アシダンセラの育て方!植えっぱなしや花言葉等8つのポイント!








 

アシダンセラは晩夏から秋にかけて、赤みのあるブラウンカラーの模様が綺麗な白花の真ん中にあるのが魅力となります。

 

長い花茎の先にその美しい六弁花が咲き、花香は上品で少し控えめな香りとなります。

球根植物であるアシダンセラは、剣のようにシュッとした勇ましい葉も特徴的です。

 

今回はアシダンセラについてのポイント、

①アシダンセラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アシダンセラの画像(写真)!香りはどうなの?
③アシダンセラの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アシダンセラの地植え(花壇)のポイントは?
⑤アシダンセラは植えっぱなしにしていいの?
⑥アシダンセラのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑦アシダンセラに似た花は何がある?
⑧アシダンセラの花言葉はなに?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはアシダンセラの育て方からお伝えします!

 

アシダンセラの育て方は?

 

アシダンセラの育成は通常球根から行いますが、芽を出すまでの期間が長い植物ですので、途中で諦めて掘り返さずに待ってあげましょう。

寒さに弱い球根の植え付けは、暖かい時期の4月中旬〜5月頃に行ってください。

 

開花時は草丈が1m程まで高く成長いたしますので、雨風に弱く折れてしまって倒れることがありますので、支柱を早めに立てて補強してあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アシダンセラが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アシダンセラの育て方!環境はどうする?

 

 

熱帯地域が原産のアシダンセラは耐暑性がある植物ですが、耐寒性はないので冬の寒さも苦手となります。

 

日当たりの良い環境を好み、日照不足となりますと開花しないまま枯れてしまいますので、必ず日光の当たる場所で育成をしてあげましょう。

しかし高温時期の直射日光に当たりすぎると葉焼けを起こしたりして枯れてしまうこともあります。

 

その時期は明るめな日陰やネットで遮光をして対策をしてください。

 

次は、アシダンセラに適した用土についてお伝えします!

 

アシダンセラを育てる際の適した用土は何?

 

アシダンセラの用土は水ハケが良いものを好み、腐葉土をたっぷり含んだものが適しています。

 

市販の場合は球根用培養土を使用してください。

自身で混合する場合は腐葉土7割にバーク堆肥や赤玉土3割を混ぜたものなどを使用してください。

 

次は、アシダンセラに必要な肥料についてお伝えします!

 

アシダンセラの育て方!肥料はどうする?

 

 

アシダンセラの肥料はチッ素を多く含んだ肥料を与えてしまうと、徒長して倒れやすくなりますので、植え付け時の場合ゆっくりと効くチッ素分が少なめな肥料を施してあげましょう。

 

植え付け後は鉢植えの場合、液肥を2週間に1回、花後は必要ありません。

与える時は水に薄めた液肥を2回程度にしてください。

 

では次は、アシダンセラの水やりポイントについてお伝えします!

 

アシダンセラを育てる際の水の量はどうする?

 

アシダンセラを育成する時は水を与える時期が大切となります。

 

鉢植えで育成する場合、土の表面が乾燥してきたらたっぷり与えてあげましょう。

地植えで育成する場合は、基本的には水を与える必要はありません。

 

乾燥した日が続くと元気がなくなり最悪枯れてしまいますので表面の土が乾燥してきた時は水やりしてください。

 

以上で基本的なアシダンセラの育て方については終わりです。

次はアシダンセラの画像をお見せします!

 

アシダンセラの画像(写真)!香りはどうなの?

 

エチオピアが原産地でのアヤメ科アシダンセラ属の春植え球根です。

 

華やかなグラジオラスとは違い少し清楚な雰囲気のアシダンセラですが、暑い夏に咲くホワイトカラーの花色で、真ん中にある濃いチョコレート色の模様が特徴となります。

 

アシダンセラの写真はこちらになります。

 

次は、アシダンセラの開花時期をお伝えします!

スポンサーリンク

 

アシダンセラの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

熱帯地域のアフリカが原産であるアシダンセラは球根植物です。

 

清楚な趣のあるアシダンセラは、星形で美しい花形やスラッと長く伸びて魅力的な葉が特徴となります。

花束の贈り物としても人気のあるアシダンセラの開花時期は真夏の7月~8月頃となります。

 

次に、アシダンセラの地植えで育てる際のポイントをお伝えします。

 

アシダンセラの地植え(花壇)のポイントは?

 

地植えの場合球根を掘り上げずに放置していても、翌年の夏時期になると芽がでて開花することができます。

 

外での寒さにも耐えることができるので、地植えでの冬越しも可能ですが、翌年の花つきはあまりよくありません。

庭植えでは植え付け後にトンネルをしてあげると、早く地温を上げることができ、アシダンセラの開花時期を早めることができます。

 

次は、アシダンセラを植えっぱなしにしていいのかについてお伝えします。

 

アシダンセラは植えっぱなしにしていいの?

 

 

アシダンセラを植え付けた後は地植えの場合、特に肥料は必要なく育てることができます。

 

しかし、土が乾燥して雨が降らない日が続くと枯れてしまいますので、その時は水を与えましょう。

鉢植えの場合は真夏の強い直射日光に弱いので当たらないように移動させてください。

 

次に、アシダンセラを育てる際に注意しなければいけない病気や害虫についてお伝えします。

 

アシダンセラのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

 

アシダンセラは球根からなかなか芽を出さない植物で病気等を心配する人は多いですが、気長に待っていただければ芽はでてきますし、病気を心配する必要はありません。

 

水ハケが良くない環境で育成を行うと根腐れを起こしてしまい最悪枯れこともありますので、地植えの場合は水ハケの良い植え付け場所を選んでください。

害虫は夏になるとナメクジが葉や芽を食害することがありますので、見つけたらピンセットで早急に取り除いてください。

 

次に、アシダンセラに似た花をお伝えします。

スポンサーリンク

 

アシダンセラに似た花は何がある?

 

 

アシダンセラは白い花弁の中心に茶色の部分があることが特徴的な植物です。

草姿がアシダンセラに似た花であるグラジオラスはアヤメ科グラジオラス属の植物がございます。

 

グラジオラスは葉の形からラテン語で剣という意味をもっており、切り花として人気のある植物です。

 

アシダンセラによく似た花ものもグラジオラスにはありますが花色が豊富な品種で、様々な花色や花形を楽しむことができます。

 

最後に、アシダンセラの花言葉をお伝えします。

 

アシダンセラの花言葉はなに?

 

 

花弁の先端が尖っているアシダンセラはギリシャ語で針と葯(先が尖った)が語源となります。

 

草姿がグラジオラスと似ているアシダンセラは花に香りがあるので別名ニオイグラジオラスと呼ばれています。

アシダンセラの花言葉は花の香りは優しく、品のある清潔な白い花姿から「豊かな気品」、控えめで愛らしい印象の花ですので「純粋な愛」とつけられています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アシダンセラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アシダンセラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アシダンセラの育成は通常球根から行いますが、芽を出すまでの期間が長い植物ですので、途中で諦めて掘り返さずに待ってあげましょう。

寒さに弱い球根の植え付けは、暖かい時期の4月中旬〜5月頃に行ってください。

開花時は草丈が1m程まで高く成長いたしますので、雨風に弱く折れてしまって倒れることがありますので、支柱を早めに立てて補強してあげましょう。

 

②アシダンセラの画像(写真)!香りはどうなの?

エチオピアが原産地でのアヤメ科アシダンセラ属の春植え球根です。

華やかなグラジオラスとは違い少し清楚な雰囲気のアシダンセラですが、

暑い夏に咲くホワイトカラーの花色で、真ん中にある濃いチョコレート色の模様が特徴となります。

 

③アシダンセラの開花時期や季節はいつ頃なの?

熱帯地域のアフリカが原産であるアシダンセラは球根植物です。

清楚な趣のあるアシダンセラは、星形で美しい花形やスラッと長く伸びて魅力的な葉が特徴となります。

花束の贈り物としても人気のあるアシダンセラの開花時期は真夏の7月~8月頃となります。

 

④アシダンセラの地植え(花壇)のポイントは?

地植えの場合球根を掘り上げずに放置していても、翌年の夏時期になると芽がでて開花することができます。

外での寒さにも耐えることができるので、地植えでの冬越しも可能ですが、翌年の花つきはあまりよくありません。

庭植えでは植え付け後にトンネルをしてあげると、早く地温を上げることができ、アシダンセラの開花時期を早めることができます。

 

⑤アシダンセラは植えっぱなしにしていいの?

アシダンセラを植え付けた後は地植えの場合、特に肥料は必要なく育てることができます。

しかし、土が乾燥して雨が降らない日が続くと枯れてしまいますので、その時は水を与えましょう。

鉢植えの場合は真夏の強い直射日光に弱いので当たらないように移動させてください。

⑥アシダンセラのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

アシダンセラは球根からなかなか芽を出さない植物で病気等を心配する人は多いですが、

気長に待っていただければ芽はでてきますし、病気を心配する必要はございません。

水ハケが良くない環境で育成を行うと根腐れを起こしてしまい最悪枯れこともありますので、

地植えの場合は水ハケの良い植え付け場所を選んでください。

害虫は夏になるとナメクジが葉や芽を食害することがありますので、見つけたらピンセットで早急に取り除いてください。

⑦アシダンセラに似た花は何がある?

アシダンセラは白い花弁の中心に茶色の部分があることが特徴的な植物です。

草姿がアシダンセラに似た花であるグラジオラスはアヤメ科グラジオラス属の植物がございます。

グラジオラスは葉の形からラテン語で剣という意味をもっており、切り花として人気のある植物です。

アシダンセラによく似た花ものもグラジオラスにはありますが花色が豊富な品種で、様々な花色や花形を楽しむことができます。

⑧アシダンセラの花言葉はなに?

花弁の先端が尖っているアシダンセラはギリシャ語で針と葯(先が尖った)が語源となります。

草姿がグラジオラスと似ているアシダンセラは花に香りがあるので別名ニオイグラジオラスと呼ばれています。

アシダンセラの花言葉は花の香りは優しく、品のある清潔な白い花姿から「豊かな気品」

控えめで愛らしい印象の花ですので「純粋な愛」とつけられています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)