ミヤコワスレ(都忘れ)の育て方!植え替えのやり方や花言葉など7つのポイント!








小さく可憐な花を咲かせるミヤコワスレ。

花持ちがよいため、お仏壇の花として人気があります。

 

 

ミヤコワスレは暑さに弱く、寒さに強い性質を持っています。

しかし寒冷地で育てる場合には、霜対策が必要です。

凍結するほどの気温では、葉が傷んでしまいます。

 

生育はちょっとコツがいります。

日頃の手入れがポイントのなるので詳しくみていきましょう!

 

今回はミヤコワスレについてのポイント、

①ミヤコワスレの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミヤコワスレの植え替えの上手なやり方は?
③ミヤコワスレの寄せ植えのポイントは?
④ミヤコワスレの増やし方は?
⑤ミヤコワスレの季節はいつ頃?
⑥ミヤコワスレ(都忘れ)の意味はなに?
⑦ミヤコワスレの花言葉は?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはミヤコワスレの育て方からお伝えします!

 

ミヤコワスレ(都忘れ)の育て方は?

 

ミヤコワスレは、環境が合えば、植えておくだけで毎年のようによく咲きます。

ですが、暑さは苦手なので、夏には半日陰となる場所に植えるのがよいでしょう、

 

最初は、ミヤコワスレが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミヤコワスレの育て方!環境はどうする?

 

ミヤコワスレは、日当たりと水はけのいい場所を好みます。

 

 

暑さにはやや弱く、6月~秋にかけては、半日陰になる場所で管理しましょう。

 

次は、ミヤコワスレに適した用土についてお伝えします!

 

ミヤコワスレを育てる際の適した用土は何?

 

ミヤコワスレは水はけのいい土が適しています。

水はけの悪い土に植える場合、腐葉土を混ぜるなどで対処しましょう。

次は、ミヤコワスレに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミヤコワスレの育て方!肥料はどうする?

 

鉢植えの場合、化成肥料を与えましょう。

ただし、与えすぎないように注意しましょう。

庭植えの場合、肥料は要らないです。

 

では次は、ミヤコワスレの種まき時期と種まきポイントについてお伝えします!

 

ミヤコワスレの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ミヤコワスレは種の流通は少ないです。

ですので、ポット苗が主流です。

 

次は、ミヤコワスレの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミヤコワスレを育てる際の水の量はどうする?

 

鉢植えの場合、土の表面が乾燥していたらたくさん水を与えましょう。

庭植えの場合、水やりはほとんどしなくても大丈夫です。

 

以上で基本的なミヤコワスレの育て方については終わりです。

次はミヤコワスレの植え替えポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミヤコワスレの植え替えの上手なやり方は?

 

ミヤコワスレの植え替えは5月~6月、9月~10月が適しています。

 

根がよく伸びるので、根詰まりを起こしやすいです。

ですので、鉢植えの場合、毎年植え替えるとよく生長します。

庭植えの場合、数年に1度、植え替えるとよいでしょう、

 

次は、ミヤコワスレの寄せ植えのポイントについてお伝えします!

 

ミヤコワスレの寄せ植えのポイントは?

 

ミヤコワスレは寄せ植えに適しています。

 

 

控え目で小さな花を咲かせるので、メインとなる花に添えるように植えるとよいかもしれませんね。

 

次は、ミヤコワスレの増やし方についてお伝えします!

 

ミヤコワスレの増やし方は?

 

ミヤコワスレは株分けで増やすことができます。

植え替えと同じく、5月~6月、9月~10月が適しています。

 

次は、ミヤコワスレの季節についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミヤコワスレの季節はいつ頃?

 

ミヤコワスレの季節は、春です。

 

 

具体的には、ミヤコワスレの開花時期は4月~6月です。

 

次は、ミヤコワスレ(都忘れ)の意味についてお伝えします!

 

ミヤコワスレ(都忘れ)の意味はなに?

 

鎌倉時代、永久の乱で敗れた順徳天皇が佐渡島へと流されたとき、

ミヤコワスレを見て心を慰められ、都への恋しさを忘れたことからついたと言われています。

 

次は、ミヤコワスレの花言葉についてお伝えします!

 

ミヤコワスレの花言葉は?

 

ミヤコワスレの花言葉は、「しばしの慰め」「別れ」などがあります。

これはミヤコワスレの名前の由来からきているものだと思われます。

 

  • オススメ記事

ニューサイランの育て方等はこちらをご覧ください。

オモト(万年青)の育て方等はこちらをご覧ください。

アーティチョークの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ミヤコワスレのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ミヤコワスレの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりと水はけのいい場所を好みます。

しかし暑さにはやや弱いので、夏は半日陰となる場所がよいでしょう。

土は、水はけのいいものが適しています。

肥料は、鉢植えの場合は化成肥料を与えましょう。

庭植えの場合は必要ありません。

種の流通は少なく、ポット苗が主流です。

水は、鉢植えの場合は土の表面が乾燥していたらたくさん与えましょう。

庭植えの場合は水やりをほとんどしなくても大丈夫です。

 

②ミヤコワスレの植え替えの上手なやり方は?

植え替えは5月~6月、9月~10月が適しています。

植えの場合は毎年植え替えるとよく生長します。

庭植えの場合は数年に1度、植え替えるとよいでしょう、

 

③ミヤコワスレの寄せ植えのポイントは?

メインとなる花に添えるように植えるのをオススメします。

 

④ミヤコワスレの増やし方は?

ミヤコワスレは株分けで増やすことができます。

 

⑤ミヤコワスレの季節はいつ頃?

ミヤコワスレの開花時期は春(4月~6月)です。

 

⑥ミヤコワスレ(都忘れ)の意味はなに?

順徳天皇がミヤコワスレを見て心を慰められ、都への恋しさを忘れたことからついたと言われています。

 

⑦ミヤコワスレの花言葉は?

ミヤコワスレの花言葉は、「しばしの慰め」「別れ」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)