シュガーバインの育て方!枯れる原因や風水との関係など14個のポイント!  








まるで手を広げるように葉をつけるシュガーバイン。

 

 

葉の色は深緑色で、明るい室内に非常に映えます。

ブドウ科パルテノキッスス属、オランダ原産の常緑つる性植物です。

 

育てる方法として、鉢植えと水挿しがあります。

 

どちらも楽しめるように、その方法について詳しく紹介しています。

 

また寄せ植えでも活躍する植物です。

最後までぜひご覧になってください。

 

今回はシュガーバインについてのポイント、

①シュガーバインの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シュガーバインの開花時期はいつ頃?
③シュガーバインの剪定方法は?
④シュガーバインを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?
⑤シュガーバインを水耕栽培(水挿し)で育てるポイントは?
⑥シュガーバインの植え替え時期とポイントは?
⑦シュガーバインのかかりうる病気や害虫は?対策方法も!
⑧シュガーバインが枯れてしまうのはなぜ?
⑨シュガーバインの寄せ植えのポイントは?
⑩シュガーバインの増やし方は?
⑪シュガーバインの挿し木の方法は?
⑫シュガーバインと風水との関係は?
⑬シュガーバインの販売価格っていくらぐらいなの?
⑭シュガーバインの種類や品種は何がある?

 

以上14個の点についてお伝えします。

まずはシュガーバインの育て方からお伝えします!

 

シュガーバインの育て方は?

 

シュガーバインを育てる上で注意すべきポイントは、気温と水分です。

シュガーバインは気温が原因で枯れてしまうことがあります。

 

また、乾燥は嫌いますが、過湿の状態だと根腐れを起こしてしまう可能性もあります。

 

しかし、比較的育てやすい植物であるため、この2つを押さえればしっかりと育てることができるでしょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シュガーバインが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

シュガーバインの育て方!環境はどうする?

 

シュガーバインは明るい日陰で育てるとよいでしょう、

直射日光に当たると、葉焼けしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

また、耐陰性を持っている植物であるため、家の中でも育てられます。

 

ただし、風通しのいい場所を好みます。

ですので、程よく明るく、風の通る環境で育てましょう。

 

次は、シュガーバインに適した用土についてお伝えします!

 

シュガーバインを育てる際の適した用土は何?

 

シュガーバインは水はけのいい土が適しています。

自分で作る場合、赤玉土(小粒)を5、腐葉土を4、ピートモスを1の割合で混ぜるとよいでしょう。

 

 

一般的な観葉植物用の土でも育てることができます。

次は、シュガーバインに必要な肥料についてお伝えします!

 

シュガーバインの育て方!肥料はどうする?

 

シュガーバインは特に肥料を必要としません。

ですが、与えることで生長を促すことができます。

 

与える場合、シュガーバインの生育期である4~10月が適期です。

2週間に1度、液体肥料を与えましょう。

与えすぎると肥料焼けを起こしてしまうため注意してくださいね。

 

次は、シュガーバインの水やりポイントについてお伝えします!

 

シュガーバインを育てる際の水の量はどうする?

 

シュガーバインは、土の表面が乾燥していたらたっぷりと水を与えます。

このとき、乾燥していることをしっかり確認してから与えましょう。

 

過湿の状態になると、根腐れを起こしてしまうこともあります。

受け皿に水がたまっていたら捨ててくださいね。

 

また、葉水を与えるといきいきと育つでしょう。

 

以上で基本的なシュガーバインの育て方については終わりです。

次はシュガーバインの開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

シュガーバインの開花時期はいつ頃?

 

シュガーバインの開花時期は3~6月です。

小さなボールのような花を咲かせます。

 

 

しかし、花を咲かせることはあまりありません。

花を咲かせるポイントとしては、適度な温度を保つことです。

葉だけでなく花も楽しみたいという方は、参考にしてみてください。

 

次は、シュガーバインの剪定についてお伝えします!

 

シュガーバインの剪定方法は?

 

シュガーバインの剪定は、植え替えと同時に行うと効率が良いです。

 

シュガーバインは生長するとともに下葉がなくなっていきます。

見栄えが悪くなったと感じたら、短く切り戻していきましょう。

切った部分から新しくつるが伸びてきますので、伸びてきたら樹形も整えていきましょう。

 

また、風通しの悪くなっている場所も剪定しておきましょう。

そうすることで、害虫予防にもなります。

 

次は、シュガーバインを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントについてお伝えします!

 

シュガーバインを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

 

シュガーバインは耐陰性もあるため、室内で育てることも可能であるため、鉢植えがオススメです。

 

 

春~秋にかけては外で育てることもできます。

 

直射日光の当たらない場所で管理しましょう。

霜に当たると枯れてしまうため、寒くなってきたら室内へと取り込みましょう。

 

また、鉢植えで長く育てる場合は植え替えをしてください。

根詰まりが原因で弱ってしまうこともあります。

 

次は、シュガーバインの水耕栽培(水挿し)についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

シュガーバインを水耕栽培(水挿し)で育てるポイントは?

 

シュガーバインは水挿しの状態で育てることもできます。

 

このとき、剪定を行ったときに切ったものを使えます。

切ったつるを水の張った容器へと入れておきます。

そうすると根が出てきますが、そのまま育てられます。

 

ポイントは、明るい日陰で管理することと水を毎日取り替えることです。

 

次は、シュガーバインの植え替え時期についてお伝えします!

 

シュガーバインの植え替え時期とポイントは?

 

シュガーバインの植え替えは、5~6月が適期です。

 

頻度としては、2年に1度が良いでしょう。

植え替えを行わないと根詰まりを起こし、弱ってしまいます。

鉢の底から根が飛び出てきたり、水はけが悪くなったと感じたら、植え替えをしてくださいね。

 

元の鉢より、1回りほど大きな鉢へ植え替えましょう。

 

次は、シュガーバインのかかりうる病気や害虫についてお伝えします!

 

シュガーバインのかかりうる病気や害虫は?対策方法も!

 

シュガーバインがかかりうる病気は特にありません。

 

ですが、カビに注意しましょう。

カビが発生した箇所はすぐに取り除くようにします。

 

 

シュガーバインが注意すべき害虫には、アブラムシがいます。

アブラムシは乾燥している状態を好みます。

ですので、こまめに葉水を与えて予防しましょう。

 

次は、シュガーバインが枯れる理由についてお伝えします!

 

シュガーバインが枯れてしまうのはなぜ?

 

シュガーバインは耐寒性はありますが、高温には弱いです。

 

気温が30℃を超える場所では枯れてしまうことがあります。

温度計などで確認しながら置き場所を決めるとよいかもしれません。

耐陰性があるため、心配でしたら、室内へと取り込むのも良いでしょう。

 

また、過湿の状態が続くと根腐れを起こし、最悪枯れてしまうことがあります。

水の管理もしっかり行ってくださいね。

 

次は、シュガーバインの寄せ植えについてお伝えします!

 

シュガーバインの寄せ植えのポイントは?

 

シュガーバインは寄せ植えでも活躍してくれます。

 

葉が小さくつる状であるため、メインとする植物の近くに植えるのがオススメです。

そうすることで、メインの植物を目立たせてくれます。

 

 

また、前の方に植えるのもよいでしょう。

上手に土の部分を隠す役割も担ってくれます。

 

次は、シュガーバインの増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

シュガーバインの増やし方は?

 

シュガーバインの増やし方には、挿し木があります。

 

剪定をしたときに切ったものを使うことができます。

とても簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

 

詳しくは次に紹介していきます。

次は、シュガーバインの挿し木についてお伝えします!

 

シュガーバインの挿し木の方法は?

 

シュガーバインの増やす方法である、挿し木について紹介していきます。

シュガーバインの挿し木は、生育期である4~6月、もしくは、9~10月に行います。

 

3節ほど残した挿し穂を水の入った容器に挿しておきます。

根が出てきたら、土へと植え替えましょう。

ポイントとしては、水挿しで育てる方法でも述べましたが、明るい日陰で管理することと水を毎日取り替えることです。

 

次は、シュガーバインと風水についてお伝えします!

 

シュガーバインと風水との関係は?

 

シュガーバインのような観葉植物は、リラックス効果や空気を循環させる効果があるそうです。

ですので、リラックス効果を期待したい場合には寝室などに置くとよいかもしれません。

また、キッチンやトイレは悪い気が溜まりやすいそうです。

そういった場所にシュガーバインを飾ることで、空気が循環し、運気が上がるかもしれません。

参考にしてみてくださいね。

 

次は、シュガーバインの販売価格についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

シュガーバインの販売価格っていくらぐらいなの?

 

シュガーバインは2000~4000円ほどで購入できるようです。

少し価格は高めですが、とても育てやすい植物です。

 

 

また、シュガーバインの花言葉には「すこやか」などがあります。

贈り物としてもピッタリですので、気になっている方は検討してみてください。

 

次は、シュガーバインの種類や品種についてお伝えします!

 

シュガーバインの種類や品種は何がある?

 

シュガーバインは園芸品種であるため、他に品種はありません。

ですので、同じパルテノキッスス属の植物について紹介します。

 

まずは、バージニアヅタ

秋には紅葉をする種類で、葉に斑の入るものなどもあります。

 

次にヘンリーヅタ

黄色の花を咲かせ、秋には黒い実をつけます。

 

  • オススメ記事

トックリヤシの育て方等はこちらをご覧下さい。

スイカズラの育て方等はこちらをご覧ください。

イヌタデの育て方等はこちらをご覧ください。

 

シュガーバインのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは15個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①シュガーバインの育て方(環境、土、肥料、水やり)

明るい日陰が適しています。

土は、水はけのいい土が適しています。

肥料は、特に必要としません。

水は、土の表面が乾燥していたらたっぷりと与えます。

 

②シュガーバインの開花時期はいつ頃?

シュガーバインの開花時期は3~6月です。

 

③シュガーバインの剪定方法は?

剪定は、植え替えと同時に行うと効率が良いです。

見栄えが悪くなったと感じたら、短く切り戻していきましょう。

風通しの悪くなっている場所も剪定しておきましょう。

 

④シュガーバインを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

直射日光の当たらない場所で管理しましょう。

霜に当たると枯れてしまうため、寒くなってきたら室内へと取り込みましょう。

鉢植えで長く育てる場合は植え替えをしましょう。

 

⑤シュガーバインを水耕栽培(水挿し)で育てるポイントは?

切ったつるを水の張った容器へと入れておきます。

そうすると根が出てきますが、そのまま育てられます。

ポイントは、明るい日陰で管理することと水を毎日取り替えることです。

 

⑥シュガーバインの植え替え時期とポイントは?

シュガーバインの植え替えは、5~6月が適期です。

鉢の底から根が飛び出てきたり、水はけが悪くなったと感じたら、1回りほど大きな鉢へ植え替えましょう。

 

⑦シュガーバインのかかりうる病気や害虫は?対策方法も!

シュガーバインがかかりうる病気は特にありません。

シュガーバインが注意すべき害虫には、アブラムシがいます。

こまめに葉水を与えて予防しましょう。

 

⑧シュガーバインが枯れてしまうのはなぜ?

気温が30℃を超える場所では枯れてしまうことがあります。

 

⑨シュガーバインの寄せ植えのポイントは?

メインとする植物の近くに植えるのがオススメです。

そうすることで、メインの植物を目立たせてくれます。

 

⑩シュガーバインの増やし方は?

シュガーバインの増やし方には、挿し木があります。

 

⑪シュガーバインの挿し木の方法は?

挿し木は、生育期である4~6月、もしくは、9~10月に行います。

3節ほど残した挿し穂を水の入った容器に挿し、根が出てきたら土へと植え替えましょう。

 

⑫シュガーバインと風水との関係は?

シュガーバインのような観葉植物は、リラックス効果や空気を循環させる効果があるそうです。

 

⑬シュガーバインの販売価格っていくらぐらいなの?

シュガーバインは2000~4000円ほどで購入できるようです。

 

⑭シュガーバインの種類や品種は何がある?

シュガーバインは園芸品種であるため、他に品種はありません。

同じパルテノキッスス属には、バージニアヅタやヘンリーヅタなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)