トマト(ミニトマト)の栽培方法(育て方)!収穫時期や品種など7つのポイント!








夏の印象が強い野菜のトマト。

太陽の光には強いのですが、温度が高すぎると果肉が劣化する事を知っていましたか?

 

 

今回は、あまり知られていないマイナーな事から基本的な事までお知らせしたと思います。

それでは、早速見ていきましょう。

 

今回はトマトについてのポイント、

①トマトの栽培(環境、土、肥料、水やり)
②トマトの剪定はどうする?
③トマトをプランターで育てるポイントは?
④トマトを鉢植えで育てる際のポイント!
⑤トマトが収穫できるのはいつから?
⑥トマトを栽培する際の病気や害虫はどうする?
⑦トマトの栽培できる種類は何があるの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずは、トマトの育て方からお伝えします!

 

トマトの上手な栽培方法(育て方)は?

 

トマトは強い光を好みます。イメージ通り、太陽の光に照らされるのが好きなようですね。

その反対のジメジメした湿度の強いところは嫌うので注意が必要です。

 

基本的には3月、4月に鉢植え、種を蒔くので収穫できる時期は、7月~9月に収穫が理想的な形なので覚えておいて損はありません。

 

外で栽培するのが良いので是非、可愛がってあげて下さい。

最初は、トマトの好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

トマトの育て方環境はどうする?

 

トマトは、とにかく光が必要で日照不足になると花数が少なる上に質が悪くなるので、日照不足だけは避けなければなりませんので注意が必要です。

 

更に乾燥気味に育てるとより甘くなりおいしいトマトに育てる事ができます。

育てるならおいしいトマトを育てたいですよね。

 

次は、トマトに適した用土をお伝えします!

 

トマトを育てる際に適した用土はなに?

 

トマトを育てる際に使用する用土は、植える2週間前から準備が始まります。

 

土に苦土石灰や堆肥などを蒔いておいて、トマトの苗を植えるまで待ちます。

植える際に支柱を立てるのを忘れないようにして下さい。

 

次は、トマトに必要な肥料についてお伝えします!

 

トマトの育て方!肥料はどうする?

 

肥料は、開花後に実が大きくなり始めたら有機質の緩効性化成を使いましょう。

肥料は一度に多く与えず、小分けにして与えると効果が期待できます。

 

次は、ミニトマトの種まきの時期とポイントについてお伝えします!

 

ミニトマトの種まきの時期と種まきのポイントは?

 

ミニトマトの種まきの時期は、3月に行うと良いでしょう。

もちろん、通常の品種のトマトも同様の時期にできます。

 

ポイントは、9cmポットに3粒蒔いた後に水をたっぷりとあげます。

その後は暖かい環境で、育てると発育が良くなります。

 

 

 

 

もし、ビニールハウスなどがあればそこで育てても大丈夫です。

 

では、次はトマトの水やりについてお伝えします!

 

トマトを育てる際の水やりはどうする?

 

トマトは、乾燥を好む植物なのであまり水をやらなくても構いません。

少し葉が萎えて心配するかもしれませんが、そのくらいの方が質の良いトマトに育つので心配いりません。

 

以上で基本的なトマトの育て方については終わりです。

次はトマトの剪定についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

トマトの剪定はどのようにするの?

 

梅雨入りする前に株元の古い葉を取り除き、風通しを良くすると病気に掛かりにくくなりますのでお勧めです。

病気は避けたいですから、少し面倒でもできる限り剪定して、元気に育つようにしてあげましょう。

 

次は、トマトをプランターで育てるポイントについてお伝えします!

 

トマトをプランターで育てるポイントは?

 

トマトをプランターで育てるには、基本的には今まで紹介したものと同じですが、プランターや土は少し見直す必要があります。

まずは、プランターからお伝えします。

 

プランターは深い物を選んだ方が無難です。

トマトは根が伸びやすいので、最初から深みのあるプランターを選んでおけば根詰まりしないので安心です。

 

土ですが地植えの時のような手間はかからず、野菜用の培養土を使えば問題ありません。

 

次は、トマトを鉢で植えるポイントについてお伝えします!

 

トマトを鉢植えで育てるポイントは?

 

トマトを鉢植えで育てる場合は、プランターで紹介した土と深いプランターを用意すれば問題ありません。

 

 

 

育て方は基本的には変わりません。ただ、日の光が当たる場所と風通しの良い場所に置く事は忘れないで下さいね。

 

次は、トマトを収穫できる時期についてお伝えします!

 

トマトが収穫できるのはいつ?

 

トマトは、開花してから40日~50日程で収穫する事ができます。

収穫の時を楽しみにしながら、育てましょう。

 

次は、トマトを栽培する際の害虫や病気についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

トマトを栽培する際の害虫や病気の対策はどうする?

 

トマトの病気は、下の葉が黄色くしおれてくる萎凋病や葉が巻出しに萎縮し、黄色く変色する黄化葉巻病などがあります。

 

特に黄化葉巻病はトマトにとって、大打撃になりますので特に注意が必要です。

どちらの病気も土壌に細菌が潜んでおり、その細菌が根に侵食して感染します。

感染したとわかったらすぐに土壌を変えて、最近が潜んでいる土壌を薬剤で消息する必要があります。

 

害虫はアブラムシ、カメムシ、粉ジラミなどがいます。

どれもトマトにとっては脅威ですので、見つけたらすぐに駆除剤で駆除しましょう。

 

次は、トマトの栽培できる品種についてお伝えします!

 

トマトの栽培できる種類って何があるの?

 

栽培できるトマトの種類は大玉、中玉、小玉と大きく分けて3種類あります。

今回は、その三種類の中から1つづつ育てやすい品種を紹介します。

 

・大玉

「桃太郎トマト」大玉の中で一番育てやすく、味も美味しいのでお勧めです。

・中玉

「フルティカ」こちらも中玉の中で一番育てやすい品種で、フルーツを食べているような感覚で楽しめます。

・小玉

「アイコ」レッドアイコとイエローアイコがあり、色合いを楽しむ事ができます。

 

  • オススメ記事

ねぎの育て方等はこちらをご覧ください。

えんどう豆の育て方等はこちらをご覧ください。

レタスの育て方等はこちらをご覧ください。

 

トマトのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①トマトの栽培(環境、土、肥料、水やり)

基本的には3月、4月に鉢植え、種を蒔くので収穫できる時期は、7月~9月に収穫が理想的な形なので覚えておいて損はありません。

環境は、日照不足にならないようにして、湿気が多くない場所に置いてください。

用土は、植える2週間前に苦土石灰や堆肥などを蒔いておいて、トマトの苗を植えるまで待ちます。

肥料は、開花後に実が大きくなり始めたら有機質の緩効性化成を使いましょう

種まきの時期は、3月に行うと良いでしょう。もちろん、通常の品種のトマトも同様の時期にできます。種を植えたらたっぷり水をあげましょう。

水やりは、乾燥を好みますので水は控えめにした方が良いでしょう。

 

②トマトの剪定はどうする?

梅雨入りする前に株元の古い葉を取り除き、風通しを良くすると病気に掛かりにくくなりますのでお勧めです。

 

③トマトをプランターで育てるポイントは?

プランターは深めの物にして、土は野菜用の培養土を使って下さい。

 

④トマトを鉢植えで育てる際のポイント!

基本的は、プランターと変わりませんが、日照時間が長くなる場所に置いてあげると良く育ちます。

 

⑤トマトが収穫できるのはいつから?

収穫は、開花してから40日~50日で実ができます。

 

⑥トマトを栽培する際の病気や害虫はどうする?

病気は、萎凋病や黄化葉巻病があります。

害虫は、アブラムシ、カメムシ、粉ジラミなどがいます。

 

⑦トマトの栽培できる種類は何があるの?

大玉、中玉、小玉の3種類のカテゴリーがあります。

 

大玉は、桃太郎

中玉は、フルティカ

小玉は、レッドアイコ、イエローアイコ

 

トマトは、野菜の中でも比較的に育てやすい品種で料理にも使える便利な野菜ですので、是非育ててみてはいかがでしょうか?

 

それでは、今回これで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)