エンジュ(槐)の育て方!苗木からの育て方や花言葉など8つのポイント!








黄緑色の蝶のような花を咲かせるエンジュ。

 

 

マメ科エンジュ属、中国原産の落葉性高木です。

排気ガスなどに強いため、街路樹として活躍しています。

 

そんなエンジュには、風水としての効果や素敵な花言葉などがあります。

エンジュを多方面から知り、楽しく育ててみてくださいね。

 

今回はエンジュ(槐)についてのポイント、

①エンジュ(槐)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②エンジュ(槐)の剪定方法は?
③エンジュ(槐)を苗木から育てる際のポイントは?
④エンジュ(槐)を地植え(庭木)で育てるポイントは?
⑤エンジュ(槐)の注意すべき病気や害虫は?対策方法も!
⑥エンジュ(槐)と風水との関係は?
⑦エンジュ(槐)の販売価格っていくらぐらいなの?
⑧エンジュ(槐)の花言葉はなに?

 

以上の8個についてお伝えします。

まずはエンジュ(槐)の育て方からお伝えします!

 

エンジュ(槐)の育て方は?

 

エンジュを育てる上で気をつけるポイントは水です。

 

エンジュは少し湿っている場所を好みます。

ですので、水やりや湿度には注意しましょう。

 

他にも、エンジュの適した環境や土壌についても紹介していますのでチェックしてみてください。

そして、上手に育てていきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、エンジュ(槐)が好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

エンジュ(槐)の育て方!環境はどうする?

 

エンジュは日当たりのいい場所で育ちます。

 

 

また、やや湿り気のある場所もよいでしょう。

 

極端に痩せた土地でなければ場所を選びません。

大きく育つため、スペースの確保できる場所がよいでしょう。

 

次は、エンジュ(槐)に適した用土についてお伝えします!

 

エンジュ(槐)を育てる際の適した用土は何?

 

エンジュは水もちのいい土が適しています。

エンジュは根が柔らかいため、乾燥しにくい土がオススメです。

 

また、腐植質に富んだ土が適しています。

ですので、土に腐葉土を混ぜておくとよいでしょう。

 

次は、エンジュ(槐)に必要な肥料についてお伝えします!

 

エンジュ(槐)の育て方!肥料はどうする?

 

エンジュは、特に肥料を必要としません。

植え付ける際に、油かすなどを混ぜ込んでおきましょう。

その後は状況に応じて、肥料を与えていきます。

生長が悪かったり、葉が変色しているときには与えましょう。

 

また、開花前後に有機肥料を少量与えることをオススメでします。

 

次は、エンジュ(槐)の水やりポイントについてお伝えします!

 

エンジュ(槐)を育てる際の水の量はどうする?

 

エンジュはやや湿り気のある環境を好みます。

 

 

ですので、土が乾燥していたらたっぷりと水を与えるようにします。

 

庭植えの場合、特に必要はありません。

雨に任せてしまいましょう。

ただし、夏などの乾燥しやすい時期には水切れに注意してくださいね。

 

以上で基本的なエンジュ(槐)の育て方については終わりです。

次はエンジュ(槐)の剪定についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

エンジュ(槐)の剪定方法は?

 

エンジュの剪定は、3~4月が適期です。

 

 

エンジュはぐんぐんと生長し、枝や幹をのばしますが、株元はすっかりと空いてしまいます。

ですので、頂点部分から円を描くように刈り込んでいくとよいでしょう。

また、混み合っている枝などは切り、風通しをよくします。

そうすることで、病気や害虫の予防にもなるので、しっかりと確認して剪定を行ってくださいね。

 

次は、エンジュ(槐)を苗木から育てるポイントについてお伝えします!

 

エンジュ(槐)を苗木から育てる際のポイントは?

 

エンジュの植え付けは3~4月に行います。

特に土質は選びませんが、水もちがよく、腐植質に富んでいる土壌がいいでしょう。

植え付ける際に、油かすなどをあらかじめ混ぜ込んでおきましょう。

 

また、エンジュは根はやわらくて折れやすく、成木は根付きにくいという難点があります。

植え付ける苗はできるだけ小さなものにしましょう。

 

次は、エンジュ(槐)を地植え(庭木)で育てるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

エンジュ(槐)を地植え(庭木)で育てるポイントは?

 

エンジュを地植えで育てる場合も日当たりのいい場所へ植え付けましょう。

 

 

排気ガスなどにも強いため、道路の近くに植えることもできます。

 

植え付け時には肥料を混ぜ込んでおくとよいでしょう。

また、植え付けた後には水をたっぷりと与えます。

 

その後は特に与える必要はありません。

 

次は、エンジュ(槐)のかかりうる病気や害虫についてお伝えします!

 

エンジュ(槐)のかかりうる病気や害虫は?対策方法も!

 

エンジュはかかりうる病気は特にありません。

また、注意すべき害虫についても特にいません。

 

病気や害虫については心配の必要がないようです。

安心して育てていきましょう。

 

次は、エンジュ(槐)と風水についてお伝えします!

 

エンジュ(槐)と風水との関係は?

 

エンジュは非常に丈夫な植物で、「延寿」という言葉に通ずる名前であることから、長寿の木ともいわれています。

方角として「」に植えると、魔よけの効果があるそうです。

 

 

また、気の浄化も行ってくれるそうです。

縁起のいい木ともいわれているエンジュ。

ぜひ風水も気にしながら植えてみてください。

 

次は、エンジュ(槐)の販売価格についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

エンジュ(槐)の販売価格っていくらぐらいなの?

 

エンジュは苗木から売っていることが多いようです。

 

販売価格は、700~2000円ほど。

育ち具合により、価格が変動するようです。

 

また、セットでも販売しているため、複数育てたいという方にはオススメです。

参考にしてみてくださいね。

 

次は、エンジュ(槐)の花言葉についてお伝えします!

 

エンジュ(槐)の花言葉はなに?

 

エンジュの花言葉には「幸福」「上品」などがあります。

 

 

中国では高官に出世したときに庭にエンジュを植える風習があります。

 

そんなことから幸福を呼ぶ木とされており、「幸福」という花言葉がつきました。

「上品」は、美しい白色の花や枝ぶりのよい様子から、ついたそうです。

 

また、エンジュは3月28日の誕生花でもあります。

贈り物としてエンジュを渡すときには、気をつけてくださいね。

 

  • オススメ記事

ベンジャミンの育て方等はこちらをご覧下さい。

ポリシャスの育て方等はこちらをご覧ください。

ヒメシャラの育て方等はこちらをご覧ください。

 

槐(エンジュ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①エンジュ(槐)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所で育ちます。

土は、水もちのいいものが適しています。

肥料は、特に必要としません。

水は、土が乾燥していたらたっぷりと与えるようにします。

 

②エンジュ(槐)の剪定方法は?

エンジュの剪定は、3~4月が適期です。

頂点部分から円を描くように刈り込んでいくとよいでしょう。

また、混み合っている枝などは切り、風通しをよくします。

 

③エンジュ(槐)を苗木から育てる際のポイントは?

エンジュの植え付けは3~4月に行います。

エンジュは根がやわらくて折れやすく、成木は根付きにくいという難点があります。

植え付ける苗はできるだけ小さなものにしましょう。

 

④エンジュ(槐)を地植え(庭木)で育てるポイントは?

排気ガスなどにも強いため、道路の近くに植えることもできます。

植え付け時には肥料を混ぜ込んでおくとよいでしょう。

 

⑤エンジュ(槐)の注意すべき病気や害虫は?対策方法も!

エンジュはかかりうる病気は特にありません。

注意すべき害虫についても特にいません。

 

⑥エンジュ(槐)と風水との関係は?

方角として「北」に植えると、魔よけの効果があるそうです。

また、気の浄化も行ってくれるそうです。

 

⑦エンジュ(槐)の販売価格っていくらぐらいなの?

エンジュの販売価格は、700~2000円ほどです。

 

⑧エンジュ(槐)の花言葉はなに?

エンジュの花言葉には「幸福」「上品」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)