【ジャスミンのまとめ!】育て方(剪定や寄せ植え)と花言葉等19個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ジャスミンについてまとめていきたいと思います。

 

ジャスミンはモクセイ科ソケイ属に属する植物となります。

 

つる性植物であるジャスミンの名は総称となり、主にマツリカやハゴロモジャスミンなど芳香が他の植物と比べて強めな品種のことを示します。

とても良い芳香が特徴的な植物であることから「香りの王様」と呼ばれている植物です。

 

今回は、ジャスミンについてのポイント、

①ジャスミンの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ジャスミンの画像(写真)!花の特徴は?毒性はある?精油としての効能は?
③ジャスミンの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ジャスミンの販売場所は?どこで買えるの?価格(値段)はいくら位なの?
⑤ジャスミンの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥ジャスミンを鉢植え(プランター)や地植え(花壇)や庭植え、水耕栽培で育てる際のポイントは?
⑦ジャスミンの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑧ジャスミンの剪定(切り戻し)の方法は?
⑨ジャスミンの増やし方!株分けのポイントは?
⑩ジャスミンの挿し木(挿し芽)の方法はどうするの?
⑪ジャスミンの種まき時期と種まきのポイントは?
⑫ジャスミンのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑬ジャスミンの冬越しのポイントは?
⑭ジャスミンの花が咲かない原因や枯れる(枯れた)原因や対策方法は?
⑮ジャスミンに似た花は何がある?
⑯ジャスミンの楽しみ方!精油(アロマオイル)や花束(ブーケ)、香水やポプリなど
⑰ジャスミンを使った料理のおすすめレシピは?ゼリーやプリン、紅茶など
⑱ジャスミンの花言葉はなに?何日の誕生花なの?別名や英語でなんと言う?
⑲ジャスミンの種類や品種は何があるの?フィオナサンライズや

 

以上19個の点についてお伝えします。

まずはジャスミンの育て方からお伝えします!

 

目次(クリックで飛べます)

ジャスミンの育て方は?

 

ジャスミンには多くの種類があり、品種によって対応できる環境が異なりますので、予め品種にあった場所を調べておくと良いでしょう。

 

基本的にジャスミンは日当たりの良い環境を好む植物ですので、日光が当たりやすい場所が適地です。

ただし夏の暑い時期は日差しが強くなり、葉焼けを起こすことがあるので移動してください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ジャスミンが好む環境についてお伝えします!

 

ジャスミンの育て方!環境はどうする?

 

 

南国の植物であるジャスミンは、アジアからアフリカが原産の品種となります。

熱帯や亜熱帯地方が原産であるジャスミンを寒い地域で育成する場合は温室で行うことが多いです。

 

ハゴロモジャスミンなど品種によっては耐寒性がある種類もあります。

 

次は、ジャスミンに適した用土についてお伝えします!

 

ジャスミンを育てる際の適した用土は何?

 

ジャスミンは肥沃で水ハケが良いよい土地を好む植物となります。

 

ですので、ジャスミンを育成する場合は水ハケが良い用土を選んであげましょう。

自身で用土をつくる時は赤玉土6割に腐葉土を4割を混ぜ合わせたものを使用してください。

 

市販の用土を使用するので有れば市販の培養土を使用してあげましょう。

 

次は、ジャスミンに必要な肥料についてお伝えします!

 

ジャスミンの育て方!肥料はどうする?

 

 

追肥として初夏時期の5月頃から6月頃に液体肥料を与えるとより良い育成に繋がります。

ジャスミンは冬時期の2月頃から3月頃に寒肥を与えてください。

 

寒肥としてはリン酸を含むハーブ用肥料を使用してあげましょう。

 

では次は、ジャスミンの水やりポイントについてお伝えします!

 

ジャスミンを育てる際の水の量はどうする?

 

ジャスミンの水やりは表土が乾燥したタイミングでたっぷり与えてください。

 

水を与えてしまうとジャスミンは根腐れを起こしてしまいます。

鉢植えの場合でも鉢底皿に水が溜まらないように注意してあげましょう。

 

以上で基本的なジャスミンの育て方については終わりです。

次はジャスミンの写真をお見せします!

 

ジャスミンの画像(写真)!花の特徴は?毒性はある?精油としての効能は?

 

ジャスミンの花はジャスミンティーとしても利用することができる植物となります。

ジャスミンとよく似た花のカロライナジャスミンは毒性があるのでジャスミンティーに誤ってしまわないように注意してください。

 

ジャスミンの種類の中でもイエロージャスミンは毒性が強い品種となります。

 

ジャスミンの写真はこちらになります。

 

次に、ジャスミンの開花時期をお伝えします!

 

ジャスミンの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ジャスミンは多くの種類がありますが花色はほぼ白もしくは黄色となります。

 

ジャスミンの開花時期は夏時期の7月頃~秋時期の9月頃となります。

夜に花を開花させる植物であり、明け方には完全に花開きます。

 

次は、ジャスミンの販売場所をお伝えします!

 

ジャスミンの販売場所は?どこで買えるの?価格(値段)はいくら位なの?

 

 

ツル性であるジャスミンは、半常緑で強い芳香が人気の植物となります。

 

1年の大半葉を茂らせる植物であるジャスミンは、品種によっては観葉植物として楽しむこともできます。

ジャスミンは通販や店舗で購入することが可能となり約300円から約1,000円で購入することが可能となります。

 

それでは次に、ジャスミンの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

ジャスミンの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

ジャスミンの苗は、根の健康が重要ですのでポットに根付いて葉や茎が丈夫なものを選んでください。

 

苗を植え付けや植え替えを行う時は、根を傷つけてしまわないように注意してください。

ポットから苗を出したら土は崩さずそのまま植え付けや植え替えを行いましょう。

 

次は、ジャスミンを鉢植え(プランター)や地植え(花壇)や庭植え、水耕栽培で育てる際のポイントをお伝えします!

 

ジャスミンを鉢植え(プランター)や地植え(花壇)や庭植え、水耕栽培で育てる際のポイントは?

 

ジャスミンを鉢植えで育成する場合は、鉢底に軽石を敷いてから用土を入れましょう。

 

根が傷つくと弱ってしまうので土はそのままの状態で植え付けをし根本まで土を覆ってください。

地植えでジャスミンを育成する場合は、夏時期に葉焼けを起こさないように半日陰に植え付けてあげましょう。

 

品種によっては耐陰性があるので水耕栽培でも蕾を付けることが可能です。

 

次に、ジャスミンの寄せ植えに合う植物をお伝えします!

 

ジャスミンの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

 

魅力的な芳香が特徴であるジャスミンは寄せ植えとしても人気の高い植物となります。

 

ジャスミンはハーブとの組み合わせでオーガニック風の寄せ植えを演出することができます。

ラベンダーなどのハーブ以外でもカラーリーフと合わせるとオシャレな寄せ植えをつくることもできます。

 

次は、ジャスミンの剪定(切り戻し)の方法をお伝えします!

 

ジャスミンの剪定(切り戻し)の方法は?

 

ジャスミンは最低でも1年に1度は剪定を必要とする植物となります。

 

剪定は開花時期を終えてから行いましょう。

剪定場所は花時期を終えたツルを切りましょう。

 

剪定の時は来年花を咲かせるツルは切らないように注意してください。

 

それでは次に、ジャスミンの株分けのポイントをお伝えします!

 

ジャスミンの増やし方!株分けのポイントは?

 

 

ジャスミンは品種によって実を付けることもありますが、基本的に挿し木で増やす植物となります。

 

ジャスミンは根が傷つくと株が弱ってしまいますので株分けでは増やすことが難しくオススメはできません。

挿し木をしたものはしばらくの間日陰で管理をしてあげましょう。

 

次は、ジャスミンの挿し木(挿し芽)の方法をお伝えします!

 

ジャスミンの挿し木(挿し芽)の方法はどうするの?

 

ジャスミンは挿し木で増やすことが可能な植物となります。

 

挿し木を行う適時期は品種によって異なりますが開花時期を終えてからとなります。

固めで丈夫な枝を挿し穂に選んで約10cmで切って水につけてください。

 

水を充分に吸収させてから水分を含んだ挿し木用の用土に刺してあげましょう。

 

次に、ジャスミンの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ジャスミンの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ジャスミンは種がほとんどできない植物となりますので、種からの育成はできません。

 

ジャスミンと似ているしょくぶマダガスカルジャスミンは果実を実らせる植物となります。

果実ができてから種を採取できるようになるまでは長期間かかりますが、種からの育成も可能となります。

 

次は、ジャスミンのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします!

 

ジャスミンのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

 

ジャスミンは他の植物と比べて病気になりにくい植物となります。

 

病気にはかかりにくいのですが、害虫がつくことがあるので注意してください。

暖かくなる春時期から秋時期になるとアブラムシやハダニなどが発生することがあります。

 

害虫はジャスミンの養分を吸収していきますので見つけ次第駆除してください。

 

それでは次に、ジャスミンの冬越しのポイントをお伝えします!

 

ジャスミンの冬越しのポイントは?

 

 

暖かい地域が原産であるジャスミンは基本的に冬越しが難しい植物となります。

 

たくさんの品種があるジャスミンの中には耐寒性がある種類もあります。

霜に当たらないように冬時期は室内など少しでも暖かい場所へ移動してください。

 

次は、ジャスミンの花が咲かない原因や枯れる(枯れた)原因や対策方法をお伝えします!

 

ジャスミンの花が咲かない原因や枯れる(枯れた)原因や対策方法は?

 

ジャスミンは品種によっては耐寒性がありますが、寒い冬時期に0℃以下になると蕾が仮死状態になり花が開花しなくなります。

 

花を開花させるためには最低でも5℃以上の気温である必要がありますので室内へ移動してあげましょう。

ジャスミンは夏の強い日差しを受けると葉焼けを起こしてしまいます。

 

葉焼けを起こすと葉色が白や茶色へと変色をして枯れてしまいますので半日陰の環境での育成をして対策してください。

 

次に、ジャスミンに似た花をお伝えします!

 

ジャスミンに似た花は何がある?

 

モクセイ科ソケイ属の総称であるジャスミンに似た花は様々あります。

 

マチン科ゲルセミウム属に属するカロライナジャスミンはジャスミンとは別の属性となりますが、

よく似た植物という理由からジャスミンと名付けられています。

 

その他にもスタージャスミンなどジャスミンとは全然違う品種の植物ですが、

花姿がよく似ていることからジャスミンと花名が付けられている植物が複数あります。

 

次は、ジャスミンの楽しみ方をお伝えします!

 

ジャスミンの楽しみ方!精油(アロマオイル)や花束(ブーケ)、香水やポプリなど

 

強い芳香が魅力的なジャスミンは、その香りの良さから香水などでも有名な植物となります。

 

夜に開花する品種があるジャスミンは、花が十分咲きになった明朝に摘み取られて香料を絞り出されます。

香料は香水だけでなくアロマオイルやポプリとしても利用されます。

 

その他にも贈り物として花束やブーケとしても人気の高い植物です。

 

それでは次に、ジャスミンを使った料理のおすすめレシピをお伝えします!

 

ジャスミンを使った料理のおすすめレシピは?ゼリーやプリン、紅茶など

 

ジャスミンは中国や台湾などで多く栽培される植物で、リラックス効果のあるジャスミンティーとして利用されています。

 

その他にもゼリーやゼリー、ジャスミンの茶葉を加えて焼いたクッキーなどもオススメです。

お菓子だけでなく茶葉を豚肉のブロックと一緒に蒸し焼きにすると香味がとても良くなります。

 

次は、ジャスミンの花言葉をお伝えします!

 

ジャスミンの花言葉はなに?何日の誕生花なの?別名や英語でなんと言う?

 

ジャスミンは夏時期の6月8日の誕生花である植物です。

 

英語でジャスミンの別名はマツリカとなり和名では茉莉花となります。

ジャスミンの花言葉は「愛想の良い」などがありますが、白い花色のジャスミンは「柔和」、黄色い花色のジャスミンは「優美」などがつけられています。

 

最後に、ジャスミンの種類や品種をお伝えします!

 

ジャスミンの種類や品種は何があるの?フィオナサンライズ

 

 

ジャスミンも属しているソケイ属の植物は約300種以上存在しています。

美しい花や葉が魅力的なので多くの品種は観賞用として親しまれています。

 

フィオナサンライズ

ソケイ属に属するフィオナサンライズは葉色が美しい植物となります。

フィオナサンライズは白色の花を開花させる品種となります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ジャスミンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは19個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ジャスミンの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ジャスミンには多くの種類があり、品種によって対応できる環境が異なりますので、予め品種にあった場所を調べておくと良いでしょう。

基本的にジャスミンは日当たりの良い環境を好む植物ですので、日光が当たりやすい場所が適地です。

ただし夏の暑い時期は日差しが強くなり、葉焼けを起こすことがあるので移動してください。

 

②ジャスミンの画像(写真)!花の特徴は?毒性はある?精油としての効能は?

ジャスミンの花はジャスミンティーとしても利用することができる植物となります。

ジャスミンとよく似た花のカロライナジャスミンは毒性があるのでジャスミンティーに誤ってしまわないように注意してください。

ジャスミンの種類の中でもイエロージャスミンは毒性が強い品種となります。

 

③ジャスミンの開花時期や季節はいつ頃なの?

ジャスミンは多くの種類がありますが花色はほぼ白もしくは黄色となります。

ジャスミンの開花時期は夏時期の7月頃~秋時期の9月頃となります。

夜に花を開花させる植物であり、明け方には完全に花開きます。

 

④ジャスミンの販売場所は?どこで買えるの?価格(値段)はいくら位なの?

ツル性であるジャスミンは、半常緑で強い芳香が人気の植物となります。

1年の大半葉を茂らせる植物であるジャスミンは、品種によっては観葉植物として楽しむこともできます。

ジャスミンは通販や店舗で購入することが可能となり約300円から約1,000円で購入することが可能となります。

 

⑤ジャスミンの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

ジャスミンの苗は、根の健康が重要ですのでポットに根付いて葉や茎が丈夫なものを選んでください。

苗を植え付けや植え替えを行う時は、根を傷つけてしまわないように注意してください。

ポットから苗を出したら土は崩さずそのまま植え付けや植え替えを行いましょう。

 

⑥ジャスミンを鉢植え(プランター)や地植え(花壇)や庭植え、水耕栽培で育てる際のポイントは?

ジャスミンを鉢植えで育成する場合は、鉢底に軽石を敷いてから用土を入れましょう。

根が傷つくと弱ってしまうので土はそのままの状態で植え付けをし根本まで土を覆ってください。

地植えでジャスミンを育成する場合は、夏時期に葉焼けを起こさないように半日陰に植え付けてあげましょう。

品種によっては耐陰性があるので水耕栽培でも蕾を付けることが可能です。

 

⑦ジャスミンの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

魅力的な芳香が特徴であるジャスミンは寄せ植えとしても人気の高い植物となります。

ジャスミンはハーブとの組み合わせでオーガニック風の寄せ植えを演出することができます。

ラベンダーなどのハーブ以外でもカラーリーフと合わせるとオシャレな寄せ植えをつくることもできます。

 

⑧ジャスミンの剪定(切り戻し)の方法は?

ジャスミンは最低でも1年に1度は剪定を必要とする植物となります。

剪定は開花時期を終えてから行いましょう。

剪定場所は花時期を終えたツルを切りましょう。

剪定の時は来年花を咲かせるツルは切らないように注意してください。

 

⑨ジャスミンの増やし方!株分けのポイントは?

ジャスミンは品種によって実を付けることもありますが、基本的に挿し木で増やす植物となります。

ジャスミンは根が傷つくと株が弱ってしまいますので株分けでは増やすことが難しくオススメはできません。

挿し木をしたものはしばらくの間日陰で管理をしてあげましょう。

 

⑩ジャスミンの挿し木(挿し芽)の方法はどうするの?

ジャスミンは挿し木で増やすことが可能な植物となります。

挿し木を行う適時期は品種によって異なりますが開花時期を終えてからとなります。

固めで丈夫な枝を挿し穂に選んで約10cmで切って水につけてください。

水を充分に吸収させてから水分を含んだ挿し木用の用土に刺してあげましょう。

 

⑪ジャスミンの種まき時期と種まきのポイントは?

ジャスミンは種がほとんどできない植物となりますので、種からの育成はできません。

ジャスミンと似ているしょくぶマダガスカルジャスミンは果実を実らせる植物となります。

果実ができてから種を採取できるようになるまでは長期間かかりますが、種からの育成も可能となります

 

⑫ジャスミンのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

ジャスミンは他の植物と比べて病気になりにくい植物となります。

病気にはかかりにくいのですが、害虫がつくことがあるので注意してください。

暖かくなる春時期から秋時期になるとアブラムシやハダニなどが発生することがあります。

害虫はジャスミンの養分を吸収していきますので見つけ次第駆除してください。

 

⑬ジャスミンの冬越しのポイントは?

暖かい地域が原産であるジャスミンは基本的に冬越しが難しい植物となります。

たくさんの品種があるジャスミンの中には耐寒性がある種類もあります。

霜に当たらないように冬時期は室内など少しでも暖かい場所へ移動してください。

 

⑭ジャスミンの花が咲かない原因や枯れる(枯れた)原因や対策方法は?

ジャスミンは品種によっては耐寒性がありますが、寒い冬時期に0℃以下になると蕾が仮死状態になり花が開花しなくなります。

花を開花させるためには最低でも5℃以上の気温である必要がありますので室内へ移動してあげましょう。

ジャスミンは夏の強い日差しを受けると葉焼けを起こしてしまいます。

葉焼けを起こすと葉色が白や茶色へと変色をして枯れてしまいますので半日陰の環境での育成をして対策してください。

 

⑮ジャスミンに似た花は何がある?

モクセイ科ソケイ属の総称であるジャスミンに似た花は様々あります。

マチン科ゲルセミウム属に属するカロライナジャスミンはジャスミンとは別の属性となりますが、

よく似た植物という理由からジャスミンと名付けられています。

 

⑯ジャスミンの楽しみ方!精油(アロマオイル)や花束(ブーケ)、香水やポプリなど

強い芳香が魅力的なジャスミンは、その香りの良さから香水などでも有名な植物となります。

夜に開花する品種があるジャスミンは、花が十分咲きになった明朝に摘み取られて香料を絞り出されます。

香料は香水だけでなくアロマオイルやポプリとしても利用されます。

その他にも贈り物として花束やブーケとしても人気の高い植物です。

 

⑰ジャスミンを使った料理のおすすめレシピは?ゼリーやプリン、紅茶など

ジャスミンは中国や台湾などで多く栽培される植物で、リラックス効果のあるジャスミンティーとして利用されています。

その他にもゼリーやゼリー、ジャスミンの茶葉を加えて焼いたクッキーなどもオススメです。

お菓子だけでなく茶葉を豚肉のブロックと一緒に蒸し焼きにすると香味がとても良くなります。

 

⑱ジャスミンの花言葉はなに?何日の誕生花なの?別名や英語でなんと言う?

ジャスミンは夏時期の6月8日の誕生花である植物です。

英語でジャスミンの別名はマツリカとなり和名では茉莉花となります。

ジャスミンの花言葉は「愛想の良い」などがありますが、白い花色のジャスミンは「柔和」、黄色い花色のジャスミンは「優美」などがつけられています。

 

⑲ジャスミンの種類や品種は何があるの?フィオナサンライズや

ジャスミンも属しているソケイ属の植物は約300種以上存在しています。

美しい花や葉が魅力的なので多くの品種は観賞用として親しまれています。

フィオナサンライズ

ソケイ属に属するフィオナサンライズは葉色が美しい植物となります。

フィオナサンライズは白色の花を開花させる品種となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)