【セントーレア(花)のまとめ!】育て方(剪定方法や種まき)と花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、セントーレアについてまとめていきたいと思います。

 

イタリアに分布しているセントーレアの品種によって、葉の形状や花色が異なります。

 

草丈は高いもので約70㎝に成長し、葉はシロタエギクとよく似ていることからピンクダスティーミラーとも呼ばれています。

花色は基本的に青や紫色となりますが、少ないですが白やピンク色の品種もあります。

 

今回はセントーレアについてのポイント、

①セントーレアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②セントーレアの画像(写真)!
③セントーレアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④セントーレアの剪定(切り戻し)のポイントは?
⑤セントーレアの増やし方は?
⑥セントーレアの種まき時期と種まきのポイントは?
⑦セントーレアの花言葉はなに?
⑧セントーレアの種類や品種は何があるの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはセントーレアの育て方からお伝えします!

 

セントーレアの育て方は?

 

 

セントーレアは他の植物と比べて丈夫な品種となりますので初心者にもオススメな植物です。

 

ただし、高温多湿に弱い品種が多いので、梅雨や真夏時期は育て方に注意する必要があります。

植え替えは秋時期の9月下旬~11月に行い、掘って取り出した株を分けてから植え付けを行いましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、セントーレアが好む環境についてお伝えします!

 

セントーレアの育て方!環境はどうする?

 

 

ヨーロッパ南部の山岳地帯を中心に分布しているセントーレアは、日本の環境では関東地域以南で育つことができます。

 

サントーレアは高温多湿にとても弱い植物ですので、湿度の高い梅雨時期や真夏日は特に注意する必要があります。

耐寒性が高い植物ですので冬場の対策は特に必要はありませんが暑さには弱い植物ですので暖地で夏越しを行うことはとても難しいです。

 

次に、セントーレアに適した用土についてお伝えします!

 

セントーレアを育てる際の適した用土は何?

 

 

セントーレアは強い酸性土壌を苦手とする植物となりますので、強い酸性土壌に植え付ける時は植え場所に苦土石灰を蒔いて中和してあげましょう。

 

鉢植えの場合ですと、自身で用土をつくる時は赤玉土(小粒)6割に腐葉土3割、パーライト1割を配合させてください。

庭植えの場合ですと、水はけの良い環境をつくるために事前に腐葉土を混ぜ込んであげましょう。

 

次に、セントーレアに必要な肥料についてお伝えします!

 

セントーレアの育て方!肥料はどうする?

 

 

セントーレアはそれほどたくさんの肥料が必要である植物ではありません。

庭植えや鉢植えでの育成でも同じくらいの時期に少量の緩効性化成肥料を与える程度でかまいません。

 

肥料は春時期の3月~4月頃もしくは、秋時期の9月下旬~11月頃となります。

 

では次に、セントーレアの水やりポイントをお伝えします!

 

セントーレアを育てる際の水の量はどうする?

 

セントーレアの水やりは土の表面が乾燥してきたらたっぷりと水を与えてあげましょう。

 

乾燥している環境を好む品種となりますので、水の与えすぎには注意しましょう。

庭植えでの育成を行う場合は、水やりはほとんど必要ではなく、降雨のみで育てることができます。

 

以上で基本的なセントーレアの育て方については終わりです。

次に、セントーレアの写真をお見せします!

 

セントーレアの画像(写真)!

 

花姿はヤグルマギクとよく似ているのですが、セントーレアの方が小花の数が少なく花姿は控えめです。

 

葉には深い切れ込みがあり、細かい毛が密生して白い色をしているので高い観賞価値を持っています。

野生の品種は現在数が激減しているので、絶滅危惧種として指定を受けておりますが、観賞用としては幅広く栽培しています。

 

セントーレアの写真はこちらになります。

 

次に、セントーレアの開花時期や季節についてお伝えします!

 

セントーレアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

セントーレアの開花時期は品種により少し前後いたしますが、初夏の5月~8月頃となります。

開花時期になりますと、成長した茎の頂部に珍しいの頭花を開花させます。

 

花びらのように見えるが、頭花は小さな花が花びらのようにみえる集合花となり、良く見ると一つずつの花には5枚の花弁細い管状になっております。

 

次に、セントーレアの剪定(切り戻し)のポイントをお伝えします!

 

セントーレアの剪定(切り戻し)のポイントは?

 

 

セントーレアは丈夫な植物となりますので、特に切り戻しを行う必要はございません

 

環境が少し悪い状態でも生育させることが可能ですが、美しい花を育成したいのであれば用土を腐葉土もしくは堆肥とパーライトを混ぜたものを使用してください。

また、株元をココチップなどでマルチングしてあげることも良い環境で育成する方法のひとつとなります。

 

次に、セントーレアの増やし方についてお伝えします!

 

セントーレアの増やし方は?

 

 

セントーレアは挿し木で増やすことができる植物です。

 

挿し木の適時期は初夏の時期である5月~7月上旬となります。

挿し木は元気の良い茎を選んで、先端から15㎝くらいで切り取りましょう。

 

水揚げ行ってから、挿し木用土に挿し、半日陰の環境でこまめに水を与えてください。

 

次に、セントーレアの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

セントーレアの種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

セントーレアの苗は春から初夏の時期になると店頭で購入することが可能となり、値段もそれほど高くはありません。

 

種まきも同じくらいの春先の3月~5月までに行ってあげましょう。

 

種まきは少し大きめの鉢植えもしくはプランターを選んでください。

種まき後は、日当たりと風通しが良い環境で育成すると良いでしょう。

 

次に、セントーレアの花言葉についてお伝えします!

 

セントーレアの花言葉は何?

 

セントーレアは花名は、鯉のぼりの竿先にある矢車が風を受けて回る姿に似ていることからその名が付けられています。

 

花言葉である独身生活は、英名の意味である独身者のボタンが由来しており、セントーレアの蕾がボタンの形とよく似ており、花を襟元につける習慣が独身男性にあったのでその花言葉が付けられています。

また、優美や優雅という花言葉も付けられていますが、中央にある短い筒状花と周りの長い筒状花が上品で美しい花形からつけられています。

 

最後に、セントーレアの種類や品種をお伝えします!

 

セントーレアの種類や品種は何があるの?

 

 

セントーレアには様々な種類がありますが、どれも個性的となります。

 

モンタナ

モンタナは青い花弁が他の品種と比べて非常に細く珍しいのが特徴的な植物です。

観賞用としても栽培されている植物となりますが、開花最盛時期はとても美しく魅力的です。

丈夫な品種で美しい花姿は控えめなので他の植物との相性も良くペレニアルガーデンにオススメです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

セントーレアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①セントーレアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

セントーレアは他の植物と比べて丈夫な品種となりますので初心者にもオススメな植物です。

ただし、高温多湿に弱い品種が多いので、梅雨や真夏時期は育て方に注意する必要があります。

植え替えは秋時期の9月下旬~11月に行い、掘って取り出した株を分けてから植え付けを行いましょう。

 

②セントーレアの画像(写真)!

花姿はヤグルマギクとよく似ているのですが、セントーレアの方が小花の数が少なく花姿は控えめです。

葉には深い切れ込みがあり、細かい毛が密生して白い色をしているので高い観賞価値を持っています。

野生の品種は現在数が激減しているので、絶滅危惧種として指定を受けておりますが、観賞用としては幅広く栽培しています。

 

③セントーレアの開花時期や季節はいつ頃なの?

セントーレアの開花時期は品種により少し前後いたしますが、初夏の5月~8月頃となります。

開花時期になりますと、成長した茎の頂部に珍しいの頭花を開花させます。

花びらのように見えるが、頭花は小さな花が花びらのようにみえる集合花となり、良く見ると一つずつの花には5枚の花弁細い管状になっております。

 

④セントーレアの剪定(切り戻し)のポイントは?

セントーレアは丈夫な植物となりますので、特に切り戻しを行う必要はございません

環境が少し悪い状態でも生育させることが可能ですが、美しい花を育成したいのであれば用土を腐葉土もしくは堆肥とパーライトを混ぜたものを使用してください。

また、株元をココチップなどでマルチングしてあげることも良い環境で育成する方法のひとつとなります。

 

⑤セントーレアの増やし方は?

セントーレアは挿し木で増やすことができる植物です。

挿し木の適時期は初夏の時期である5月~7月上旬となります。

挿し木は元気の良い茎を選んで、先端から15㎝くらいで切り取りましょう。

水揚げ行ってから、挿し木用土に挿し、半日陰の環境でこまめに水を与えてください。

 

⑥セントーレアの種まき時期と種まきのポイントは?

セントーレアの苗は春から初夏の時期になると店頭で購入することが可能となり、値段もそれほど高くはありません。

種まきも同じくらいの春先の3月~5月までに行ってあげましょう。

種まきは少し大きめの鉢植えもしくはプランターを選んでください。

種まき後は、日当たりと風通しが良い環境で育成すると良いでしょう。

 

⑦セントーレアの花言葉は何?

セントーレアは花名は、鯉のぼりの竿先にある矢車が風を受けて回る姿に似ていることからその名が付けられています。

花言葉である独身生活は、英名の意味である独身者のボタンが由来しており、セントーレアの蕾がボタンの形とよく似ており、花を襟元につける習慣が独身男性にあったのでその花言葉が付けられています。

また、優美や優雅という花言葉も付けられていますが、中央にある短い筒状花と周りの長い筒状花が上品で美しい花形からつけられています。

 

⑧セントーレアの種類や品種は何があるの?

セントーレアには様々な種類がありますが、どれも個性的となります。

 

モンタナ

モンタナは青い花弁が他の品種と比べて非常に細く珍しいのが特徴的な植物です。

観賞用としても栽培されている植物となりますが、開花最盛時期はとても美しく魅力的です。

丈夫な品種で美しい花姿は控えめなので他の植物との相性も良くペレニアルガーデンにオススメです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)