【ヒメジョオンのまとめ!】ハルジオンとの見分け方や花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒメジョオンについてまとめていきたいと思います。

 

ヒメジョオンは、北アメリカ原産で、キク科・ムカシヨモギ属の植物です。

学名はErigeron annuusで、漢字で書くと「姫女苑」になります。

 

1865年に日本に観賞用として持ち込まれ、今では日本全国に分布しています。

 

ヒメジョオンは、一・二年草ですが、非常に強い繫殖能力を持っています。

 

今回は、ヒメジョオンについてのポイント、

①ヒメジョオンの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒメジョオンの画像(写真)!ヒメジョオンの葉は特徴的なの?
③ヒメジョオンの生息地はどこ?
④ヒメジョオンの開花時期や季節はいつ頃なの?
⑤ヒメジョオンとハルジオンの違い(見分け方)はなに?
⑥ヒメジョオンに似た花は何がある?
⑦ヒメジョオンの花言葉はなに?名前の由来は?別名はあるの?
⑧ヒメジョオンの花粉でアレルギーになることがあるの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはヒメジョオンの育て方からお伝えします!

 

ヒメジョオンの育て方は?

 

ヒメジョオンは、非常に繁殖力が強い、丈夫な植物です。

 

公園や道端でも自生しているくらいなので、育てるのも非常に簡単です。

 

ヒメジョオンは、1個体から47,000以上の種が取れ、その種の寿命は35年とかなり長いです。

ヒメジョオンを育てる際には、他の植物に影響を与えないように管理してあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒメジョオンが好む環境についてお伝えします!

 

ヒメジョオンの育て方!環境はどうする?

 

ヒメジョオンは、どこでも自生する、「雑草」や「野草」と言われる植物です。

そのため、日陰でも日向でも、どこでも育ちます。

 

ヒメジョオンは、その育つ環境より、他の植物にとっての影響を考えなければならない植物です。

 

ヒメジョオンは、要注意外来生物に指定されています。

また、日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されているので、鉢植えにして育てた方が良いでしょう。

 

次は、ヒメジョオンに適した用土についてお伝えします!

 

ヒメジョオンを育てる際の適した用土は何?

 

ヒメジョオンは、日本中に自生しているので、どのような土地でも育ちます。

 

土を購入してくる場合は、植物用の培養土で十分です。

鉢植えにする場合は、水はけのよい土にしてあげると、より元気に育ちます。

 

次は、ヒメジョオンに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒメジョオンの育て方!肥料はどうする?

 

ヒメジョオンには、肥料を与える必要はないでしょう。

どんな土壌でも十分に育つので、手間のかからない植物です。

 

では次は、ヒメジョオンの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒメジョオンを育てる際の水の量はどうする?

 

ヒメジョオンを地植えする場合は、降雨で十分育ちます。

鉢植えで育てる場合は、土が乾いたらたっぷり水を与えてください。

 

以上で基本的なヒメジョオンの育て方については終わりです。

次はヒメジョオンの写真をお見せします!

 

ヒメジョオンの画像(写真)!ヒメジョオンの葉は特徴的なの?

 

 

ヒメジョオンは小さな花で、とてもきれいですね!

 

ヒメジョオンの葉は、茎につく葉は幅の狭い卵型で、互い違いに生えます。

また、葉先が尖り、裏には毛が生え、縁に粗いギザギザ(鋸歯)があるのが特徴的です。

 

次に、ヒメジョオンの生息地をお伝えします!

 

ヒメジョオンの生息地はどこ?

 

ヒメジョオンは、北アメリカ原産で、ヨーロッパやアジア諸国、日本全国でも生息しています。

低温地でも高温地でも自生する、丈夫な植物です。

 

また、ヒメジョオンは土壌環境に対する適応性が非常に高いです。

そのため、牧草地や畑、草原、山の中まで生息する場所を選ばないのが特徴です。

 

ヒメジョオンが、要注意外来生物な上に、日本の侵略的外来種ワースト100に選定されているのは当然なことでしょう。

 

次は、ヒメジョオンの開花時期をお伝えします!

 

ヒメジョオンの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヒメジョオンの開花時期は土地により差はありますが、6月から10月くらいです。

花径が2cmほどで小さく、可愛らしいです。

 

 

また、花数が多いのもヒメジョオンの特徴で、群生しているととても美しい光景が見られます。

 

それでは次に、ヒメジョオンとハルジオンの違いをお伝えします!

 

ヒメジョオンとハルジオンの違い(見分け方)はなに?

 

ヒメジョオン(姫紫苑)とハルジオン(春紫苑)はとてもよく似ています。

 

ヒメジョオンは初夏から開花するのに対し、ハルジオンは春から開花します。

6月は同時に群生する時期なので、その時期に是非とも美しい光景を見てみたいですね。

 

ヒメジョオンとハルジオンの簡単な見分け方は、いくつかあります。

(ヒメジョオン)

 

ヒメジョオンの方がハルジオンより花びらが太く、主に白色で草丈も長いです。

ハルジオンの花は、白・ピンク・薄紫と固体によって様々です。

 

(ハルジオン)

 

また、ヒメジョオンの方が蕾が上向きにつき、ハルジオンの蕾は下向きにつきます。

 

そして、ヒメジョオンは葉を茎にまっすぐにつけ、葉の裏に毛があります。

それに対してハルジオンは、茎が茎に絡まるようにつけ、無毛です。

 

ヒメジョオンの茎を切ると、白い髄が入っていますが、ハルジオンの茎には何も入っていないのも違いの1つです。

ヒメジョオンもハルジオンも、同じキク科・ムカシヨモギ属の植物ですので似ていますが、違いは明らかですね。

 

次は、ヒメジョオンに似た花をお伝えします!

 

ヒメジョオンに似た花は何がある?

 

ヒメジョオンは、ハルジオンとも似ていますが、他にも似ている花が2つあります。

 

ヘラバヒメジョオンとヤナギバヒメジョオンの2つもヒメジョオンによく似ています。

2つともヒメジョオンと同じ、キク科ムカシヨモギ属です。

 

ヘラバヒメジョオンは、葉は細く鋸歯が目立たずヘラ状です。

それに対しヒメジョオンは、やや卵型で鋸歯がはっきりしています。

 

ヤナギバヒメジョオンは、ヒメジョオンとヘラバヒメジョオンの自然雑種と言われています。

ヤナギバヒメジョオンは、葉は柳のような細いへら状で、わずかな鋸歯があります。

 

同じ科の同じ属で、繫殖能力も強いので、同じ場所に群生していることも多いようです。

見分けるのは大変ですが、それも楽しみの1つですね。

 

 

次は、ヒメジョオンの花言葉をお伝えします!

 

ヒメジョオンの花言葉はなに?名前の由来は?別名はあるの?

 

ヒメジョオンの花言葉は、「素朴で清楚」です。

ヒメジョオンの花は、ほとんどの個体が白色である見た目から、その花言葉が付けられたと言われています。

 

ヒメジョオン(姫女菀)の名前の由来は、「姫」は小さい、「女菀」は中国産の野草を意味します。

そのため、「小さい野草」という意味で名づけられたのでしょう。

 

また、本来は同属の春紫苑(ハルジオン)と同様に「紫苑(シオン)」が付いてもおかしくはありません。

付かなかった理由として諸説ありますが、別種の姫紫苑(ヒメシオン)と区別するために姫女菀(ヒメジョオン)になったという説があります。

 

ヒメジョオンの別名は、明治時代での呼び名であるヤナギバヒメギク(柳葉姫菊)です。

また、アメリカグサ、センソウグサ、サイゴウグサ、鉄道草(テツドウグサ)などの別名もあります。

 

最後に、ヒメジョオンの花粉でアレルギーになるのかをお伝えします!

 

ヒメジョオンの花粉でアレルギーになることがあるの?

 

ヒメジョオンは、キク科ムカシヨモギ属の植物です。

キク科には、ブタクサやヨモギといった、強いアレルギー反応を起こす植物が属しています。

 

また、ヒメジョオンと同じキク科ムカシヨモギ属のハルジオンには、中程度の花粉症症状が出ることが報告されています。

 

ヒメジョオンは、大量に花粉を飛散することは少ないですが、アレルギー反応を起こす場合もあるでしょう。

キク科の植物にアレルギーのある方は、ヒメジョオンを避けることをおすすめします。。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒメジョオンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒメジョオンの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヒメジョオンを育てる場合は、環境や土に気を使う必要はないでしょう。

また、ヒメジョオンを地植えする場合は、肥料は不要で降雨のみで育ちます。

 

②ヒメジョオンの画像(写真)!ヒメジョオンの葉は特徴的なの?

 

ヒメジョオンの葉は、茎につく葉は幅の狭い卵型で、互い違いに生えます。

また、葉先が尖り、裏には毛が生え、縁に粗いギザギザ(鋸歯)があり、特徴的です。

 

③ヒメジョオンの生息地はどこ?

ヒメジョオンは、北アメリカ原産で、ヨーロッパやアジア各国で見られます。

 

④ヒメジョオンの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒメジョオンの開花時期は、6月から10月です。

 

⑤ヒメジョオンとハルジオンの違い(見分け方)はなに?

ヒメジョオンは初夏から開花するのに対し、ハルジオンは春から開花します。

また、 ヒメジョオンは蕾が上向きで、茎の中は詰まっており、葉裏に毛が生えています。

ハルジョオンは、蕾が下向きで、茎中は中空で、葉裏に毛が無いのが特徴です。

 

⑥ヒメジョオンに似た花は何がある?

ヒメジョオンは、ハルジョオンに加え、ヘラバヒメジョオンとヤナギバヒメジョオンがよく似ています。

 

⑦ヒメジョオンの花言葉はなに?名前の由来は?別名はあるの?

ヒメジョオンの花言葉は、「素朴で清楚」です。

ヒメジョオン(姫路音)の名前の由来は諸説ありますが、「姫」は小さい、「女菀」は中国産の野草を意味します。

そのため、「小さい野草」という意味で名づけられたのでしょう。

ヒメジョオンの別名は、ヤナギバヒメギク(柳葉姫菊)、アメリカグサ、センソウグサ、サイゴウグサ、鉄道草(テツドウグサ)などがあります。

 

⑧ヒメジョオンの花粉でアレルギーになることがあるの?

ヒメジョオンは、キク科ムカシヨモギ属です。

キク科の植物にアレルギーがある方はアレルギー反応を起こす場合もあるでしょう。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)