【ヒメリュウキンカのまとめ!】育て方(毒性や増やし方)と花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒメリュウキンカについてまとめていきたいと思います。

 

ヒメリュウキンカは黄色の花色をした一重咲きの植物となります。

 

個体変化の多い植物であるヒメリュウキンカは、白色や八重咲きのものなど斑点模様の葉に変化しているものも流通しております。

丈夫な植物であるヒメリュウキンカは、世界的にも人気が高く愛好家もいるほどとなります。

 

今回は、ヒメリュウキンカについてのポイント、

①ヒメリュウキンカの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒメリュウキンカの花の画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?
③ヒメリュウキンカの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヒメリュウキンカの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑤ヒメリュウキンカの駆除の仕方は?
⑥ヒメリュウキンカとリュウキンカの違いはなに?
⑦ヒメリュウキンカの花言葉はなに?
⑧ヒメリュウキンカの種類や品種は何があるの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはヒメリュウキンカの育て方からお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの育て方は?

 

 

丈夫であるヒメリュウキンカは、とくに手をかける必要がない植物となります。

 

ヒメリュウキンカの育成環境は日当たりが良い環境を選んであげましょう。

凍結に強い植物となりますので冬時期でも成長するのですが、個体変化をしにくい状態になりますので出来るだけ棚上などでの育成を行ってください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒメリュウキンカが好む環境についてお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの育て方!環境はどうする?日陰でも育つの?

 

 

ヒメリュウキンカはヨーロッパ大陸や北アメリカなどの山里の湿度の含んだ環境で自生している植物となります。

 

帰化植物であるヒメリュウキンカは北アメリカの広い範囲で野生化していることから、侵略的外来種に認定されており栽培を禁止している地域もあります。

丈夫な植物であるヒメリュウキンカは凍結にも強いので冬越しをすることも可能となります。

 

木漏れ日があたる環境を好む植物となりますが、乾燥していなければ日陰でも育てることは可能です。

 

次は、ヒメリュウキンカに適した用土についてお伝えします!

 

ヒメリュウキンカを育てる際の適した用土は何?

 

ヒメリュウキンカは特に用土を選ばなくても育てることができる植物となります。

 

自身で用土をつくる時は、赤玉土小粒5割に腐葉土2割、鹿沼土小粒3割を混ぜたものを使用してあげましょう。

市販の用土を使用するのであれば、草花用培養土を使用してあげると良いでしょう。

 

次は、ヒメリュウキンカに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの育て方!肥料はどうする?

 

 

ヒメリュウキンカは肥料をあまり必要としない植物となります。

 

肥料を多く与えてしまうと、草姿が乱れてしまいます。

 

ヒメリュウキンカを庭植えする場合は特に肥料を与える必要はありませんが、

鉢植えでの育成をするのであれば液体肥料を2週間に1回施てあげましょう。

 

では次は、ヒメリュウキンカの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒメリュウキンカを育てる際の水の量はどうする?

 

ヒメリュウキンカを庭植えで育成する場合は降雨のみで特に水やりを行う必要はありません。

 

鉢植えで育成をする場合は、1日1回を目安にして水やりをしてあげましょう。

少し湿度が高い環境や乾燥している環境でも耐えることができる植物ですので、冬越しの時は水やりは特に必要ありません。

 

以上で基本的なヒメリュウキンカの育て方については終わりです。

次はヒメリュウキンカの写真をお見せします!

 

ヒメリュウキンカの花の画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?

 

キンポウゲ科キンポウゲ属に属するヒメリュウキンカは、艶がある心形で縁は鋸歯になっている葉が特徴となります。

 

キンポウゲ属に属する品種の種に含まれているラヌンキュリンという成分が分解される毒性のある物質に変わってしまいます。

それに触れたりすると皮膚炎などの炎症を起こしてしまったり、食すると下痢などの症状が現れます。

 

ヒメリュウキンカの写真はこちらになります。

 

次に、ヒメリュウキンカの開花時期をお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヒメリュウキンカの花色は美しい黄色となりますが、その他にも白色などの花色もあります。

 

ヒメリュウキンカの開花時期は春時期の3月頃から4月頃となります。

開花時期になると成長した茎から生えている葉の付け根から花柄を長く伸ばしていきます。

 

次は、ヒメリュウキンカの増やし方をお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

ヒメリュウキンカは種まきや株分けで増やすことが可能な植物となります。

 

株分けは植え替えをする夏時期の7月下旬から秋時期の9月下旬頃に行ってください。

塊根は芽が一つ以上付いている状態で軽めに引っ張って分けてあげましょう。

 

種まきを行う時期は種を採取することが可能な春時期の4月下旬から梅雨明け頃となり培養土にまいていきます。

 

それでは次に、ヒメリュウキンカの駆除方法をお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの駆除の仕方は?

 

 

見た目が可愛らしいヒメリュウキンカは繁殖力が非常に高い植物となります。

 

一面黄色い花で埋め尽くされている花姿はとても美しいのですが、増殖してしまうと他の品種が成長できなくなってしまいます。

ヒメリュウキンカの駆除方法は根茎から引き抜く、もしくは除草剤を散布してください。

 

次は、ヒメリュウキンカとリュウキンカの違いをお伝えします!

 

ヒメリュウキンカとリュウキンカの違いはなに?

 

 

ヒメリュウキンカの名前にもつけられているリュウキンカはヒメリュウキンカと花姿がよく似ている品種となります。

大きさが異なるだけで同じ分類であると認識されていることが多いのですが、それは誤りでリュウキンカは別の分類であるキンポウゲ科リュウキンカ属に属しています。

 

ヒメリュウキンカは外来種となりますが、リュウキンカは日本の帰化植物となります。

 

次に、ヒメリュウキンカの花言葉をお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの花言葉はなに?

 

4月8日の誕生花であるヒメリュウキンカは英語でRanunculus ficaria、和名では銅姫立金花となります。

 

ヒメリュウキンカの花言葉は「会える喜び」となります。

待ちわびていたヒメリュウキンカが開花した喜びを表している花言葉となります。

 

黄色く可愛らしい花姿のヒメリュウキンカが、魅力的であることを表現している花言葉です。

 

最後に、ヒメリュウキンカの種類をお伝えします!

 

ヒメリュウキンカの種類や品種は何があるの?

 

 

ヒメリュウキンカは、ヨーロッパからアジアに分布するキンポウゲ科キクザキリュウキンカ属の多年草です。

 

アウランティアカス

アウランティアカスはアカガネヒメリュウキンカの名前で流通されている植物です。

花色は山吹色と可愛らしく、雌しべは黄緑色をしており、雄しべと花弁はオレンジ色をしているところが特徴となります。

 

ブラゼン・ハッシー

ブラゼン・ハッシーはカラスバヒメリュウキンカの名前で流通されている植物です。

一重咲きであるブラゼン・ハッシーは花色が黄色となる美しい花姿の品種となります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒメリュウキンカのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒメリュウキンカの育て方(環境、土、肥料、水やり)

丈夫であるヒメリュウキンカは、とくに手をかける必要がない植物となります。

ヒメリュウキンカの育成環境は日当たりが良い環境を選んであげましょう。

凍結に強い植物となりますので冬時期でも成長するのですが、個体変化をしにくい状態になりますので出来るだけ棚上などでの育成を行ってください。

 

②ヒメリュウキンカの花の画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?

キンポウゲ科キンポウゲ属に属するヒメリュウキンカは、艶がある心形で縁は鋸歯になっている葉が特徴となります。

キンポウゲ属に属する品種の種に含まれているラヌンキュリンという成分が分解される毒性のある物質に変わってしまいます。

それに触れたりすると皮膚炎などの炎症を起こしてしまったり、食すると下痢などの症状が現れます。

 

③ヒメリュウキンカの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒメリュウキンカの花色は美しい黄色となりますが、その他にも白色などの花色もあります。

ヒメリュウキンカの開花時期は春時期の3月頃から4月頃となります。

開花時期になると成長した茎から生えている葉の付け根から花柄を長く伸ばしていきます。

 

④ヒメリュウキンカの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

ヒメリュウキンカは種まきや株分けで増やすことが可能な植物となります。

株分けは植え替えをする夏時期の7月下旬から秋時期の9月下旬頃に行ってください。

塊根は芽が一つ以上付いている状態で軽めに引っ張って分けてあげましょう。

種まきを行う時期は種を採取することが可能な春時期の4月下旬から梅雨明け頃となり培養土にまいていきます。

 

⑤ヒメリュウキンカの駆除の仕方は?

見た目が可愛らしいヒメリュウキンカは繁殖力が非常に高い植物となります。

一面黄色い花で埋め尽くされている花姿はとても美しいのですが、増殖してしまうと他の品種が成長できなくなってしまいます。

ヒメリュウキンカの駆除方法は根茎から引き抜く、もしくは除草剤を散布してください。

 

⑥ヒメリュウキンカとリュウキンカの違いはなに?

ヒメリュウキンカの名前にもつけられているリュウキンカはヒメリュウキンカと花姿がよく似ている品種となります。

大きさが異なるだけで同じ分類であると認識されていることが多いのですが、それは誤りでリュウキンカは別の分類であるキンポウゲ科リュウキンカ属に属しています。

ヒメリュウキンカは外来種となりますが、リュウキンカは日本の帰化植物となります。

 

⑦ヒメリュウキンカの花言葉はなに?

4月8日の誕生花であるヒメリュウキンカは英語でRanunculus ficaria、和名では銅姫立金花となります。

ヒメリュウキンカの花言葉は「会える喜び」となります。

待ちわびていたヒメリュウキンカが開花した喜びを表している花言葉となります。

黄色く可愛らしい花姿のヒメリュウキンカが、魅力的であることを表現している花言葉です。

 

⑧ヒメリュウキンカの種類や品種は何があるの?

ヒメリュウキンカは、ヨーロッパからアジアに分布するキンポウゲ科キクザキリュウキンカ属の多年草です。

 

アウランティアカス

アウランティアカスはアカガネヒメリュウキンカの名前で流通されている植物です。

花色は山吹色と可愛らしく、雌しべは黄緑色をしており、雄しべと花弁はオレンジ色をしているところが特徴となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)