【ヤナギランのまとめ!】育て方や花言葉等9個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤナギランについてまとめていきたいと思います。

 

ヤナギランは「アカバナ科」「ヤナギラン属」「多年草」に分類される「山野草」です。

学名は「Chamaenerion angustifolium」です。

 

和名はそのまま「ヤナギラン」で、「柳蘭」と書きます。

ヤナギランの和名は柳に似た細い葉をつけた茎をまっすぐに立ち上げることが由来です。

 

ヤナギランは本州中部以北の北半球の草原に広く自生している植物です。

また、ヤナギランは夏の高原の花の代名詞としても知られています。

 

ヤナギランの鮮やかな赤桃色の花はとてもきれいですが、都会などの環境で育てるには少々気をつけるポイントがあります。

ぜひ挑戦してください!

 

今回は、ヤナギランについてのポイント、

①ヤナギランの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤナギランの画像(写真)!特徴は?群生地はどこにある?
③ヤナギランの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヤナギランを植える際のポイントは?
⑤ヤナギランの増やし方は?種まきの時期とポイントは?
⑥ヤナギランに似た花はなにがあるの?
⑦ヤナギランはお茶にして飲まれるの?
⑧ヤナギランの花言葉はなに?
⑨ヤナギランの種類や品種は何があるの?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはヤナギランの育て方からお伝えします!

 

ヤナギランの育て方は?

 

ヤナギランは日当たりのよい場所を好みます。

しかしながら、都会地では夏場に高温多湿で痛む可能性があるため注意しましょう。

 

春はしっかり日に当てて育てましょう。

梅雨のころからは湿度が高く葉焼けが起こる可能性があるため、朝日のみ当たる半日陰もしくは50%遮光した環境で育てましょう。

秋は芽が充実するため、春と同じくしっかり日に当てて地下茎を育てます。

冬は戸外で管理しても大丈夫ですが、ヤナギランの根は凍結に弱いため、寒冷地では雪の中か部屋もしくはハウスの日陰などで休眠させましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤナギランが好む環境についてお伝えします!

 

ヤナギランの育て方!環境はどうする?

 

上でも言ったように、ヤナギランは日当たりのよい場所を好みます。

都会地でも育てられますが、ヤナギランは暑さにやや弱いため、夏場は高温多湿で痛む可能性があるので注意しましょう。

冬は戸外で管理しても大丈夫ですが、ヤナギランの根は凍結に弱いため、寒冷地では雪の中か部屋もしくはハウスの日陰などで休眠させましょう。

 

次は、ヤナギランに適した用土についてお伝えします!

 

ヤナギランを育てる際の適した用土は何?

 

ヤナギランは山野草用と高山植物用の中間の土を好みます。

具体的には「鹿沼土」「日光砂」「赤玉土」「軽石」を混ぜてください!

 

それぞれの割合は鹿沼土:5、日光砂:2、赤玉土:2、軽石:1程度で混ぜましょう。

 

次は、ヤナギランに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤナギランの育て方!肥料はどうする?

 

ヤナギランには元肥は必要ありません。

 

芽が出た後から盛夏前までと、秋の彼岸を過ぎてから休眠までの間に、月2回程度「液体肥料」を与えましょう。

一緒に置き肥を施してあげるとより効果的です。

 

では次は、ヤナギランの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤナギランを育てる際の水の量はどうする?

 

ヤナギランは水を1日1回たっぷりとあげます。

春と秋冬には朝に、夏は夕方以降に与えましょう。

 

以上で基本的なヤナギランの育て方については終わりです。

次はヤナギランの写真をお見せします!

 

ヤナギランの画像(写真)!特徴は?群生地はどこにある?

 

それでは、今回ご紹介したヤナギランの画像を見てみましょう!

 

 

ヤナギランの花は小さくて可愛らしいですね!

 

ヤナギランの特徴は柳に似た細い葉です。

そして、ヤナギランは鮮やかで可愛らしい小さな花をたくさん咲かせます。

 

ヤナギランの群生地は長野県にある「湯の丸高原」や「霧ヶ峰高原」などがあります。

どちらも「レンゲツツジ」や「マツムシソウ」など、ヤナギラン以外にもたくさんの植物がみられるため、とても人気です。

どちらもきれいな写真が撮れる良いフォトスポットなので、ぜひ訪れてみてください!

 

次に、ヤナギランの開花時期をお伝えします!

 

ヤナギランの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヤナギランの開花時期は7~8月です。

したがってヤナギランの季節はです。

 

次は、ヤナギランを植える際のポイントをお伝えします!

 

ヤナギランを植える際のポイントは?

 

ヤナギランの植え付けの時期は3月の下旬から4月が適期です。

春に芽が出始めたら掘り出し、地下茎を傷めないように注意しながら土をほぐし、長く伸びたひげ根を整えましょう。

 

そして、芽の先端が鉢の中心に来るように植えます。

その時には1cmくらい土をかぶせてあげるとよいです。

 

それでは次に、ヤナギランの増やし方をお伝えします!

 

ヤナギランの増やし方は?種まきの時期とポイントは?

 

ヤナギランの増やし方には「株分け」と「種まき」があります。

 

株分けは植え替えの際に、ふえているものに行います。

芽を確認して、できるだけ根をたくさんつけた状態のランナーを切って分けましょう。

 

種まきはの時期は保存まきが3月の下旬に、とりまきは9月に行います。

種は花後に綿毛の先端にできます。

しっかりと綿毛が開き、先端に茶色い種がついているものを収穫しましょう。

綿毛がついたまま5mmほど土をかぶせてまきましょう。

 

次は、ヤナギランに似た花をお伝えします!

 

ヤナギランに似た花はなにがあるの?

 

ヤナギランは、名前にもあるとおり「ラン科」の花がよく似ています。

ランの品種には「ウチョウラン」「エピテンドラム」などがあります。

 

次に、ヤナギランはお茶にして飲まれるのかをお伝えします!

 

ヤナギランはお茶にして飲まれるの?

 

ヤナギランはお茶としても親しまれています。

 

ヤナギラン茶は解熱効果強いエネルギー効果があります。

さらに、ガンの発症リスクを軽減し、デトックス頭痛の緩和などの効果を有しているとされています。

 

栽培した際には、ぜひ挑戦してみてください!

 

それでは次に、ヤナギランの花言葉をお伝えします!

 

ヤナギランの花言葉はなに?

 

ヤナギランの花言葉は「集中する」「焦点」「一心不乱」です。

ヤナギランの花言葉はとてもかっこいいですね!

 

最後に、ヤナギランの種類をお伝えします!

 

ヤナギランの種類や品種は何があるの?

 

ヤナギランの品種は「カマエネリオン・フレイシェリィ」「ヒメヤナギラン」「カマエネリオン・ドドナイ」などがあります。

 

「カマエネリオン・フレイシェリィ」は欧州アルプスに自生している比較的小さいヤナギランです。

少々まばらな桃色の花が可愛らしいですが、茎が細いため風で倒れやすい特徴があります。

 

「ヒメヤナギラン」はアラスカやロッキー山脈北部で見られる小さなヤナギランです。

草丈は10~20cmくらいで大きな花を咲かせてくれます。

 

「カマエネリオン・ドドナイ」は欧州に広く自生する小さなヤナギランです。

密集した細い葉をつけ、少々小さな桃色の花をつけるのが特徴です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

ヤナギランのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤナギランの育て方(環境、土、肥料、水やり)

上でもお伝えしたように、ヤナギランは日当たりのよい場所を好みます。

都会地でも育てられますが、ヤナギランは暑さにやや弱いため、夏場は高温多湿で痛む可能性があるので注意しましょう。

冬は戸外で管理しても大丈夫ですが、ヤナギランの根は凍結に弱いため、寒冷地では雪の中か部屋もしくはハウスの日陰などで休眠させましょう。

ヤナギランは山野草用と高山植物用の中間の土を好みます。

芽が出た後から盛夏前までと、秋の彼岸を過ぎてから休眠までの間に、月2回程度「液体肥料」を与えましょう。

ヤナギランは水を1日1回たっぷりとあげます。

春と秋冬には朝に、夏は夕方以降に与えましょう。

 

②ヤナギランの画像(写真)!特徴は?群生地はどこにある?

それでは、改めて今回ご紹介したヤナギランの画像を見てみましょう!

 

 

ヤナギランの特徴は柳に似た細い葉です。

そして、ヤナギランは鮮やかで可愛らしい小さな花をたくさん咲かせます。

 

ヤナギランの群生地は長野県にある「湯の丸高原」や「霧ヶ峰高原」などがあります。

どちらも「レンゲツツジ」や「マツムシソウ」など、ヤナギラン以外にもたくさんの植物がみられるため、とても人気です。

 

③ヤナギランの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヤナギランの開花時期は7~8月です。

したがってヤナギランの季節はです。

 

④ヤナギランを植える際のポイントは?

ヤナギランの植え付けの時期は3月の下旬から4月が適期です。

春に芽が出始めたら掘り出し、地下茎を傷めないように注意しながら土をほぐし、長く伸びたひげ根を整えましょう。

そして、芽の先端が鉢の中心に来るように植えます。

その時には1cmくらい土をかぶせてあげるとよいです。

 

⑤ヤナギランの増やし方は?種まきの時期とポイントは?

ヤナギランの増やし方には「株分け」と「種まき」があります。

株分けは植え替えの際に、ふえているものに行います。

芽を確認して、できるだけ根をたくさんつけた状態のランナーを切って分けましょう。

種まきはの時期は保存まきが3月の下旬に、とりまきは9月に行います。

種は花後に綿毛の先端にできます。

しっかりと綿毛が開き、先端に茶色い種がついているものを収穫しましょう。

綿毛がついたまま5mmほど土をかぶせてまきましょう。

 

⑥ヤナギランに似た花はなにがあるの?

ヤナギランは、名前にもあるとおり「ラン科」の花がよく似ています。

ランの品種には「ウチョウラン」「エピテンドラム」などがあります。

 

⑦ヤナギランはお茶にして飲まれるの?

ヤナギランはお茶としても親しまれています。

ヤナギラン茶は解熱効果強いエネルギー効果があります。

さらに、ガンの発症リスクを軽減し、デトックス頭痛の緩和などの効果を有しているとされています。

栽培した際には、ぜひ飲んでみてください!

 

⑧ヤナギランの花言葉はなに?

ヤナギランの花言葉は「集中する」「焦点」「一心不乱」です。

 

⑨ヤナギランの種類や品種は何があるの?

ヤナギランの品種は「カマエネリオン・フレイシェリィ」「ヒメヤナギラン」「カマエネリオン・ドドナイ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)