの旬は4~6月です。

収穫はハウス栽培や露地栽培でほぼ1年中されています。

 

おかひじきは北海道から九州の海岸砂地に自生していますが、山形県南陽市が発祥の地とされています。

 

次は、おかひじきの値段や販売価格をお伝えします!

 

おかひじきの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

おかひじきは1パック約200~500円で販売しています。

また、おかひじきの種は1袋200円程度で販売しています。

 

いずれもインターネットで購入することが出来ます。

 

それでは次に、おかひじきの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

おかひじきの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

おかひじきは根が弱い植物なので、苗で販売しているところはあまり見かけません。

おかひじきの株間は10㎝程度取りましょう。

 

おかひじきの茎葉は横に伸びる性質があるので、放置をすると株同士が込み合ってしまいます。

そうならないようにするには、早めの収穫が必要です。

 

また、おかひじきは植え替えではなく、種まきをして段々と間引くようにしましょう。

 

次は、おかひじきのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントをお伝えします!

 

おかひじきのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントは?

 

おかひじきはプランターや水耕栽培で育てることが出来ます。

 

プランターで育てるときの土は野菜用培養土を使用してください。

おかひじきの種の皮は固いので、蒔く1日前には水につけるようにしましょう。

 

種はすじまきにします。

 

水耕栽培で育てるときのポイントは日当たりです。

おかひじきは日当たりの良い場所を好みます。

 

窓辺の良く日が当たる場所においてください。

 

次に、おかひじきの増やし方をお伝えします!

 

おかひじきの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?種取りのやり方も!

 

おかひじきの発芽適温は20~25度ですので、4月中旬~5月下旬に種まきをします。

種まきはすじまきをするのが一般的です。

 

その後、株間が10㎝になるように間引きをしていきます。

間引きのタイミングは本葉が2~3枚になった時です。

 

おかひじきの種は花が咲いてから枯れた後に取ることが出来ます。

花は種まきから1か月後くらいに咲きます。

 

おかひじきの種は花のような形をしています。

 

次は、おかひじきの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で方をお伝えします!

 

おかひじきの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で方はどれくらいなの?

 

おかひじきの下ごしらえは硬い茎の部分を切り落とし、1分間茹でます。

ゆであがったら、熱が入りすぎないように冷水にさらします。

 

それでは次に、おかひじきの美味しい食べ方をお伝えします!

 

おかひじきの美味しい食べ方!味噌汁や和え物やサラダの人気のレシピは?

 

おかひじきのおいしい食べ方は「みそ汁」や「和え物」「サラダ」があります。

 

みそ汁は食べやすい大きさにカットし、下ごしらえをしてから使います。

 

和え物は根元の固い部分を切り取り、熱湯でゆでて半分に切ります。

その後、お好みの和え物にしてください。

 

サラダは熱湯でゆでたおかひじきを冷水にさらして、食べやすい大きさにカットし使用します。

 

どれもシャキッとした食感が最高です。

 

次は、おかひじきの保存方法をお伝えします!

 

おかひじきの保存方法は?賞味期限は?日持ちするの?冷凍保存にしても大丈夫なの?

 

おかひじきは乾燥に弱い野菜ですので、空気に触れないようにラップにくるんで、ジップ付きの袋に入れて保存しましょう。

保存期間は2~3日です。

 

冷凍保存する場合は、一度茹でてから水分をしっかりとって、ラップにくるみ、ジップ付きの袋に入れて保存しましょう。

保存期間は約1か月です。

 

それでは最後に、おかひじきの種類や品種をお伝えします!

 

おかひじきの種類や品種は何があるの?

 

おかひじきに種類や品種は特にありません。

「アグレッティ」というイタリアなどでよく食べられている野菜によく似ています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

おかひじきのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①おかひじきの育て方(環境、土、肥料、水やり)

おかひじきは家庭菜園でも栽培することが出来ます。

その際は、プランター栽培でも畑でも育てることが出来ます。

風通しが良く、日当たりのより場所を好みます。

おかひじきの栽培の適温は20~25度です。

完熟堆肥と化成肥料を入れて、土を作りましょう。

オカヒジキは発芽率が良くないので、土の水分量がポイントです。

水持ちのよい畑にする必要があります。

 

②おかひじきの画像(写真)!特徴は?栄養は豊富なの?効能は?

おかひじきの茎は高さ20~30cmです。

葉は線状円柱形で肉質です。先は尖っており、長さは1~1.5mくらいです。

栄養は「カロテン」「ビタミンC」「カリウム」が豊富です。

 

③おかひじきの旬の時期や収穫時期はいつ頃なの?北海道や山形に自生しているの?

おかひじきの旬は4~6月です。

収穫はハウス栽培や露地栽培でほぼ1年中されています。

おかひじきは北海道から九州の海岸砂地に自生していますが、山形県南陽市が発祥の地とされています。

 

④おかひじきの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

おかひじきは1パック約200~500円で販売しています。

また、おかひじきの種は1袋200円程度で販売しています。

 

⑤おかひじきの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

おかひじきの株間は10㎝程度取りましょう。

おかひじきの茎葉は横に伸びる性質があるので、放置をすると株同士が込み合ってしまいます。

そうならないようにするには、早めの収穫が必要です。

 

⑥おかひじきのプランターや水耕栽培で育てる際のポイントは?

プランターで育てるときの土は野菜用培養土を使用してください。

おかひじきの種の皮は固いので、蒔く1日前には水につけるようにしましょう。

種はすじまきします。

水耕栽培で育てるときのポイントは日当たりです。

おかひじきは日当たりの良い場所を好みます。

窓辺の良く日が当たる場所においてください。

 

⑦おかひじきの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?種取りのやり方も!

おかひじきの発芽適温は20~25度ですので、4月中旬~5月下旬に種まきをします。

種まきはすじまきをするのが一般的です。

その後、株間が10㎝になるように間引きをしていきます。

間引きのタイミングは本葉が2~3枚になった時です。

おかひじきの種は花が咲いてから枯れた後に取ることが出来ます。

花は種まきから1か月後くらいに咲きます。

 

⑧おかひじきの下処理のやり方(下ごしらえ)や茹で方はどれくらいなの?

おかひじきの下ごしらえは硬い茎の部分を切り落とし、1分間茹でます。

ゆであがったら、熱が入りすぎないように冷水にさらします。

 

⑨おかひじきの美味しい食べ方!味噌汁や和え物やサラダの人気のレシピは?

みそ汁は食べやすい大きさにカットし、下ごしらえをしてから使います。

和え物は根元の固い部分を切り取り、熱湯でゆでて半分に切ります。

その後、お好みの和え物にしてください。

サラダは熱湯でゆでたおかひじきを冷水にさらして、食べやすい

大きさにカットし使用します。

 

⑩おかひじきの保存方法は?賞味期限は?日持ちするの?冷凍保存にしても大丈夫なの?

おかひじきは乾燥に弱い野菜ですので、空気に触れないように

ラップにくるんで、ジップ付きの袋に入れて保存しましょう。

保存期間は2~3日です。

冷凍保存する場合は、一度茹でてから水分をしっかりとって、

ラップにくるみ、ジップ付きの袋に入れて保存しましょう。

保存期間は約1か月です。

 

⑪おかひじきの種類や品種は何があるの?

おかひじきに種類や品種は特にありません。

「アグレッティ」というイタリアなどでよく食べられている

野菜によく似ています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)