ダンコウバイの育て方!紅葉の時期や花言葉など6つのポイント!








今回は、3月には黄色い花を咲かせ、紅葉の時期には黄色い葉に変色する、ダンコウバイについてです。

 

 

ダンコウバイは雌雄異株なので実をつけるのですが、黄色い紅葉のの方が目立つ印象があります。

それは、ダンコウバイの紅葉がモミジと並ぶ程人気だからです。

 

では、気になる育て方を見ていきましょう!

 

今回はダンコウバイについてのポイント、

①ダンコウバイの育て方(環境、土、肥料、水やり
②ダンコウバイの剪定ポイントは?
③ダンコウバイの挿し木はどうする?
④ダンコウバイを庭で庭木として育てるポイントは?
⑤ダンコウバイの紅葉の時期は?
⑥ダンコウバイの花言葉は?

 

以上6つの点についてお伝えします。

まずはダンコウバイの育て方からお伝えします!

 

ダンコウバイの育て方は?

 

 

ダンコウバイの開花時期は、3月~4月です。

 

黄色い花が密集し丸みを帯びた形をした花を咲かせます。

アブラチャンという木の花によく似ています。

 

違いは、ダンコウバイには柄がありアブラチャンには柄がないので、よく見れば見分けられます。

どちらも綺麗な花なので、見比べてみると面白いかもしれませんね。

 

また、ダンコウバイには「アブラムシ」や「カイガラムシ」などの害虫がつくことがあります。

 

見つけたら、木の栄養を食いつくされる前に駆除しましょう。

市販の駆除剤を使用して問題ありませんので、是非害虫から守ってあげて下さい。

 

最初は、ダンコウバイが好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

ダンコウバイの育て方!環境はどうする?

 

ダンコウバイは、乾燥に弱いです。

 

株元に日が当たりすぎる場所に置くと元気をなくしてしまうので、半日陰などの日が直接当たらない場所に置くと安心です。

もし、そのような場所が見当たらないのであれば、株元の土に保湿性のある腐葉土を混ぜて植えるなどして乾燥を防ぐと良いでしょう。

 

次は、ダンコウバイに適した用土についてお伝えします!

 

ダンコウバイを育てる際の適した用土は何

 

用土は水はけの良い土で育てると良いでしょう。

乾燥弱いのが特徴ですが、乾燥を防ぐために水が溜まりやすい土に植えてしまうと根腐れを起こしますので、丁度良い塩梅の場所見つける事が大切です。

 

ダンコウバイは、環境や用土が少し難しいですが、早春の花や紅葉を見るために頑張りましょう。

 

次は、タンコウバイに必要な肥料についてお伝えします!

 

ダンコウバイの育て方!肥料はどうする?

 

ダンコウバイの肥料は、冬に寒肥が必要となります。

株元の周りに穴を少し堀り、そこに堆肥や腐葉土などを混ぜ込んであげれば問題ありません。

冬には、ダンコウバイが一番苦手な環境である乾燥がありますので、肥料を忘れないようにして下さい。

 

では次は、ダンコウバイの水やりポイントについてお伝えします!

 

ダンコウバイを育てる際の水の量はどうする?

 

ダンコウバイの水やりは土によります。

 

水はけがあまりにも良すぎると根元が乾燥し枯れるので、適度に水をやります。

また、やりすぎると根腐れを起こしますのでほどほどに。

上記の環境と用土であるならば、水は特に必要ありません。

 

ダンコウバイは育てるのが、なかなか大変ですね。

ですが、紅葉がとてもきれいですので、植えてみる価値はあると思いますよ。

 

以上で基本的なダンコウバイの育て方については終わりです。

次はダンコウバイの剪定ポイントについてお伝えします!

 

ダンコウバイの剪定ポイントは?

 

ダンコウバイの剪定ポイントは切りすぎない事です。

 

長期間タンコウバイを植えていれば、枝が絡み合って見栄えや風通しが悪くなり、バッサリと切ってしまいたくなります。

ダンコウバイは人の手で形を形成するよりも、自然に形を整えさせた方が綺麗な形にすることができます。

 

酷く枝が絡み合っていれば切りますが、その部分のみを切っていく、という感じで剪定して下さい。

 

次は、ダンコウバイの挿し木のやり方についてお伝えします!

 

ダンコウバイの挿し木はどうする?

 

ダンコウバイの挿し木のやり方は、まずダンコウバイの新芽の部分を5cm~7cmまで切り取り、水に1時間以上つけます。

その後、挿し木専用に植えて、水をあげれば挿し木ができます。

 

注意点としては、用土は挿し木専用の土を使った方が育ちが良いので、できればそれを使った方が無難です。

後は、新芽を切る時は真っすぐ切るのではなく、斜めに切ると良いです。

理由は、諸説ありますが、スッパト切りやすいからだとされています。

 

次は、ダンコウバイを庭木として育てる方法についてお伝えします!

 

ダンコウバイを庭で庭木として育てるポイントは?

 

ダンコウバイを庭木として植える方法の前に、開花時期は冬が適していると言えますが、乾燥が強い夏以外でしたらどの時期に植えても構いません。

後は、根が広がりやすいように土を広くし、上記のような環境に負けない環境を整えてあげれば大丈夫でしょう。

 

次は、ダンコウバイの紅葉の時期についてお伝えします!

 

ダンコウバイの紅葉の時期はいつ?

 

ダンコウバイの紅葉の時期は、9月下旬~10月下旬くらいまでです。

庭に植えたタンコウバイが、紅葉する姿を想像すると秋が楽しみになりますね。

 

 

次は、ダンコウバイの花言葉についてお伝えします!

 

ダンコウバイの花言葉はなに?

 

ダンコウバイの花言葉は、「永遠にあなたのもの」です。

 

ダンコウバイの美しい花を表した素敵な言葉ですね。

可愛らしい黄色い花や黄色く生い茂る秋を告げる紅葉の葉が、すべて自分だけの為にと思わせる健気な姿を思わせますね。

 

  • オススメ記事

アオハダの育て方等はこちらをご覧ください。

アオダモの育て方等はこちらをご覧ください。

シラカシの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ダンコウバイのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ダンコウバイの育て方は?

開花時期は3月~4月です。

乾燥に弱いので、直射日光は避けて下さい。

用土は水はけの良い土を選ぶといいでしょう。

肥料は、冬に寒肥として堆肥や腐葉土を与えると良いでしょう。

水やりは土によりますので、水はけが良すぎたり、悪すぎたりで変わりますので土をしっかりと確認してください。

 

②ダンコウバイの剪定ポイントは?

枝が絡んでいたら、剪定するのですがあくまで絡んだ枝を切る程度にして下さい。自然に任せた方が綺麗に形が整います。

 

③ダンコウバイの挿し木はどうする?

挿し木は、新芽の部分を切り取り水に1時間以上つけておき、その後挿し木用のの土に植えればできます。

 

④ダンコウバイを庭で庭木として育てるポイントは?

庭に植えつけ際は、真夏の乾燥時期を避けると良いでしょう。適期は冬です。

 

⑤ダンコウバイの紅葉の時期は?

9月下旬~10月下旬までは見頃です。

 

⑥ダンコウバイの花言葉は?

ダンコウバイの花言葉は、「永遠にあなたのもの」です。

 

育て方は少し難しい部分もありますが、秋の紅葉の見応えや花、それに花言葉を思うと是非育ててみたい木ですね。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)