【ノギク(野菊)のまとめ!】育て方(適した環境や種まき)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ノギク(野菊)についてまとめていきたいと思います。

 

ノギクはキク科の植物で、日本では全国的に分布し、草原でよく見られます。

 

名前は、野生に咲く”キク”であることからノギクと呼ばれています。

学名は「Aster microcephalus」といいます。

 

今回は、ノギク(野菊)についてのポイント、

①ノギク(野菊)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ノギク(野菊)の画像(写真)!特徴は?葉や花はどんな感じ?
③ノギク(野菊)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ノギク(野菊)の種や苗の販売場所は?どこで買えるの?
⑤ノギク(野菊)の花言葉はなに?
⑥ノギク(野菊)の種類や品種は何があるの?小菊との違いはなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはノギク(野菊)の育て方からお伝えします!

 

ノギク(野菊)の育て方は?

 

ノギクは、丈夫な植物であるため基本的に放任でも大丈夫です。

 

成長速度が早く根詰まりを起こしやすいため、鉢植えの場合は毎年植え替えを行います。

花を多くつけるために、種が必要なければ開花後の花茎は切り取ります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ノギク(野菊)が好む環境についてお伝えします!

 

ノギク(野菊)の育て方!環境はどうする?

 

ノギクは日当たりの良い場所を好みますが、強い日差しには弱いため、夏は日差しを避けて管理します。

乾燥しすぎないように、水はけの良い環境を整えて植え付けます。

 

次は、ノギク(野菊)に適した用土についてお伝えします!

 

ノギク(野菊)を育てる際の適した用土は何?

 

ノギクを育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

市販の草花用培養土または赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜたものがオススメです。

 

次は、ノギク(野菊)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ノギク(野菊)の育て方!肥料はどうする?

 

ノギクを育てる際の肥料は、多量を与えてしまうと姿が乱れてしまうため与えすぎには注意します。

 

鉢植えの場合は、元肥として緩効性の肥料を与え、生育期には2000倍に薄めた液肥を月に2回程度与えます。

庭植えの場合は、元肥として緩効性の肥料を与えれば追肥は必要ありません。

 

では次は、ノギク(野菊)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ノギク(野菊)を育てる際の水の量はどうする?

 

ノギクを育てる際は、鉢植えの場合は、表面の土が乾燥したらたっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なノギク(野菊)の育て方については終わりです。

次はノギク(野菊)の写真をお見せします!

 

ノギク(野菊)の画像(写真)!特徴は?葉や花はどんな感じ?

 

 

ノギクの花は、薄紫色、白、ピンクなどがあります。

花は大きくありませんが、小花を多くつけます。

 

葉は卵形をしており、基部はくさび形をしています。

茎はまっすぐ伸ばし、地下には細長い地下茎を多数伸ばして成長します。

 

次に、ノギク(野菊)の開花時期をお伝えします!

 

ノギク(野菊)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ノギクの花期は秋(7~10月)です。

花期になると、分岐した枝の先から花序を出し、2cmほどの頭花を多数つけます。

 

次は、ノギク(野菊)の種や苗の販売場所をお伝えします!

 

ノギク(野菊)の種や苗の販売場所は?どこで買えるの?

 

ノギクは園芸店やオンラインショップで購入することができます。

苗1ポット当たりの金額は600~800円当たりで購入できます。

 

それでは次に、ノギク(野菊)の花言葉をお伝えします!

 

ノギク(野菊)の花言葉はなに?

 

ノギクの花言葉は「清爽」です。

 

花言葉”清爽”は、淡い紫色の花が清楚な印象を与えることが由来となっているようです。

また、ノギクは11月9日の誕生花になります。

 

それでは最後に、ノギク(野菊)の種類や品種をお伝えします!

 

ノギク(野菊)の種類や品種は何があるの?小菊との違いはなに?

 

ノギクは野生に咲いているキクに似ている花の総称になります。

他の種類としては、「エゾノコンギク」、「ネバリノギク」、「エゾゴマナ」があります。

 

エゾノコンギクは、葉が細長く、鋸歯がないのが特徴です。

ネバリノギクは、ノギクと比べて花の色が濃く、花弁の数が多いのが特徴です。

エゾゴマナは、葉は長楕円形で他の種類と比べて大きいのが特徴です。

 

コギクとは観賞用に栽培された小さな種類(9cm以下)のキクのことで、ノギクは野生に自生するキクのことです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ノギク(野菊)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ノギク(野菊)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ノギクは日当たりの良い場所を好みますが、強い日差しには弱いため、夏は日差しを避けて管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料は、多量を与えてしまうと姿が乱れてしまうため与えすぎには注意します。

元肥として緩効性の肥料を与え、生育期には2000倍に薄めた液肥を月に2回程度与えます。

育てる際の水やりは、鉢植えの場合は、表面の土が乾燥したらたっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②ノギク(野菊)の画像(写真)!特徴は?葉や花はどんな感じ?

ノギクの花は、薄紫色、白、ピンクなどがあります。

花は大きくありませんが、小花を多くつけます。

葉は卵形をしており、基部はくさび形をしています。

 

③ノギク(野菊)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ノギクの花期は秋(7~10月)です。

 

④ノギク(野菊)の種や苗の販売場所は?どこで買えるの?

ノギクは園芸店やオンラインショップで購入することができ、1ポット当たり600~800円当たりで購入できます。

 

⑤ノギク(野菊)の花言葉はなに?

ノギクの花言葉は「清爽」です。

 

⑥ノギク(野菊)の種類や品種は何があるの?小菊との違いはなに?

コギクとは観賞用に栽培された小さな種類(9cm以下)のキクのことで、ノギクは野生に自生するキクのことです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)