【トレビスのまとめ!】育て方やおすすめのレシピ等8個のポイント!

 

みなさんこんにちは。

今回は、トレビスについてまとめていきたいと思います。

 

トレビスは、キク科キクニガナ属チコリー種トレビス変種です。

原産地はイタリアで、以前は輸入がほとんどでしたが、最近は日本でも栽培しており、長野県や北海道産が流通しています。

 

学名は「Cichorium intybus var. foliosum」です。

 

今回は、トレビスについてのポイント、

①トレビスの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②トレビスの画像(写真)!花の特徴は?苦いの?効能や栄養はあるの?アントシアニンが豊富なの?
③トレビスの旬の時期や収穫時期はいつ頃なの?産地はどこが多いの?
④トレビスの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤トレビスの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥トレビスの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑦トレビスの美味しい食べ方!マリネやサラダや酢漬け等のレシピも!
⑧トレビスの種類や品種は何があるの?紫キャベツやチコリとの違いはなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはトレビスの育て方からお伝えします!

 

トレビスの育て方(栽培方法)は?家庭菜園に向いているの?

 

トレビスは、害虫に強く比較的育てやすい野菜です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、トレビスが好む環境についてお伝えします!

 

トレビスの育て方!環境はどうする?

 

トレビスは、日当たりの良い場所を好みますが、暑さには弱いので25℃以下の環境で育てるようにしましょう。

 

次は、トレビスに適した用土についてお伝えします!

 

トレビスを育てる際の適した用土は何?

 

トレビスは、弱酸性の用土を好みます。

植え付ける2週間前に苦土石灰を馴染ませておき、植え付ける前に堆肥と化成肥料を混ぜるのが良いでしょう。

 

次は、トレビスに必要な肥料についてお伝えします!

 

トレビスの育て方!肥料はどうする?

 

トレビスの肥料は、植え付けてから2週間後頃に、堆肥を追肥し、株元に化成肥料をまくのが良いでしょう。

 

では次は、トレビスの水やりポイントについてお伝えします!

 

トレビスを育てる際の水の量はどうする?

 

トレビスは、乾燥に弱いので、土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えるのが良いでしょう。

 

以上で基本的なトレビスの育て方については終わりです。

次はトレビスの写真をお見せします!

 

トレビスの画像(写真)!花の特徴は?苦いの?効能や栄養はあるの?アントシアニンが豊富なの?

 

 

トレビスは、紫キャベツに似て葉が赤紫色の結球した野菜です。

 

7月頃に2㎝程の薄い青紫色の美しい花を咲かせます。

トレビスは、シャキシャキとした触感とほろ苦い味が特徴で、フランス料理やイタリア料理に良く使用されます。

 

トレビスは、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。

カリウムが比較的豊富で、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも多く含んでいます。

カリウムは高血圧予防に有効で、アントシアニンは抗酸化作用があります。

 

次に、トレビスの旬の時期や収穫時期をお伝えします!

 

トレビスの旬の時期や収穫時期はいつ頃なの?産地はどこが多いの?

 

トレビスは、11月~3月に収穫できます。

トレビスの産地は、日本では北海道や長野県、岡山県、鹿児島県です。

 

次は、トレビスの値段や販売価格をお伝えします!

 

トレビスの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

トレビスは、結球した状態で、400g¥560程度で販売されています。

トレビスの種は、一袋¥400程度で販売されています。

 

それでは次に、トレビスの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

トレビスの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

トレビスの苗の植え付けは、春まきの場合は4月頃、秋まきの場合は9月頃に行います。

畝の高さは10㎝程度で、株間は30㎝程度空けて植え付けます。

 

トレビスを植え替えるタイミングは、種を育苗床で育て、本葉が5枚以上になった株を植え付けましょう。

根は崩さずに、植え付けた後はたっぷりの水を与えます。

 

次は、トレビスの増やし方をお伝えします!

 

トレビスの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

トレビスは、種を採取して、その種で増やすことができます。

 

トレビスの種まき時期は、春まきは3月頃、秋まきは8月頃に行います。

育苗床の培養土に数粒ずつまいて、薄く培養土をかけ、水やりをします。

発芽したら、生育のいいものを残すように間引きを行い、本葉が5枚~6枚になるまで育てます。

 

次に、トレビスの美味しい食べ方をお伝えします!

 

トレビスの美味しい食べ方!マリネやサラダや酢漬け等のレシピも!

 

トレビスはサクサク、シャキシャキとした触感とほろ苦さが特徴の野菜です。

又、赤紫色もきれいなので、その特徴を生かしたマリネ(酢漬け)やサラダを紹介します。

 

トレビスのマリネ(甘酢漬け)

<材料>

トレビス  半分

■酢    100ml

■はちみつ 大さじ2

■ローレル 1枚

塩     適量

<作り方>

①トレビスを食べやすい大きさにちぎって、塩をまぶす。

②■を合わせてマリネ液を作る。

③①のトレビスの水気を切り、塩味を好みの加減にする。

④③を②に漬ける。

 

トレビスのサラダ

<材料>

カリフラワー    1個

トレビス      5枚

新玉ねぎ      1/2個

■酢        大さじ2

■オリーブオイル  大さじ2

■レモン汁     小さじ2

■黒コショウ    適量

■塩        適量

<作り方>

①カリフラワーは食べやすい大きさにカットし茹で、冷ます。

②トレビスは食べやすい大きさに手でちぎり、新玉ねぎは薄く千切りして一緒に水にさらす。

③■の調味料を合わせてドレッシングを作る。

④①②を③で和える。

 

それでは最後に、トレビスの種類や品種をお伝えします!

 

トレビスの種類や品種は何があるの?紫キャベツやチコリとの違いはなに?

 

トレビスの種類は、早生種で大暑性がある「レッドストーン」、大玉に成長する「レッドロック」「トレビノ」があります。

 

トレビスと紫キャベツは、見た目はそっくりであるが、トレビスがキク科である一方、紫キャベツはアブラナ科です。

又、トレビスの味は苦みを感じますが、紫キャベツは普通のキャベツと同じ味で苦みは感じられません。

 

トレビスとチコリは同じキク科キクニガナ属の野菜です。

日本では、丸く結球したものをトレビス、細長いものをチコリと分類することもあります。

 

チコリは、赤紫色のものもありますが、主に黄緑色のものが流通しています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

トレビスのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①トレビスの育て方(環境、土、肥料、水やり)

トレビスは、日当たりの良い場所で、25℃以下の環境で育てるようにしましょう。

トレビスの用土は、弱酸性の用土が良いので、植え付ける2週間前に苦土石灰を馴染ませておきましょう。

トレビスの肥料は、植え付けてから2週間後頃に堆肥を追肥し、株元に化成肥料をまくのが良いでしょう。

トレビスの水やりは、土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えるのが良いでしょう。

 

②トレビスの画像(写真)!花の特徴は?苦いの?効能や栄養はあるの?アントシアニンが豊富なの?

トレビスの花は、2㎝程の薄い青紫色をしています。

トレビスは、ほろ苦い味が特徴です。

トレビスは、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。

又、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも多く含んでいます。

 

③トレビスの旬の時期や収穫時期はいつ頃なの?産地はどこが多いの?

トレビスの収穫時期は、11月~3月頃です。

トレビスの産地は、日本では北海道や長野県、岡山県、鹿児島県です。

 

④トレビスの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

トレビスは、結球した状態で、400g¥560程度で販売されています。

トレビスの種は、一袋¥400程度で販売されています。

 

⑤トレビスの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

トレビスの苗の植え付けは、4月頃か9月頃に、株間を30㎝程空けて、根を崩さないように行います。

トレビスを植え替えるタイミングは、種を育苗床で育て、本葉が5枚以上になった株を植え付けましょう。

 

⑥トレビスの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

トレビスは、種を採取して、その種で増やすことができます。

トレビスの種まき時期は、3月頃か8月頃、育苗床の培養土に数粒ずつまき、発芽したら間引きを行うと良いでしょう。

 

⑦トレビスの美味しい食べ方!マリネやサラダや酢漬け等のレシピも!

トレビスはサクサク、シャキシャキとした触感とほろ苦さが特徴の野菜です。

色もきれいなので、その特徴を生かしたマリネ(酢漬け)やサラダを紹介します。

 

⑧トレビスの種類や品種は何があるの?紫キャベツやチコリとの違いはなに?

トレビスの種類は、「レッドストーン」「レッドロック」「トレビノ」があります。

トレビスと紫キャベツの違いは、トレビスがキク科、紫キャベツはアブラナ科です。

又、トレビスは苦みを感じますが、紫キャベツは苦みは感じられません。

トレビスとチコリの違いは、日本では、丸く結球したものをトレビス、細長いものをチコリと分類することもあります。

又、トレビスは赤紫だけですが、チコリは黄緑色が主流です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)