【トリトニアのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、トリトニアについてまとめていきたいと思います。

 

トリトニアはアヤメ科の植物で、南アフリカ原産の植物です。

名前は、雄しべが色々な方向を向く様子から、ラテン語で風向きを意味する「triton」に因んで付けられたようです。

 

学名は「Tritonia 」といいます。

 

今回は、トリトニアについてのポイント、

①トリトニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②トリトニアの画像(写真)!特徴は?球根や花はどんな感じ?
③トリトニアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④トリトニアの花言葉はなに?
⑤トリトニアの種類や品種は何があるの?クリスパやラクシフォリアなど

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはトリトニアの育て方からお伝えします!

 

トリトニアの育て方は?

 

トリトニアの生育時期は冬ですが、霜に当たると枯れてしまうため、屋根下や室内で管理します。

※冬の時期に十分に日光に当てないと春の開花が少なくなってしまうため、出来る限り日の当たる場所が好ましい。

 

夏場は休眠する球根植物のため、鉢植えの場合は雨の当たらない所で休ませます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、トリトニアが好む環境についてお伝えします!

 

トリトニアの育て方!環境はどうする?

 

トリトニアを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します

 

花が咲き終わった花茎は、球根の肥大の原因となるため早めに切り落とします。

霜の降りる地域では、霜除けをします。

 

次は、トリトニアに適した用土についてお伝えします!

 

トリトニアを育てる際の適した用土は何?

 

トリトニアは水はけの良い用土を好みます。

 

鉢植えの場合は、市販の培養土もしくは赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものを使います。

庭植えの場合、植え付け前に石灰を撒き水はけを良くし、腐葉土を混ぜ込みます。

 

次は、トリトニアに必要な肥料についてお伝えします!

 

トリトニアの育て方!肥料はどうする?

 

トリトニアを育てる際は、植付け時に緩効性の肥料を与えます。

新芽が出てからは、1000倍に希釈した液肥を2週間に1回程度与えます。

 

では次は、トリトニアの水やりポイントについてお伝えします!

 

トリトニアを育てる際の水の量はどうする?

 

トリトニアを育てる際は、表面の土が乾いたら多めの水を与えます。

 

灰色のカビ病予防のため、葉や花に直接かからないように注意が必要です。

休眠に入ったら水は与えずに乾燥させます。

 

以上で基本的なトリトニアの育て方については終わりです。

次はトリトニアの写真をお見せします!

 

トリトニアの画像(写真)!特徴は?球根や花はどんな感じ?

 

 

トリトニアは、円錐状の花を咲かせ、花弁は6枚で中央には3本の雄しべと雌しべを持ちます。

 

球根はとても小さく、2cm~3cmほどの大きさですが、繁殖力が旺盛で自然に増えるため、開花後は掘り上げて株を分けます。

葉は緑色で剣のように尖っているのが特徴です。

 

草丈は20~50cmになります。

 

次に、トリトニアの開花時期をお伝えします!

 

トリトニアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

トリトニアの開花時期は、春(4~5月)です。

花径は3~4cmほどで、花色は橙、黄、白、ピンクなどがあります。

 

次は、トリトニアの花言葉をお伝えします!

 

トリトニアの花言葉はなに?

 

トリトニアの花言葉は、「そんなに熱くならないで」、「熱烈だが心配」です。

 

花言葉”そんなに熱くならないで”は、花が咲かせるのが早く、花茎に重なり合って咲く花の印象が由来となっているようです。

花言葉”熱烈だが心配”は、細い花茎が折れそうなくらいにびっしりと咲く花の様子が由来となっているようです。

 

それでは最後に、トリトニアの種類や品種をお伝えします!

 

トリトニアの種類や品種は何があるの?クリスパやラクシフォリアなど

 

トリトニアの品種には「クロカタ」、「ラクシフォリア」、「クリスパ」などがあります。

 

”クロカタ”は、赤色やピンク色の花を咲かせる品種です。

”ラクシフォリア”は、オレンジ色の花を咲かせる品種です。

”クリスパ”は、ダークパープルの花を咲かせる品種です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

トリトニアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①トリトニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

トリトニアを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを好みます。

鉢植えの場合は市販の培養土を、庭植の場合は石灰を混ぜ込み、水はけを良くするのがオススメです。

育てる際の肥料は、植付け時に緩効性の肥料を与え、発芽してからは2週間1度くらいの頻度で、1000倍に希釈した液肥を与えます。

育てる際の水やりは、表面の土が乾いたら多めの水を与えます。

 

②トリトニアの画像(写真)!特徴は?球根や花はどんな感じ?

トリトニアは、円錐状の花を咲かせ、花弁は6枚で中央には3本の雄しべと雌しべを持ちます。

球根はとても小さく、2cm~3cmほどの大きさですが、繁殖力が旺盛で自然に増えるため、開花後は掘り上げて株を分けます。

 

③トリトニアの開花時期や季節はいつ頃なの?

トリトニアの開花時期は、春(4~5月)です。

 

④トリトニアの花言葉はなに?

トリトニアの花言葉は、「そんなに熱くならないで」、「熱烈だが心配」です。

 

⑤トリトニアの種類や品種は何があるの?クリスパやラクシフォリアなど

トリトニアの品種には「クロカタ」、「ラクシフォリア」、「クリスパ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)