【イングリッシュデージーのまとめ!】育て方(苗の植え方やこぼれ種)や花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、イングリッシュデージーについてまとめていきたいと思います。

 

イングリッシュデージーは、キク科のヒナギク属の植物です。

学名はBellis perennisで、デージーの原種です。

 

原産地はヨーロッパで、「コモンデージー」、「ローンデージー」、「ヒナギク」とも呼ばれています。

 

今回は、イングリッシュデージーについてのポイント、

①イングリッシュデージーの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②イングリッシュデージーの画像(写真)!特徴は?
③イングリッシュデージーの開花時期や季節はいつ頃なの?
④イングリッシュデージーの苗の植え付けのやり方は?
⑤イングリッシュデージーはこぼれ種でも増えるの?
⑥イングリッシュデージーの種の販売価格はどれくらいなの?
⑦イングリッシュデージーの花言葉はなに?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはイングリッシュデージーの育て方からお伝えします!

 

イングリッシュデージーの育て方は?

 

イングリッシュデージーは、とても丈夫な植物です。

海外では雑草として扱われているくらいなので、日当たりが良く、水はけの良い場所であれば良く育ちます。

 

害虫や病気の心配も少なく、苗からでも種からでも育てやすい植物です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、イングリッシュデージーが好む環境についてお伝えします!

 

イングリッシュデージーの育て方!環境はどうする?

 

イングリッシュデージは、日当たりの良い場所で育てましょう。

また、イングリッシュデージは常緑多年草です。

 

しかし、高温多湿を嫌う植物なので、日本では夏越できないことが多く、一年草と思って育てた方が良いでしょう。

 

寒さには強い植物なので、日本の中間地までは霜よけは不要です。

寒い地域では、運が良ければ毎年花を付けてくれるでしょう。

 

次は、イングリッシュデージーに適した用土についてお伝えします!

 

イングリッシュデージーを育てる際の適した用土は何?

 

イングリッシュデージは、強い乾燥と酸性土を嫌います。

そのため、湿り気のある用土を使い、あらかじめ苦土石灰などで中和してから植え付けましょう。

 

用土は、市販の草花用培養土を使っても構いません。

用土を作る場合は、赤玉土6と腐葉土4の割合で混ぜたものを使用しましょう。

 

次は、イングリッシュデージーに必要な肥料についてお伝えします!

 

イングリッシュデージーの育て方!肥料はどうする?

 

イングリッシュデージを地植えする場合は、腐葉土や堆肥を3割ほど混ぜてから植え付けましょう。

 

植え付け後は、地植えでも鉢植えでも1カ月に1回、緩効性肥料を与えるか、2週間に1回、液体肥料を与えましょう。

肥料が足りないと花付きが悪くなるので、開花時期にはきちんと追肥をしてください。

 

では次は、イングリッシュデージーの水やりポイントについてお伝えします!

 

イングリッシュデージーを育てる際の水の量はどうする?

 

イングリッシュデージは、水はけのよい環境を好みます。

 

鉢植えの場合も地植えの場合も、土が乾いてから、たっぷりと水やりをしましょう。

しかし、植え付け後、根付くまで2週間くらいは、毎日水やりをしてあげてくださいね。

 

以上で基本的なイングリッシュデージーの育て方については終わりです。

次はイングリッシュデージーの写真をお見せします!

 

イングリッシュデージーの画像(写真)!特徴は?

 

 

イングリッシュデージの花は、一重の白い花です。

しかし、低温気には赤紫やピンクが混ざることがあります。

 

株は小さなロゼット型で、他のデージーよりも小さなへら状の葉を多く付けます。

花の大きさは3cmほどで、株幅は約10㎝~25㎝、草丈は約10㎝です。

 

他のデージーと比べると、小さくて派手さはありません。

しかし、小ぶりなので場所を選ばず栽培でき、寄せ植えにも向いているのが魅力の一つですね。

 

次に、イングリッシュデージーの開花時期をお伝えします!

 

イングリッシュデージーの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

イングリッシュデージの開花時期は、2月~4月頃です。

日差しに反応して花が開く特性があるので、遅いと3月からの開花になるようです。

 

次は、イングリッシュデージーの苗の植え付けのやり方をお伝えします!

 

イングリッシュデージーの苗の植え付けのやり方は?

 

イングリッシュデージーの苗は、11月~3月頃に出回るので、購入したらすぐに植え付けてください。

株間は15㎝~20㎝くらいで良いでしょう。

 

鉢植えの場合は、横幅60㎝のプランターで3~4株を目安に植えましょう。

 

植え付け方は、土に穴を掘り、根鉢ごと入れて土を被せるだけです。

そこまで難しいことはなく、ごく普通に植え付ければ十分に育ちます。

 

植え付けたら、水をたっぷりあげてくださいね。

 

それでは次に、イングリッシュデージーはこぼれ種でも増えるのかをお伝えします!

 

イングリッシュデージーはこぼれ種でも増えるの?

 

 

イングリッシュデージーは、こぼれ種でも増えます。

 

しかし、こぼれ種で増えるのはカナダやアメリカなどの夏が暑くない地域のみです。

そのような地域では、こぼれ種で増えすぎるため、州によっては侵略種に指定されているそうです。

 

高温多湿な時期の長い日本では、こぼれ種で増えることは稀ですが、日陰の縁の下などにこぼれ種で増えているケースもあるようです。

 

次は、イングリッシュデージーの種の販売価格をお伝えします!

 

イングリッシュデージーの種の販売価格はどれくらいなの?

 

イングリッシュデージーの種は、約170円ほどで売られています。

輸入物の種だと600円~700円ほどしますが、日本産の安い種で十分育つでしょう。

最後に、イングリッシュデージーの花言葉をお伝えします!

 

イングリッシュデージーの花言葉はなに?

 

イングリッシュデージーの花言葉は、「無邪気」です。

デージーは、花色によって花言葉が付いているようです。

 

白い花のイングリッシュデージーは、その小さな花姿から少女のようなイメージで「無邪気」という花言葉が付けられたそうです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

イングリッシュデージーのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①イングリッシュデージーの育て方(環境、土、肥料、水やり)

イングリッシュデージは、日当たりの良い場所で育てましょう。

湿り気のある腐葉土などを混ぜた用土を好み、酸性の土は嫌います。

肥料は、植え付け後に1カ月に1回、緩効性肥料を与え、水やりは土が乾いてから行いましょう。

 

②イングリッシュデージーの画像(写真)!特徴は?

イングリッシュデージの花は、一重の白い花です。

株は小さなロゼット型で、他のデージーよりも小さなへら状の葉を多く付けます。

花の大きさは3cmほどで、株幅は約10㎝~25㎝、草丈は約10㎝です。

 

③イングリッシュデージーの開花時期や季節はいつ頃なの?

イングリッシュデージの開花時期は、2月~4月頃です。

 

④イングリッシュデージーの苗の植え付けのやり方は?

イングリッシュデージーの苗は、購入したらすぐに植え付けましょう。

株間は15㎝~20㎝くらいにし、プランターなら横幅60㎝の物で3~4株を目安に植え付けてください。

植え付け方は穴を掘り、根鉢ごと入れて土を被せるだけです。

 

⑤イングリッシュデージーはこぼれ種でも増えるの?

イングリッシュデージーは、こぼれ種でも増えます。

しかし、こぼれ種で増えるのはカナダやアメリカなどの夏が暑くない地域のみです。

日本では、こぼれ種で増えることは稀だと思って良いでしょう。

 

⑥イングリッシュデージーの種の販売価格はどれくらいなの?

イングリッシュデージーの種は、約170円ほどで売られています。

 

⑦イングリッシュデージーの花言葉はなに?

イングリッシュデージーの花言葉は、「無邪気」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)