ハランの育て方!花の特徴や花言葉など12個のポイント!








ハランは丈夫で育てやすいことから、庭を飾る植物として海外でも人気があります。

丈夫で育てやすく、初心者の方にもおすすめの植物です。

 

 

大きく上に向かって伸びる葉が特徴で、葉をきれいに保つためには、いくつかポイントがあります。

いつもは目立たない「ハランの花」についてと、花言葉などもご紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。

 

今回はハランについてのポイント、

①ハランの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ハランの花と葉の特徴は?
③ハランの剪定方法(切り方)は?
④ハランを鉢植えで育てるポイントは?
⑤ハランを地植え(庭植え)で育てるポイントは?
⑥ハランの植え替え時期はいつ?ポイントは?
⑦ハランの増やし方は?
⑧ハランの株分けの方法は?
⑨ハランが枯れる原因と対策は?
⑩ハランの苗の価格はどのくらい?どこで買えるの?
⑪ハランの花言葉はなに?
⑫ハランの種類や品種は何がある?

 

以上12個の点についてお伝えします。

まずは、ハランの育て方からお伝えします!

 

ハランの育て方は?

 

ハランはある程度の耐寒性があるので、暖地では対策をしなくても、戸外で越冬することができます。

 

0度以下の環境では寒害を受けてしまいます。

雪の多い地域では鉢植えにして、冬は室内で管理しましょう。

 

ハランの深い緑の葉を維持するポイントは、これからお伝えする環境や水やりにあります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ハランが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハランの育て方!環境はどうする?

 

ハランは、風通しのよい明るい日陰を好みます。

 

日陰でも育ちますが、太陽の光できれいな葉を作り、丈夫な株に育つことができるので、明るい場所で管理しましょう。

強い日光には弱いので、真夏の直射日光や西日が当たらない場所を選んでください。

 

「明るい日陰」でよく育つハランには、どのような用土が適しているのでしょうか?

次は、ハランに適した用土についてお伝えします!

 

ハランを育てる際の適した用土は何?

 

水はけと程よい保湿力がある、通気性のよい土が適しています。

市販の草花用培養土でもよく育ちますが、配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1」の割合がおすすめです。

庭植えの場合は、乾燥し過ぎる土には腐葉土などを混ぜこみ、粘土質の場合は川砂を混ぜて土壌改良を行ってください。

 

ハランは、ある程度の湿り気がある環境を好むので「程よい保水力」が用土のポイントです。

 

用土の準備が出来たら、次は肥料を用意しましょう。

次は、ハランに必要な肥料についてお伝えします!

 

ハランの育て方!肥料はどうする?

 

植え付けのときに「緩効性化成肥料」を用土に混ぜこんでおきます。

追肥は12~2月に、有機質肥料(油かすや鶏ふんなど)を施しましょう。

 

肥料をあげ過ぎると、株が弱くなってしまいます。

品種によって葉の斑が消えてしまう場合もあるので、過肥にならないように注意が必要です。

 

ハランが元気に育つためには「水」がとても重要です。

では次は、ハランの水やりポイントについてお伝えします!

 

ハランを育てる際の水の量はどうする?

 

土が乾いたら鉢底から出るくらい、たっぷり水やりをします。

 

秋頃から回数を減らしていき、冬は乾燥気味に管理しましょう。

土が乾いてから数日後に、水を与えるようにします。

 

 

湿気を好みますが、水のあげ過ぎは「根腐れ」の原因になります。

 

反対に、乾燥しやすい夏の季節には「水切れ」に注意が必要です。

いずれも、ハランの葉や土の状態をよく観察して、水やりを行いましょう。

 

以上で基本的なハランの育て方については終わりです。

次はハランの花と葉の特徴についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハランの花と葉の特徴は?

 

ハランの花は、つぼ形をした4cmほどの暗紫色をしており、3~5月に株元に咲きます。

 

普段は葉に隠れているので、あまり目立ちません。

花後には緑色の実がつき、この中に種が入っています。

 

 

ツヤのある大きな葉には、殺菌作用が含まれています。

料理の飾りなどにも使われ、よくお弁当に入っている「バラン」はハランのことです。

 

ハランはよく育つので、葉は50cm以上にもなります。

葉もこみ合ってくるので、剪定をして葉をすっきりさせましょう。

 

では次は、ハランの剪定方法についてお伝えします!

 

ハランの剪定方法(切り方)は?

 

剪定は夏以外の季節に行いましょう。

葉が多く重なっているところや、垂れ下がって地面についている葉を切り落とします。

 

 

切り落とした葉は、フラワーアレンジに使うのがおすすめです。

切り花と一緒に飾ったり、生け花や花束にも使えます。

 

枯れてしまった葉は、自然には落ちないので、切り取ってあげましょう。

枯れ葉は時期に関係なく、切り落として構いません。

 

「ハランを植えたいけどスペースがない!」という方のために、次はハランを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします。

 

ハランを鉢植えで育てるポイントは?

 

鉢植えの場合は、根詰まりを起こしやすいので1~2年に1回、植え替えすることがポイントです。

 

 

斑入り品種は、きれいな模様を保つために、鉢植えで育てるのがおすすめです。

室内やベランダの明るい日陰で管理しましょう。

 

ハランは庭植えにすると手がかかりません。存在感もあるので、庭や花壇のアクセントになること間違いなしです。

 

次はハランを地植え(庭植え)で育てるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハランを地植え(庭植え)で育てるポイントは?

 

地植えにすることで、ほぼ降雨のみで育ちます。

何日も雨が降らずに、土が乾燥しているときは水やりを行ってください。

 

 

地植えの場合も定期的に株分けを行い、すっきりとした形を維持しましょう。

 

鉢植え、地植えどちらも、植え替えを行う場合は「時期」が大切です。

次は、ハランの植え替え時期やポイントについてお伝えします!

 

ハランの植え替え時期はいつ?ポイントは?

 

ハランの植え替えは、4~6月または9~10月が適期です。

 

優しく根をほぐして、古い土を3分の1ほど落とし、新しい土に植え替えをします。

鉢底から根が出ていたり、株がこみ合ってきたら植え替えのサインです。

 

 

植え替え時期と一緒に株分けなどを行い、ハランを増やすこともできます。

次は、ハランの増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハランの増やし方は?

 

ハランは「種まき」と「株分け」で増やすことができます。

種まきは、花後についた実から種を採取して、種まき用の土にまきます。

 

庭に直まきする場合は、まわりの雑草をしっかり抜くことがポイントです。

ハランの種は、雑草に栄養を取られやすいので、常にきれいにしておきましょう。

 

次はハランの株分けの方法についてお伝えします!

 

ハランの株分けの方法は?

 

ハランの株分けに適した時期は4~6月です。

大きく育った株を、3~6芽ずつに切り分けて、それぞれを新しい土に植え付けしましょう。

 

株分けは増やす目的だけでなく、古い株を元気にしたり、葉に害虫がつくのを予防する効果があります。

 

育てやすいハランですが、「気づいたら枯れていた」ということも多くあります。

ハランが枯れてしまう原因は何でしょうか?原因を知っておくことで、予防と対策ができます!

 

次はハランが枯れる原因と対策についてお伝えします。

 

ハランが枯れる原因と対策は?

 

ハランが枯れる原因に「葉焼け」があります。

直射日光を避け、真夏の西日にも注意しましょう。

 

 

「水切れ」「根腐れ」も考えられます。

適した水やりを行い、土が乾燥し過ぎたり蒸れるのを防ぎましょう。

 

他にも「寒害」があります。

寒い地域では、冬は室内で管理することをおすすめします。

 

「葉の先が枯れる」のは自然なことです。

古くなった葉は、先端から枯れていきます。枯れた葉は切り取って、新しい葉を育てましょう。

 

これからハランを育てる方のために、苗の価格などをご紹介します。

購入の際の参考にしてくださいね。

 

次はハランの苗の価格についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハランの苗の価格はどのくらい?どこで買えるの?

 

ハランは、ホームセンターや園芸店、ネット通販などで購入できます。

草丈が50~80cmの5号ポットで、1000~1500円で販売されています。

ハランという名前は、中国で「大きな蘭」を意味する「馬蘭(バラン)」から「葉蘭」になったと言われています。

 

では花言葉にはどのようなものが、あるのでしょうか?

次はハランの花言葉についてお伝えします!

 

ハランの花言葉はなに?

 

ハランの花言葉は「強い心」「強い意志」「平癒」です。

ハランは薬草として使われることから「平癒」という花言葉がつけられました。

 

ハランには、たくさんの園芸品種があります。

次はハランの種類や品種についてお伝えします!

 

ハランの種類や品種は何がある?

 

ハランが分類されるハラン属の種類は、80種以上です。

 

斑の入り方には、「縞斑、中斑、曙斑、星斑」などがあります。

主な品種には、この斑の名前が入った「シマハラン」「アサヒハラン」「ホシハラン」があります。

 

 

  • オススメ記事

シェフレラの育て方等はこちらをご覧下さい。

ペペロミアの育て方等はこちらをご覧ください。

クッカバラの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ハランのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは12個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ハランの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ハランは、風通しのよい明るい日陰を好みます。

日陰でも育ちますが、太陽の光できれいな葉を作り、丈夫な株に育つことができるので、明るい場所で管理しましょう。

水はけと程よい保湿力がある、通気性のよい土が適しています。

市販の草花用培養土でもよく育ちますが、配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1」の割合がおすすめです。

植え付けのときに「緩効性化成肥料」を用土に混ぜこんでおきます。

土が乾いたら、鉢底から出るくらい、たっぷりの水やりをします。

秋頃から回数を減らしていき、冬は乾燥気味に管理しましょう。

土が乾いてから数日後に、水を与えるようにします。

 

②ハランの花と葉の特徴は?

ハランの花は、つぼ形をした4cmほどの暗紫色をしており、3~5月に株元に咲きます。

葉に隠れているので、あまり目立ちません。

花後には緑色の実がつき、この中に種が入っています。

ツヤのある大きな葉には、殺菌作用が含まれています。

 

③ハランの剪定方法(切り方)は?

剪定は夏以外の季節に行いましょう。

葉が多く重なっているところや、垂れ下がって地面についている葉を切り落とします。

 

④ハランを鉢植えで育てるポイントは?

鉢植えの場合は根詰まりを起こしやすいので、1~2年に1回植え替えすることがポイントです。

斑入り品種は、きれいな模様を保つために、鉢植えで育てるのがおすすめです。

 

⑤ハランを地植え(庭植え)で育てるポイントは?

地植えにすることで、ほぼ降雨のみで育ちます。

何日も雨が降らずに、土が乾燥しているときは水やりを行ってください。

地植えの場合も定期的に株分けを行い、すっきりとした形を維持しましょう。

 

⑥ハランの植え替え時期はいつ?ポイントは?

植え替えは、4~6月または9~10月が適期です。

優しく根をほぐして、古い土を3分の1ほど落とし、新しい土に植え替えをします。

鉢底から根が出ていたり、株がこみ合ってきたら植え替えのサインです。

 

⑦ハランの増やし方は?

ハランは「種まき」と「株分け」で増やすことができます。

 

⑧ハランの株分けの方法は?

株分けに適した時期は4~6月です。

大きく育った株を、3~6芽ずつに切り分けて、それぞれを新しい土に植え付けしましょう。

 

⑨ハランが枯れる原因と対策は?

ハランが枯れる原因に「葉焼け」があります。

直射日光を避け、真夏の西日にも注意しましょう。

「水切れ」「根腐れ」も考えられます。

適した水やりを行い、土が乾燥し過ぎたり蒸れるのを防ぎましょう。

他にも「寒害」があります。

寒い地域では、冬は室内で管理することをおすすめします。

「葉の先が枯れる」のは自然なことです。

古くなった葉は、先端から枯れていきます。枯れた葉は切り取って、新しい葉を育てましょう。

 

⑩ハランの苗の価格はどのくらい?どこで買えるの?

ハランは、ホームセンターや園芸店、ネット通販などで購入できます。

草丈が50~80cmの5号ポットで、1000~1500円で販売されています。

 

⑪ハランの花言葉はなに?

ハランの花言葉は「強い心」「強い意志」「平癒」です。

 

⑫ハランの種類や品種は何がある?

ハランが分類されるハラン属の種類は、80種以上です。

斑の入り方には、「縞斑、中斑、曙斑、星斑」などがあります。

主な品種には、この斑の名前が入った「シマハラン」「アサヒハラン」「ホシハラン」があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)