ビカクシダ(コウモリラン) の育て方!株分けの方法や種類など7つのポイント!








大きく葉を広げる姿はとてもユニークで、人気のあるビカクシダ。

2種類の葉があり、株元から広がる「貯水葉」シカの角のような「胞子葉」があります。

 

 

その葉の姿から「コウモリラン」とも呼ばれています。

 

着生植物であるため、鉢植えだけでなく、ヘゴ板などで育てることもできます。

観葉植物としても大活躍の植物です。

 

今回はビカクシダについてのポイント、

①ビカクシダの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ビカクシダの鉢植えで育てるポイントは?
③ビカクシダの植え替えの時期とポイントは?
④ビカクシダの枯れる原因と対策は?
⑤ビカクシダの冬越しのポイントは?
⑥ビカクシダの増やし方は?
⑦ビカクシダの種類や品種はなにがある?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはビカクシダの育て方からお伝えします!

 

ビカクシダの育て方は?

 

ビカクシダとは、樹木や岩などに着生しているシダの仲間です。

 

元々は熱帯域で生息しています。

ですので、耐暑性が強く、耐寒性に弱いです。

 

そんなビカクシダについて、ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ビカクシダが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ビカクシダの育て方!環境はどうする?

 

 

熱帯植物であるため、10℃以上の環境が望ましいです。

 

日当たりのよい場所で育てましょう。

日に当たらないと株が弱ってしまいます。

 

次は、ビカクシダに適した用土についてお伝えします!

 

ビカクシダを育てる際の適した用土は何?

 

腐植質のものがよいでしょう。

また、水はけのよい用土で育てましょう。

次は、ビカクシダに必要な肥料についてお伝えします!

 

ビカクシダの育て方!肥料はどうする?

 

1年に1度、置き肥しましょう。

 

種類としては、緩効性化成肥料がよいでしょう。

では次は、ビカクシダの水やりポイントについてお伝えします!

 

ビカクシダを育てる際の水の量はどうする?

 

春~秋には、用土が乾燥していたらたっぷりと水を与えましょう。

冬は乾燥気味にしましょう。

 

以上で基本的なビカクシダの育て方については終わりです。

次はビカクシダの鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ビカクシダの鉢植えで育てるポイントは?

 

ある程度成長したとき、貯水葉で表土が見えなくなってしまい、土から水を与えることができなってしまうこともあります。

そのときには、鉢を受け皿などに入れ、そこへ水を貯めておき、そこから水を吸わせましょう。

 

次は、ビカクシダの植え替えの時期とポイントについてお伝えします!

 

ビカクシダの植え替えの時期とポイントは?

 

ビカクシダの植え替えは、5月~8月が適しています。

株が大きくなったら、ヘゴ板などに着生させると育ちやすいです。

 

次は、ビカクシダの枯れる原因と対策についてお伝えします!

 

ビカクシダの枯れる原因と対策は?

 

カイガラムシが付着することのより、枯れてしまう場合があります。

見つけ次第、防除していきましょう。

 

また、真夏などの強い日光に当たりすぎてしまうと、葉焼けを起こしてしまいます。

しっかりと注意しましょう。

 

次は、ビカクシダの冬越しのポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ビカクシダの冬越しのポイントは?

 

室内の日によく当たる場所で管理しましょう。

 

ポイントとしては、乾燥気味にさせることです。

水やりには注意しましょう。

 

次は、ビカクシダの増やし方についてお伝えします!

 

ビカクシダの増やし方は?

 

株分けで増やすことができます。

 

子株が出ている部分をハサミで切り、株分けします。

9月に行うとよいでしょう。

 

次は、ビカクシダの種類や品種についてお伝えします!

 

ビカクシダの種類や品種はなにがある?

 

原種は18種類あります。

最もポピュラーなビフルカツム、日本の寒さや暑さにも強く育てやすいスペルブムなどがあります。

 

  • オススメ記事

ガジュマルの育て方等はこちらをご覧ください。

アルテシーマの育て方等はこちらをご覧ください。

シェフレラ(カポック)の育て方等はこちらをご覧ください。

 

ビカクシダのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ビカクシダの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのよい場所で育てましょう。

土は、水はけのよい、腐植質のものを使いましょう。

1年に1度置き肥しましょう。

春~秋は用土が乾燥していたらたっぷりと水を与えましょう。

 

②ビカクシダの鉢植えで育てるポイントは?

鉢は受け皿などに入れ、そこへ水を貯めて、吸わせましょう。

 

③ビカクシダの植え替えの時期とポイントは?

5月~8月が適しています。

株が大きくなったら、ヘゴ板などに着生させると育ちやすいです。

 

④ビカクシダの枯れる原因と対策は?

カイガラムシが付着することのより、枯れてしまう場合があります。

見つけ次第、防除しましょう。

また、強い日光に当てすぎないようにしましょう。

 

⑤ビカクシダの冬越しのポイントは?

室内の日のよく当たる場所で、乾燥気味に管理しましょう。

 

⑥ビカクシダの増やし方は?

株分けで増やすことができます。

子株を切り、植え付けましょう。

 

⑦ビカクシダの種類や品種はなにがある?

原種は18種類あります。

最もポピュラーなビフルカツム、日本の寒さや暑さにも強く育てやすいスペルブムなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)