【ドクニンジンのまとめ!】シャクとの見分け方や花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ドクニンジンについてまとめていきたいと思います。

 

ドクニンジンは、「セリ科」「ドクニンジン属」でヨーロッパが原産の有害な毒を持つ二年草の植物です。

 

中国と北アフリカと北アメリカに帰化し、葉がニンジンの葉に似ていることからドクニンジンと名づけられました。

 

大昔のギリシャでは、罪人を毒殺するためにドクニンジンの抽出液を用いたと言われています。

また、哲学者ソクラテスが処刑される際にドクニンジンの毒によって最期を迎えたという話しは有名です。

 

もともとドクニンジンは、日本で自然に生えておらず薬用植物園で栽培されていたそうです。

いつしかドクニンジンの種が分散したり、不法に持ち込まれたりなどした為に、今では野生化しているようです。

 

今回は、ドクニンジンについてのポイント、

①ドクニンジンの画像(写真)!
②ドクニンジンの開花時期や季節はいつ頃なの?
③ドクニンジンの入手方法は?販売価格はいくら位なの?
④シャクとドクニンジンの違いはなに?
⑤ドクニンジンの花言葉はなに?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはドクニンジンの育て方からお伝えします!

 

ドクニンジンの育て方は?

 

ドクニンジンは1年を通して強い日ざしを避けて、また特に成長期の直射日光は葉焼けを起こす可能性があるので気をつけて育ててください。

ドクニンジンを鉢で育てる場合は、通気性と水はけのよい大きめの鉢を用意してください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ドクニンジンが好む環境についてお伝えします!

 

ドクニンジンの育て方!環境はどうする?

 

ドクニンジンの栽培に関して、管理されている場所や施設以外に、逃げ出す可能性がない適切な方法で栽培することが重要になります。

 

日当たりが良く水はけが悪い環境を好みますが乾燥した場所、湿った場所でも、ドクニンジンを育てることができます。

ドクニンジンは日当たりが良く、湿度の高い場所で栽培すれば、簡単に大きく育ちますが、直射日光を避けることをオススメします。

 

次は、ドクニンジンに適した用土についてお伝えします!

 

ドクニンジンを育てる際の適した用土は何?

 

ドクニンジンは水持ちの良い土であれば、土質は特に選びません。

 

鉢やプランターで、ドクニンジンを育てる場合は市販の野菜用培養土を使用すると簡単に育てられます。

また、地植えでドクニンジンを育てる場合は、土を耕して腐葉土を沢山混ぜ込んであげてください。

次は、ドクニンジンに必要な肥料についてお伝えします!

 

ドクニンジンの育て方!肥料はどうする?

 

肥料がなくても育つくらい、ドクニンジンは強い植物です。

 

ドクニンジンを植えつける際には、根のまわりに肥料を数粒入れて、新芽を確認して葉が開き始めたら置き肥をしてください。

もしドクニンジンの育ちが悪いようであれば、1~2ヶ月に1回野菜用の化学肥料や発酵済みの油かすを土に混ぜ込んであげると良いと思います。

では次は、ドクニンジンの水やりポイントについてお伝えします!

 

ドクニンジンを育てる際の水の量はどうする?

 

ドクニンジンの水やりは、1年を通して夏は夕方に与えて、それ以外は朝1回水を与えてください。

 

湿度の高い場所をドクニンジンは好みますので、鉢やプランターで育ててる場合は、土の表面が乾燥しはじめたらたっぷりと水を与えてください。

またドクニンジンを鉢などで育ててる場合は、器の受け皿に水を溜めて、常に吸水しても大丈夫です。

 

ドクニンジンを地植えしている場合は、乾燥が激しいときだけ水を与えてあげれば十分です。

 

以上で基本的なドクニンジンの育て方については終わりです。

次はドクニンジンの写真をお見せします!

 

ドクニンジンの画像(写真)!

 

ドクニンジンの草丈は約80cm~180cmまで育ちます。

ドクニンジンの根は厚く、尖った針のようになっており、茎は空中で大きく枝分かれして広がります。

 

こちらの写真がドクニンジンの葉になります。

ドクニンジンの葉は鳥の羽の様な形で、花軸が頂上で四方八方に分かれて、全体で直径10cm~15cmほどの白く小さい花を多数つけます。

 

次に、ドクニンジンの開花時期をお伝えします!

 

ドクニンジンの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ドクニンジンの、開花期は8月~10月かけて白色の花が咲きます。

寒さに強く春に芽吹き、ドクニンジンの草丈は150cm以上伸び、夏になると小花が密集して咲きます。

 

次は、ドクニンジンの販売価格をお伝えします!

 

ドクニンジンの入手方法は?販売価格はいくら位なの?

 

ドクニンジンは生態系被害防止外来種としてあげられていて、輸入、育てることなどが制限されているとともに、駆除することが推し進められています。

 

更にドクニンジンは、日本には自然に生えていないため、国外から持ち込むことになりますが、輸入、育てることなどが制限されているので入手は難しいと思われます。

またドクニンジンは相当高額な価格が付けられたと思われるので、何処にも置いてあるものではないと考えられます。

 

それでは次に、シャクとドクニンジンの違いをお伝えします!

 

シャクとドクニンジンの違いはなに?

 

ドクニンジンとシャクの見た目はとてもそっくりですが、ドクニンジンは独特なカビの臭いと、赤紫色の斑点があるのでよく見ると違いが分かります。

 

こちらの写真は、ドクニンジンの茎になります。

 

シャクとドクニンジンを上から見た場合、見分けることは難しいので横から茎を見て見分けます。

シャクは葉の根元が白くなっていますが、ドクニンジンの茎は下の方に、赤紫色の斑点がありますので、そこで見分けてください。

 

最後に、ドクニンジンの花言葉をお伝えします!

 

ドクニンジンの花言葉はなに?

 

ドクニンジンの花言葉は「死も惜しまない」「あなたに死を届ける」「あなたはわたしを死なせる」です。

 

どれもドクニンジンの花言葉には、「死」という言葉が入っており、暗い印象を与えます。

ドクニンジンが有毒を持っていることが由来していて、有毒ということもありますが、花言葉からしても人に贈る花としては適さないと思われます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ドクニンジンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ドクニンジンの画像(写真)!

ドクニンジンの根は厚く、尖った針のようになっており、茎は空中で大きく枝分かれして広がります。

ドクニンジンの葉は鳥の羽の様な形で、花軸が頂上で四方八方に分かれて、全体で直径10cm~15cmほどの白く小さい花を多数つけます。

 

②ドクニンジンの開花時期や季節はいつ頃なの?

ドクニンジンの、開花期は8月~10月かけて白色の花が咲きます。

寒さに強く春に芽吹き、ドクニンジンの草丈は150cm以上伸び、夏になると小花が密集して咲きます。

 

③ドクニンジンの入手方法は?販売価格はいくら位なの?

ドクニンジンは生態系被害防止外来種としてあげられていて、日本には自然に生えていないため、国外から持ち込むことになります。

ですが、ドクニンジンは輸入、育てることなどが制限されているので入手は難しいと思われます。

 

④シャクとドクニンジンの違いはなに?

ドクニンジンとシャクの見た目はとてもそっくりですが、ドクニンジンは独特なカビの臭いと、赤紫色の斑点があるのでよく見ると違いが分かります。

 

⑤ドクニンジンの花言葉はなに?

ドクニンジンの花言葉は「死も惜しまない」「あなたに死を届ける」「あなたはわたしを死なせる」です。

ドクニンジンが有毒を持っていることが由来していて、有毒ということもありますが、花言葉からしても人に贈る花としては適さないと思われます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)