サンセベリア(トラノオ)の育て方!株分けの方法や花言葉など6つのポイント!








サンセベリアには、「トラノオ」という和名があるのをご存知ですか?

 

 

葉に入るしま模様が虎の尻尾に似ていることから、その名がついたとされています。

マイナスイオンが出ることで有名にもなりましたよね!

 

また、ご自宅のサンセベリアが元気がない・・・とお悩みではありませんか?

もしかすると「根腐れ」を起こしそうになっているのかもしれませんよ!

 

「根腐れ」を起こす原因は〇〇でした!

この記事を読んで、ご自宅のサンセベリアを確認してみましょう。

 

また、これから育てる方は〇〇に注意して、元気なサンセベリアを育てましょう!

 

今回はサンセベリアについてのポイント、

①サンセベリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サンセベリアが根腐れしてしまう原因は?対策はどうする?
③サンセベリアの水耕栽培の方法とは?
④サンセベリアの増やし方のポイントは?
⑤サンセベリアの開花時期はいつ頃?
⑥サンセベリアの花言葉はなに?

 

以上6つの点についてお伝えしていきたいと思います。

まずはサンセベリアの育て方からお伝えします!

 

サンセベリアの育て方は?

 

丈夫で育てやすいところが人気のサンセベリア。

 

長く付き合っていくためには注意しなければならない点もいくつかあります。

これからお伝えするポイントに注意しながら、サンセベリアとの生活を楽しみましょう!

 

では、最初にサンセベリアの好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サンセベリアの育て方!環境はどうする?

 

サンセベリアはアフリカや南アジアの乾燥が激しい地域の原産です。

 

必ず日当たりのよい明るい場所で育てましょう。

とは言っても、直射日光を浴びると葉が焼けてしまいます。

 

真夏は、窓辺に置いている場合はダイニングテーブルの上などに移動をさせましょう。

 

また、サンセベリア10℃を下回ると休眠期に入り、5℃を下回ると枯れてしまいます。

枯らすことがないよう、冬は必ず日当たりのよい室内で育てましょうね。

 

 

次は、サンセベリアに適した用土についてお伝えします!

 

サンセベリアを育てる際に適した用土は何?

 

サンセベリアは、水はけのよい土であれば特には選びません。

サンセベリア専用の土も売ってありますよ。

 

ご自身で土をブレンドしたい方は、赤玉土:腐葉土:川砂=5:4:1の割合で混ぜたものを使いましょう。

 

川砂は土の水はけをよくする効果があるので、サンセベリアにとって育ちやすい環境を作ってあげることができますよ。

川にわざわざ行くのはめんどくさい。という方はこちらからどうぞ。

 

次は、サンセベリアに必要な肥料についてお伝えします!

 

サンセベリアの育て方!肥料はどうする?

 

サンセベリアへは、5〜9月の生育期に薄めた液体肥料を2〜3週間に一度与えましょう。

肥料を与えることで生育がよくなり、大きく育ちますよ。

では、具体的にどのように水やりをしたらいいのでしょうか?

 

次は、サンセベリアの水やりのポイントについてお伝えします!

 

サンセベリアを育てる際の水の量はどうする?

 

サンセベリアに水を与えるときは、土が乾いていることを必ず確認しましょう。

確認できたら、鉢の下から水が滲み出るくらいたっぷりと与えます。

 

その際、受け皿に溜まった水は必ず捨てようにしましょうね。

 

先にもお伝えしたように、水に浸かったままでは酸素不足で根腐れを起こしてしまいます。

冬は水を与えなくていいですよ。

 

そうすることでサンセベリアが休眠期状態になり、耐寒性が増します。

 

以上で基本的なサンセベリアの育て方については終わりです。

次は、サンセベリアの根腐れしてしまう原因と対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サンセベリアが根腐れしてしまう原因は?対策はどうする?

 

サンセベリアの根腐れの原因は主に、水はけの悪い土に植え、さらに水を与え過ぎてしまうことです。

水はけ悪い土に水を与え過ぎると、土と土の間にある隙間が埋まり、通気性が悪くなります。

 

すると酸素が行き渡らなくなり、根腐れを起こすのです。

根腐れが起きると葉が黄色く変色したり、ひどくなると土の表面に白いカビが生えてくることがあります。

 

対策としては、まずはサンセベリアを土からとりだし、変色した葉を取り除きましょう。

 

そしてその後、腐っている根の部分をハサミなどで切り取って、肥料の入っていない水はけのよい新しい土に植え替えてあげます。

カビが生えてしまっている状態のものは、根全体が腐っている可能性が高いです。

 

その場合、もし元気な葉があればそれを切り取り「葉挿し」で増やすこともできます!

「葉挿し」については後ほど詳しくお伝えしますね。

 

サンセベリアを育てるときには、土の水はけと、水やりがとても重要なポイントですよ!

 

加湿を嫌うサンセベリアですが、実は、水耕栽培ができてしまうんです!

次は、サンセベリアの水耕栽培の方法についてお伝えします!

 

サンセベリアの水栽培の方法は?

 

水栽培をするならば、水の入ったグラスや容器にサンセベリアをさしましょう。

 

このとき、根は水から1cm程度出すようにしましょう。

水は土と違い隙間がないので、根が全て水に浸かってしまうと呼吸ができなくなります!

 

水換えは、2~3日に一度はするようにしましょうね。

流れない水は菌が繁殖しやすく、根が傷んでしまいますよ。

 

次は、サンセベリアの増やし方についてお伝えします!

 

サンセベリアの増やし方のポイントは?

 

サンセベリアの増やし方には、「株分け」と「葉挿し」があります。

 

サンセベリアは生育がよく鉢の中で根詰まりを起こしやすいです。

2年に一度は植え替えをした方が良いのですが、そのタイミングでどちらかの方法で増やしてあげるといいですね。

 

サンセベリアを増やす適切な時期は、4~9月の間です。

気温が20℃以上あって、サンセベリアが元気なときに行いましょう。

 

株分けする場合は、元々ある株から出てきた子株をハサミなどで切り分け、切り口を半日ほど乾燥させます。

切り口が乾燥したら、用意しておいた新しい鉢に網と鉢底石を敷き、そこに水はけよい土を半分ほど入れ、サンセベリアを植え付けます。

 

このとき、土も新しいものを用意するようにしてくださいね。

 

葉挿しの場合は、長く伸びたサンセベリアの葉を切り取り、それを10cmくらいの幅に切り分けます。

切り取った葉の切り口も、半日ほど置いてしっかり乾燥させましょう。

 

後は株分けと同様に新しい鉢と土を用意し、そこに半分ほど土を入れ、サンセベリアの葉をさします。

 

葉は、根に近かった方を土にさすので、上下がわかるよう水性ペンなどで印をつけておくとよいですよ。

葉挿し後は明るい日陰で休ませます。

 

葉の下側から根が出てきたら、水をたっぷり与えてくださいね。

 

さて、葉を鑑賞して楽しむサンセベリアですが、花も咲かせるんですよ!

次は、サンセベリアの開花時期についてお伝えします!

 

サンセベリアの開花時期はいつ頃?

 

サンセベリアの開花時期は8〜10月頃です。

葉と葉の間から、小さな白い花が咲きます。

 

ジャスミンのような、いい香りもするんですよ!

 

次は、サンセベリアの花言葉についてお伝えします!

 

サンセベリアの花言葉はなに?

 

サンセベリアの花言葉は「永久」「不滅」です。

とても縁起のいい花言葉ですよね。

 

お店の開店祝いなどにプレゼントすると喜んでいただけそうですね!

 

  • オススメ記事

カラテアの育て方等はこちらをご覧ください。

デンドロビウムの育て方等はこちらをご覧ください。

アジサイの育て方等はこちらをご覧ください。

 

サンセベリアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①サンセベリアの育て方

日当たりのよい場所で育てますが、直射日光には当たらないよう気をつけましょう。

土は必ず水はけよいものを使い、水は土が乾燥したら鉢から滲み出るくらいに与えましょう。

根腐れを起こさないように、土と水やりには十分注意してくださいね!

 

②サンセベリアが根腐れしてしまう原因は?対策はどうする?

サンセベリアの根腐れの原因は主に、水はけの悪い土に植え、さらに水を与え過ぎてしまうことです。

水はけのよい土に植えましょう。

 

③サンセベリアの水耕栽培の方法とは?

グラスなどを用意して、その中にサンセベリアをさすだけ!

しかし、水替えは必ずこまめにおこないってくださいね。

 

④サンセベリアの増やし方のポイントは?

サンセベリアを増やす場合は、株分けと葉挿しで増やす方法があります。

サンセベリアを増やす適切な時期は、4~9月の間です。

気温が20℃以上あって、サンセベリアが元気なときに行いましょう。

 

⑤サンセベリアの開花時期はいつ頃?

サンセベリアの開花時期は、8〜10月頃です。

 

⑥サンセベリアの花言葉はなに?

サンセベリアの花言葉は「永久」「不滅」です。

 

ぜひ、鉢植えや水栽培、お好きな方法でサンセベリアを育てて、心も体も癒されてくださいね!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)