【ミゾソバのまとめ!】育て方や花言葉等7個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

 

今回は、ミゾソバについてまとめていきたいと思います。

 

その見た目から牛の額という別名を持つ植物で用水路脇等に生える雑草です。

名前の由来は蕎麦に似ていることから来ています。

 

今回は、ミゾソバについてのポイント、

①ミゾソバの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミゾソバの花の画像(写真)!薬効はなに?
③ミゾソバの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミゾソバの鉢植え(プランター)や地植え(花壇)で育てる際のポイントは?
⑤ミゾソバに似た花はなにがあるの?
⑥ミゾソバの花言葉はなに?季語はあるの?
⑦ミゾソバの種類や品種は何があるの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはミゾソバの育て方からお伝えします!

 

ミゾソバの育て方は?

 

ミゾソバを育てる際には、日に当たる環境で育ててあげましょう。

 

元が雑草のため非常に生命力が強く観賞用で育てるのであれば肥料の調節等が必要です。

簡単に育てることができるので初心者も手の出しやすい植物ですね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミゾソバが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミゾソバの育て方!環境はどうする?

 

上の項で言っている通り日当たりのいい環境を好みます。

 

用水路脇や稲作地帯で見られる植物なので水が豊かな環境を好みます。

なるべく乾燥させず安定して水が供給される環境を好むでしょう。

 

次は、ミゾソバに適した用土についてお伝えします!

 

ミゾソバを育てる際の適した用土は何?

 

ミゾソバは丈夫な植物です。

 

用土は特に選ばないで大丈夫です。

水はけが良く、土壌に十分な栄養が行き届いていればぐんぐん育つでしょう!

 

次は、ミゾソバに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミゾソバの育て方!肥料はどうする?

 

ミゾソバは稲作地帯を好むことから分かる通り栄養価の高い土壌を好みます。

 

しかし、雑草ですから追肥等は必要ないと考えて問題ないでしょう。

植える前に堆肥で土壌を肥やしてミゾソバが育ちやすい環境を整えてあげましょう!

 

では次は、ミゾソバの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミゾソバを育てる際の水の量はどうする?

 

ミゾソバは栄養価の高い土壌の他に灌水を好みます。

 

用水路脇を好むのはこのためです。

乾燥を避け、定期的に水をあげるようにしたいですね!

 

庭植えであったら晴れ間が続いたとき、鉢植えであったら表土が乾燥した時にあげるようにしましょう。

夏であったら早朝か夕方、冬であったら日中、水温が極端に上がったり下がったりする時間帯を避けて水やりは行ってくださいね!

 

以上で基本的なミゾソバの育て方については終わりです。

 

次はミゾソバの写真をお見せします!

スポンサーリンク

 

ミゾソバの花の画像(写真)!薬効はなに?

 

 

こちらがミゾソバです!

 

ミゾソバはタデ科タデ属に属する植物です。

 

花が咲いている様子から牛の額という別名がついていますがどうも昔の人の感性には追い付けないですね…

根本で枝分かれして勢力を伸ばし群生する植物です。

 

ミゾソバには薬草としての側面があり古くは新選組の副隊長土方歳三の生家が作っていた石田散薬という薬の原料とされていました。

この薬は打ち身、切り傷、捻挫や打撲と多様な効能が期待されていたそうですよ!

 

現在では石田散薬の効果は眉唾ですがルチン、グロブリン、ビタミンが豊富に含まれており高血圧、肥満、リウマチに効くとされています。

 

開花前の葉や茎に栄養が多いとされ、調理して食べるも良し、乾燥させて茶にするも良しと万能な植物です。

ミゾソバの佃煮、一度ご賞味あれ!

 

次に、ミゾソバの開花時期についてお伝えします!

 

ミゾソバの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミゾソバの開花時期は7月から10月です!

 

茎の先に花径5㎜程の花を10個ほど付けます。

 

よく見ると花ですが写真で見ると肉厚な葉が密集しているようにも見えますよね!

花弁の先は紅紫色、根本に行くにしたがって白色になるグラデーションが綺麗な花です。

 

次に、ミゾソバの鉢植え(プランター)や地植え(花壇)で育てる際のポイントをお伝えします!

 

ミゾソバの鉢植え(プランター)や地植え(花壇)で育てる際のポイントは?

 

ミゾソバは基本的に鉢植え、地植え共に手間のかからない植物です!

 

しかしその生命力、繁殖力の強さゆえ庭で植える際には他の植物に干渉しないように注意が必要でしょう。

元が群生する植物ですからこまめに切ったりして一定の範囲から出さないようにする工夫が必要です。

 

鉢植えの場合にも同様ですが他の植物のことを考えなくても良くなるので肥料の量を調節すれば育ちすぎず観賞用にできるでしょう。

そういった意味では地植えよりも鉢植えの方が向いているとも言えますね!

 

次に、ミゾソバに似た花についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミゾソバに似た花はなにがあるの?

 

ミゾソバはタデ属の他イヌタデ属にも即する説がある植物です。

そのため多くのタデ属、イヌタデ属の植物と似ています。

 

 

そのなかでも花の形、色ではこの「ママコノシリヌグイ」という植物によく似ています。

その他「アキノウナギツカミ」にもよく似ていますね。

 

これらは名前にも特徴があり面白いですね!

 

次に、ミゾソバの花言葉、季語についてお伝えします!

 

ミゾソバの花言葉はなに?季語はあるの?

 

ミゾソバの花言葉は「純情」「風変り」です。

 

ここでは「純情」の方をピックアップしますがこれは花の色から来ているようですね!

先端の紅紫色が頬を赤らめる初心な少女のように見えることが花言葉の由来になっているようです。

 

なんだかロマンチックな花言葉ですね!

 

季語ですがミゾソバは11月の誕生花です。

しかし開花期は7~10月ですから何に対しての季語として使うかを分ける必要がありそうですね!

 

次に、ミゾソバの種類や品種についてお伝えします!

 

ミゾソバの種類や品種は何があるの?

 

ミゾソバにはいくつかの品種があります。

 

「オオミゾソバ」「シロバナミゾソバ」「ヤマミゾソバ」「ヒカゲミゾソバ」がそれらに当たりますね!

 

シロバナミゾソバは名前の通り先端から根本まで白い花をつけるミゾソバです。

原種から枝分かれした品種は特徴をとらえやすい名前がついていて面白いですよね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

ミゾソバのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミゾソバの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミゾソバは灌水や栄養価の高い土壌といった環境を好む植物です。

肥料は前肥として堆肥を混ぜる程度で十分、用土も選ぶ必要が無く簡単です。

水やりは乾燥しないように季節ごとであげるタイミングを変えてあげましょう!


②ミゾソバの花の画像(写真)!薬効はなに?

金平糖のように10個程花をつけ先端は紅紫色、根本に行くにしたがって白くなります。

高血圧、肥満、リウマチに効果があると言われています!


③ミゾソバの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミゾソバの開花時期は7月~10月!


④ミゾソバの鉢植え(プランター)や地植え(花壇)で育てる際のポイントは?

庭に植えるなら他の植物への影響が最重要懸念事項でしょう!

鉢植えに適した植物とも言えます!


⑤ミゾソバに似た花はなにがあるの?

「ママコノシリヌグイ」や「アキノウナギツカミ」によく似ています!


⑥ミゾソバの花言葉はなに?季語はあるの?

花言葉は「純情」「風変り」!11月の誕生花です!


⑦ミゾソバの種類や品種は何があるの?

「オオミゾソバ」「シロバナミゾソバ」「ヤマミゾソバ」「ヒカゲミゾソバ」などがあります!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)