【八重クチナシ(ヤエクチナシ)のまとめ!】育て方や販売価格等4個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤエクチナシについてまとめていきたいと思います。

 

ヤエクチナシは、アカネ科クチナシ属の常緑低木で、クチナシの八重咲種です。

寒さに弱い植物のため、日本では東北南部以南の地域で栽培されています。

【クチナシのまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等17個のポイント!

 

学名は「Gardenia jasminoides var. ovalifolia 」です。

 

今回は、ヤエクチナシについてのポイント、

①ヤエクチナシの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤエクチナシの画像(写真)!実の特徴は?
③ヤエクチナシの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヤエクチナシの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはヤエクチナシの育て方からお伝えします!

 

ヤエクチナシの育て方は?

 

ヤエクチナシは、種や苗から育てることができます。

寒冷地での地植えは難しいですが、鉢植えで寒い時期は部屋で育てるなどの工夫をすれば大丈夫でしょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤエクチナシが好む環境についてお伝えします!

 

ヤエクチナシの育て方!環境はどうする?

 

ヤエクチナシは、半日陰や日向で育てるのが適しています。

日陰でも育てることはできますが、花つきが悪くなります。

 

次は、ヤエクチナシに適した用土についてお伝えします!

 

ヤエクチナシを育てる際の適した用土は何?

 

ヤエクチナシは、湿り気のある用土が適しています。

黒土と腐葉土を混ぜた保湿性のある用土を好みます。乾燥した土地は適していません。

 

次は、ヤエクチナシに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤエクチナシの育て方!肥料はどうする?

 

ヤエクチナシの肥料は、開花後にお礼肥として油かすを与えるのがよいでしょう。

 

では次は、ヤエクチナシの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤエクチナシを育てる際の水の量はどうする?

 

ヤエクチナシは乾燥に弱い植物です。

地植え、鉢植えともに水やりは忘れずに行いましょう。

 

以上で基本的なヤエクチナシの育て方については終わりです。

次はヤエクチナシの写真をお見せします!

 

ヤエクチナシの画像(写真)!実の特徴は?

 

 

ヤエクチナシは樹木の高さは1~2m程度になります。

 

花は白色で、大きさは通常5~7㎝程度ですが、品種によっては10㎝以上の大きさになる大輪咲のものもあります。

ヤエクチナシは11月~2月に黄色や橙色の実を付けます。

 

次に、ヤエクチナシの開花時期をお伝えします!

 

ヤエクチナシの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヤエクチナシの開花時期は6月~8月頃です。

 

それでは最後に、ヤエクチナシの値段や販売価格をお伝えします!

 

ヤエクチナシの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ヤエクチナシは5号ポットサイズの苗で¥1,000~¥1,500程度で販売されています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヤエクチナシのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤエクチナシの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヤエクチナシは半日陰で育てるのが最適です。

ヤエクチナシは乾燥を嫌うので湿り気のある用土で育てましょう。

ヤエクチナシの肥料は開花後にお礼肥として油かすを与えるのが良いでしょう。

ヤエクチナシは乾燥を嫌うので水やりは忘れずに行いましょう。

 

②ヤエクチナシの画像(写真)!実の特徴は?

ヤエクチナシは樹高1~2m、5~7㎝の白い花を咲かせます。

秋から冬にかけて黄色や橙色の実をつけます。

 

③ヤエクチナシの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヤエクチナシの開花時期は6月~8月、実を付けるのは11月~2月頃です。

 

④ヤエクチナシの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ヤエクチナシは5号ポットサイズの苗で¥1,000~¥1,500程度で販売されています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)