サンビタリア(ジャノメギク)の育て方!寄せ植えや花言葉等5つのポイント!






サンビタリアは、メキシコのグアテマラが原産の植物です。

日本には、明治時代に渡来しました。

 

 

和名は、ジャノメギクです。

今回は、サンビタリアで統一してお伝えしますね。

 

キク科の黄色い花を群生で咲かせます。

群生で育ちますが、過湿に弱いため、分けて育てたほうが病気になりにくいです。

 

今回はサンビタリアについてのポイント、

①サンビタリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サンビタリアは多年草なの?
③サンビタリア寄せ植えポイントは?
④サンビタリアの販売価格は?
⑤サンビタリアの花言葉は?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはサンビタリアの育て方からお伝えします!

 

サンビタリア(ジャノメギク)の育て方は?

 

草丈が15cmほどで開花時期が長いサンビタリア。

 

そのため、鉢植えや花壇で育てられる以外にも、グラウンドカバーとしても育てられます。

ただ、グラウンドカバーとしておくためには、株の部分が過湿にならないように切り戻しが必要不可欠になります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サンビタリアが好む環境についてお伝えします!

 

サンビタリア(ジャノメギク)の育て方!環境はどうする?

 

鉢植えで育てる場合は、日当たりのよい場所で育てます。

 

 

日当たりが悪いと、徒長(とちょう)してしまいます。

徒長とは、茎がかなり伸びてしまう事です。

 

また、見た目もかなり悪くなってしまいます。

 

また、一週間ずっと雨が当たるような環境だと根が腐ってしまうかもしれないので、すぐに移動できるようにしておくのもポイントの一つです。

花壇や地植えで育てる場合には、日当たりが良く、水はけのよい場所に植えましょう。

 

次は、サンビタリアに適した用土についてお伝えします!

 

サンビタリア(ジャノメギク)を育てる際の適した用土は何?

 

サンビタリアを育てる際は、弱アルカリ性の用土を使用します。

用土は、赤玉土:腐葉土:ピートモス=5:3:2になるように配合しましょう。

 

赤玉土は、中粒と書かれたものを使用しましょう。

 

また、この際苦土石灰も混ぜましょう。

この石灰を混ぜることによってアルカリ性にさせます。

またサンビタリアは、水はけのよい土を好みます。

なので、軽石か川砂を少し混ぜておきましょう。

 

次は、サンビタリアに必要な肥料についてお伝えします!

 

サンビタリア(ジャノメギク)の育て方!肥料はどうする?

 

サンビタリアの開花時期に合わせて、緩効性化成肥料を与えましょう。

また、根元に液体肥料を与えておくとより一層大きく綺麗な花を咲かせますよ。

 

液体肥料は、開花時期に与えます。

10日に1回ほど与えるのがベストです。

次は、サンビタリアの種まきのポイントについてお伝えします。

 

サンビタリア(ジャノメギク)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

種まきは、3月に行います。

種まきをする際のポイントですが、種と種を蒔く間隔を20cmほどあけましょう。

 

 

サンビタリアは、地を這うように育つため、適度に間隔を開けたほうがよく育ちます。

また、根詰まり対策にもなりますよ。

 

苗を植え付ける場合には、梅雨前の4月から6月、または9月に行います。

ただし、9月に植える際には、暑くない日にしましょうね。

 

暑い日に植えてしまうと、すぐに枯れてしまう原因になります。

 

では次は、サンビタリアの水やりポイントについてお伝えします!

 

サンビタリアを育てる際の水の量はどうする?

 

鉢植えで育てる場合には、用土の表面が乾いてきたなと思ったら水をあげるようにしましょう。

地植えで育てる場合も同じです。

 

葉が萎れてきている場合には、水が足りていない事が多いです。

その場合には、しっかりと水をあげましょう。

 

ただし、サンビタリアは、高温多湿が苦手なので、水の与えすぎは要注意です!

 

以上で基本的なサンビタリアの育て方については終わりです。

次はサンビタリアは多年草なのかについてお伝えします!

 

サンビタリアは多年草なの?

 

 

サンビタリアは、多年草と言って、複数年生存する植物です。

また、サンビタリアは、多年草でありながら一年草であるため、冬を除く1年中花を咲かせます。

 

具体的には、5月から11月が開花時期となります。

この際に、ダールベルグデージーのような黄色い花を多く咲かせます。

 

ただ、耐寒性と耐暑性のどちらも持ち合わせていないため、人の助けが必要となります。

また、雪が被さってしまうと死んでしまうので冬場も注意しましょう。

 

次は、サンビタリアの寄せ植えの際のポイントについてお伝えします!

 

サンビタリア寄せ植えポイントは?

 

サンビタリアは、寄せ植えで育てにくい植物となっています。

 

 

なぜなら、過湿に弱いため寄せ植えのようにごちゃごちゃした環境が嫌いだからです。

また、できれば1本1本育てるのがベストです。

 

ただ、種まきから育てる場合には、この対策ができるのでぜひ種まきから育てましょう。

 

次は、サンビタリアの販売価格をお伝えしますね。

 

サンビタリアの販売価格は?

 

サンビタリアは、1000円もあれば購入できます。

 

ほんの少しだけ黄色でも違う黄色の種類があるのでそれらを購入して育てるのもアリですね。

 

最後に、サンビタリアの花言葉をお伝えします!

 

サンビタリアの花言葉は?

 

 

サンビタリアの花言葉は、「私を見つめて」と「愛の始まり」と「切なる喜び」です。

 

3つもあります。

 

密かに好意を寄せている男性がいるのであれば、その方に送ってみるのもいいかもしれませんね。

また、9月21日の誕生花でもあります。

 

9月21日が誕生日の家族や友人がいたら送ってもいいですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

  • オススメ記事

ミニヒマワリの育て方等はこちらをご覧下さい。

キバナコスモスの育て方等はこちらをご覧ください。

オミナエシの育て方等はこちらをご覧ください。

 

サンビタリアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①サンビタリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのよい場所で育てる。

土は、弱アルカリ性になるようにする。

 

②サンビタリアは多年草なの?

多年草であり、一年草である。

かなり長い期間花を咲かせるため、グラウンドカバーとしても育てられる。

 

③サンビタリア寄せ植えポイントは?

寄せ植えにはあまり向かない。

ただし、対策方法はあり。

 

④サンビタリアの販売価格は?

1000円もあれば種は購入できる。

 

⑤サンビタリアの花言葉は?

サンビタリアの花言葉は、「私を見つめて」と「愛の始まり」と「切なる喜び」。

また、9月21日の誕生花でもある。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)