マックスマムの育て方!増やし方や花言葉など10個のポイント!








シンプルで端正な花を咲かせるマックスマム。

 

 

キク科アルギランセマム属の植物です。

比較的育てやすく、初めて植物を育てる方にもオススメの花です。

 

そんなマックスマムの詳しい育て方やトラブルとその対策について紹介しています。

ぜひ最後までチェックしていってくださいね。

 

今回はマックスマムについてのポイント、

①マックスマムの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②マックスマムを地植えで育てるポイントは?
③マックスマムの切り戻しのポイントは?
④マックスマムの植え替えのやり方は?
⑤マックスマムの寄せ植えのポイントは?
⑥マックスマムの枯れた原因と対策方法は?
⑦マックスマムの冬越しはどうする?
⑧マックスマムの増やし方は?
⑨マックスマムの挿し木のポイントは?
⑩マックスマムの花言葉はなに?

 

以上の10個についてお伝えします。

まずはマックスマムの育て方からお伝えします!

 

マックスマムの育て方は?

 

マックスマムは秋に植える植物です。

夏に植えてしまうと、暑さで枯れてしまうので注意が必要です。

 

また、生育のスピードは速いため、育てがいがあるでしょう。

ガーデニング初心者の方にもオススメです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、マックスマムが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マックスマムの育て方!環境はどうする?

 

マックスマムは日当たりのいい場所が適しています。

 

 

ただし、暑さには弱いので注意が必要です。

ですので、夏には日陰や室内へと移動させましょう。

 

冬にも、冬越しの対策が必要です。

 

次は、マックスマムに適した用土についてお伝えします!

 

マックスマムを育てる際の適した用土は何?

 

マックスマムは市販の土で育てることができます。

一般的な花や野菜の培養土がよいでしょう。

自分で作る場合には、赤玉土を6、腐葉土を4の割合で混ぜてください。

 

次は、マックスマムに必要な肥料についてお伝えします!

 

マックスマムの育て方!肥料はどうする?

 

マックスマムの生育期間に肥料を与えます。

 

生育期間は4~9月の間です。

この期間に、2週間に1度の頻度で肥料を与えましょう。

 

種類は液体肥料がオススメです。

次は、マックスマムの水やりポイントについてお伝えします!

 

マックスマムを育てる際の水の量はどうする?

 

マックスマムは乾燥気味に育てましょう。

 

 

水を与えすぎてしまうと根腐れを起こしてしまうので、注意してください。

土が乾燥しているのを確認してから、水をたっぷりと与えます。

 

冬などの土が乾燥しにくい時期には水やりの頻度を減らしてくださいね。

 

以上で基本的なマックスマムの育て方については終わりです。

次は、マックスマムの地植えについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マックスマムを地植えで育てるポイントは?

 

マックスマムは暑さや寒さに弱い品種です。

ですので、長く育てたい場合には地植えはオススメできません。

 

また、多湿にも弱いため、梅雨には注意が必要です。

植え付ける場合には、半日陰となる場所がよいでしょう。

 

次は、マックスマムの切り戻しについてお伝えします!

 

マックスマムの切り戻しのポイントは?

 

マックスマムは春~初夏に切り戻しを行います。

 

 

花が一通り咲き終えたら、行いましょう。

具体的には、花が咲いている部分から4節ほど切り戻していきます。

思い切って切り戻していきましょう。

 

次は、マックスマムの植え替えについてお伝えします!

 

マックスマムの植え替えのやり方は?

 

マックスマムは春に植え替えを行いましょう。

 

頻度としては、年に1度がオススメです。

 

植え替えをすることで根詰まりを防ぐことができます。

根が詰まってしまうと、最悪の場合、枯れてしまうので注意してくださいね。

 

次は、マックスマムの寄せ植えについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マックスマムの寄せ植えのポイントは?

 

マックスマムはシンプルな花なので、野趣に富んでいます。

ですので、あまり派手ではない植物同士で植えるとまとまりがあってよいでしょう。

 

寄せ植えをするときのポイントは、生育環境が似ている植物同士を植えることです。

そうすることで、長く寄せ植えを楽しむことができます。

 

具体的には、ビーダンスやコロロ、タピアンという種類の植物と寄せ植えにして育てられることが多いようです。

 

次は、マックスマムの枯れた原因と対策についてお伝えします!

 

マックスマムの枯れた原因と対策方法は?

 

マックスマムは暑さや寒さに弱い植物です。

ですので、夏や冬には対策をせずにいると枯れてしまうこともあるでしょう。

 

寒冷地以外の場所では、夏には室内や日陰に移動させましょう。

冬に枯れさせない対策については次で紹介します。

 

次は、マックスマムの冬越しについてお伝えします!

 

マックスマムの冬越しはどうする?

 

マックスマムの耐寒温度は−5℃です。

 

 

霜に当たると枯れてしまうので注意が必要です。

寒くなる前に、室内へと移動させましょう。

室内の日の当たる場所で管理すると、冬越ししてくれます。

 

次は、マックスマムの増やし方についてお伝えします!

 

マックスマムの増やし方は?

 

マックスマムの増やし方には、挿し木があります。

 

簡単に増やすことができますので、ぜひ挑戦してみてください。

たくさんのマックスマムが咲き誇る姿は非常に見ごたえがあります。

 

詳しいやり方については次で紹介していきます。

 

次は、マックスマムの挿し木についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マックスマムの挿し木のポイントは?

 

マックスマムの挿し木は5~6月と9~10月が適期です。

 

まず、芽の先の部分を切り取っていきます。

このとき、7cmほどの長さで切るとよいでしょう。

そして、挿し木用の土へと挿せば完了です。

次は、マックスマムの花言葉についてお伝えします!

 

マックスマムの花言葉はなに?

 

マックスマムの花言葉には「秘めた愛」「誠実」「恋占い」などがあります。

 

 

マーガレットの品種であるマックスマムは、花占いに使われることもあります。

そのため「恋占い」という花言葉がついたといわれています。

 

また、マックスマムは9月3日の誕生花です。

 

  • オススメ記事

ハナカンザシの育て方等はこちらをご覧下さい。

ライラックの育て方等はこちらをご覧ください。

ヤグルマギクの育て方等はこちらをご覧ください。

 

マックスマムのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①マックスマムの育て方(環境、土、肥料、水やり)

環境は、日当たりのいい場所が適しています。

土は、一般的な花や野菜の培養土がよいでしょう。

肥料は、4~9月に2週間に1度、液体肥料を与えましょう。

水は、土が乾燥しているのを確認してからたっぷりと与えます。

 

②マックスマムを地植えで育てるポイントは?

マックスマムは暑さや寒さに弱い品種です。

ですので、長く育てたい場合には地植えはオススメできません。

 

③マックスマムの切り戻しのポイントは?

マックスマムは春~初夏に切り戻しを行います。

具体的には、花が咲いている部分から4節ほど切り戻していきます。

 

④マックスマムの植え替えのやり方は?

マックスマムは春に植え替えを行いましょう。

頻度としては、年に1度がオススメです。

 

⑤マックスマムの寄せ植えのポイントは?

マックスマムはシンプルな花なので、野趣に富んでいます。

ですので、あまり派手ではない植物同士で植えるとまとまりがあってよいでしょう。

 

⑥マックスマムの枯れた原因と対策方法は?

マックスマムは暑さや寒さに弱い植物です。

ですので、夏や冬には対策をせずにいると枯れてしまうこともあるでしょう。

夏には室内や日陰に移動させましょう。

 

⑦マックスマムの冬越しはどうする?

室内の日の当たる場所で管理すると、冬越ししてくれます。

 

⑧マックスマムの増やし方は?

マックスマムの増やし方には、挿し木があります。

 

⑨マックスマムの挿し木のポイントは?

芽の先の部分を切り取っていきます。

このとき、7cmほどの長さで切るとよいでしょう。

そして、挿し木用の土へと挿せば完了です。

 

⑩マックスマムの花言葉はなに?

マックスマムの花言葉には「秘めた愛」「誠実」「恋占い」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)