ねぎの育て方(栽培方法)!収穫時期や花言葉など10個のポイント!








健康にも良い栄養たっぷりのねぎ。

 

 

日本では風邪を引いたときにはねぎがいいと言われていますね。

ねぎは比較的育てやすい野菜なので、ぜひ挑戦してみましょう。

 

そんなねぎですが、発芽させる重要なポイントがあります。

 

そのポイントとは、〇〇〇〇させないことです!

〇〇〇〇とは一体なんでしょう・・・!?

このページに答えが書いてありますので、ぜひチェックしてみてください!

 

今回はねぎについてのポイント、

①ねぎの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ねぎの収穫時期っていつ頃なの?
③ねぎを水耕栽培で育てるポイントは?
④ねぎの植え方はどうする?
⑤ねぎって植え替えが必要なの?
⑥ねぎを発芽させる際のポイントは?
⑦ねぎを育てる際の注意すべき病気や害虫は?対策方法も!
⑧ねぎの保存方法はどうするのがいいの?
⑨ねぎの種類や品種は何がある?
⑩ねぎの花言葉はなに?

 

以上10つの点についてお伝えします。

まずはねぎの育て方からお伝えします!

 

ねぎの育て方(栽培方法)は?

 

ねぎは中国や中央アジアが原産で、生育の適性温度は15~20℃です。

これを超えてしまうと生長が衰えてしまうため、注意しましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ねぎが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ねぎの育て方!環境はどうする?

 

日当たりのいい場所が適していますが、日当たりの悪い場所でも育てることができます。

寒さにも暑さにもやや強いため、育てやすい野菜です。

 

ただ、多湿には弱いので、通気性や水はけの悪い環境では育てないようにしましょう。

 

次は、ねぎに適した用土についてお伝えします!

 

ねぎを育てる際の適した用土は何?

 

水はけがよく、保水性のいい土が適しており、酸性の土壌を嫌います。

 

 

ですので、酸性に偏り気味の土壌では石灰を混ぜ込み、土壌の酸度を調整しましょう。

また、あまり軟らかくない土を選ぶとよいでしょう。

 

次は、ねぎに必要な肥料についてお伝えします!

 

ねぎの育て方!肥料はどうする?

 

肥料は、基本的に生育状態に合わせて与えるので、元肥は特に必要ありません

植え付けてからは、1ヶ月ほど経った後~収穫する1ヶ月前までに4度ほど与えるとよく育つでしょう。

 

次は、ねぎの水やりポイントについてお伝えします!

 

ねぎを育てる際の水の量はどうする?

 

芽が出た後であれば、水は特に必要ありません。

ただ、葉がしおれているような状態でしたら与えましょう。

 

以上で基本的なねぎの育て方については終わりです。

次はねぎの収穫時期についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

ねぎの収穫時期っていつ頃なの?

 

春植えの場合は7~8月、夏植えの場合は12~2月に収穫できます。

具体的には、白い部分が40~50cmになったときがよいでしょう。

 

次は、ねぎの水耕栽培についてお伝えします!

 

ねぎを水耕栽培で育てるポイントは?

 

ねぎを水耕栽培で育てる場合、まず根が浸かるほどの容器を準備し、水を張ります。

 

 

できるだけ日当たりのいい場所で管理しましょう。

 

ポイントとしては、毎日水を取り替えることです。

 

次は、ねぎの植え方についてお伝えします!

 

ねぎの植え方はどうする?

 

ここでは、苗を植え付ける方法についてお伝えします。

 

幅90~100cmほどの区画を確保し、真ん中に幅15cmほど、深さ25cmほどの溝を掘ります。

そして、溝の壁際に苗を5cmほど間隔をあけつつ、まっすぐに立てていきます。

このとき、根の部分を土で軽く押さえつけましょう。

 

先端部分と互い違いになるくらい、根元部分にワラをかぶせて苗を安定させたら完了です。

次は、ねぎの植え替えについてお伝えします!

 

ねぎって植え替えが必要なの?

 

ねぎは種から育てる場合、植え替えしましょう。

草丈が40~50cmほどに生長したら植え替えの時期です。

根部分を傷つけないように1本ずつに分け、新たな場所へと植え付けましょう。

 

植え方については、すでに述べた方法で行えます。

 

次は、ねぎを発芽させるポイントについてお伝えします!

 

ねぎを発芽させる際のポイントは?

 

最初に、発芽させる重要なポイント〇〇〇〇させないことと述べました。

それは、「土を乾燥」させないことです!

 

基本的に水やりは不要ですが、発芽するまでは水がキーポイントとなります。

ですので、不織布をべた掛けしておき、土が乾燥しないようにしましょう。

また、不織布は発芽後に外しましょう。

 

次は、ねぎを育てる際に注意すべき病気や害虫についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

ねぎを育てる際の注意すべき病気や害虫は?対策方法も!

 

ねぎを育てる際の注意すべき病気には、軟腐病や葉に黄緑色の斑点が出るウイルス病などがあります。

ウイルス病は、害虫が原因となって発症する病気なので、害虫が発生しているかどうか、よく確認しましょう。

 

 

ねぎを育てる際の注意すべき害虫には、アブラムシやネギハモグリバエなどがいます。

見つけ次第駆除する、もしくは、殺虫殺菌剤を用いましょう。

 

次は、ねぎの保存方法についてお伝えします!

 

ねぎの保存方法はどうするのがいいの?

 

ねぎは常温でも冷蔵でも保存することができます。

 

常温保存する場合、新聞紙に包み、冷暗所に立てた状態で保存しましょう。

保存期間は1週間ほどです。

 

冷蔵保存する場合、緑色の部分と白色の部分を切り分け、それぞれキッチンペーパーなどで包み、さらにポリ袋などに入れた後、冷蔵庫に立てた状態で保存するとよいでしょう。

保存期間は10日ほどです。

 

次は、ねぎの種類や品種についてお伝えします!

 

ねぎの種類や品種は何がある?

 

ねぎはネギ属の仲間であり、ニラやにんにくもその1つです。

 

種類は大きくわけると2つあり、根深ネギと葉ネギがあります。

 

根深ネギの品種には、松本一本ネギ雷帝下仁田などがあります。

葉ネギの品種には、九条ネギ難波ネギなどがあります。

 

次は、ねぎの花言葉についてお伝えします!

 

ねぎの花言葉はなに?

 

ねぎの花言葉には「愛嬌」「微笑み」「笑顔」などがあります。

 

 

なぜこのような言葉がついたのかと言いますと、ねぎの花は可愛らしく、親しみやすい見た目をしているからだといわれています。

 

  • オススメ記事

玉ねぎの育て方等はこちらをご覧下さい。

えんどう豆の育て方等はこちらをご覧ください。

じゃがいもの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ねぎのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ねぎの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ねぎの生育の適性温度は15~20℃です。

日当たりのいい場所が適しており、多湿には弱いです。

土は水はけがよく、保水性のいいものが適しており、酸性の土壌を嫌います。

元肥は特に必要ありませんが、植え付け後には与えましょう。

水は特に必要ありませんが、葉がしおれているような状態でしたら与えましょう。

 

②ねぎの収穫時期っていつ頃なの?

ねぎの収穫時期は、春植えの場合は7~8月、夏植えの場合は12~2月です。

 

③ねぎを水耕栽培で育てるポイントは?

ねぎを水耕栽培で育てるポイントは、毎日水を取り替えることです。

 

④ねぎの植え方はどうする?

ねぎを植える際は、溝を掘り、5cmほど間隔をあけつつ、まっすぐに苗立てましょう。

先端部分と互い違いになるくらい、根元部分にワラをかぶせて苗を安定させたら完了です。

 

⑤ねぎって植え替えが必要なの?

種から育てた場合、植え替えが必要です。

草丈が40~50cmほどに生長したら植え替えましょう。

 

⑥ねぎを発芽させる際のポイントは?

ねぎを発芽させる際のポイントは、不織布をべた掛けしておき、土を乾燥させないことです。

 

⑦ねぎを育てる際の注意すべき病気や害虫は?対策方法も!

ねぎを育てる際の注意すべき病気には、軟腐病や葉に黄緑色の斑点が出るウイルス病などがあります。

ねぎを育てる際の注意すべき害虫には、アブラムシやネギハモグリバエなどがいます。

病気も害虫を介してなるものが多いため、害虫は見つけ次第駆除、もしくは、殺虫剤を用いましょう。

 

⑧ねぎの保存方法はどうするのがいいの?

ねぎは常温保存する場合、新聞紙に包み、冷暗所に立てた状態で保存しましょう。

冷蔵保存する場合、緑色の部分と白色の部分を切り分け、それぞれをキッチンペーパーなどで包み、さらにポリ袋などに入れ、立てた状態で保存するとよいでしょう。

 

⑨ねぎの種類や品種は何がある?

ねぎの種類は大きくわけると2つあり、根深ネギと葉ネギがあります。

根深ネギの品種には、松本一本ネギや雷帝下仁田などがあります。

葉ネギの品種には、九条ネギや難波ネギなどがあります。

 

⑩ねぎの花言葉はなに?

ねぎの花言葉には「愛嬌」「微笑み」「笑顔」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)