【バイケイソウ(梅蕙草)のまとめ!】食中毒についてや花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、バイケイソウについてまとめていきたいと思います。

 

バイケイソウはユリ科(メランチウム科)のシュロソウ属に属している、毒性のある品種です。

 

高山帯に分布しているバイケイソウは、湿った草地に群生している植物です。

バイケイソウは大きいもので高さ1.5m程に成長する大型の多年草となります。

 

今回は、バイケイソウについてのポイント、

①バイケイソウの花の画像(写真)!
②バイケイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
③バイケイソウを食べたら食中毒になってしまうの?
④バイケイソウの花言葉はなに?
⑤バイケイソウに似た花は何がある?
⑥バイケイソウとコバイケイソウのちがいはなに?
⑦バイケイソウとギョウジャニンニク(行者にんにく)のちがいはなに?
⑧バイケイソウとウルイのちがいは?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはバイケイソウの写真をお見せします!

 

バイケイソウの花の画像(写真)!

 

本州中部以北や北海道に生息するバイケイソウは高山帯に分布している品種となります。

 

日当たりの良い環境を好む植物で、湿った草地に群生しています。

茎の太さは通常の品種よりも太く、大きいものでは100cmを超えてしまうことがあるようです。

 

バイケイソウの画像はこちらになります。

 

次に、バイケイソウの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

バイケイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

バイケイソウは同じ種類のバイケイソウと比べると花付きが少し粗めな品種となります。

バイケイソウは花の緑が濃く、ユリ科に属する植物となり、花姿はよく観察するとユリのような形をしています。

 

6〜8月頃が開花時期となりますが、花期を終えると下部が裂けてきて、そこから種子が散布していきます。

 

次は、バイケイソウを食べたら食中毒になってしまうのかをお伝えします。

 

バイケイソウを食べたら食中毒になってしまうの?

 

有毒であるバイケイソウは山菜の中で似ている品種があるので見極めが難しく、誤食事故をひき起こしてしまうおそれがある植物となります。

バイケイソウの毒素として、プロトベラトリンが一番毒性が強いのですが、アコニチンに匹敵するほどとなり、バイケイソウの根を摂取した馬が死亡した事例があります。

 

バイケイソウの毒素は加熱を行っても消えませんので注意してください。

 

次は、バイケイソウの花言葉をお伝えします。

 

バイケイソウの花言葉はなに?

 

バイケイソウの花名の由来は花姿が梅の花によく似ており、葉姿はケイランと似ていることからつけられていて和名では梅蕙草とかきます。

 

白い花はとても可愛らしく、花言葉としては寄り添う心がつけられています。

山菜採りを行う時に、ふと寄り添うようにバイケイソウに出会うことからその花言葉がつけられております。

 

次に、バイケイソウに似た花は何があるかをお伝えします。

 

バイケイソウに似た花は何がある?

 

 

毒性を持つバイケイソウには山菜などよく似ている品種があります。

 

ミヤマバイケイソウ

バイケイソウの品種の中でミヤマバイケイソウがありますが、花色の中で濃い緑色の部分があるところが特徴となります。

バイケイソウと比べると花が密集して付いているので見分けやすい品種であります。

 

オオバギボウシ

山菜として人気のあるオオバギボウシは山地や林で自生する植物となります。

バイケイソウの芽は葉が折りたたまれておりますが、長く伸びた花茎から白い花を咲かせるオオバギボウシは、葉巻状になった大きな葉が目印となります。

 

次は、バイケイソウとコバイケイソウのちがいをお伝えします。

 

バイケイソウとコバイケイソウのちがいはなに?

 

 

バイケイソウの近種としてコバイケイソウという品種があります。

バイケイソウと同様にコバイケイソウも毒草の植物となります。

 

バイケイソウとは見分けがつきにくく、目視ではその違いはわかりません。

コバイケイソウが茎丈が高くても約100cm、葉のサイズも約20cmとバイケイソウと比べて小さめであることのみとなります。

 

次は、バイケイソウとギョウジャニンニク(行者にんにく)のちがいをお伝えします。

 

バイケイソウとギョウジャニンニク(行者にんにく)のちがいはなに?

 

ギョウジャニンニクはユリ科に属する可食の植物となります。

 

成長した時期ですと見分けがつくのですが、山菜として収穫する時期では見分けずらく、バイケイソウを誤って収穫してしまうことがあります。

ギョウジャニンニクはにんにくの臭いがありますので、ない場合はバイケイソウの可能性がありますので、収穫はしないでください。

 

最後に、バイケイソウとウルイのちがいをお伝えします。

 

バイケイソウとウルイのちがいは?

 

 

アクが全くないので食材として利用しやすいウルイは、サラダにも使用ができる植物です。

山菜シーズンになると比較的見つけやすいウルイは山菜として有名ですが、バイケイソウと間違えてしまうことがあります。

 

バイケイソウとウルイの見分け方は大きく成長したウルイは、葉の大きさと合わせて長さのある柄が特徴となりますが、バイケイソウにはウルイのような柄はございません。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

バイケイソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①バイケイソウの花の画像(写真)!

本州中部以北や北海道に生息するバイケイソウは高山帯に分布している品種となります。

日当たりの良い環境を好む植物で、湿った草地に群生しています。

茎の太さは通常の品種よりも太く、大きいものでは100cmを超えてしまうことがあるようです。

 

②バイケイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

バイケイソウは同じ種類のバイケイソウと比べると花付きが少し粗めな品種となります。

バイケイソウは花の緑が濃く、ユリ科に属する植物となり、花姿はよく観察するとユリのような形をしています。

6〜8月頃が開花時期となりますが、花期を終えると下部が裂けてきて、そこから種子が散布していきます。

 

③バイケイソウを食べたら食中毒になってしまうの?

有毒であるバイケイソウは山菜の中で似ている品種があるので見極めが難しく、誤食事故をひき起こしてしまうおそれがある植物となります。

バイケイソウの毒素として、プロトベラトリンが一番毒性が強いのですが、アコニチンに匹敵するほどとなり、バイケイソウの根を摂取した馬が死亡した事例があります。

バイケイソウの毒素は加熱を行っても消えませんので注意してください。

 

④バイケイソウの花言葉はなに?

バイケイソウの花名の由来は花姿が梅の花によく似ており、葉姿はケイランと似ていることからつけられていて和名では梅蕙草とかきます。

白い花はとても可愛らしく、花言葉としては寄り添う心がつけられています。

山菜採りを行う時に、ふと寄り添うようにバイケイソウに出会うことからその花言葉がつけられております。

 

⑤バイケイソウに似た花は何がある?

バイケイソウに似た花は、ミヤマバイケイソウやオオバギボウシがあります。

 

⑥バイケイソウとコバイケイソウのちがいはなに?

バイケイソウと同様にコバイケイソウも毒草の植物となります。

バイケイソウとは見分けがつきにくく、目視ではその違いはわかりません。

コバイケイソウが茎丈が高くても約100cm、葉のサイズも約20cmとバイケイソウと比べて小さめであることのみとなります。

 

⑦バイケイソウとギョウジャニンニク(行者にんにく)のちがいはなに?

ギョウジャニンニクはユリ科に属する可食の植物となります。

成長した時期ですと見分けがつくのですが、山菜として収穫する時期では見分けずらく、バイケイソウを誤って収穫してしまうことがあります。

ギョウジャニンニクはにんにくの臭いがありますので、ない場合はバイケイソウの可能性がありますので、収穫はしないでください。

 

⑧バイケイソウとウルイのちがいは?

アクが全くないので食材として利用しやすいウルイは、サラダにも使用ができる植物です。

山菜シーズンになると比較的見つけやすいウルイは山菜として有名ですが、バイケイソウと間違えてしまうことがあります。

バイケイソウとウルイの見分け方は大きく成長したウルイは、葉の大きさと合わせて長さのある柄が特徴となりますが、バイケイソウにはウルイのような柄はございません。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)