【オッタチカタバミのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、オッタチカタバミについてまとめていきたいと思います。

 

オッタチカタバミは、カタバミ科の多年草で、道ばたや空き地などに自生しています。

 

日本では京都で最初に発見されました。

茎が縦に立つように育つ事から、オッタチカタバミと名つけられました。

 

今回は、オッタチカタバミについてのポイント、

①オッタチカタバミの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②オッタチカタバミの画像(写真)!特徴は?
③オッタチカタバミの開花時期や季節はいつ頃なの?
④オッタチカタバミを駆除したい!おすすめの除草剤は?
⑤オッタチカタバミの花言葉はなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはオッタチカタバミの育て方からお伝えします!

 

オッタチカタバミの育て方は?

 

オッタチカタバミを育てるには、庭植えか鉢植えが適しています。

 

植えつけ時期は、春先の3月から4月です。

苗植えの場合は、15cmほどの深さに苗ごと植えつけて下さい。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、オッタチカタバミが好む環境についてお伝えします!

 

オッタチカタバミの育て方!環境はどうする?

 

オッタチカタバミの好む環境は、日当たりの良い場所です。

 

庭植えの場合は、日を当てる事でどんどん育っていきます。

鉢植えで室内で育てる場合も、半日陰の場所に置くようにしましょう。

 

次は、オッタチカタバミに適した用土についてお伝えします!

 

オッタチカタバミを育てる際の適した用土は何?

 

オッタチカタバミに適した用土は、水はけの良い土です。

 

庭植えは赤玉土6、腐葉土4を混ぜた土を使うと良いでしょう。

鉢植えの場合も同じですが、好みでパーライトやバーミキュライトを少量混ぜると良いそうです。

 

次は、オッタチカタバミに必要な肥料についてお伝えします!

 

オッタチカタバミの育て方!肥料はどうする?

 

オッタチカタバミは繁殖力が強いため、肥料は特に必要ありません。

鉢植えで、葉の数が少ないときは、緩効性肥料を与えるようにしましょう。

 

では次は、オッタチカタバミの水やりポイントについてお伝えします!

 

オッタチカタバミを育てる際の水の量はどうする?

 

オッタチカタバミの水やりは、

庭植え、鉢植え共に、表面の土が乾いたら水やりをするようにしましょう。

 

以上で基本的なオッタチカタバミの育て方については終わりです。

次はオッタチカタバミの写真をお見せします!

 

オッタチカタバミの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがオッタチカタバミの写真です。

 

オッタチカタバミはカタバミ科の多年草で、草丈は10cm~30cmほどです。

葉は、ハートの様な形をしており、クローバーに似ています。

 

茎を見るとうっすらと白い毛が生えています。

 

細く直立した茎の先から花弁が5枚の黄色い花を咲かせます。

花は光を当てると開き、弱まると閉じてしまう習性があります。

 

次に、オッタチカタバミの開花時期をお伝えします!

 

オッタチカタバミの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

オッタチカタバミの開花時期は、春から秋の4月から10月です。

開花期が長く、絨毯の様に広がる黄色い花を楽しむ事ができますよ。

 

次は、オッタチカタバミを駆除するおすすめの除草剤をお伝えします!

 

オッタチカタバミを駆除したい!おすすめの除草剤は?

 

オッタチカタバミは、繁殖力が強いため放っておくと、庭全体に広がったり、鉢から溢れてしまいます。

 

対策としては、市販の除草剤を使い駆除します。

 

おすすめは粒タイプとスプレータイプの除草剤ですが、粒タイプは、駆除したい場所に適量を散布しスプレータイプなら駆除したい雑草に直接かけるこで効果的に苗数を減らす事ができますよ。

 

それでは最後に、オッタチカタバミの花言葉をお伝えします!

 

オッタチカタバミの花言葉はなに?

 

 

オッタチカタバミの花言葉には、

「喜び」

「心の輝き」

という意味があります。

 

閉じている花に日が当たると、黄色い花がまるで心を開いた様に見えるため、意味がつけられたのでしょうね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

オッタチカタバミのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①オッタチカタバミの育て方(環境、土、肥料、水やり)

オッタチカタバミを育てるには、庭植えか鉢植えが適しています。植えつけ時期は、春先の3月から4月です。

オッタチカタバミの好む環境は、日当たりの良い場所です。

オッタチカタバミに適した用土は、水はけの良い土です。庭植えは赤玉土6、腐葉土4を混ぜた土を使うと良いでしょう。

オッタチカタバミは繁殖力が強いため、肥料は特に必要ありません。

オッタチカタバミの水やりは、庭植え、鉢植え共に、表面の土が乾いたら水やりをするようにしましょう。

 

②オッタチカタバミの画像(写真)!特徴は?

オッタチカタバミはカタバミ科の多年草で、葉は、ハートの様な形をしており、クローバーに似ています。

細く直立した茎の先から花弁が5枚の黄色い花を咲かせます。

 

③オッタチカタバミの開花時期や季節はいつ頃なの?

オッタチカタバミの開花時期は、春から秋の4月から10月です。

 

④オッタチカタバミを駆除したい!おすすめの除草剤は?

駆除する場合、おすすめは粒タイプとスプレータイプの除草剤ですが、

粒タイプは、駆除したい場所に適量を散布し、スプレータイプなら駆除したい雑草に直接かけることで効果的に苗数を減らす事ができます。

 

⑤オッタチカタバミの花言葉はなに?

オッタチカタバミの花言葉には、「喜び」「心の輝き」という意味があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)