アメリカデイゴの育て方!剪定の仕方や花言葉等11つのポイント!








 

アメリカデイゴはとても有名な植物で、アルゼンチンやウルグアイでは国花として、日本でも鹿児島県の県花として認定されている植物です。

 

原産地は南米のブラジルであり、ピッタリな雰囲気の木で、ハワイでは街路樹としてよく見かけられます。

アメリカデイゴが見事に開花すると、一年間は台風が来ず当たり年になるという言い伝えがございます。

 

今回はアメリカデイゴについてのポイント、

①アメリカデイゴの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アメリカデイゴの画像(写真)!
③アメリカデイゴの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アメリカデイゴの苗の植え付けのポイントは?
⑤アメリカデイゴの鉢植えのポイントは?
⑥アメリカデイゴの剪定(切り戻し)のポイントは?
⑦アメリカデイゴの増やし方!
⑧アメリカデイゴの挿し木のやり方はどうするの?
⑨アメリカデイゴの販売価格はいくらぐらいなの?
⑩アメリカデイゴの花言葉はなに?
⑪アメリカデイゴの種類や品種は何があるの?

 

以上11つの点についてお伝えします。

まずはアメリカデイゴの育て方からお伝えします!

 

アメリカデイゴの育て方は?

 

 

成長がとても早いアメリカデイゴは、移植がとても簡単な植物です。

アメリカデイゴは耐寒性があり冬には強いですが、冬越の時は霜除けを行ってください。

 

冬時期に剪定を行う品種となりますが、切り戻し後は防寒のため、幹に藁を敷いてあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アメリカデイゴが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アメリカデイゴの育て方!環境はどうする?

 

 

アメリカデイゴは日陰で育成すると、水ハケが悪くなり、最悪枯れてしまうことがあります。

ですので、水ハケと日当たり、風通しの良い場所を選んであげましょう。

 

また、木は成長するととても大きくなりますので、枝葉も非常に長くなりますのでそれなりのゆとりのある空間が必要となります。

 

次は、アメリカデイゴに適した用土についてお伝えします!

 

アメリカデイゴを育てる際の適した用土は何?

 

アメリカデイゴは特に用土を選ばなくても良く育つ植物となりますので、地植えの場合はそのまま植え付けて育成できます。

 

選ばなくても育成はじゅうぶんにできますが、好みの用土は水ハケが良いものとなり、さらに元気に育成することが可能です。

鉢植えでの植え付けの場合は、鉢底にゴロゴロとした大きな軽石や目の粗い土を入れて、市販の培養土をその上から入れてください。

 

次は、アメリカデイゴに必要な肥料についてお伝えします!

 

アメリカデイゴの育て方!肥料はどうする?

 

 

アメリカデイゴの肥料は、多く与えすぎてしまうと葉だけがたくさん成長して、花つきが悪くなってしまいます。

 

ですので、肥料は1年に1回、3月頃の芽吹きの時期に合わせて多く与えると、新芽や花芽の増えてきて、根張りが強くなってきます。

肥料には油かすと骨粉混ぜ合わせたものを株元に与えてください。

 

では次は、アメリカデイゴの水やりポイントについてお伝えします!

 

アメリカデイゴを育てる際の水の量はどうする?

 

 

アメリカデイゴの水やりは地植えの場合ですと、真夏に極端な乾燥時期が続いている時には水を与える必要がありますが、普段は特に水を与える必要はありません。

鉢植えの場合ですと、用土の表面が乾燥してきたら鉢底から水をたっぷり与えてください。

 

冬の寒い時期にんると落葉してしまい成長がほとんど停止状態になりますので乾燥気味にして管理してあげましょう。

 

以上で基本的なアメリカデイゴの育て方については終わりです。

 

次はアメリカデイゴの写真をお見せします!

スポンサーリンク

 

アメリカデイゴの画像(写真)!

 

葉柄や葉の裏には棘がありますが、葉は丸みを帯びて卵形の葉姿となります。

 

花期を終えると豆果と呼ばれる長い鞘が成長していくことから、カイコウズ(海紅豆)という別名もございます。

雌雄同株であるアメリカデイゴは花径が0.5cm程度と小さいですが、樹高は最大で500cm程の高さまで成長します。

 

アメリカデイゴの画像はこちらになります。

 

次に、アメリカデイゴの開花時期をお伝えします!

 

アメリカデイゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

アメリカデイゴは南米原産となり、マメ目マメ科デイゴ属の耐寒性落葉広葉高木となります。

初夏の6月~秋頃の9月が開花時期となり、葉と同時に真紅の花を咲かせます。

 

葉と同じタイミングで開花する植物はとても珍しく、アメリカデイゴの同定の一つです。

 

次は、アメリカデイゴの苗の植え付け方をお伝えします!

 

アメリカデイゴの苗の植え付けのポイントは?

 

 

冬の寒い時期を過ぎ、気温が暖かくなった4〜5月頃が適時期となっており、より根付きが良い状態となります。

 

苗からの植え付けを行う場合は、予め根鉢の2倍程度の穴をつくっておき、堆肥をその中に入れたらよく混ぜてから植え付けてあげましょう。

アメリカデイゴを植え付け後は、水をタップリと与えてください。

 

次に、アメリカデイゴの鉢植えで育てる際のポイントをお伝えします!

スポンサーリンク

 

アメリカデイゴの鉢植えのポイントは?

 

アメリカデイゴは大きく成長する植物ですので、鉢植えでの育成を行う場合は直径約30cmの鉢に余裕を持って植え付けてあげましょう。

 

水やりは、鉢植えの場合は土の表面が乾燥してきたら水をたっぷり与えてください。

鉢植えでは大きく育ってしまうので室内での育成では一年の間で伸びてきた枝をキレイに剪定してあげましょう。

 

次は、アメリカデイゴの剪定(切り戻し)のポイントをお伝えします。

 

アメリカデイゴの剪定(切り戻し)のポイントは?

 

 

木が大きく成長する品種でありますので、広い場所での育成であれば良いのですが、環境に余裕がなければ剪定をしてあげましょう。

 

どの部分を切っても萌芽力が強い植物ですので、萌芽がでてきますが、枝には棘がありますので、剪定を行う時には注意してください。

アメリカデイゴの花は、伸びた枝の先につき開花いたしますので、冬時期に剪定を行いましょう。

 

次に、アメリカデイゴの増やし方をお伝えします。

 

アメリカデイゴの増やし方!

 

 

アメリカデイゴは挿し木やとり木、種から増やすことが可能な植物です。

挿し木で増やす場合は、小枝切り取ってから葉を2枚だけ残して葉の半分をきっておき、直射日光が当たらない場所でプランターに挿して育成します。

 

アメリカデイゴの種は楕円形の姿をしており、種色もコーヒー豆にとても似ている品種です。

苗を購入して育てるよりも種の方が価格も安くたくさん増やせますし、発芽することもじゅうぶん可能となります。

 

種まき後は、乾燥しないように水やりを行ってください。

 

それでは、アメリカデイゴの挿し木のやり方をお伝えします。

 

アメリカデイゴの挿し木のやり方はどうするの?

 

アメリカデイゴの挿し木は、木質化が進んでいて大きめの枝を選んでください。

 

挿し木は水はけの良い場所で地面に深くに挿してあげましょう。

水やりを少しずつこまめに与えてしばらくすると、枝の先端から新芽が出てくると成功となります。

 

次に、アメリカデイゴの販売価格をお伝えします!

スポンサーリンク

 

アメリカデイゴの販売価格はいくらぐらいなの?

 

アメリカデイゴは江戸時代に日本に渡来した植物で、和名はカイコウズといいます。

 

沖縄名の「梯枯」を音読みすると、デイコ読みそこから名前が付けられています。

枝葉いくつもの棘があり、エキゾチックな雰囲気のあるアメリカデイゴの金額は2000円のものから、10000円までと様々です。

 

次に、アメリカデイゴの花言葉をお伝えします。

 

アメリカデイゴの花言葉はなに?

 

 

アメリカデイゴの花言葉には夢や活力、童心という意味が付けられています。

 

夢や活力は深紅の花が枝に連なってたくさん咲くことから由来となります。

童心は深紅の花が枝先に密集して咲き乱れていて、揺れる花々の姿が無邪気に見えることが由来となっています。

 

それでは最後に、アメリカデイゴの種類や品種をお伝えします。

 

アメリカデイゴの種類や品種は何があるの?

 

 

デイゴ属であるアメリカデイゴの仲間には、サンゴシトウやブラジルデイゴなど、約100種類もあります。

その中でもサンゴシトウはアメリカデイゴと北アメリカが原産地であるヘルバケアを交配した品種ですので、とても良く似ていて判断するのが難しいです。

 

アメリカデイゴとサンゴシトウの見分け方は、アメリカデイゴの方が松に似ている幹でゴツゴツしています。

花はアメリカデイゴと違い、サンゴシトウは旗弁が完全に開かないので、筒状に花がなっています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アメリカデイゴのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アメリカデイゴの育て方(環境、土、肥料、水やり)

成長がとても早いアメリカデイゴは、移植がとても簡単な植物です。

アメリカデイゴは耐寒性があり冬には強いですが、冬越の時は霜除けを行ってください。

冬時期に剪定を行う品種となりますが、切り戻し後は防寒のため、幹に藁を敷いてあげましょう。

 


②アメリカデイゴの画像(写真)!

葉柄や葉の裏には棘がありますが、葉は丸みを帯びて卵形の葉姿となります。

花期を終えると豆果と呼ばれる長い鞘が成長していくことから、カイコウズ(海紅豆)という別名もございます。

雌雄同株であるアメリカデイゴは花径が0.5cm程度と小さいですが、樹高は最大で500cm程の高さまで成長します。

 

③アメリカデイゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

アメリカデイゴは南米原産となり、マメ目マメ科デイゴ属の耐寒性落葉広葉高木となります。

初夏の6月~秋頃の9月が開花時期となり、葉と同時に真紅の花を咲かせます。

葉と同じタイミングで開花する植物はとても珍しく、アメリカデイゴの同定の一つです。

 

④アメリカデイゴの苗の植え付けのポイントは?

冬の寒い時期を過ぎ、気温が暖かくなった4〜5月頃が適時期となっており、より根付きが良い状態となります。

苗からの植え付けを行う場合は、予め根鉢の2倍程度の穴をつくっておき、堆肥をその中に入れたらよく混ぜてから植え付けてあげましょう。

アメリカデイゴを植え付け後は、水をタップリと与えてください。

 


⑤アメリカデイゴの鉢植えのポイントは?

アメリカデイゴは大きく成長する植物ですので、鉢植えでの育成を行う場合は直径約30cmの鉢に余裕を持って植え付けてあげましょう。

水やりは、鉢植えの場合は土の表面が乾燥してきたら水をたっぷり与えてください。

鉢植えでは大きく育ってしまうので室内での育成では一年の間で伸びてきた枝をキレイに剪定してあげましょう。

 

⑥アメリカデイゴの剪定(切り戻し)のポイントは?

木が大きく成長する品種でありますので、広い場所での育成であれば良いのですが、環境に余裕がなければ剪定をしてあげましょう。

どの部分を切っても萌芽力が強い植物ですので、萌芽がでてきますが、枝には棘がありますので、剪定を行う時には注意してください。

アメリカデイゴの花は、伸びた枝の先につき開花いたしますので、冬時期に剪定を行いましょう。

 


⑦アメリカデイゴの増やし方!

アメリカデイゴは挿し木やとり木、種から増やすことが可能な植物です。

挿し木で増やす場合は、小枝切り取ってから葉を2枚だけ残して葉の半分をきっておき、直射日光が当たらない場所でプランターに挿して育成します。

アメリカデイゴの種は楕円形の姿をしており、種色もコーヒー豆にとても似ている品種です。

苗を購入して育てるよりも種の方が価格も安くたくさん増やせますし、発芽することもじゅうぶん可能となります。

種まき後は、乾燥しないように水やりを行ってください。

 

⑧アメリカデイゴの挿し木のやり方はどうするの?

アメリカデイゴの挿し木は、木質化が進んでいて大きめの枝を選んでください。

挿し木は水はけの良い場所で地面に深くに挿してあげましょう。

水やりを少しずつこまめに与えてしばらくすると、枝の先端から新芽が出てくると成功となります。

 


⑨アメリカデイゴの販売価格はいくらぐらいなの?

アメリカデイゴは江戸時代に日本に渡来した植物で、和名はカイコウズといいます。

沖縄名の「梯枯」を音読みすると、デイコ読みそこから名前が付けられています。

枝葉いくつもの棘があり、エキゾチックな雰囲気のあるアメリカデイゴの金額は2000円のものから、10000円までと様々です。

 

⑩アメリカデイゴの花言葉はなに?

アメリカデイゴの花言葉には夢や活力、童心という意味が付けられています。

夢や活力は深紅の花が枝に連なってたくさん咲くことから由来となります。

童心は深紅の花が枝先に密集して咲き乱れていて、揺れる花々の姿が無邪気に見えることが由来となっています。

 

⑪アメリカデイゴの種類や品種は何があるの?

デイゴ属であるアメリカデイゴの仲間には、サンゴシトウやブラジルデイゴなど、約100種類もあります。

その中でもサンゴシトウはアメリカデイゴと北アメリカが原産地であるヘルバケアを交配した品種ですので、とても良く似ていて判断するのが難しいです。

アメリカデイゴとサンゴシトウの見分け方は、アメリカデイゴの方が松に似ている幹でゴツゴツしています。

花はアメリカデイゴと違い、サンゴシトウは旗弁が完全に開かないので、筒状に花がなっています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)