アニスヒソップの育て方!画像や花言葉等10つのポイント!








 

アニスヒソップはヒソップという花の名が由来となっており、花色や花姿がとてもよく似ていることが特徴です。

自然に落ちた種を放置していても環境が良ければ群生することも可能ですので、とても育てやすい植物になります。

 

株によっては花や葉の香りや花色が異なるので、香りが良い株を選定してください。

 

今回はアニスヒソップについてのポイント、

①アニスヒソップの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アニスヒソップの画像(写真)!
③アニスヒソップの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アニスヒソップの苗の植え付けのポイントは?いくらで買える?
⑤アニスヒソップの地植え(花壇)のポイントは?
⑥アニスヒソップの増やし方!
⑦アニスヒソップの種まき時期と種まきのポイントは?
⑧アニスヒソップの株分けのやり方は?
⑨アニスヒソップのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑩アニスヒソップの花言葉はなに?

 

以上10つの点についてお伝えします。

まずはアニスヒソップの育て方からお伝えします!

 

アニスヒソップの育て方は?

 

アニスヒソップは寒さに強い品種ですので、初心者からでも育てるのにオススメなハーブとなります。

 

強い直射日光にアニスヒソップは弱いので、夏時期は直射日光が強いので明るい半日陰での育成を行ってください。

アニスヒソップは摘心を行うと、側枝が増えて花を多く咲かせることができます。

 

4月〜5月頃に収穫と合わせて行ってあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アニスヒソップが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アニスヒソップの育て方!環境はどうする?

 

 

アニスヒソップは日当たりと水ハケの良い環境を好む植物ですが、直射日光には弱いので半日陰での育成をオススメします。

 

池や湖の近くで見ることのできるアニスヒソップは、少し湿った環境を好みます。

しかし日本での育成は湿ったところよりも少し乾燥した場所の方がよく育つので乾いた環境で育成してあげましょう。

 

次は、アニスヒソップに適した用土についてお伝えします!

 

アニスヒソップを育てる際の適した用土は何?

 

 

苗の根がポットの底まででてきたら、根を傷めないように注意して定植を行ってください。

 

アニスヒソップは健康なハーブ栽培や草花の用土などの、水ハケがよく水持ちも良い肥えた土を使用してください。

市販の草花用培養土をご使用の場合、赤玉土小粒5割と腐葉土5割をよく混ぜた用土をつくってあげましょう。

 

次は、アニスヒソップに必要な肥料についてお伝えします!

 

アニスヒソップの育て方!肥料はどうする?

 

 

植え付けを行うときの元肥としてはゆっくりと長く効果が続く緩効性肥料を施してあげましょう。

アニスヒソップは開花期間が長い植物ですので、開花時期を終えた頃だけでなく花を収穫したタイミングで追肥として液体肥料を与えてください。

9月頃の花期後には、追肥として液体肥料もしくは緩効性肥料を施してあげると、翌年春の芽吹きが良いでしょう。

 

では次は、アニスヒソップの水やりポイントについてお伝えします!

 

アニスヒソップを育てる際の水の量はどうする?

 

アニスヒソップにハダニがつかないよう防除のために、夏時期は葉水を行うと良いでしょう。

 

アニスヒソップは土が乾燥しすぎてしまうと、下葉が落ちてしまうことがありますので、真夏に乾燥しすぎた日が続かないように注意してください。

庭植えでの水やりはほとんど必要ありませんが真夏の晴天が続くときは水をやりを行ってあげましょう。

 

真夏日以外の時期に水をたくさん与えると根腐れをすることがあるので、やりすぎないようにしましょう。

 

以上で基本的なアニスヒソップの育て方については終わりです。

次はアニスヒソップの写真をお見せします!

スポンサーリンク

 

アニスヒソップの画像(写真)!

 

多年草で花期が長いことが特徴的なアニスヒソップは、茎が堅く丈夫なことから草姿が折れたり、倒れて乱れてしまうことがほとんどなく、花壇などの庭植えにもオススメな植物です。

 

ラベンダーカラーの花穂がお洒落ですので、ハーブガーデンをより魅力的に演出するハーブとして人気があります。

 

先がシュッとなった丸みのある葉からは、甘さを含みスッキリとした香りがありますので、

そのままでも乾燥させても香りの良いハーブティーを楽しむことができます。

アニスヒソップの画像はこちらとなります。

 

 

次に、アニスヒソップの開花時期をお伝えします。

 

アニスヒソップの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

葉の香りや花色が美しいアニスヒソップは、ポプリやドライフラワーとしても人気の高い植物です。

アニスヒソップの開花時期は5月頃から霜が降りる頃までと比較的長く楽しむことが出来るようです。

 

冬は枯れてしまいますが超冬しまた春になると新芽が出てきます。

 

次に、アニスヒソップの苗の植え方をお伝えします。

 

アニスヒソップの苗の植え付けのポイントは?いくらで買える?

 

本葉が4~5枚になったら、腐葉土を多めにすき込んだ場所に定植します。

鉢植えが夏に水切れしやすいときは、一回り大きめの鉢に植え替えます。2~3年に1回を目安に、植え替えます。

 

アニスヒソップは1年を通して育てることができる植物ですが苗の植え付けは3月~4月頃か、9月~10月頃に行いましょう。

春が失敗もしにくく初心者にはおすすめの時期です。

 

次は、アニスヒソップの地植えで育てる際のポイントをお伝えします!

 

アニスヒソップの地植え(花壇)のポイントは?

 

 

種から簡単に育成ができるアニスヒソップは、地植えでは放任状態でも育つ植物です。

 

水やりは真夏の暑い日が続く時期は、乾燥していると場合に水やりを行いますが、通常は必要なくてもじゅうぶんに育ちます。

元肥としては効果が長く続く緩効性肥料を施しってあげましょう。

 

追肥には花期が長い植物ですので液体肥料を与えてください。

 

次に、アニスヒソップの増やし方をお伝えします。

スポンサーリンク

 

アニスヒソップの増やし方!

 

アニスヒソップは種まきや挿し木、株分けで増やすことが可能な植物です。

 

種まきはこぼれ種から自然に増えていく好光性種子ですので、種を撒く場合に覆土はほとんど必要ございません。

挿し木は半熟の少し堅くなってきた香りの良い枝を使用して、株分けの時期同様の春もしくは秋頃に水上げをして根が出てきたら鉢に挿してください。

 

次は、アニスヒソップの種まきで増やす際のポイントをお伝えします。

 

アニスヒソップの種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

アニスヒソップの種まきを行う時は好光性種子ですので覆土はほとんど必要ございません。

他の植物と比べて少し遅めな春の終頃の4月下旬~5月下旬頃、もしくは9月中旬~10月上旬が適時期となります。

 

どちらかといえば秋よりも春に種まきを行った方が温暖な環境での育成に

繋がり成功する確率が高くなります。

 

次は、アニスヒソップの株分けで増やすポイントをお伝えします。

 

アニスヒソップの株分けのやり方は?

 

アニスヒソップは種からの育成が一番簡単な方法ですが、挿し木や株分けでも簡単に増やすこともできます。

 

株分けは時期として春時期の4~5月頃、もしくは秋時期の9~10月頃に行いましょう。

大きくなった時に増やす場合は、挿し木でも可能ですが成功率が株分けよりも低いので、株分けで増やすことをオススメします。

 

次に、アニスヒソップを育てる際に注意する病気と害虫の対策方法をお伝えします。

 

アニスヒソップのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

 

アニスヒソップは気温が高く乾燥した環境で育てていると、うどんこ病を発生してしまうことがあります。

 

また、気温が低く多湿状態で育成していると根腐れする恐れがございますので注意してください。

病気以外にも、葉がバッタに食べられてしまったり、気温が高くで乾燥した時期にはハダニが発生したりすることがあります。

 

最後に、アニスヒソップの花言葉をお伝えします。

 

アニスヒソップの花言葉はなに?

 

 

アニスヒソップの花言葉は品種によって花言葉の意味が全く異なりますので、

贈り物としてプレゼントする時は注意してください。

 

アニスヒソップの清楚さがある花姿から澄んだ心、清潔、浄化という花言葉がつけられています。

 

品種によって意味が変わり大切な方への思いを込めた贈り物としてアニスヒソップをプレゼントすることから思いやりという花言葉もつけられています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アニスヒソップのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アニスヒソップの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アニスヒソップは日当たりと水ハケの良い環境を好む植物ですが、直射日光には弱いので半日陰での育成をオススメします。

池や湖の近くで見ることのできるアニスヒソップは、少し湿った環境を好みます。

しかし日本での育成は湿ったところよりも少し乾燥した場所の方がよく育つので乾いた環境で育成してあげましょう。

 

②アニスヒソップの画像(写真)!

多年草で花期が長いことが特徴的なアニスヒソップは、茎が堅く丈夫なことから草姿が折れたり、

倒れて乱れてしまうことがほとんどなく、花壇などの庭植えにもオススメな植物です。

 

ラベンダーカラーの花穂がお洒落ですので、ハーブガーデンをより魅力的に演出するハーブとして人気があります。

 

③アニスヒソップの開花時期や季節はいつ頃なの?

葉の香りや花色が美しいアニスヒソップは、ポプリやドライフラワーとしても人気の高い植物です。

アニスヒソップの開花時期は5月頃から霜が降りる頃までと

比較的長く楽しむことが出来るようです。

 

④アニスヒソップの苗の植え付けのポイントは?いくらで買える?

本葉が4~5枚になったら、腐葉土を多めにすき込んだ場所に定植します。

鉢植えが夏に水切れしやすいときは、一回り大きめの鉢に植え替えます。2~3年に1回を目安に、植え替えます。

アニスヒソップは1年を通して育てることができる植物ですが苗の植え付けは3月~4月頃か、9月~10月頃に行いましょう。

春が失敗もしにくく初心者にはおすすめの時期です。

 

⑤アニスヒソップの地植え(花壇)のポイントは?

種から簡単に育成ができるアニスヒソップは、地植えでは放任状態でも育つ植物です。

水やりは真夏の暑い日が続く時期は、乾燥していると場合に水やりを行いますが、通常は必要なくてもじゅうぶんに育ちます。

元肥としては効果が長く続く緩効性肥料を施しってあげましょう。

追肥には花期が長い植物ですので液体肥料を与えてください。

 

⑥アニスヒソップの増やし方!

アニスヒソップは種まきや挿し木、株分けで増やすことが可能な植物です。

種まきはこぼれ種から自然に増えていく好光性種子ですので、種を撒く場合に覆土はほとんど必要ございません。

挿し木は半熟の少し堅くなってきた香りの良い枝を使用して、株分けの時期同様の春もしくは秋頃に水上げをして根が出てきたら鉢に挿してください。

 

⑦アニスヒソップの種まき時期と種まきのポイントは?

アニスヒソップの種まきを行う時は好光性種子ですので覆土はほとんど必要ございません。

他の植物と比べて少し遅めな春の終頃の4月下旬~5月下旬

もしくは9月中旬~10月上旬が適時期となります。

 

⑧アニスヒソップの株分けのやり方は?

アニスヒソップは種からの育成が一番簡単な方法ですが、挿し木や株分けでも簡単に増やすこともできます。

株分けは時期として春時期の4~5月頃、もしくは秋時期の9~10月頃に行いましょう。

大きくなった時に増やす場合は、挿し木でも可能ですが成功率が株分けよりも低いので、株分けで増やすことをオススメします。

 

⑨アニスヒソップのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

アニスヒソップは気温が高く乾燥した環境で育てていると、うどんこ病を発生してしまうことがあります。

また、気温が低く多湿状態で育成していると根腐れする恐れがございますので注意してください。

 

⑩アニスヒソップの花言葉はなに?

アニスヒソップの花言葉は品種によって花言葉の意味が全く異なりますので、

贈り物としてプレゼントする時は注意してください。

アニスヒソップの清楚さがある花姿から澄んだ心、清潔、浄化という花言葉がつけられています。

品種によって意味が変わり大切な方への思いを込めた贈り物としてアニスヒソップをプレゼントすることから思いやりという花言葉もつけられています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)