ノハナショウブ(花)の育て方!販売価格や花言葉等11つのポイント!








 

ノハナショウブは初夏の頃から、優美な花姿が魅力的な花を鮮やかに開花させます。

 

三英咲きや六英咲きの他にも八重咲きなどがあり、どれも美しい風情と人気が高く花色が変化していくことから色彩の魔術師と呼ばれています。

湿度の高い場所を好むノハナショウブは分枝を良くする植物で、花の大きさは直径約10㎝となります。

 

今回はノハナショウブについてのポイント、

①ノハナショウブの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ノハナショウブの画像(写真)!
③ノハナショウブの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ノハナショウブの地植え(花壇)のポイントは?
⑤ノハナショウブの増やし方!
⑥ノハナショウブの種子をまく際のポイントは?
⑦ノハナショウブと江別の関係性があるの?
⑧ノハナショウブの販売価格はどれくらいなの?
⑨ノハナショウブの花言葉はなに?
⑩ノハナショウブとハナショウブの違いはなに?
⑪ノハナショウブとカキツバタの違いは?

 

以状11つの点についてお伝えします。

まずはノハナショウブの育て方からお伝えします!

 

ノハナショウブの育て方は?

 

 

害虫はほとんど見られませんが、アブラムシなどがつくことがありますのでオルトラン粒剤を株元にかけてください。

 

茎の中にメイガ類の幼虫が入り込むこともありますので注意してください。

株分けの時に古い根茎を残しておくと腐ってしまうことがありますので取り除きます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ノハナショウブが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ノハナショウブの育て方!環境はどうする?

 

修景効果で開花時期に水に浸かっていることもありますが、実際では水生植物ではないので常に水に浸かった状態にしないでください。

 

ノハナショウブは日当たりの良い環境を好みますので、日当たりの良い場所もしくは半日陰の環境で育ててあげましょう。

湿地を好む植物ですが、乾燥している環境でなければどのような場所でも育成することが可能です。

 

次は、ノハナショウブに適した用土についてお伝えします!

 

ノハナショウブを育てる際の適した用土は何?

 

ノハナショウブの用土には、水持ちが良く水ハケのバランスもある用土を選んであげましょう。

 

地植えでの育成では水持ちが良すぎると根腐れを起こしてしまいますので注意してください。

弱酸性の用土を好む植物ですので、植え付けを行う前に石灰を加えて弱酸性の用土にしましょう。

 

次は、ノハナショウブに必要な肥料についてお伝えします!

 

ノハナショウブの育て方!肥料はどうする?

 

 

ノハナショウブは緩効性の化成肥料もしくは発酵済み油粕を土に埋め込んであげましょう。

植え付け後は、株を太くするために3~9月の間に与えてください。

 

6週間くらい間をあけて、ゆっくり効くタイプの化成肥料か油粕を与えましょう。

 

とくに秋時期の9~10月頃に株を太くすると、次の年も良い花を咲かせることができます。

 

では次は、ノハナショウブの水やりポイントについてお伝えします!

 

ノハナショウブを育てる際の水の量はどうする?

 

 

ノハナショウブは水生の植物ではないので、株元が常に水に浸かると根腐れを起こすことがあります。

 

蕾の時期から開花するまでの間は水を多く与える必要があります。

土が乾燥すると、花がうまく咲かずにしおれてしまいますので、乾いてしまわないように注意してください。

 

以上で基本的なノハナショウブの育て方については終わりです。

次はノハナショウブの写真をお見せします!

スポンサーリンク

 

ノハナショウブの画像(写真)!

 

ノハナショウブは江戸時代頃より多くの品種が育成されていき、今では約2000種類以上もの品種があります。

 

朝鮮半島や中国東北部、シベリア東部に生息しているノハナショウブは、日本ですと全土に渡って分布しています。

野生のノハナショウブは山地や草原の湿地で見られることが多いが、有毒ですので牛馬から食べられないことから繁茂しております。

 

ハナショウブの写真はこちらになります。

 

次はノハナショウブの開花時期や季節はいつ頃なのかについてお伝えします!

 

ノハナショウブの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ノハナショウブの開花時期は、初夏の6月〜7月中旬となります。

 

この時期になるとシットリとした雰囲気をノハナショウブがより魅力的に演出します。

花後はそのままの状態にしていると花つきが悪くなりますので、摘み取ってあげましょう。

 

次はノハナショウブの地植え(花壇)のポイントについてお伝えします!

 

ノハナショウブの地植え(花壇)のポイントは?

 

地植えですと、水ハケが良い環境では上手く育成ができませんので、植え付ける前に完熟堆肥やピートモスを混ぜてあげてください。

 

ノハナショウブを地植えで育成する場合は、約3年に一度、必ず植え替えや株分けを行う必要があります。

3月頃からノハナショウブのまわりに雑草が目立ってくるので除草をこまめに行ってあげましょう。

 

次はノハナショウブの増やし方についてお伝えします!

 

ノハナショウブの増やし方は?

 

 

ノハナショウブは種まきもしくは株分けで増やすことができる植物となります。

 

種まきは秋まきだけでなく春まきでも増やすことが可能ですが、種を蒔いてからは3年たってから開花します。

 

株分けの時期は開花時期を終えてから、もしくは秋時期に株を分けを行います。

株分けを行う時は、根を傷つけないように注意して株を掘り起こしてください。

 

次はノハナショウブの種子をまく際のポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ノハナショウブの種子をまく際のポイントは?

 

 

黒褐色をした蒴果に種子がたくさん入っていて、形は扁半円形となっており大きさは7mmほどになります。

 

種子は10mm弱の三角形で、柔らかい翼状の種皮に覆われている。多少は風で飛ばされるようだ。

ノハナショウブは秋まきもしくは春まきでも、苗を増やすことができます。

 

次はノハナショウブと江別の関係性についてお伝えします!

 

ノハナショウブと江別の関係性は?

 

 

ノハナショウブは江別市の花としてもとても有名となります。

ノハナショウブ群生地が郊外の田園地帯に広がっていてとても美しく、穴場の観光スポットとしても人気です。

 

地元には保護活動を行っている団体ノハナショウブ保存会が立ち上げられており、活動成果によって市の第17回都市景観賞も受賞しています。

 

次はノハナショウブの販売価格をお伝えします!

スポンサーリンク

 

ノハナショウブの販売価格はいくらぐらいなの?

 

アヤメ科アヤメ属に属するノハナショウブは多年草の植物で日向の湿度のある環境を好みます。

 

季節によって状態が変化してくるノハナショウブは、フラワーショップだけでなくネットからもご注文ができます。

一般的には500〜1,000円程で購入することが可能な植物となります。

 

次はノハナショウブの花言葉をお伝えします!

 

ノハナショウブの花言葉は?

 

 

ノハナショウブはハナショウブの原種であり、ハナショウブの後にできたことが名前の由来となっていて、和名は野花菖蒲となります。

 

ノハナショウブの花言葉は、ハナショウブと同じ「嬉しい知らせ」という花言葉がつけられています。

嬉しい知らせは、ハナショウブなどのアイリスで総合的につけられている花言葉で、梅雨時期を鮮やかに魅了することが由来です。

 

次はノハナショウブとハナショウブの違いについてお伝えします!

 

ハナショウブとハナショウブの違いは?

 

 

ハナショウブの歴史は約500年と言われていますが、野生のものを江戸時代よりたくさんの品種が育成されております。

ですのでノハナショウブは観賞用として古い時代から栽培しているハナショウブの原種となります。

 

花があまり目立たない印象をもつショウブと比べてことからハナショウブと呼ばれるようになり、

園芸用に改良されていく品種をハナショウブ、野生の品種をノハナショウブと区別されるようになりました。

 

最後はノハナショウブとカキツバタの違いについてお伝えします!

 

ノハナショウブとカキツバタの違いは?

 

 

カキツバタは年中水につけて管理を行いますが、ノハナショウブは水生の植物とは異なりますので、株元が水についていると根腐れを起こしてしまいます。

 

カキツバタの肥料は少ない状態のほうが成長が良いので完全に根づいてたタイミングで肥料を施してあげますが、

ノハナショウブは株を太くするために植え付け後も間隔をあけて肥料を与える必要があります。

 

カキツバタの花びらは赤紫色に黄色のラインが入っていますが、カキツバタの花びらは白色から淡黄色のラインが入っています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ノハナショウブのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ノハナショウブの育て方(環境、土、肥料、水やり)

害虫はほとんど見られませんが、アブラムシなどがつくことがありますのでオルトラン粒剤を株元にかけてください。

茎の中にメイガ類の幼虫が入り込むこともありますので注意してください。

株分けの時に古い根茎を残しておくと腐ってしまうことがありますので取り除きます。

 

②ノハナショウブの画像(写真)!

ノハナショウブは江戸時代頃より多くの品種が育成されていき、今では約2000種類以上もの品種があります。

朝鮮半島や中国東北部、シベリア東部に生息しているノハナショウブは、日本ですと全土に渡って分布しています。

野生のノハナショウブは山地や草原の湿地で見られることが多いが、有毒ですので牛馬から食べられないことから繁茂しております。

 

③ノハナショウブの開花時期や季節はいつ頃なの?

ノハナショウブの開花時期は、初夏の6月〜7月中旬となります。

この時期になるとシットリとした雰囲気をノハナショウブがより魅力的に演出します。

花後はそのままの状態にしていると花つきが悪くなりますので、摘み取ってあげましょう。

 

④ノハナショウブの地植え(花壇)のポイントは?

地植えですと、水ハケが良い環境では上手く育成ができませんので、植え付ける前に完熟堆肥やピートモスを混ぜてあげてください。

ノハナショウブを地植えで育成する場合は、約3年に一度、必ず植え替えや株分けを行う必要があります。

3月頃からノハナショウブのまわりに雑草が目立ってくるので除草をこまめに行ってあげましょう。

 

⑤ノハナショウブの増やし方!

ノハナショウブは種まきもしくは株分けで増やすことができる植物となります。

種まきは秋まきだけでなく春まきでも増やすことが可能ですが、種を蒔いてからは3年たってから開花します。

株分けの時期は開花時期を終えてから、もしくは秋時期に株を分けを行います。

株分けを行う時は、根を傷つけないように注意して株を掘り起こしてください。

 

⑥ノハナショウブの種子をまく際のポイントは?

黒褐色をした蒴果に種子がたくさん入っていて、形は扁半円形となっており大きさは7mmほどになります。

種子は10mm弱の三角形で、柔らかい翼状の種皮に覆われている。多少は風で飛ばされるようだ。

ノハナショウブは秋まきもしくは春まきでも、苗を増やすことができます。

 

⑦ノハナショウブと江別の関係性があるの?

ノハナショウブは江別市の花としてもとても有名となります。

ノハナショウブ群生地が郊外の田園地帯に広がっていてとても美しく、穴場の観光スポットとしても人気です。

地元には保護活動を行っている団体ノハナショウブ保存会が立ち上げられており、活動成果によって市の第17回都市景観賞も受賞しています。

 

⑧ノハナショウブの販売価格はどれくらいなの?

アヤメ科アヤメ属に属するノハナショウブは多年草の植物で日向の湿度のある環境を好みます。

季節によって状態が変化してくるノハナショウブは、フラワーショップだけでなくネットからもご注文ができます。

一般的には500〜1,000円程で購入することが可能な植物となります。

 

⑨ノハナショウブの花言葉はなに?

ノハナショウブはハナショウブの原種であり、ハナショウブの後にできたことが名前の由来となっていて、和名は野花菖蒲となります。

ノハナショウブの花言葉は、ハナショウブと同じ「嬉しい知らせ」という花言葉がつけられています。

嬉しい知らせは、ハナショウブなどのアイリスで総合的につけられている花言葉で、梅雨時期を鮮やかに魅了することが由来です。

 

⑩ノハナショウブとハナショウブの違いはなに?

ハナショウブの歴史は約500年と言われていますが、野生のものを江戸時代よりたくさんの品種が育成されております。

ですのでノハナショウブは観賞用として古い時代から栽培しているハナショウブの原種となります。

花があまり目立たない印象をもつショウブと比べてことからハナショウブと呼ばれるようになり、

園芸用に改良されていく品種をハナショウブ、野生の品種をノハナショウブと区別されるようになった。

 

⑪ノハナショウブとカキツバタの違いは?

カキツバタは年中水につけて管理を行いますが、ノハナショウブは水生の植物とは異なりますので、株元が水についていると根腐れを起こしてしまいます。

カキツバタの肥料は少ない状態のほうが成長が良いので完全に根づいてたタイミングで肥料を施してあげますが、

ノハナショウブは株を太くするために植え付け後も間隔をあけて肥料を与える必要があります。

カキツバタの花びらは赤紫色に黄色のラインが入っていますが、カキツバタの花びらは白色から淡黄色のラインが入っています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)