リトープス(メセン)の育て方!水耕栽培や花言葉など12個のポイント!








ぷくぷくとした肉厚な葉が人気のある、冬型の多肉植物です。

種類が豊富で、植物とは思えない美しさから「生きる宝石」と呼ばれています。

 

 

半分まで割れた葉は、脱皮しながら成長します。

育てやすさは中級者向けですが、はじめての方でも上手に育てられるように、ポイントをわかりやすく、まとめてみました。

 

今回はリトープスについてのポイント、

①リトープスの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②リトープスはどんな花が咲く?開花時期はいつ頃?
③リトープスを水耕栽培で育てるポイントは?
④リトープスの植え替えの時期とポイントは?
⑤リトープスが脱皮する時期はいつ?
⑥リトープスが徒長したらどうすればいいの?原因はなに?
⑦リトープスの寄せ植えのポイントは?
⑧リトープスの増やし方はどうする?
⑨リトープスの株分けのやり方は?
⑩リトープスの販売価格や値段はいくら?
⑪リトープスの花言葉はなに?
⑫リトープスの種類は何があるの?

 

以上12個の点についてお伝えします。

まずはリトープスの育て方からお伝えします!

 

リトープス(メセン)の育て方は?

 

リトープスは暑さに弱いので、夏の管理に注意しましょう。

 

冬型の多肉植物ですが、冬もある程度の温度が必要になります。

季節によって環境や、水やりの頻度を変えて育てましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、リトープスが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

リトープスの育て方!環境はどうする?

 

リトープスを育てる環境は、春と秋は、風通しのよい日向が適しています。

 

夏は、風通しのよい日陰に置いて、雨が当たらない場所で管理してください。

暑い日に閉め切った部屋に置いておくと、溶けてしまいます。

長く家を空けるときは、ベランダなどに出してあげるとよいでしょう。

 

冬は、室内の日当たりのよい場所に置いて、温度は8℃以上を保つようにします。

 

 

多肉植物を育てるときは、鉢内に水分がたまり過ぎないようにすることが、上手に育てるポイントです。

 

用土は次のようなものが適しています。

次は、リトープスに適した用土についてお伝えします!

 

リトープスを育てる際の適した用土は何?

 

水はけのよい用土を選びましょう。

 

市販の多肉植物用の土でもよく育ちます。

配合する場合は「赤玉土2:鹿沼土2:腐葉土2:川砂2:パーライト1:くん灰1」がおすすめです。

肥料も季節に合わせて施す量を調整しましょう。

次は、リトープスに必要な肥料についてお伝えします!

 

リトープスの育て方!肥料はどうする?

 

春と夏は、肥料を与えずに育てます。

秋と冬は、緩効性固形肥料を2ヵ月に1回を目安に、置き肥しましょう。

液肥を使う場合は、1週間に1回を目安に施します。

 

環境が合っていると、リトープスは花を咲かせます。

花後の種を採取できたら、まいて育ててみましょう。

次はリトープスの種まきの時期と種まきのポイントについてお伝えします!

 

リトープスの種まきの時期と種まきのポイントは?

 

リトープスの種まきは10~11月が適期です。

 

花後の果実から種を採取したら、育苗箱や鉢に種まき用の土を入れて、種をまきます。

土は被せずに、発芽するまでは腰水で管理しましょう。

 

 

発芽後は、水はけと通気性のよい土に替えて、霧吹きで水分を管理してください。

約1年ほど育てて、ある程度大きくなったら、鉢に定植させます。

鉢内が多湿になると、最悪は枯れてしまうこともあります。

とくに「夏」の水やりには注意しましょう。

では次は、リトープスの水やりポイントについてお伝えします!

 

リトープスを育てる際の水の量はどうする?

 

夏は、リトープスの休眠期なので、乾燥気味に育てるのがポイントです。

1ヵ月に1~2回を目安に、葉水で管理しましょう。

 

夏の前後1ヵ月は、水やりの量を少なめにして、慣らしていきます。

春秋冬は土が乾いたら、たっぷりの水を与えましょう。

 

以上で基本的なリトープスの育て方については終わりです。

次はリトープスの花についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

リトープスはどんな花が咲く?開花時期はいつ頃?

 

 

リトープスの花は、葉の下に短い茎があり、葉の間から出てくるように咲くのが特徴です。

開花時期は10~1月で、白や黄、ピンク色の花を咲かせます。

菊のような形をしていることから、「イシコロギク」という別名もあります。

 

水はけのよい土で育てるリトープスですが、じつは水耕栽培で育てることもできるんです。

次はリトープスを水耕栽培で育てるポイントについてお伝えします!

 

リトープス(メセン)を水耕栽培で育てるポイントは?

 

リトープスの根の土を落として、きれいに水洗いします。

土用の根を、水耕栽培用の根に育てるために、根を短く切り詰めましょう。

 

ガラスの容器に、根の先が浸るくらいの水を入れます。

根元が水に浸ってしまうと、リトープスが呼吸できなくなってしまうので、水の量に注意してください。

水は傷みやすいので、常にきれいな水に変えてあげることが、上手に育てるポイントです。

 

一般的な植物は、根詰まりを防ぐために、定期的に植え替えをします。

 

ではリトープスの場合は、どのくらいの頻度で、植え替えすればよいのでしょうか?

次はリトープスの植え替えの時期とポイントについてお伝えします!

 

リトープスの植え替えの時期とポイントは?

 

リトープスは成長がゆっくりなので、2~3年に1度を目安に植え替えをします。

10~11月頃が適期です。

 

古い土を落として、傷んでいる根は取り除きましょう。

1~2週間くらい日陰で乾燥させて、新しい土に植え替えをします。

植え替えして、1週間ほど経ってから、徐々に水やりを行いましょう。

 

 

リトープスは「脱皮」することで有名です。

 

いつ、どのようなときに、起こるのでしょうか?

次はリトープスの脱皮についてお伝えします!

 

リトープスが脱皮する時期はいつ?

 

1年に1回春の時期に脱皮をします。

葉が萎れると中から新しい葉を出して、古い葉を脱いで脱皮するように成長します。

 

 

古い葉は、無理に剥がすと葉を傷つけてしまうので、自然と剥がれ落ちてから取り除きましょう。

成長が目に見えてわかるので、育てるのが楽しくなりますね。

 

しかし、成長不良を起こすと「徒長」して、脱皮がうまくできない場合があります。

次はリトープスの徒長についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

リトープスが徒長したらどうすればいいの?原因はなに?

 

リトープスが本来の形とは違って、異常に伸びてしまうことを「徒長」といいます。

徒長すると、脱皮がうまくできずに、新しい葉も出てこれなくなってしまいます。

 

原因として考えられるのが、11~12月の新葉が作られる時期に、水をあげ過ぎることです。

適した水やりを行っているのに、徒長したり葉がぶよぶよとしている場合は、根が傷んでいるのかもしれません。

その場合は、傷んでいる根を取り除いて、新しい土へ植え替えしてあげましょう。

 

 

新葉が中にあるのにうまく脱皮できず、徒長してしまった葉は、真ん中からやさしく割って、新葉を出してあげます。

新葉が成長して、古い葉は自然と剥がれ落ちたら取り除いてください。

 

さまざまな多肉植物を、寄せ植えにするのが人気です。

リトープスはどのようなものと、寄せ植えにすることができるのでしょうか?

 

次はリトープスの寄せ植えのポイントについてお伝えします!

 

リトープスの寄せ植えのポイントは?

 

 

リトープスは他の植物との寄せ植えには向いていません。

 

同じ冬型の多肉植物と、寄せ植えにするのがよいでしょう。

例えば「コノフィツム」「リトープスの品種違いのもの」で作ると、管理がしやすいです。

 

種を採取するほかにも、次のような方法でリトープスを増やすことができます。

次はリトープスの増やし方についてお伝えします!

 

リトープスの増やし方はどうする?

 

リトープスは「種まき」と「株分け」で増やすことができます。

種まきのやり方は、「種まきのポイント」をご覧くださいね。

 

大きく育った株は、「株分け」をすることができます。

次はリトープスの株分けのやり方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

リトープスの株分けのやり方は?

 

リトープスの株分けは植え替えの時期に合わせて行いましょう。

 

成長したリトープスは、根元に子株が出てきます。

葉を傷つけないように、根を付けた状態で子株を分けます。

1~2週間くらい日陰で乾燥させてから、それぞれを新しい土へ植え替えしてください。

 

 

無理に分けると傷がついて、成長不良を起こしてしまいます。

ある程度、分けやすい大きさに育ってから、行いましょう。

 

リトープスは観葉植物専門店や園芸店、ネット通販などで購入できます。

次はリトープスの販売価格や値段についてお伝えします!

 

リトープスの販売価格や値段はいくら?

 

リトープスは2cmほどのもので、500~1,000円で販売されています。

 

大きくなるにつれて、値段が上がります。

種が販売されていることもあり、10粒で800円ほどです。

 

 

「リトープス」という名前には、ギリシャ語の「Lithos(石)」と「ops(似た)」から「石に似た」という意味があります。

 

動物に食べられないように、石に似せた姿になったと考えられています。

では花言葉にはどのようなものが、あるのでしょうか?

 

次はリトープスの花言葉についてお伝えします!

 

リトープスの花言葉はなに?

 

 

リトープスの花言葉は「こよなき魅力」「用心深い」です。

豊富な種類と奥深い魅力から「こよなき魅力」が、石に似ていることから「用心深い」という花言葉がつけられたと言われています。

 

花言葉にもなっているように、リトープスにはとても多くの種類があるんです。

次はリトープスの種類についてお伝えします!

 

リトープスの種類は何があるの?

 

リトープスは改良品種も含めて200種近くあります。

 

世界中で人気があるため、今後も品種は増えていくと考えられています。

その中から一部をご紹介したいと思います。

 

 

「朱弦玉」

葉の色は灰褐色で、上部が朱色になるのが特徴です。

葉の高さは2~3cmほどになります。

 

「白花黄紫勲」

葉の色は黄緑色で、上部には模様が入っています。

割れ目の深い緑色が美しい品種です。

 

「紅大内玉」

葉が灰色の「大内玉」の葉変わり品種で、紅色の葉が特徴です。

 

「トップレッド」

葉の上部に、くっきりとした網目模様がある品種です。

葉の高さは1~5cmになります。

 

「ボルキー」

白や灰色の葉は表面がなめらかで、上部に濃い色のマーブル模様が入ります。

早咲きの品種で、開花時期は6~7月です。

 

  • オススメ記事

ルビーネックレスの育て方等はこちらをご覧下さい。

マッサンゲアナの育て方等はこちらをご覧ください。

ドドナエアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

リトープスのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは12個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①リトープスの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)

春と秋は、風通しのよい日向が適しています。

夏は、風通しのよい日陰に置いて、雨が当たらない場所で管理してください。

冬は、室内の日当たりのよい場所に置いて、温度は8℃以上を保ちましょう。

配合する場合は「赤玉土2:鹿沼土2:腐葉土2:川砂2:パーライト1:くん灰1」がおすすめです。

春と夏は、肥料を与えずに育てます。

秋と冬は、緩効性固形肥料を2ヵ月に1回を目安に、置き肥しましょう。

種まきは10~11月が適期です。

育苗箱や鉢に種まき用の土を入れて、種をまきます。

 

②リトープスはどんな花が咲く?開花時期はいつ頃?

リトープスの花は、葉の下に短い茎があり、葉の間から出てくるように咲くのが特徴です。

開花時期は10~1月で、白や黄、ピンク色の花を咲かせます。

 

③リトープスを水耕栽培で育てるポイントは?

リトープスの根の土を落として、きれいに水洗いします。

土用の根を、水耕栽培用の根に育てるために、根を短く切り詰めましょう。

ガラスの容器に、根の先が浸るくらいの水を入れます。

根元が水に浸ってしまうと、リトープスが呼吸できなくなってしまうので、水の量に注意しましょう。

水は傷みやすいので、常にきれいな水に変えてあげることが、上手に育てるポイントです。

 

④リトープスの植え替えの時期とポイントは?

2~3年に1度くらいを目安に、植え替えをします。

10~11月頃が適期です。

古い土を落として、傷んでいる根は取り除きましょう。

1~2週間くらい日陰で乾燥させて、新しい土に植え替えをします。

植え替えして、1週間ほど経ってから、徐々に水やりを行いましょう。

 

⑤リトープスが脱皮する時期はいつ?

1年に1回春の時期に、葉が萎れると中から新しい葉を出して、古い葉を脱いで脱皮するように成長します。

古い葉は無理に剥がすと、葉を傷つけてしまうので、自然と剥がれ落ちてから、取り除きましょう。

 

⑥ リトープスが徒長したらどうすればいいの?原因はなに?

原因として考えられるのが、11~12月の新葉が作られる時期に、水をあげ過ぎることです。

適した水やりを行っているのに、徒長したり葉がぶよぶよとしている場合は、根が傷んでいるのかもしれません。

その場合は、傷んでいる根を取り除いて、新しい土へ植え替えしてあげましょう。

新葉が中にあるのにうまく脱皮できず、徒長してしまった葉は、真ん中からやさしく割って、新葉を出してあげます。

新葉が成長して、古い葉は自然と剥がれ落ちたら取り除いてください。

 

⑦リトープスの寄せ植えのポイントは?

リトープスは他の植物との寄せ植えには向いていません。

同じ冬型の多肉植物と、寄せ植えにするのがよいでしょう。

 

⑧リトープスの増やし方はどうする?

リトープスは「種まき」と「株分け」で増やすことができます。

 

⑨リトープスの株分けのやり方は?

植え替えの時期に合わせて行います。

成長したリトープスは、根元に子株が出てくるので、葉を傷つけないように、根を付けた状態で子株を分けます。

1~2週間日陰で乾燥させてから、それぞれを新しい土へ植え替えしてください。

 

⑩リトープスの販売価格や値段はいくら?

リトープスは2cmほどのもので、500~1,000円で販売されています。

 

⑪リトープスの花言葉はなに?

リトープスの花言葉は「こよなき魅力」「用心深い」です。

 

⑫リトープスの種類は何があるの?

リトープスの種類には「朱弦玉」「白花黄紫勲」「紅大内玉」「トップレッド」「ボルキー」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)