【カロライナジャスミンのまとめ!】育て方(剪定や植え替え)と花言葉等14個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、カロライナジャスミンについてまとめていきたいと思います。

 

ゲルセミウム科やマチン科ゲルセミウム属に属するカロライナジャスミンは常緑つる性の植物となります。

 

観賞用に人気の高いカロライナジャスミンは地植えに適する植物で、庭先を華やかに演出します。

蔓に花をつけていくカロライナジャスミンは花つきが良い品種となります。

 

今回は、カロライナジャスミンについてのポイント、

①カロライナジャスミンの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カロライナジャスミンの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?香りはいい?
③カロライナジャスミンの開花時期や季節はいつ頃なの?
④カロライナジャスミンの苗の植え付けのやり方は?支柱を使った仕立て方は?
⑤カロライナジャスミンの鉢植えや地植え(庭植え)で育てる際のポイントは?
⑥カロライナジャスミンを生垣(フェンス)で育てる際のポイントは?グリーンカーテンにできる?
⑦カロライナジャスミンの植え替えのポイントは?
⑧カロライナジャスミンの剪定(強剪定)のポイントは?
⑨カロライナジャスミンは耐寒性があるの?冬の育て方は?
⑩カロライナジャスミンの増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑪カロライナジャスミンの種まき時期と種まきのポイントは?
⑫カロライナジャスミンの葉が落ちる原因と対策方法は?
⑬カロライナジャスミンの花言葉はなに?
⑭カロライナジャスミンの種類や品種は何があるの?

 

以上14個の点についてお伝えします。

まずはカロライナジャスミンの育て方からお伝えします!

 

目次(クリックで飛べます)

カロライナジャスミンの育て方は?

 

可愛らしい花をたくさんつけるカロライナジャスミンは、とても丈夫な植物ですので、育てやすく初心者にもオススメです。

 

開花させるのは簡単ですが、より美しい花を咲かせたい場合はこまめな管理が必須となります。

カロライナジャスミンに窒素成分を多く含んだ肥料を与えてしまうと花つきが悪くなってしまいますので注意してください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カロライナジャスミンが好む環境についてお伝えします!

 

カロライナジャスミンの育て方!環境はどうする?日陰でも育つの?

 

 

カロライナジャスミンは北アメリカの南西部にカロライナという地域に自生している植物となります。

 

カロライナジャスミンはやや乾燥していて日当たりが良い環境を好む植物となります。

丈夫で育成が簡単なカロライナジャスミンですが、耐寒性が弱く-5℃以下の寒い地方では育成はできません。

 

次は、カロライナジャスミンに適した用土についてお伝えします!

 

カロライナジャスミンを育てる際の適した用土は何?

 

たくましいカロライナジャスミンは土質を特に選ばなくても育成することができる植物です。

 

市販の園芸用培養土でもカロライナジャスミンはじゅうぶん育成することが可能となります。

カロライナジャスミンの花をより綺麗に咲かせたいのであれば肥沃な土壌を選んであげると花つきが良い状態になります。

 

次は、カロライナジャスミンに必要な肥料についてお伝えします!

 

カロライナジャスミンの育て方!肥料はどうする?

 

カロライナジャスミンは肥料を与えなくても育成をすることが可能な植物となります。

 

より美しい花を開花させたい方は、春時期と秋時期の1年を通して二回、緩効性肥料を控えめに与えてください。

また、花期後に粒状化成肥料を根元に与えると来年の花つきが良くなります。

 

では次は、カロライナジャスミンの水やりポイントについてお伝えします!

 

カロライナジャスミンを育てる際の水の量はどうする?

 

 

カロライナジャスミンを地植えで育成する場合は、水やりは必要ありません。

 

鉢植えで育成するのであれば、土の表面が乾燥してきたタイミングでたっぷりと水を与えてください。

カロライナジャスミンの花が咲いている時期は乾燥しないように注意して、こまめに水やりを行いましょう。

 

以上で基本的なカロライナジャスミンの育て方については終わりです。

次はカロライナジャスミンの写真をお見せします!

 

カロライナジャスミンの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?香りはいい?

 

抗ガン作用や血圧を軽減効果があるカロライナジャスミンは治療薬の原料として使用される植物となります。

 

控えめな芳香が魅力的なカロライナジャスミンですが、脈拍増加や心機能障害などの症状を引き起こす有毒植物です。

根茎は特に毒性が多く、カロライナジャスミンをジャスミンティーに使用して中毒症状を引き起こした事例もあります。

 

カロライナジャスミンの写真はこちらになります。

 

次に、カロライナジャスミンの開花時期をお伝えします!

 

カロライナジャスミンの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カロライナジャスミンの開花時期は春時期の4月から梅雨時期の5月頃となります。

 

小さなラッパのような可愛らしい花姿をしたカロライナは花時期になるとたくさん咲かせます。

黄色い花色となりますので明るいイメージのカロライナジャスミンは、一重咲きと八重咲きの二種ありますが、八重咲きよりも一重咲きの方が香りが強いです。

 

次は、カロライナジャスミンの苗の植え付けのやり方をお伝えします!

 

カロライナジャスミンの苗の植え付けのやり方は?支柱を使った仕立て方は?

 

 

カロライナジャスミンの苗を植え付ける時期は開花時期である春頃の4月~初夏の5月頃に行ってください。

その他の植え付け時期では、開花時期を終えてからの9月~10月頃でも苗の植え付けは可能です。

 

カロライナジャスミンの苗は水ハケが良い環境に植え付けてください。

 

水ハケを良くするためには土を少し山状に高植えしてツル性の植物となりますので支柱を事前に用意して苗の近くに設置してあげましょう。

 

それでは次に、カロライナジャスミンの鉢植えや地植え(庭植え)で育てる際のポイントをお伝えします!

 

カロライナジャスミンの鉢植えや地植え(庭植え)で育てる際のポイントは?

 

少し乾燥気味の場所を好むカロライナジャスミンを鉢植えや地植えで育成するのであれば、流通している苗を使用するのが一般的となります。

 

地植えや鉢植えで苗を植え付ける時期は、開花時期の4月~5月頃もしくは花期後の9月~10月に行ってください。

鉢植えでカロライナジャスミンを育成する場合は、鉢底から根が見えてきたタイミングで二回り大きな鉢に植え替えをしてください。

 

次は、カロライナジャスミンを生垣(フェンス)で育てる際のポイントをお伝えします!

 

カロライナジャスミンを生垣(フェンス)で育てる際のポイントは?グリーンカーテンにできる?

 

ツル状の茎にたくさんの花をつけるカロライナジャスミンは日当たりが良い場所を好みますので、フェンスなどでの育成にピッタリの植物です。

 

どんどん成長していくと壁を這っていくこともあり、フェンスの近くでも自身で巻きついていきます。

開花時期になると花をたくさん咲かせるので、とても美しいグリーンカーテンを作ることが可能となります。

 

次に、カロライナジャスミンの植え替えのポイントをお伝えします!

 

カロライナジャスミンの植え替えのポイントは?

 

 

カロライナジャスミンは地植えの場合ですと特に植え替えを行う必要なく育成することが可能となります。

 

鉢植えの場合では鉢底を定期的に確認して、鉢底から根が出てきたら2回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。

植え替えを行う時期は、植え付け同様の春もしくは秋時期の気温が安定している時期に行ってください。

 

それでは次に、カロライナジャスミンの剪定のポイントをお伝えします!

 

カロライナジャスミンの剪定(強剪定)のポイントは?

 

カロライナジャスミンはツルが長く成長していく植物となりますので剪定が必要となります。

 

カロライナジャスミンの剪定は開花時期が終わるくらいのタイミングで行ってください。

夏時期にカロライナジャスミンの剪定を行うと来年に開花してから行うと来年咲く花の蕾を一緒になってしまう恐れがありますので、苗の植え付け時期は注意してください。

 

次は、カロライナジャスミンは耐寒性があるのかをお伝えします!

 

カロライナジャスミンは耐寒性があるの?冬の育て方は?

 

 

寒い地域で育成をしていると落葉することがあるカロライナジャスミンですが、耐寒性はそれなりにある植物です。

 

また冬時期になると葉を落としてしまうことがあり、-10度以下の環境では育成することができません。

また霜にも弱いので、対策としてマルチングを施してあげましょう。

 

次に、カロライナジャスミンの増やし方をお伝えします!

 

カロライナジャスミンの増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

カロライナジャスミンは挿し芽で増やすことが可能な植物となります。

 

カロライナジャスミンの挿し芽は夏時期の5月~6月頃に行ってあげましょう。

挿し穂は10cm程の長さにして、水で薄めておいた植物活力剤につけてください。

 

30分程で水あげをしてから赤玉土の小粒に挿してあげましょう。

 

それでは次に、カロライナジャスミンの種まき時期をお伝えします!

 

カロライナジャスミンの種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

カロライナジャスミンは、種と苗から育成ができる植物となります。

 

カロライナジャスミンの種は市販であまり流通していませんので手に入れることができません。

種からの育成は春時期の4月頃に行いますが、苗から育成する方が育てるのが一般的です。

 

次は、カロライナジャスミンの葉が落ちる原因をお伝えします!

 

カロライナジャスミンの葉が落ちる原因と対策方法は?

 

カロライナジャスミンは葉が変色してしまうことがあり、最悪葉が落ちてしまうこともあります。

 

虫が発生することは多くないカロライナジャスミンですが、根詰まりを起こすと葉が落ちてしまうことがあります。

また、水枯れでも葉が落ちてしまい枯れてしまうことがありますので注意してください。

 

次に、カロライナジャスミンの花言葉をお伝えします!

 

カロライナジャスミンの花言葉はなに?

 

 

カロライナジャスミンは英語ではGelsemium sempervirensとなります。

 

別名イエロージャスミンやトランペットフラワーと呼ばれているるカロライナジャスミンですが、その他にも様々な花名が付けられている植物です。

花言葉として「甘いささやき」と名前が付けられていますが、ジャスミンとよく似た甘い香りをささやくように届けていくことからその名がつけられています。

 

最後に、カロライナジャスミンの種類をお伝えします!

 

カロライナジャスミンの種類や品種は何があるの?

 

花名にジャスミンと付けられていますが、カロライナジャスミンはモクセイ科ソケイ属であるためジャスミンとは別の品種となります。

 

ハゴロモジャスミン

カロライナジャスミンと同じモクセイ科ソケイ属に属する植物となります。

半常緑性のツル植物となり、花の外側はピンク色をしています。

カロライナジャスミンよりも香りが強く観賞用として人気のある植物です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カロライナジャスミンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは14個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カロライナジャスミンの育て方(環境、土、肥料、水やり)

可愛らしい花をたくさんつけるカロライナジャスミンは、とても丈夫な植物ですので、育てやすく初心者にもオススメです。

開花させるのは簡単ですが、より美しい花を咲かせたい場合はこまめな管理が必須となります。

カロライナジャスミンに窒素成分を多く含んだ肥料を与えてしまうと花つきが悪くなってしまいますので注意してください。

 

②カロライナジャスミンの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?香りはいい?

抗ガン作用や血圧を軽減効果があるカロライナジャスミンは治療薬の原料として使用される植物となります。

控えめな芳香が魅力的なカロライナジャスミンですが、脈拍増加や心機能障害などの症状を引き起こす有毒植物です。

根茎は特に毒性が多く、カロライナジャスミンをジャスミンティーに使用して中毒症状を引き起こした事例もあります。

 

③カロライナジャスミンの開花時期や季節はいつ頃なの?

開花時期はは春時期の4月から梅雨時期の5月頃となります。

小さなラッパのような可愛らしい花姿をしたカロライナは花時期になるとたくさん咲かせます。

黄色い花色となりますので明るいイメージのカロライナジャスミンは、一重咲きと八重咲きの二種ありますが、八重咲きよりも一重咲きの方が香りが強いです。

 

④カロライナジャスミンの苗の植え付けのやり方は?支柱を使った仕立て方は?

カロライナジャスミンの苗を植え付ける時期は開花時期である春頃の4月~初夏の5月頃に行ってください。

その他の植え付け時期では、開花時期を終えてからの9月~10月頃でも苗の植え付けは可能です。

カロライナジャスミンの苗は水ハケが良い環境に植え付けてください。

水ハケを良くするためには土を少し山状に高植えしてツル性の植物となりますので支柱を事前に用意して苗の近くに設置してあげましょう。

 

⑤カロライナジャスミンの鉢植えや地植え(庭植え)で育てる際のポイントは?

少し乾燥気味の場所を好むカロライナジャスミンを鉢植えや地植えで育成するのであれば、流通している苗を使用するのが一般的となります。

地植えや鉢植えで苗を植え付ける時期は、開花時期の4月~5月頃もしくは花期後の9月~10月に行ってください。

鉢植えでカロライナジャスミンを育成する場合は、鉢底から根が見えてきたタイミングで二回り大きな鉢に植え替えをしてください。

 

⑥カロライナジャスミンを生垣(フェンス)で育てる際のポイントは?グリーンカーテンにできる?

ツル状の茎にたくさんの花をつけるカロライナジャスミンは日当たりが良い場所を好みますので、フェンスなどでの育成にピッタリの植物です。

どんどん成長していくと壁を這っていくこともあり、フェンスの近くでも自身で巻きついていきます。

開花時期になると花をたくさん咲かせるので、とても美しいグリーンカーテンを作ることが可能となります。

 

⑦カロライナジャスミンの植え替えのポイントは?

カロライナジャスミンは地植えの場合ですと特に植え替えを行う必要なく育成することが可能となります。

鉢植えの場合では鉢底を定期的に確認して、鉢底から根が出てきたら2回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。

植え替えを行う時期は、植え付け同様の春もしくは秋時期の気温が安定している時期に行ってください。

 

⑧カロライナジャスミンの剪定(強剪定)のポイントは?

カロライナジャスミンはツルが長く成長していく植物となりますので剪定が必要となります。

カロライナジャスミンの剪定は開花時期が終わるくらいのタイミングで行ってください。

夏時期にカロライナジャスミンの剪定を行うと来年に開花してから行うと来年咲く花の蕾を一緒になってしまう恐れがありますので、苗の植え付け時期は注意してください。

 

⑨カロライナジャスミンは耐寒性があるの?冬の育て方は?

寒い地域で育成をしていると落葉することがあるカロライナジャスミンですが、耐寒性はそれなりにある植物です。

また冬時期になると葉を落としてしまうことがあり、-10度以下の環境では育成することができません。

また霜にも弱いので、対策としてマルチングを施してあげましょう。

 

⑩カロライナジャスミンの増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

カロライナジャスミンは挿し芽で増やすことが可能な植物となります。

カロライナジャスミンの挿し芽は夏時期の5月~6月頃に行ってあげましょう。

挿し穂は10cm程の長さにして、水で薄めておいた植物活力剤につけてください。

30分程で水あげをしてから赤玉土の小粒に挿してあげましょう。

 

⑪カロライナジャスミンの種まき時期と種まきのポイントは?

カロライナジャスミンは、種と苗から育成ができる植物となります。

カロライナジャスミンの種は市販であまり流通していませんので手に入れることができません。

種からの育成は春時期の4月頃に行いますが、苗から育成する方が育てるのが一般的です。

 

⑫カロライナジャスミンの葉が落ちる原因と対策方法は?

カロライナジャスミンは葉が変色してしまうことがあり、最悪葉が落ちてしまうこともあります。

虫が発生することは多くないカロライナジャスミンですが、根詰まりを起こすと葉が落ちてしまうことがあります。

また、水枯れでも葉が落ちてしまい枯れてしまうことがありますので注意してください。

 

⑬カロライナジャスミンの花言葉はなに?

カロライナジャスミンは英語ではGelsemium sempervirensとなります。

別名イエロージャスミンやトランペットフラワーと呼ばれているるカロライナジャスミンですが、その他にも様々な花名が付けられている植物です。

花言葉として「甘いささやき」と名前が付けられていますが、ジャスミンとよく似た甘い香りをささやくように届けていくことからその名がつけられています。

 

⑭カロライナジャスミンの種類や品種は何があるの?

花名にジャスミンと付けられていますが、カロライナジャスミンはモクセイ科ソケイ属であるためジャスミンとは別の品種となります。

 

ハゴロモジャスミン

カロライナジャスミンと同じモクセイ科ソケイ属に属する植物となります。

半常緑性のツル植物となり、花の外側はピンク色をしています。

カロライナジャスミンよりも香りが強く観賞用として人気のある植物です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)