イブキジャコウソウの育て方!増やし方や花言葉など7個のポイント!








淡い色合いの小さな花を一面に咲かせるイブキジャコウソウ。

 

 

シソ科イブキジャコウソウ属、日本でも各地で分布する小低木です。

地面を這うように育つ特徴を持っています。

 

そんなイブキジャコウソウですが、とあることに効能のある植物なんです。

〇〇のときに呑むと効き目があるといわれています。

 

詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今回はイブキジャコウソウについてのポイント、

①イブキジャコウソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②イブキジャコウソウの苗の植え付けポイントは?
③イブキジャコウソウの冬越しはどうするの?
④イブキジャコウソウの増やし方は?
⑤イブキジャコウソウの効能はどんなかんじ?
⑥イブキジャコウソウの販売価格はいくらぐらい?
⑦イブキジャコウソウの花言葉はなに?

 

以上の7個についてお伝えします。

まずはイブキジャコウソウの育て方からお伝えします!

 

イブキジャコウソウの育て方は?

 

イブキジャコウソウを育てる上で注意すべきポイントは、日当たりと水やりです。

 

それ以外については、特に気にしなくても大丈夫です。

 

比較的丈夫で育てやすく、耐寒性もあるため冬越しも簡単にできます。

 

ガーデニング初心者の方にもオススメの植物です。

ぜひ育ててみてくださいね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、イブキジャコウソウが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

イブキジャコウソウの育て方!環境はどうする?

 

イブキジャコウソウは日当たりのいい場所が適しています。

 

 

日陰では間延びしやすいので、しっかりと日に当てて育てましょう。

 

また、風通しのいい環境を好みます。

地面を這うように育つので、葉が密集しすぎないように注意してください。

 

冬の風を嫌うので、風をよけるように管理しましょう。

 

次は、イブキジャコウソウに適した用土についてお伝えします!

 

イブキジャコウソウを育てる際の適した用土は何?

 

イブキジャコウソウは水はけ、水もちのいい土が適しています。

 

比較的丈夫な植物なので、これさえ守ればあまりこだわる必要はありません。

 

自分で作る場合、鹿沼土を5、赤玉土(小粒)を3、川砂を2の割合で混ぜるとよいでしょう。

水はけが悪いようでしたら、川砂を足すことをオススメします。

次は、イブキジャコウソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

イブキジャコウソウの育て方!肥料はどうする?

 

イブキジャコウソウは春~梅雨と秋~冬にかけて肥料を与えます。

 

 

頻度としては2週間に1度、液体肥料を与えるとよいでしょう。

また、開花後と秋に1度、置き肥をすることをオススメします。

肥料を与えると生長が早くなるので、抑え目に育てたい場合には、肥料を与えないようにします。

 

次は、イブキジャコウソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

イブキジャコウソウを育てる際の水の量はどうする?

 

イブキジャコウソウには、毎日水を与えるようにします。

 

春~秋にかけては朝に与えるとよいでしょう。

 

夏は乾燥しやすいので、夕方以降に水を与えることをオススメします。

冬には、土が乾燥していたら水を与えてください。

 

以上で基本的なイブキジャコウソウの育て方については終わりです。

次はイブキジャコウソウの苗の植え付けについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

イブキジャコウソウの苗の植え付けポイントは?

 

イブキジャコウソウの苗の植え付けは、春か秋に行いましょう。

 

 

イブキジャコウソウは横へと広がるように育ちます。

ですので、平鉢がオススメです。

鉢の中心部分に、盛り上がるように植えこみましょう。

 

次は、イブキジャコウソウの冬越しについてお伝えします!

 

イブキジャコウソウの冬越しはどうするの?

 

イブキジャコウソウは冬の空っ風を嫌う傾向があります。

 

冬の乾燥した風に当たると、傷んでしまうことがあります。

ですので、冬には風をよけるように管理してください。

 

ある程度は耐寒性があるため、特に対策をする必要はありません。

雪が降っても、冬を越してくれます。

 

次は、イブキジャコウソウの増やし方についてお伝えします!

 

イブキジャコウソウの増やし方は?

 

イブキジャコウソウの増やし方には、株分けと挿し木があります。

 

 

株分けは、植え替えと同時に行うとよいでしょう。

具体的には春~秋に行います。

手で割れるようでしたら、そのまま割ってしまいましょう。

 

挿し木は、春~夏に行います。

 

剪定した際に出た枝を目が細かい土へと挿せば完了です。

1ヶ月ほどで発根するので、鉢上げしてください。

次は、イブキジャコウソウの効能についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

イブキジャコウソウの効能はどんなかんじなの?

 

イブキジャコウソウには、発汗作用のある成分が入っています。

ですので、風邪を引いたときに用いるとよいでしょう。

 

具体的には、イブキジャコウソウの乾燥したものを2~3gカップに入れ、熱湯を注いで服用します。

参考にしてみてください。

 

次は、イブキジャコウソウの販売価格についてお伝えします!

 

イブキジャコウソウの販売価格はいくらぐらい?

 

イブキジャコウソウの販売価格は、300~1000円ほどです。

 

ほとんどが、苗ポットでの販売になっています。

場所によってはセットで販売していたり、1年間の枯れ保証などがついています。

 

育てる環境や場所に合わせて検討してみてくださいね。

 

次は、イブキジャコウソウの花言葉についてお伝えします!

 

イブキジャコウソウの花言葉はなに?

 

イブキジャコウソウの花言葉には「潔癖症」などがあります。

 

 

イブキジャコウソウは触るとよい香りを出します。

この性質が由来となっているようです。

 

また、イブキジャコウソウは6月2日の誕生花です。

 

  • オススメ記事

シャクヤクの育て方等はこちらをご覧下さい。

サルビアの育て方等はこちらをご覧ください。

ノボタンの育て方等はこちらをご覧ください。

 

イブキジャコウソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①イブキジャコウソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

環境は、日当たりのいい場所が適しています。

土は、水はけ、水もちのいいものが適しています。

肥料は、春~梅雨と秋~冬にかけて与えます。

頻度としては2週間に1度、液体肥料を与えるとよいでしょう。

水は、毎日与えるようにします。

 

②イブキジャコウソウの苗の植え付けポイントは?

イブキジャコウソウの苗の植え付けは、春か秋に行いましょう。

平鉢がオススメです。

 

③イブキジャコウソウの冬越しはどうするの?

冬には風をよけるように管理してください。

ある程度は耐寒性があるため、特に対策をする必要はありません。

 

④イブキジャコウソウの増やし方は?

イブキジャコウソウの増やし方には、株分けと挿し木があります。

 

⑤イブキジャコウソウの効能はどんなかんじ?

イブキジャコウソウには、発汗作用のある成分が入っています。

風邪を引いたときに用いるとよいでしょう。

 

⑥イブキジャコウソウの販売価格はいくらぐらい?

イブキジャコウソウの販売価格は、300~1000円ほどです。

 

⑦イブキジャコウソウの花言葉はなに?

イブキジャコウソウの花言葉には「潔癖症」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)