【センニンソウのまとめ!】育て方(剪定や増やし方)と似た花等10個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、センニンソウについてまとめていきたいと思います。

 

センニンソウは「キンポウゲ科」「センニンソウ属」に分類される「つる性」の「半低木」です。

センニンソウは垣根やフェンス、支柱などにつるを絡ませて楽しむことができます。

 

センニンソウは漢字では「仙人草」と書きます。

和名は痩果についている綿毛を仙人の髭に見たてたことに由来します。

 

センニンソウの学名は「Clematis terniflora DC.」です。

属名の「Clematis」は「若枝」を意味しており、種小名の「terniflora」は「3枚葉の」を意味しています。

 

センニンソウは生薬としても使われることがあります。

ですが安易に触れたり誤食してしまうと、「皮膚炎」や「胃腸炎症」を引き起こす可能性がある危険な植物です。

 

センニンソウは野生では主に日当たりのよい山野や道端の低木林に生息しています。

発芽に数か月から2年かかる場合があり、育てる際には根気が必要になります。

 

育てる場合は以上のことを理解したうえで挑戦してください!

 

今回は、センニンソウについてのポイント、

①センニンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②センニンソウの画像(写真)!毒性はあるの?花の香りの特徴は?
③センニンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?冬の手入れはどうする?
④センニンソウの剪定のポイントは?
⑤センニンソウの増やし方!
⑥センニンソウの挿し木の時期ややり方はどうするの?
⑦センニンソウの種まき時期と種まきのポイントは?
⑧センニンソウに似た花は何がある?クレマチスやボタンヅルと似ているの?
⑨センニンソウの花言葉はなに?
⑩センニンソウの種類や品種は何があるの?

 

以上10の点についてお伝えします。

まずはセンニンソウの育て方からお伝えします!

 

センニンソウの育て方は?

 

センニンソウは日当たりと風通しのよい場所を好みます。

夏は半日陰で育てます。

 

地植え移動できない場合は「遮光ネット」などを使ってあげてください。

土は水はけと水もちがよく、アルカリ性のものを使います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、センニンソウが好む環境についてお伝えします!

 

センニンソウの育て方!環境はどうする?

 

上でも言ったように、センニンソウは日当たりと風通しのよい場所を好みます。

 

そして、真夏は直射日光を避けるため、半日陰に移動させてあげましょう。

地植えなど、移動させるのが難しい場合には「遮光ネット」などを使いましょう。

 

次は、センニンソウに適した用土についてお伝えします!

 

センニンソウを育てる際の適した用土は何?

 

センニンソウは水はけと水はけがよいアルカリ性の土を好みます。

 

具体的には「赤玉土」「腐葉土」「バーミキュライト」「苦土石灰」などを混ぜてください!

 

それぞれの割合はおおよそ赤玉土:腐葉土:バーミキュライト=6:3:1がお勧めです!

苦土石灰は20L入りプランター1杯に対して大さじ1杯くらいがよいです。

 

次は、センニンソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

センニンソウの育て方!肥料はどうする?

 

センニンソウの肥料は鉢植えの場合、元肥に「緩効性肥料」を与えましょう。

 

地植えの場合は元肥に「有機肥料」を与えます。

それぞれ追肥は10月3月に「固形肥料」を与えます。

 

では次は、センニンソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

センニンソウを育てる際の水の量はどうする?

 

センニンソウは土の乾燥を嫌います。

水は土の表面が乾きかけたらたっぷりとあげましょう!

 

以上で基本的なセンニンソウの育て方については終わりです。

次はセンニンソウの写真をお見せします!

 

センニンソウの画像(写真)!毒性はあるの?花の香りの特徴は?

 

それでは、今回ご紹介したセンニンソウの画像を見てみましょう!

 

 

美しい白花は見ごたえがありますね!

 

しかしながら、センニンソウには毒性があります。

葉や茎の汁に触れたり、誤食してしまうと皮膚炎や胃腸炎、嘔吐などを引き起こしてしまうので注意しましょう。

 

センニンソウの花はとても良い香りがします。

栽培する際はぜひその香りも楽しんでください!

 

次に、センニンソウの開花時期をお伝えします!

 

センニンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?冬の手入れはどうする?

 

センニンソウの開花時期は8月中旬から9月上旬です。

したがって季節は夏から初秋ごろです。

 

冬の手入れは品種によって多少異なります。

春咲きの品種は冬に弱く剪定します。

 

四季咲きの品種は花後に弱く剪定してから肥料を与えるとまた開花します。

その後、冬には強く剪定するとよいです。

 

次は、センニンソウの剪定のポイントをお伝えします!

 

センニンソウの剪定のポイントは?

 

上でも言いましたが、センニンソウは品種によって剪定の方法が少し違います。

 

春先の品種は冬に弱く剪定します。

四季咲きの品種は花後に弱く剪定して、その後は冬に強く剪定します。

 

それでは次に、センニンソウの増やし方をお伝えします!

 

センニンソウの増やし方!

 

センニンソウの増やし方には「挿し木」や「つる伏せ」などの方法があります。

 

つる伏せは、センニンソウの蔓を倒して土に埋めておくと、そこから根付き、新しい苗ができるという方法です。

 

つる伏せする際には、一番元気な蔓を選びましょう!

そして、隣においた鉢などに選んだ蔓を1~2節ほど、土に5cmくらいの深さで植えます。

およそ2~3か月で発根しますが、1年ほど放置し、十分に滋養分が行きわたった状態で親から切り離します。

 

次は、センニンソウの挿し木のやり方をお伝えします!

 

センニンソウの挿し木の時期ややり方はどうするの?

 

センニンソウの挿し木の時期は5~6月がよいです。

 

センニンソウを挿し木するときは、若い枝を数節に切り、葉をとって「挿し木専用土」に挿すとよいです。

日当たりに注意しながら、水をこまめにあげて世話をしてあげれば、2か月くらいで根が出てきます。

 

次に、センニンソウの種まき時期をお伝えします!

 

センニンソウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

センニンソウの種まきの時期は特に決まっていません。

寒すぎたり、暑すぎたりしなければ大丈夫なので、あまり神経質にならなくてもよいです。

 

種まき用の土は肥料分が入っていないものを使うとよいです。

そして、センニンソウは乾燥に弱いので、水を絶やさないように注意しましょう。

 

センニンソウはとても発芽が遅いことで有名です。

また、毎日かかさずに水やりしても発芽には数か月から2年ほどかかる場合があります。

 

種から育てる場合には以上の点を理解したうえで挑戦してください!

 

それでは次に、センニンソウに似た花をお伝えします!

 

センニンソウに似た花は何がある?クレマチスやボタンヅルと似ているの?

 

センニンソウによく似た花には「コボタンヅル」「コバノボタンヅル」「シロバナハンショウヅル」「クレマチス」などがあります。

 

ボタンヅル」はセンニンソウの近縁種です。

日本産の植物で、蔓をつくり、小型の花を多数つけるものを「センニンソウ」または「ボタンヅル」と呼びます。

 

同様に「クレマチス」も「キンポウゲ科」「センニンソウ属」に分類されるセンニンソウの仲間です。

クレマチス」は園芸用語では、「センニンソウ属」の「蔓性多年草」のなかでも、花が大きくて観賞価値の高い品種の総称として使われています。

 

次は、センニンソウの花言葉をお伝えします!

 

センニンソウの花言葉はなに?

 

センニンソウの花言葉は「安全」「無事」「あふれるばかりの善意」です。

毒があるセンニンソウの花言葉としては少し不思議な印象ですね。

 

最後に、センニンソウの種類をお伝えします!

 

センニンソウの種類や品種は何があるの?

 

センニンソウの近縁種には「ボタンヅル」や「クレマチス」などがいます。

 

日本産の植物で、蔓をつくり、小型の花を多数つけるものを「センニンソウ」または「ボタンヅル」と呼びます。

クレマチス」は観賞用としてとても人気があり、日本では「テッセン」の名前でも親しまれています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

センニンソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①センニンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

センニンソウは日当たりと風通しのよい場所を好みます。

そして、センニンソウは水はけと水もちのよいアルカリ性の土壌を好みます。

肥料は鉢植えの場合は元肥に「緩効性肥料」を与え、地植えの場合は元肥に「有機肥料」を与えます。

追肥は10月と3月に「固形肥料」を施しましょう。

水は土の表面が乾ききる前にたっぷりとあげましょう。

 

②センニンソウの画像(写真)!毒性はあるの?花の香りの特徴は?

それでは、改めて今回ご紹介したセンニンソウの画像を見てみましょう!

 

 

センニンソウのきれいな白は見ごたえがありますね!

センニンソウには毒性があります。

葉や茎の汁に触れたり、誤食してしまうと皮膚炎や胃腸炎、嘔吐などを引き起こしてしまうので注意しましょう。

センニンソウの花はとてもよい香りがします!

 

③センニンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?冬の手入れはどうする?

センニンソウの開花時期は8月中旬から9月上旬です。

したがって季節は夏から初秋ごろです。

冬の手入れは品種によって多少異なります。

春咲きの品種は冬に弱く剪定します。

四季咲きの品種は花後に弱く剪定してから肥料を与えるとまた開花します。

その後、冬には強く剪定するとよいです。

 

④センニンソウの剪定のポイントは?

春咲きの品種は冬に弱く剪定します。

四季咲きの品種は花後に弱く剪定して、冬には強く剪定します。

 

⑤センニンソウの増やし方!

センニンソウの増やし方は「挿し木」と「つる伏せ」などがあります。

つる伏せは、センニンソウの蔓を倒して土に埋めておくと、そこから根付き、新しい苗ができるという方法です。

つる伏せする際には、一番元気な蔓を選びましょう。

そして、隣においた鉢などに選んだ蔓を1~2節ほど、土に5cmくらいの深さで植えます。

およそ2~3か月で発根しますが、1年ほど放置し、十分に滋養分が行きわたった状態で親から切り離します。

 

⑥センニンソウの挿し木の時期ややり方はどうするの?

センニンソウの挿し木の時期は5~6月がよいです。

センニンソウを挿し木するときは、若い枝を数節に切り、葉をとって「バーミキュライト」に挿すとよいです。

日当たりに注意しながら、水をこまめにあげて世話をしてあげれば、2か月くらいで根が出てきます。

 

⑦センニンソウの種まき時期と種まきのポイントは?

センニンソウの種まきの時期は特に決まっていません。

種まき用の土は肥料分が入っていないものを使うとよいです。

センニンソウは乾燥に弱いので、水を絶やさないように注意しましょう。

センニンソウはとても発芽が遅いことで有名です。

また、毎日かかさずに水やりしても発芽には数か月から2年ほどかかる場合があります。

 

⑧センニンソウに似た花は何がある?クレマチスやボタンヅルと似ているの?

センニンソウによく似た花には「コボタンヅル」「コバノボタンヅル」「シロバナハンショウヅル」「クレマチス」などがあります。

「ボタンヅル」はセンニンソウの近縁種です。

日本産の植物で、蔓をつくり、小型の花を多数つけるものを「センニンソウ」または「ボタンヅル」と呼びます。

同様に「クレマチス」も「キンポウゲ科」「センニンソウ属」に分類されるセンニンソウの仲間です。

「クレマチス」は園芸用語では、「センニンソウ属」の「蔓性多年草」のなかでも、花が大きくて観賞価値の高い品種の総称として使われています。

 

⑨センニンソウの花言葉はなに?

センニンソウの花言葉は「安全」「無事」「あふれるばかりの善意」です。

 

⑩センニンソウの種類や品種は何があるの?

センニンソウには近縁種の「ボタンヅル」や「クレマチス」などがいます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)